Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea2016/05/01 07:03

 横浜のニッパツ三ツ沢競技場に行ってきた。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 今年のアジアラグビーチャンピオンシップは、昨年のワールドカップで活躍したJAPANのメンバーは、SUNWOLVESや、オーストラリアやニュージーランドのスパーラグビーチームに参加しているため、SUNWOLVESの試合に出ていないメンバー、トップリーグの若手を中心としたメンバーで構成されたチームで戦うことになりました。当初は、U20JAPANで戦うってことも検討されていたそうですが...しかも、チームのメンバー発表が行われたのは、この試合の9日前。選ばれた選手たちは、どんな状況であれ、日の丸を背負って戦ってくれると思うので関係ないけど、やる気あんのか日本協会って、ちょっと、頭にきてました。

 練習開始のアップ、これまでは、ゴール側で行われることが多かったのですが...
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 昨日は、バックスタンドのファンの目の前で始まりました。これって、中竹HC代行のアイデアかな?ファンサービスの一環?
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 昨日はKOREA戦。昨年は、勝ったことは勝ちましたが、30失点。点、取られらすぎですよね。今年は、ぜひ、圧勝して欲しいと思ってみてました。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 ということで、選手入場に続いて国歌斉唱。ところで、両国の国歌斉唱時、アナウンスにもかかわらず、立たない人、帽子を取らない人がいるのはいかがなものか?人として当たり前のことじゃないのかなぁ...?
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 開始1分でJAPANが先制。スクラムの基点からの攻撃で、ウイングの山下選手までボールが回って綺麗なトライ。まるで、ランパスのようなプレーでした。ちなみに、この日、山下選手は3トライのハットトリックでした。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 KOREAはJAPANのスピード、パワーについて来れないという感じで、ほとんど、手も足も出ないという感じでした。写真は、ラインアウトのミスでこぼれたボールをJAPANのSHの内田選手に拾われてしまっているところ...KOREA、ミスも多かったかな。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 三ツ沢はピッチが近いのが良いですね。ライン際のプレーはこんな感じで、見ることができます。あと、選手同士の声も良く聞こえましたね。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 KOREAの14番を、ダブルタックルで止める児玉選手と野口選手。JAPANは、ミスもありましたが、おおむねディフェンスは機能していたんではないでしょうか。特に、上と下に入るダブルタックルはかなり意識していたように思います。そうそう、児玉選手は5トライと大活躍でした。
 ちなみに、児玉選手もキャップを獲得したってことで、パナソニックは、バックスリーに4人も現役のキャップホルダー(山田選手、藤田選手、福岡選手、そして児玉選手)がいることになります。ポジション争い凄そうですね。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 この日は、リザーブの選手も全員出場したため、17人ものキャップホルダーが誕生しました。ちなみに、どの選手もいい動きをしていたというか、きっちり仕事をしていました。ラグビーを始めて2年目の知念選手もスクラム負けていませんでしたし、ランで大きなゲインもしてました。後半24分に交代出場した写真の22番の前田土芽(ドガ)選手も、いい動きで活躍してました。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 若い選手の活躍が頼もしいですね。2019年までこのまま切磋琢磨してJAPANのレギュラーを獲得してもらいたいです。
 まぁ、JAPANも強くなったって言うことなのかなぁ...トンガやサモア、フィージーなどのアイランダーたちは、RWCやウインドウマンスのときは、ベストメンバーを組んできますが、それ以外の時は主力はヨーロッパや、スーパーラグビーに参戦しているため若手中心だったりしますからね、JAPANもそういう風になってきたってことなんでしょうね。
 あっ、そうだ、昨日、自分が一番活躍したと思ったのは、SOの山中選手です。ランに、キックに、パスに、とにかく大活躍でした。次のRWCは絶対に中心選手になって欲しいですね。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 KOREAは、ほとんどいいところがなく、JAPANが13トライ(前半7、後半6)の85対0で圧勝、JAPANとKOREAのテストマッチが始まって以来の得点差での勝利でした。とはいえ、前半にKOREAがゴールポスト正面でペナルティーを得たのにPGを狙わずなかったからの無得点。次、対戦するときは本当の意味での零封するくらいに、JAPANには頑張ってもらいたいですね。
 KOREAは、このままだと、香港にも勝てないんじゃないかなぁ...昨日は、本当にいいところがひとつもありませんでした。
Asia Rugby Championship 2016 - Japan vs Korea
 選手たちが、日本協会のダメなところをちょっと挽回したかな?

 さて、昨日のJAPANのメンバーです。
 01 北川 賢吾 クボタスピアーズ SUNAOLVES 初
 02 森 太志 東芝ブレイブルーパス 初
 03 知念 雄 東芝ブレイブルーパス 初
 04 谷田部 洸太郎  パナソニックワイルドナイツ 初
 05 宇佐美 和彦 キヤノンイーグルス SUNWOLVES 4
 06 山本 浩輝 東芝ブレイブルーパス 初
 07 安藤 泰洋 トヨタ自動車ヴェルブリッツ SUNWOLVES 初
 08 テビタ タタフ 東海大学(2年) 初
 09 内田 啓介 パナソニック ワイルドナイツ 12
 10 山中 亮平 神戸製鋼コベルコスティーラーズ SUNWOLVES 4
 11 児玉 健太郎 パナソニック ワイルドナイツ 初
 12 中村 亮土 サントリーサンゴリアス 4
 13 石橋 拓也 NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 初
 14 山下 一 豊田自動織機シャトルズ SUNWOLVES 初
 15 野口 竜司 東海大学(3年) 初
 16 東恩納 寛太 キヤノンイーグルス 初
 17 坂手 淳史 パナソニック ワイルドナイツ 初
 18 渡邉 隆之 東海大学(4年) 2
 19 小瀧 尚弘 東芝ブレイブルーパス 初
 20 村田 毅 NECグリーンロケッツ SUNWOLVES 5
 21 井上 大介 クボタスピアーズ SUNWOLVES 初
 22 前田 土芽 筑波大学(2年) 初
 23 アタアタ モエアキオラ 東海大学(2年) 初
 ちなみに、出身チーム別で見ると、パナソニックワイルドナイツと東芝ブレイブルーパスがそれぞれ4人、キヤノンイーグルスとクボタスピアーズがそれぞれ2人でそれに続きます。出身校で見ると、現役も入れて、帝京大学が5人、筑波大学と東海大学がそれぞれ4人、慶應義塾大学が3人で続きます。現役が3人選ばれている東海大学が、今年の大学選手権で期待できるかな?

 さて、次週は、外国人中心で、パワーと反則すれすれのプレーで来る香港。昨日のKOREAに比べると手ごわいと思いますが、この勢いで、勝ってもらいたいですね。

Botanical Delights2016/05/02 07:15

 銀座のISSEY MIYAKEのELTTOB TEPのディスプレイやっぱり面白い。
Botanical Delights
 何でもISSEYさんの、今年の春夏のテーマが「Botanical Delights」で、ジャングルに生い茂る植物の旺盛な生命力からインスピレーションを得て商品が創られてるんだそう。で、造形作家の松本秋則さんの自然をテーマにした作品でお店がディスプレイされていました。
Botanical Delights
 竹で作られたオブジェのまったりとした動きと、竹の素朴な音が、都会のど真ん中にちょっとした癒しの空間を作ってました。
Botanical Delights
 ちなみに、これまでのディスプレイは...
 「Wearing Light
 「LIFE
 「ドーン」?
 「MESSAGE
 「レコード
 ん~、どれもおしゃれだねぇ。

Botanical Delights 動いてるとこ2016/05/03 09:03

Botanical Delights
 ということで、動いてるとこも、おみせしたいよね...



 ね、癒されるでしょ。

 5月9日(月)までみられますよ。

台湾出張行ってきた 12016/05/04 06:02

 先週、約1年半ぶりに台湾に行ってきた。
 今回は、現地法人のカンファレンスに参加するのと、台南の帆布BAGのメーカーさんに会いに行くのが目的。
台湾出張行ってきた 1
 てことで、今回も一人旅。まずは、お約束の機内食。鰆?の照り焼き、タケノコの煮物は、季節だからですね。意外においしくいただけました。
台湾出張行ってきた 1
 ということで、松山空港に到着。で、ツキノワグマのお出迎え。
 あっ、そうそう、クマといえば、機内で映画の「レヴェナント:蘇えりし者」をみました。西部開拓時代の話で、クマに襲われた主人公が瀕死の重症をおいながら、自分を置き去りにして、息子を殺した相手に復習するって話なのですが、さすが、肉食の人たちは違いますな。クマに襲われて首に穴が開いてたり、足の骨が折れているのに、何キロもその敵を追いかけて最後は復讐を果たすってんですからね。アカデミー賞で、監督賞と主演男優賞を受賞したし、アメリカ人ってこういう映画、好きなんですね。ちなみに、ディカプリオさんの演技凄すぎです。そういえば、監督は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」でもアカデミー賞の監督賞を受賞したアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥさん。バードマンも面白い映画でした。
台湾出張行ってきた 1
 台北はちょっと曇り空、そんなに暑くありませんでした。
台湾出張行ってきた 1
 ホテルも、いつも利用するホテル。この吹き抜け好きなんですよね。
台湾出張行ってきた 1
 今日はこの後、現地のメンバーとの会食だけなので、時間まで、ホテルのロビーでコーヒー飲んで一服。
台湾出張行ってきた 1
 いままで、気がつかなかったけど、ホテルのロビー結構おしゃれな感じでした。
台湾出張行ってきた 1
 ということで、会食のレストランまでタクシーで移動。タクシー降りたら目の前にサンリオさんのぐでたまのタオルを売る露店がありました。ん~、キティさんもいるし、リラックマもいるし、台湾の人もキャラクター好きなんだね。
台湾出張行ってきた 1
 で、会食はこちら「鳥窩窩」さん、ん~、なんて読むか分からん。意味は鳥の巣って感じかな?
台湾出張行ってきた 1
 ということで、テーブルには、こんなオブジェが。どうやら、創作中華料理のレストランなんだそうです。
台湾出張行ってきた 1
 アペタイザーがすでにテーブルの上に、中華なのになぜか、白菜キムチ。しかも、辛くない...。
台湾出張行ってきた 1
 シナチクとミニトマトのコンポート、ミニトマトは、甘い梅干と一緒に煮てあるので、ほんのり甘くて、ほんのり梅の香りがして不思議な味でした。
台湾出張行ってきた 1
 日本人なので「とりあえずビール」、もちろん、台湾啤酒=台湾ビールで乾杯。ライトなビールなので水のように飲めちゃいます。
台湾出張行ってきた 1
 今回の料理はコースってことで、次々と料理が運ばれてきます。まずは、豚肉の冷しゃぶ、キュウリの薄切りと辛いソースでいただきました。見た目がちょっとシュール。
台湾出張行ってきた 1
 白菜の煮込み?
台湾出張行ってきた 1
 高菜と豚肉?をカリカリに炒めたものを黒糖パンの器に入れて、これ、真っ黒な見た目に反しておいしかった。上に乗ってる葉っぱは、パクチー。パクチー、食べられるようになりました。
台湾出張行ってきた 1
 エビの団子のフライ、衣はクルトン。見た目はゴツゴツした感じですが...
台湾出張行ってきた 1
 中身は、プリップリでおいしかった。
台湾出張行ってきた 1
 キクラゲ。ここにもパクチー。
台湾出張行ってきた 1
 ミミガーとキュウリの和え物。ここにもパクチー。
台湾出張行ってきた 1
 スズキ?の蒸し物。辛いスープと、手打ちラーメンのような麺もおいしかった。見た目どおりで、結構、辛かったですけどね。
台湾出張行ってきた 1
 で、ここにもパクチー。
台湾出張行ってきた 1
 ピータンにもパクチー。パクチー比率高かったな、あと、辛い味付け比率もね。
台湾出張行ってきた 1
 白菜の煮物、白菜の自然な甘さが美味しかった。
台湾出張行ってきた 1
 豚肉と大根もちとコーンフレークの辛い炒め物。ピリ辛で、香ばしくて美味しかった。
台湾出張行ってきた 1
 イカのすり身とチーズの春巻き。イカは、プリプリ立ったのですが、不思議な味でした。
台湾出張行ってきた 1
 タロイモをパンで巻いたフライ。香ばしさと甘さのバランスが絶妙でした。
台湾出張行ってきた 1
 肉団子のスープ。
台湾出張行ってきた 1
 デザートは、シロキクラゲ、ナツメ、ハスノミを甘いシロップで煮たデザート。
台湾出張行ってきた 1
 ということで、前菜からデザートまで17品。中華は大勢で食べないとその醍醐味を味わえませんな。ほんと、ご馳走様でした。

 さて、ホテルまで戻った後、もう少し飲もうということになって、ホテルのフロントで良いお店がないか聞いたら、歩いて2分ぐらいのところに漢字で「サン」という名前の居酒屋があるって教えてもらった。で、ホテルの周りを10分くらい探したけど中々みつからず、あきらめて帰ろうとしたところでみつけました。実はこのお店の直前で、道を曲がってしまったから、遠回りすることになっちゃたんですね。
 ちなみに、お店の名前、漢字で書くと「饞」
台湾出張行ってきた 1
 この字「むさぼる」って意味なんだそうだけど、今まで、見たことない。漢字でも探せなかったかも...。
台湾出張行ってきた 1
 で、お店の内装は結構おしゃれでした。メニューは黒板にチョーク書き。
台湾出張行ってきた 1
 日本風居酒屋なんだけど、壁には、なぜか「ブエナ・ヴィスタ・ソシアル・クラブ」のポスター。他にも「NO NUCLEAR」の手ぬぐいが貼ってあったり、かなりおしゃれでした。
台湾出張行ってきた 1
 ここでも、まずは台湾ビール。ビンが先ほどのと、ちょっと違いますね。
台湾出張行ってきた 1
 おなかが一杯だったので、つまみは2品だけ。メニューが中国語のものだけだったので、片言の日本語を話せる女の子に聞きながら選んだんだけど...。
 シシャモのお腹に明太子を入れた焼き物。日本では見たことないな...なぜか、明太子、激甘でした。
台湾出張行ってきた 1
 アジの南蛮漬け...なんだけど、甘酢、むちゃくちゃ甘かった。普通、酢が効いているはずなんだけど、酢は感じなかったな。
台湾出張行ってきた 1
 ビールのあとは、違うお酒を飲もうってことで、台湾原住民のお酒なる、お米の焼酎を飲んでみた。ちょっと、甘かったけど、美味しかった。ホテルからも近いし、また、飲みに来たいと思います。
台湾出張行ってきた 1
 ということで、食べて、飲んでの一日目が終わりました。

 翌日は、現地法人のカンファレンスへの出席と台南への移動、忙しい一日になりました...。

台湾出張行ってきた 22016/05/05 08:05

  ホテルの朝食、いつもはただ皿に盛るだけだったんだけど、今回は、サンドイッチを作ってみた。ハムサンドだね。
台湾出張行ってきた 2
 われながらいい考え、って、こういうのやってる人いるんだろうねぇ。素材が良いから美味しかった、これからは、朝食はこれだね。
台湾出張行ってきた 2
 カンファレンス会場の前の高速道路の下に、大きなオブジェ。台湾って、こんな感じで街にオブジェが置かれてます。こういうのって、指摘だと思う。
台湾出張行ってきた 2
 たまたま、カンファレンス会場の横で、7-elevenのオープンイベントが行われてた。台湾も5,000店あるんだよね。日本が18,000店で店舗数で世界一だけど、台湾も5位と、国土(九州と同じくらいの広さなんですよ)から考えると多いと思う。
台湾出張行ってきた 2
 店頭で、アイスクリームや、梅の入ったドリンクを配ってました。
台湾出張行ってきた 2
 本社のスタッフの方も応援してるんでしょうね、台湾の7-elevenのマスコット、オープンちゃんの絵が描かれたバンも停まってました。
台湾出張行ってきた 2
 さて、カンファレンスも無事終わって、翌日のお仕事のために台南まで移動。台北駅に着いたら、台北の駅前にもオブジェ。鹿と狩人?お笑いコンビのバンビーノみたいだ...。
台湾出張行ってきた 2
 駅前だから、機関車も設置されてました、LDK58。手前においてある、プレートには、1923年にNippon Rolling Stock Japanという会社で作られたって書いてあった。1982年に引退するまで、花蓮と台中の間を運行してたんだそうな。
台湾出張行ってきた 2
 駅舎は改装工事中でした。ということで、外観を撮ることはできませんでした。
台湾出張行ってきた 2
 ということで、台北駅の入り口だけ写真に収めておきました。
台湾出張行ってきた 2
 駅舎の中は吹き抜けになっていて、1階と2階はショッピングモールになってます。
台湾出張行ってきた 2
 吹き抜けは、こんな感じ。その広さ、さすが台湾って感じかな。昔から、自分の中華圏のイメージは、とにかくランドマークが巨大ってことなんだよね。
台湾出張行ってきた 2
 あっ、そうそう、ここにもLINE SHOPが進出してました。そういえば、LINE、台湾でも流行っているんだよね。
台湾出張行ってきた 2
 フォトスポットとして、大きなクマ、ブラウンがいました。
台湾出張行ってきた 2
 駅舎の中にもオブジェ。これは戦士かな?
台湾出張行ってきた 2
 新幹線の時間を待つ間、STARBUCKSでチョコチップフラペチーノを買った。で、その時、お店のスタッフが「今日は、キャンペーンで、一番大きいサイズを買うともう1杯無料」って言うので、それを頼んだら...
台湾出張行ってきた 2
 いっぺんに2杯出てきた。レシートでもう1杯もらえると思ってたんだけどね。いや、いっぺんにもらっても飲みきんないでしょ、これ。大雑把過ぎない?台湾STARBUCKSさん。
台湾出張行ってきた 2
 さて、日本の技術で作られた新幹線に乗って、いざ、台南へ。
台湾出張行ってきた 2
 新幹線、やっぱりカッコいい。
台湾出張行ってきた 2
 車両の中も、日本の新幹線とほぼ一緒でした。乗り心地もいい感じ。
台湾出張行ってきた 2
 ということで、2時間ばかりで台南に到着。翌日、商談する方に迎えていただき、一緒に夕食を取りました。連れて行っていただいたのは、馬公廟の前?中?にある露店。
台湾出張行ってきた 2
 ということで、やっぱり、まずはこれから台湾啤酒。まさか、久しぶりに「乾杯」を繰り返すことになろうとは...。
台湾出張行ってきた 2
 日本語の通訳で来ていた方が、台南は海鮮がおいしいって言ってた。ということで、海鮮中心のメニュー。
台湾出張行ってきた 2
 イカのフリッター。
台湾出張行ってきた 2
 エビの塩茹で。これ、あっさりしていて、美味しかった。
台湾出張行ってきた 2
 魚の卵...タラコかな?を茹でたのが乗ったサラダ。カラスミって聞いたら、違うって言われた。
台湾出張行ってきた 2
 台湾でシジミといえば、このしょうゆ漬けですね。久しぶりに食べたけど、やっぱり美味しかった。
台湾出張行ってきた 2
 魚のフライ。スズキだと思うんだけど、尾っぽの形が違うよね。カリッとあがってて美味しかった。
台湾出張行ってきた 2
 ホウレンソウって言ってたけど、ホウレンソウじゃないよね。
台湾出張行ってきた 2
 最後に出てきた、鶏のフライ。これも、カリッとあがってて美味しかった。屋台って言うと、外れること多いんだけど、ここは美味しかったな。
台湾出張行ってきた 2
 ググってみたら、この馬公廟、祀られているのは輔順将軍という宋の時代の武将だそうです、この絵の方がそうなのかな。
台湾出張行ってきた 2
 で、このお店のこともググってみたら、「葉家燒烤」というお店でした。
台湾出張行ってきた 2
 ここは、日本人だけじゃこれないかも...。
 ということで「乾杯」もたくさんいただいてしまいました。

 そういえば、今回、日本語の通訳で来ていた方が、ガラス会社を経営されていたとおっしゃっていたのですが、「乾杯」をしていた「コップの裏を見てごらん」といわれてたので見てみると、名刺のマークと同じマークが...ん~、なんか凄い方に通訳していただくことになったかも...。
台湾出張行ってきた 3