2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節2016/01/17 07:11

 秩父宮に行ってきた。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 秩父宮もLIXILさんのイメージカラーのオレンジ色に染まっていました。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 クラブハウスの裏手にもLIXIL CUPの幟。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節

 1戦目は、5~8位トーナメントのキヤノンイーグルス対近鉄ライナーズ。ライナーズを見るのは今年初かも。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 開始早々、1本ずつペナルティゴールを決めて硬い感じで試合がスタート。前半はキヤノンのほうが動きが良かった。近鉄はアタックのときのスピードはすごくあるのですが、正確性に書けるというか、最後の最後でなかなか取りきれませんでした。キヤノンのディフェンスが良かったってこともあるのかも知れません。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 キヤノンは、アダム・トムソン選手、ティム・ベネット選手の動きが良かったですね。特にベネット選手は、切れのあるステップで何度もラインブレイクしてました。トムソン選手は、オフェンス、ディフェンスともに献身的でパワーあふれるプレーで貢献してました。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 両チームの決定的な差は、フォワードですね。スクラムはキヤノンが圧倒していました。近鉄のフォワードがあそこまで押しまくられるとは思っていませんでした。近鉄は手も足も出ないという感じでした。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 それでも、後半、ライナーズが追い上げます、後半早々、ベテランの元JAPAN、SHの金選手が気迫あふれるプレーでトライを取ると試合は近鉄ペースに。キヤノンはトムソン選手がトライを返しましたが、後半は近鉄が押してました。でも、近鉄が1トライ返したのが試合終了5分前、その時点で6点差、1トライ1ゴールで逆転できるところまで追い上げたのですが、結局、キヤノンが逃げ切りました。後半は絶対に近鉄のほうが動きが良かったんですけどね。エンジンがかかるのが遅すぎました。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 キヤノンイーグルス 24点、近鉄ライナーズ 18点で、次節、キヤノンはトヨタ自動車と5、6位決定戦、近鉄はNTTコミュニケーションと7、8位決定戦です。

 キヤノンの外国人3人、前から南アフリカ代表のウィリー・ルルー選手、JAPANのアイブス・ジャスティン選手、最後が元ニュージーランド代表のアダム・トムソン選手。3人とも、試合で献身的にプレーしてました。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節

 2戦目は、準決勝のパナソニックワイルドナイツ対神戸製鋼コベルコスティーラーズ。もちろん、パナソニックの応援です。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 神戸製鋼は、すばやい球回しでパナソニックゴール前に何度も迫ります。それを、効率よく守るパナソニック。パナソニックは接点で人をかけないので、神戸製鋼がフェイズを重ねても、人数があまらず、前に進むのですが、決定的な形を作れませんでした。一方、パナソニックは、神戸製鋼陣に入ると無理せず、相手のペナルティを誘い、ペナルティゴールで加点していました。陣地だけで言えば、圧倒的に神戸製鋼が勝っていたはずです。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 バーンズ選手が怪我で試合に出られない穴を、ニュージーランド出身のヘイデン・パーカー選手がきっちりと生めていました。パーカー選手、とにかくキックが正確。フォームもきれいで、しかもキック後も絶対にヘッドアップせず、教科書どおりのフォームで芸術的でもありました。ちなみにヘイデン選手、ハイランダーズでも田中選手とハーフ団を構成していました。そういう意味でも息が合ってましたね。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 まさかの、前半、神戸製鋼は無得点。後半10分に1本トライを返しますが、神戸製鋼も押していて明らかに陣地を取っているのに、得点をあげているのはパナソニックという不思議な試合でした。というか、パナソニック強すぎだな。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 結局、42対10と思いのほか得点差のついた試合になりました。MOMはパーカー選手、この日は、6本のペナルティと3本のコンバージョン、1本のドロップゴールと計10本のゴールを蹴ってすべて成功、成功率100%、27得点という結果でした。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 とにかく、パナソニックは次元が明らかに違いますね。
 来週、神戸製鋼は、五郎丸選手の所属するヤマハ発動機ジュビロと3位決定戦。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節
 パナソニックは、東芝ブレイブルーパスと決勝戦を行います。来週もパナソニックの3連覇を信じて応援に行きます。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節

 前半、途中、額が切れて出血した稲垣選手。一度止血処理をしたのですが、また、血が出てきたので、再度止血処理を目の前でしてました。頭から行っている証拠ですね、傷は男の勲章です。といっても、30針も縫ったそうです、痛そ~。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節

 バックスタンド側の入り口脇に巨大なしめ縄が展示されてました。島根県飯南町で作られ贈呈されたものなんだそうです。全長13.5m、重さ4.5tなんだそうです。
2015-2016 TOP LEAGUE LIXIL CUPトーナメント第2節

 そういえば、リコーがやっと1つ勝ちました。今年は自動降格がないので、いずれにしても入れ替え戦はまぬがれないのですが、最下位はまぬがれました。来週のコカ・コーラ戦に勝てば13位、ここは死守したいですね。Let's GO! RICOH Black Rams!です。

 昨日は、会場1時間半前に来たのに、かなりの人数が並んでました。会場も結局10分くらい早かったんじゃないかな?来週は、五郎丸選手のヤマハ発動機が秩父宮に来ます。いつもの場所で見るためには、いったい何時に行けばいいんだろう?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック