亀戸天神⇒スカイツリー⇒浅草寺2011/09/24 18:45

 息子の通っている高校で、文化祭があったので行ってきました。ちなみに、息子はというと、コスプレをして友達と楽しそうに踊ってました。

 その帰り、今日も学校の周辺を散歩してみました。先日はまっすぐスカイツリーに向かったので今日は、ちょっと寄り道をして、さらにその先まで行ってみることに。
 で、最初によったのが「亀戸天神」。
 鳥居を抜けるとすぐに「男橋」が見えます。そして、橋の袂まで来ると左手に「スカイツリー」が見えます。
 さらに次の「女橋」の上からは「スカイツリー」と「本殿」を並べてみることができます。
亀戸天神本殿とスカイツリー
 さしずめ、過去と未来の融合という感じですね。でも、この構図、後ろからゴジラでも出てきそうです(笑)。
過去と未来の融合
 境内の池には「亀」がたくさんいます。日本古来の「イシガメ」や「クサガメ」より「アカミミガメ(いわゆる「ミドリガメ」ですね)」のほうが多かったですね。「亀戸」だから「亀」?ちょっと、ベタすぎますね。
亀戸天神だけに亀?
 なんて、思ってたら、手水の水が出てくるところが「亀」でした。う~ん...
やっぱり亀です。
 亀戸天神を後にして、今日の目的の「船橋屋」さんに。
亀戸といえば「くず餅」の船橋屋さん
 創業、文化2年(っていつ?)で二百年の歴史のある老舗で、「くずもち」で有名なお店です。おみやげが買える店舗と、「くずもち」や「あんみつ」などの甘味が食べられる喫茶になっています。上の写真の看板の下にビルがあり、そこが「くずもち」を作る工場になっています。
こちらが本店です
 連休ということもあってか、喫茶側は並んでいました。でも、15分ほどで席に着くことができました。今日は少し暑かったので、「かき氷」も捨てがたかったのですが、やはり、ここは、「くずもち」を食さねばということで...
くずもちです。
 くずもちはプリプリで、香りもあり、黒蜜ときな粉の量もたっぷりでとても美味しくいただけました。もちろん、おみやげも買いましたよ。
 船橋屋を出て西にしばらくいくと横十間川があります。ボートや、カヤックの練習をしている方がいました。その川にかかる橋の上から、スカイツリーが見えます。ということで、次の目標のスカイツリーへ向かいました。
 今日は前回いけなかった「おしなりくんの家」に。
おしなりくんちの看板
 中には150cmくらいのおしなりくんのおおきな人形がいました。手作り感満載の場所です。
巨大なおしなりくん人形。
 今回は、スカイツリーの先を目指して歩くことに。少し、太陽が西に傾いてきたので、浅草方面からツリーを見ると西日をあびて銀色に輝いて見えます。写真ではそのカッコよさ、綺麗さが十分に引き出せませんね...
浅草方面から見たスカイツリー
 スカイツリーからまっすぐ浅草に向かって歩き、吾妻橋の西詰から見ると、例の有名なアサヒビールのビルとスカイツリーの競演を見ることができます。
我妻橋から見るとこんな感じに
 そのまま、浅草通りをまっすぐ進み、今日の最終目的地の浅草寺に着きました。
3連休の中日で人がいっぱい
 連休中日でたくさんの人。外国の方もたくさん。
 仲見世通りも人がいっぱいで、人込みを避けて裏通りを抜けて本堂を目指します。
 とにかく、境内のどこもかしこも人、人、人。
今日の散歩のルートです。
 ということで、今日は途中の休憩も入れて約3時間の散歩でした。今日の散歩のルートは、上図を参照ください。息子の高校から入れると約5km程の距離でしょうか?もうちょっとかな?さすがに足が疲れました。