孔子暗黒伝2018/06/26 07:04

 「BOX」に続いて諸星大二郎さんの「孔子暗黒伝」も読んだ。

 1977年連載開始、しかも少年ジャンプで連載されてたので、40年前、これ読んでたはずなんだけど、ほとんど覚えてなかった。
孔子暗黒伝
 周の時代の孔子から始まり、インドで釈迦、そして日本に渡り最後は宇宙。歴史ドラマなのに、ファンタジーで、哲学書で、最後はSFですからね、とらえどころのない漫画でした。自分は中国古典もよく知らないし、釈迦については手塚治虫さんの「ブッダ」くらいしか知らないし、古代日本のこともよくわかってないので、ついていけなくなるとこともあったけど、なにかひきつけられる不思議な物語でした。
 で、よく考えると少年漫画誌で、ある意味ハイソなテーマの漫画が連載されていたなんて、当時の編集者、かなりチャレンジャーだったんじゃないか?連載スタート時、一緒に連載されてたのが、江口寿史さんの「すすめパイレーツ」、小林よしのりさんの「東大一直線」、山止たつひこさん(秋本治さん、当時はこんなペンネームでした。「がきデカ」の山上たつひこさんのもじりですね)の「こちら葛飾区亀有公園前派出所」、コンタロウさんの「1・2のアッホ!!」、車田正美さんの「リングにかけろ」、池沢さとしさんの「サーキットの狼」、平松伸二さんん・武論尊さんの「ドーベルマン刑事」などですからね。自分、当時のギャグ漫画好きだったなぁ...東大通、自分にとってヒーローだったもんなぁ。あっ、高尚な諸星さんからそれちゃった。

 ということで、結局、1回読んだだけではよく理解できなかったので、何度か読み返してみたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック