ブラマカオ2012/05/12 22:04

 ブラっと、マカオに行ってきました。
マカオといえばカジノですが、今日は、世界遺産を歩いて回ってきました。

 香港島の上環のフェリーターミナルから高速フェリーに乗って1時間弱でマカオに到着、値段はHK$163。後ろにフレンドシップ・ブリッジが見えますね。この橋、4.7kmあるそうです。
 フェリーターミナルの外に出ると、カジノのおねいさんがお出迎え。手前の三輪車は、ぺディーキャブという乗り物。世界遺産を8ヶ所回ってHK$300とのこと、値切れると思いますが今日は一人でもったいないので、タクシーに乗って街の中心まで出ることに、ちなみにタクシーはHK$20でした。
 ホテルリスボアの前でタクシーを降りて「マカオ歴史市街地区」を散策。最初は、S.Francisco Gardenです。「2012年」なので。
 公園の中にある建物、おしゃれです。
 こっちは噴水。さすが、ポルトガル領だっただけあって、まんまヨーロッパですね。
 表の通り。近代的なビルが目立ちます。歩道がモザイクになっていて、カニやロブスターなど海の生きものや船がデザインされてさすが観光地という感じ。写真を撮るのを忘れたので、今度行ったときは撮ろうと思います。
 1歩路地を入るとこんな感じ、この先に「聖オーガスティン教会」があるはずなのですが...。
 九十九折の坂道を登っていくと、ありました。割と小さな教会です。手前の広場も世界遺産だそうです。
 礼拝堂の中です。
 教会のはす向かいに「聖ヨセフ修道院」があります。ここには、ザビエルの遺骨が祀られるているそうです。
 修道院の右手の「ロバート・ホー・トン図書館」です。この2つの建物とも色使いがすばらしいです。
 ここから「セナド広場」という、メインの広場に戻ります。途中の路地、風情があったので。 
 ここが「セナド広場」です。自分もそうですが、地図を持った観光客がたくさん。
 この広場にある建物もおしゃれ。でも、建物の1階にはコンビニやファストフードの店があります。
 広場から北に少し歩くと「聖ドミニコ教会」があります。先ほどの教会より大きい教会です。何でも、メキシコ出身のドミニコ会修道士によって立てられたものだそうです。
 礼拝堂です。
 教会前の広場から商店街が続いています。地元の店から、ブランドショップまでさまざまな店が並んでいます。
 更に進むと、道幅がさらに狭くなります。
 この商店街を抜けると、大きな広場に出ました。「イエズス会記念広場」です。階段の上に「聖ポール天主堂跡」が見えます。火災で焼失し現在は正面しか残っていません。日本人も建設に携わっていたそうです。
 階段の上からの眺め。グランドリスボアが目立ちますね。
 この天主堂跡の横に「モンテの砦」という砲台があります。イエズス会が建設し、オランダ艦隊の攻撃から街を守ったそうです。
 まるで、グランド・リスボアを狙らっているかのようです。
 砲台からの眺め。
 この砲台には、「マカオ博物館」があります。暑くてちょっとつらくなってきたので、涼みに入りました。入場料Hk$15、結構、楽しめました。この後、フェリーターミナルまで歩くことに。
 街並みがかわいかったので、パチリ。
 墓地です。やっぱり建物がかわいい。
 ちょっとした広場に出ました。
 「盧廉若公園」蓮池で有名な公園です。
 ここは、今までと打って変わって中国式の庭園。 
 池に、フナのような魚がたくさん泳いでました。蓮池の様子は、今度、花をまとめてアップしようと思っているのでそちらで紹介します。
 「孫中山記念館」。孫文が住んでいた場所だそうです。
 小学校。色合いといい形といいやっぱりかわいいです。
 この後、松山という小高い丘のような小さな山を回ってフェリーターミナルに向かおうと思っていたのですが、ロープウェー乗り場を見つけたので、ちょっと、寄り道して山の上まで行ってみることにしました。
 4人乗り?のプチなロープウェーです。往復でHK$3。
 山頂にあった、温度計。28℃、ちなみにここまで約3時間歩いていたので汗でぐっしょり。湿度は80%くらいあります。
 山頂からの眺め。ここも見晴らしが良いです。
 山を降りて、フェリーターミナルを目指します。山をぐるっと回ると貯水池に出ます。その先にターミナルがあるのですが、貯水池の周りが公園というか散歩コースのようになっていました。で、マカオの公園には必ずといってよいほど、下のようなスポーツ遊具が置かれていました。
 小さくてよく分かりませんが、真ん中の白い建物がフェリーターミナルです。
 ターミナルに行く歩道橋の上から。これもカジノ?
 フレンドシップ・ブリッジの下をくぐるところです。
 雲が近い。
 4時間ほどの滞在でしたが、面白かったです。もう少し、涼しい時期に来たほうが良いのかなぁ。何しろ、汗だくで、中々、乾かない。そりゃ、湿度が80%もあったら、暑くても乾かないよね。香港に戻ったのが夕方だったということもあるのかもしれないけど、香港のほうが涼しかった。

<おまけ> どこにでもいるのね...
どこにでもいる「ゆるキャラ」
 この手の「ゆるキャラ」    

ビクトリア・ピーク2012/05/13 22:07

 オーストラリアにいる友人が、「ビクトリア・ピークから見る夜景は最高だぜぃ!」って言うので、昼間のうちに下見を兼ねていってきました。地下鉄で「香港」まで行き、まずはピーク行きのバスを探します。10分ほど中環の駅の周りをうろうろして、ピークから戻ってきたバスを見つけました。そのバス停で、ピーク行きのバス停を確認してバスを待ちました。
15番のバスに乗ります。
 終点が目的地なので、迷わず2階に座りました。周りも同じ目的の人達ですね。
 終点に着くとバスターミナルの上がショッピングモールでした。スーパーも入っているので、観光客だけでなく住んでいる方の生活の拠点にもなっているようです。
 モールの反対側にトラムの駅のピークタワーがあります。モールの屋上は無料だったのですが、こちらはHk$30でした。
 タワーからの眺め。太平洋側です。
 こっちはビクトリア湾側。中国の方は皆さん必ずモデルさんのようにポーズを決めて写真を撮りますね。
 観光客でいっぱい。
 で、ここには蝋人形館があるのですが、ここにもブルース・リーが。しかし、先日の銅像もそうでしたが、どうしてこうも似てないんでしょうか?
 タワーの外に中国様式の建物があったので、歴史的なものかと思って見にきたら、ライオンズクラブの寄贈した施設でした。
 帰りはバスではなくトラムを利用することに。
 トラムからの眺め。結構、急勾配でした...。
 で、こちらがふもとの駅。人がたくさん並んでました。
 この駅の近くに「香港動植物園」があるのでちょっと寄ってみました。公園の中にあるのですが、なんと、無料でした。トラとかライオンとかクマなどの猛獣はいないのですが、サルの仲間は充実してましたね。
 ゴールデンライオンタマリン。
 クロシロエリマキキツネザル?
 森の人、オランウータン、女の子です。
 男の子は寝てました。
 チンパンジー。じーっと、こっちを見てました。
 そういえば、カエルが恋の季節なのか、大きな声で鳴いてました。
 
 タンチョウヅル。このこも大きな声で鳴いてました。
 ベニイロフラミンゴ。
 公園なので、お決まりの噴水広場。周りの高層ビルが香港っぽいですね。
 動植物園を離れ、中環の街を目指します。
 以前、NHKの「世界ふれあい街歩き」で見たエスカレーターで、終点まで行ってみることにしました。
 途中では、こんな景色を見ることができます。
 見上げるとこんな感じ。どこまで続いているのか...。
 上から見るとこんな感じ。結構、曲がりくねっているので、上のほうから下まで見通すことはできません。このエスカレーターって、生活のためにあるんですね。一応、一番上まで行ったのですが、そこまでいく観光客らしき人はほとんどいませんでした。
 観光客が来るのは、大体、真ん中くらいにあるソーホーあたりまでなんでしょうね。で、1件のパブの前をたまたま通ったら、Super15のラグビーの試合をモニターで流していたので、ひと休みがてら見ていくことにしました。試合は、ソニービル・ウィリアムスやクルーデンを要するチーフスと、今期はいまひとつのディフェンディングチャンピオンのレッズの対戦でした。前半は、今期好調のチーフスのペースだったのですが、前半の終盤からレッズが盛り返し、後半はレッズの一方的な試合で、42対27でレッズが勝ちました。
 こんな感じの店です。先日、香港戦で見かけた人も店の中にいました。
 途中の様子、やっぱり、おしゃれな感じです。
 で、今日も帰りはフェリーで。ちなみに。このターミナル前から、観光向けのバスが出ているのを確認しました。
 ということで、今度、奥様が来たときの仕込みも完了し、家路についたのでした・。
 今日も、暑かった...。汗でぐっしょり。着替えのTシャツが必須です。まるでちいさな子供みたいだ。

香港での食事 22012/05/13 23:24

 だいぶ、頼み方に慣れメニューを見てなんとなく出てくるものが想像できるようになって来ました。

 先日の、「三洋餐廳」のメニューです。「意粉」はスパゲティのことなので、チェーシュー入りのスパゲティでしょ。
メニュー
 出てきたのはコレ。味は、中華でしたが麺はスパゲティでした。
 「金発餐廳」という店。白い餡かけご飯を食べたところです。コレは、豚肉の炒め物が乗ったご飯に違いない。
 トマト風味餡がかかった豚肉のソテー、生トマト添えご飯って感じでしょうか?でも、味は以外に美味しくて癖になりそうです。
 前から気になっていたビーフン麺の店です。
 ここは、具材を自分で選べるのですが、基本が具材1品付でHK$24、1品足すごとにHK$4というシステム。スープも麺もいけます。量がちょっと多いかな。

 コレは、デザートです。佐敦には牛乳プリンの有名店が2軒あります。1軒がここ。「義順牛奶公司」です。マカオにも同じ店があります。
 ここの牛乳プリン。
 コレは、先日の「澳洲牛奶公司」の牛乳プリン。個人的には、「義順牛奶公司」の方が好きかな、両方ともHK$20。
 「金発餐廳」で、壁に書かれた定定食も頼めるようになって、冷たいレモンティーも頼めるようになりました。
 コレも同じ店の定食。あっさりしていて美味しかったです。
 
 番外編
 ピークタワーの茶餐廳のフレンチトーストです。間に、たぶんピーナッツペーストだと思うのですがはさまってます。トーストというより揚げ物のようです。バターがハート型なの分かります?

絶景ですっ!2012/05/19 21:08

 東京ではまもなくスカイツリーが開業ですね。だからというわけではないのですが、先週に引き続き今日も高いところに行ってきました。

 エアポートエクスプレスの九龍駅に直結した、環球貿易広場というビルに行って来ました。このビルは駅に隣接した「ELEMENTS」というショッピングモールとつながっていて、モールには高級ブランドがずらり、ホテルもあってリッツ・カールトンが入っています。香港では世界一で、一時期世界一だったようですが、今は世界で四位ののっぽビルです。
下からの眺め
 下からだと、高さが伝わら無いかな...。

 チケットブースです。お客さん少なっ!
 今風にディスプレイが並んでします。
 エントランスを抜けるとちょっと未来的なトンネルになっています。ここを抜けたところにエレベーターがあります。
 展望台「SKY100」まであっという間でした。エレベーターを降りると足元が香港の街のミニチュアになっていました。
 これが、今いるビル。
 展望台に出ると、早速お約束のキャラクターたちのお出迎え。コレ見てちょっとがっかりしたんだけど、窓の外を見て...。
  イヤー、コレ「絶景」なんてもんじゃありません。ちょっと、感動しちゃいました。ビルの下を走る車も、船も小さくて、まるで、箱庭のようです。特に船の軌跡なんてかっこよすぎます。
 香港島の上環あたり、左端にマカオ行きのフェリー乗り場が見えます。
 香港島の中環あたり。
 尖沙咀のスターフェリー埠頭。埠頭に入ってくる船の動きや軌跡がかっこいい!
 油麻地の台風シェルターです。さすが、貿易の街、船がいっぱいです。
 コレが今、住んでいるあたり、ビルばっかりです。
 香港のイメージってビルばっかりという感じですが、意外に緑がたくさんあって、周りは山に囲まれたところなのが良く分かります。

 お決まりのディスプレイ。一番左がドバイの「ブルジュ・ハリファ」、その横が「台北101」、その横が上海の「環球金融中心」で、その横がこのビルです。
 香港の歳時記や名物が壁にディスプレイされていました。3月はもちろん「香港セブン」です。
 子供の描いた絵で窓を装飾。
 お土産屋さん。キャラクターグッズが半額とかで叩き売られていた。でもお客さん「0」。キャラクターがかわいくないんだと思う。後、Tシャツとか格好良さが無かったな...。
 記念撮影コーナー。
 そして、キャラクターのオブジェ。
 食の街ですからね。
 で、こんなところにも、いらっしゃいました。われらがブルース。今まで見た中で一番似てるかも(笑)。
 ね、ブルースでしょ。
 でも、キャラクター6人(?匹?)いるはずなのに、オブジェは3体。予算の関係か?

 ビルの側面に景色が映りこんでてかっこよかったので。

<おまけ>
 トイレに行ったら、朝顔の真ん中に何か点のようなものが...。よく見たらゴルフのカップ。
ホールインワンでお願いしますってこと?

新界(サンガイ)に挑戦!2012/05/20 18:20

 昨日、SKY100で香港を眺めてて、あの山のほうに行ってみようと急に思いました。
 ということで、MTRの西鐵線に乗って香港の西のはずれにある屯門(ツェンムン)まで行って来ました。この地域は、香港島、九龍と同様に新界(サンガイ、New Territories)と呼ばれる地域で、自然がいっぱいな感じのところです。
 で、屯門(ツェンムン)ですが日本で言うと多摩ニュータウンみたいな感じでしょうか?山を抜けると突然高層マンション群があらわれるというところニュータウンっぽいです。で、ここは、軽便鐵路という、日本で言うとさしずめ都電荒川線のような感じのプチな鉄道が走っています。路線はいくつもあり、行き先の違う電車が次から次とやってきます。コレに乗って更に一番西の端、屯門フェリーターミナルというところまで行くことに。
 
 最初、乗り方(=オクトパスの使い方)がわから無かったのですが、周りの人がオクトパスをタッチしている機械があることに気がつきました。下の写真です。乗るほうの駅でオレンジのほうにタッチして、降りる駅で緑のほうにタッチするようです。よく見たら「入」と「出」と書いてありました。
 こんな感じで2分おきくらいに行き先の違う車両がやってきます。
 目的のフェリーターミナル行き。中も荒川線みたいでした。この電車、住宅街の間を走り、住民の文字通り「足」になっています。 
 終点です。電車とバスターミナルのターミナルになったいて、上にはショッピングモールがありました。
 駅前はこんな感じ。マンションがたくさん建っていて文字通りニュータウンです。
 フェリーターミナル。もう少し大きいものを想像していたのですが...。でも、ここからマカオにいけるんですよ。
 こっちは大仏のあるランタオ島に行くフェリー。ちょっと、挑戦してみたくなりました。
 海です(笑)。
 帰りは、同じ方法で帰らずにバスで帰ることに。2階建てバスの最前列の席に座れました。眺めが良い。
 このバスで旺角まで戻りました。30分くらいですかね。
 日本人観光客なんてほとんどいないであろうところにいくのって、ちょっと、面白かったです。