ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY2018/12/11 07:27

 やっと、観られた...。

 先日、サウンドトラックを買った「ボヘミアン・ラプソディ」、大ヒットしてるそうで...レイトショーで観たんだけどお客さんいっぱいだった。
ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY
 自分の最初のクイーン体験は「キラー・クイーン」。当時、ビートルズが好きで、ポール・マッカートニー&ウイングスの「ジェット」や「バンド・オン・ザ・ラン」が流行っててロックってカッコいいじゃんって思ってたら、なんか不思議なコーラスと独特の音色のギターがカッコいい曲がラジオ(当時はラジオなんだよね。「電リク」なんて言ってわかるかなぁ...)から流れてきて、それが「キラー・クイーン」だった、なんか衝撃的だったね。で、その次が、この映画のタイトルになってる「ボヘミア・ラプソディ」この曲はもっと衝撃的だった。曲も長いし、バラードからロックになって、オペラ出て来て最後はまたロック、で本当の最後の最後はまたバラードって構成。映画でもエピソードになってたけど、ラジオで最後まで聞けることってほとんどなかったな。中学の頃、ホント、人気あったよなぁ、特に女の子にね、でも曲もカッコ良かったのよ。
 この映画、フレディさんにフォーカスが当たってるけど、やっぱバンドの映画だね、ブライアンさん、ロジャーさん、ジョンさん、この三人がいて成り立ってると思う。確かにフレディさんの人生は面白いと思うけどね、彼らがいたからクイーンってバンドが成り立ってたんだと思うし、フレディさんもパフォーマーとして光ってたんだと思う。しかも役者さんたちよく似てるんだ...ジョンさんなんて、ヘアスタイルの変遷も完璧だったし、一番似てたんじゃないかなぁ。
ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY
 青春時代にリアルタイムで聴いてきたアーティストの話だったから面白かったし、感動した。そういえば、ライブ・エイドもリアルタイムで見てたもんなぁ。

 評判通りの映画だった、また観てもいいな...そういえば、音の良い映画館あるはずだよね、次、観るんだったらそこだな。

忘れてた、ストーリーに全然関係ないけど、ブライアンさんのペンギン見たかったな...。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック