007SKYFALL 見てきた2012/11/08 20:56

 日本では、12月1日封切の「007」の新作「SKYFALL」を見てきました。

 自分にとっての「007」って、ショーン・コネリーとロジャー・ムーアの初期の作品(「死ぬのは奴らだ」や「黄金銃を持つ男」くらいまで)でそれ以降は見ていなかったのですが、彼も50周年(だいぶ、えらそうです)ということで、筋目なので見ることにしました(かなり、えらそうです)。
007 SKYFALL
 面白かったですよ、日本では封切り前なので、細かいことは書けませんけど...。言葉のせいもあるのでしょうが、犯人の目的が今一良くわからず、もし、自分の理解力通りだとすると、ちょっと、小さいなぁと、あそこまで、力があるならもっといろんなこと出来るんじゃないかなぁと思ってしまいました。あっ、映画自体は面白いんですよ、話もアクションもね。まぁ、突っ込みどころとしては、敵のパソコンを分析するために安易に××してたり、敵をおびき出すためといって、結果的に××になってしまったりね。そういうところも面白さに免じて許してあげましょう(って、どこまでえらそうなんですかね)。
 後、自分の中では「Q」はおじいさんなんだけど、天才青年って設定がね、今時でよかったですよ。マニーペニーの設定やその後の「M」とかね、思わずニヤリとしてしまいました。
 しかし、安いよね。早朝割引だけどHK$50(約500円)ですよ。

 そういえば、「ダークナイト・ライズ」も見たんだよな...英語難しかったなぁ。ロビンの誕生を匂わせてるけど、次回作はもう無いんだよね...。ところで、何で邦題は「ライジング」何だろう?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック