HKSAR 15th Anniversary Fireworks Display Party2012/07/01 23:21

 7月1日は、英国から中国に香港が返還された記念日です。

 毎年、その日にビクトリア湾で花火大会があるのですが、お取引先から尖沙咀のハーバーシティで観る券をいただきました。花火好きの日本国民としては、ここは、何があっても行かにゃならんと言うことで行ってきました。ハーバーシティ前の道路も車両通行止めになっていて、歩行者天国になっています。
 観覧会場はハーバーシティの駐車場の屋上です。普段車が通るところを歩いて屋上を目指します。
 屋上はこんな感じ、海側には建物が無いので香港島側が良く見えます。
 これが、入場券です。シールで貼り付けるようになっています。
 屋上には、こんなモニュメントがおかれています。日時計になっているんですかね?
 花火が始まるまで2時間、会場に流れる音楽で踊る少年。
 少しずつ暗くなってきました。ちょっと、わかりづらいですが、真ん中の旗が中国の国旗と、香港特別行政区の旗です。
 午後8時、前触れも無く、いきなり花火大会が始まりました。
 会場に流れる音楽とシンクロしています。
 しかし、とにかく派手。次々と大量の花火が打ちあがります。
 日本の花火大会のように1発を楽しむと言う感じはまったくありません。
 20分間、とにかく音楽に合わせて花火が打ち上げられまくる。ビルの屋上からも、海面からもとにかく打ち上げると言う感じ。写真では伝わらないと思うので、今度、動画もアップしますね。
 あっという間の20分が終わり、帰りの行列。
 ハーバーシティ前の道路も花火見物帰りの人でいっぱい。
 こういう光景はどこの国も同じですね。
 

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック