香港ラグビー プレミアシップ 第4節2012/10/20 23:13

 King's park sports groundに行ってきました。

 今日は、現在1位のHong Kong Football Club(HKFC)と2位の地元Tigersの対戦です。1本目はどちらも、たくさんの代表選手が所属するチームなので、見ごたえのある試合になるはずです。

 2本目の試合が始まる前にふとグランドを見てたら、今日はタッチジャッジがきちんといるじゃあないですか。さらにもっと良く見ていたら、胸に桜のエンブレム。あれっ?ひょっとして日本人? 
 思い切って、声をかけてみたら、やっぱり日本の方、松岡辰也レフリー(写真の方)と原田隆司レフリー。レフリー研修でこられているとのことでした。 
 さて、試合のほうはというと、HKFCの強力フォワードにTigersが押されています。しかし、今週もやっぱり、バックスはTigersのほうが良かったかな。今週も、両センターはいい感じのアタックをしていました。あと、ディフェンスはTigersのほうが良かったです。
 相手のキックのリターンで走る13番。今日も何度もゲインを切ってました。
 結局、前半にきれいなライン攻撃でトライをとったTigersが逃げ切りました。このトライをとった7番が、今日は攻守ともに活躍してました。

 Borrelli Walsh Tigers 2nd XV 10-3 Newedge Club Dragons

 1本目の試合には、今年の日本選手権でも笛を吹いていた平林泰三レフリーがタッチジャッジで出てました。左端を歩いている方がそうです。そういえば、ツィッターで「香港にいる」ってつぶやいてましたね。ちなみに、もう一人は、戸田京介レフリーでした。
 さて、1本目の試合ですが、先にも書いたようにどちらのチームも香港代表をたくさん抱えているチーム、試合序盤から厳しい攻防が続きました。
 2本目同様、フォワードはHKFCのほうが、勝ってました。特に、No.8のRory Hussey選手の動きが良かったです。両チームのNo.8が香港代表で、TigersのPale Tatui選手とのマッチアップも見ていて面白かったですね。でも、今日は明らかにRory Hussey選手のほうが勝ってました。HKFCはバックローの3人の動きが良く、両フランカーも良く走ってました。
 後、HKFCの10番の選手がうまくゲームを読んでいたというか、前が良く見えているプレーをしてました。自らのトライにつなげたショートパントなんて絶妙でしたね。
 Tigersも香港代表で、7人制の代表キャプテンのRowan Varty選手が、良く声を出していて、かつ、闘志あふれるプレーでがんばっていました。
 試合は、前半に4本のトライをとったHKFCが逃げ切りました。後半、Tigersも追い上げたんですけどね...後半だけで言ったら、HKFCは無得点で、ほとんどHKFC陣内で試合が行われていて、Tigersが圧倒していたんですけど、結局、追いつくことができませんでした。
 追いつけると思ったんですけどね...それくらい勢いがあったんですけど...。

 Borrelli Walsh Tigers  14-26 Newedge Club

 この試合中、ちょうど、プレデスローカップ=ニュージーランド代表のオールブラックスとオーストラリア代表のワラビーズの試合が行われていました。グランドでの試合が終わった後、クラブハウスの前のテレビで放送されていてたくさんの人だかり。それもそのはず、18対18の同点。試合終了の80分を過ぎても両チームとも試合をきらず、最後まで攻め続けていました。見始めたときはオーストラリアが攻めていて、後もう少しというところで、ターンオーバーされ、最後は、オールブラックスのドロップゴールが外れたところで試合終了。昨年のワールドカップから負けなしだったオールプラックスの連勝は16試合で途切れることになりました。

<おまけ> ハロウィーン
 先日は、中秋節の飾り付けだったのですが、マンションのエントランス、ハロウィーンのディスプレイになってました。
 天井からは、カボチャのランタン。こういう、イベントごと好きだねぇ、香港。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック