香港での食事2012/05/07 19:53

 ここ佐敦には、たくさんのレストランがあります。一応、サービスアパートメントにも小さなキッチンがあるのですが、食材を買ったり、料理する手間を考えると、レストランで食べたほうが安上がりのような気がします。実際、HK$50あれば充分食事できますからね。

 で、点心やいわゆる中華料理のお店は一人では中々食べられないので、どうしても地元の香港式レストランで食べることになります。。

 佐敦道沿いにある大きな店です。
 英語のメニューは無いので、なんとなく分かる漢字を頼りにオーダーをしました。頼んだのは、「火腿雞絲炒飯」。
 で、出てきたのがコレ。ハム入りチャーハンです。鶏の細切り肉が入っているのかと思っていたのですが、見つけられませんでしたが、ここのチャーハンは結構いけます。周りの客が小さな土鍋には行った料理を食べているので、それを食べてみたいのですが、どれなのか分からず、いまだにチャーハン以外は食べていません。HK$35でした。

 こちらも佐敦道沿いの店。ちょっと、小ぶりの店です。
 午前中だったので、「早餐」要するにモーニングセットを頼みました。どうも、具材を2種類と麺を選ぶのですが全て漢字なのでよく分からず、お店の人が言うままに頼みました。
 で、出てきたのがコレ。牛肉の焼いたのと目玉焼きの入ったラーメンです。ちなみに麺はビーフンを頼みました。茶色い飲み物はミルクティー、コレがものすごく甘い!味は結構いけました。ちなみに麺を「出前一丁」にすると少し高くなります。そういえば、飲み物も冷たいものを頼むとたいていどの店も少し高くなりますね。冷たい飲み物を頼んだので、HK$23でした。

 佐敦にも、エビワンタン麺で有名なMak's Noodleの支店があります。夕食に、そこでジャージャー麺を食べたのですが、やっぱり量が少なくて物足りなかったので、ピザの店で1切れテイクアウトしました。1切れHK$15。お店のおばさんが日本語で話しかけてきてビックリ。何でも、5年くらい東京に住んでたらしい。

 コレは、香港vs韓国のラグビーの試合を見に行ったときにCauseway Bayの「多多餐廳」という店で食べたチャーハン。自分では、魚の切り身いりチャーハンだと思って頼んだのですが、スパムっぽい肉の入ったチャーハンでした。ちょっと、クサヤっぽいにおいがしてたので、魚は干物をほぐしたものが味付けで入っているようでした。。飲み物つきでHK$48。

 行列のできる牛乳プリン屋、「澳洲牛奶公司Australia Dairy Company」。ここは、牛乳プリンが有名で朝から行列が出来る店です。このお店のモーニングがお勧めと現地社員からいわれたのでトライしました。
 コレがモーニングセット。バターを塗ったトーストとスクランブルエッグ(コレは目玉焼きに変更可能)とマカロニ入りスープ。コレに、コーヒーがついてHK$26。マカロニjはちょっと味が薄いですかね。
 今日は、ここまで、またネタがたまったら載せようと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック