仮面ボクサー2018/12/24 07:06

 島本和彦先生の1988年の作品。当時、徳間書店から発刊されていたヤング・キャプテン(ちなみに自分は、そんな名前のマンガ雑誌があることも知らなかった...)に連載されていて、3話を収録したところで雑誌が廃刊。最終章を書き下ろしで描いて単行本にしたといういわくつきの作品。
仮面ボクサー
 仮面ボクサーという作品名の通り、仮面ライダーがモチーフになっているというか、まんま設定をパロッた作品。敵は悪の秘密結社=世界征服ジムだったり、オートバイで移動したり、敵のボクサーはクモや食虫植物やカマキリと、どこかで聴いたようなラインアップ。でも、そこは、島本先生ですからね全然アリです、主人公が綺麗な女性に弱いのもお約束ですね。
 島本先生の作品は頭からネタバレバリバリだけど面白いんだよなぁ。普通だったら、そこ頭から出ちゃったらダメなんじゃないのってところも、あっけらかんと出しながらも笑っちゃうんだよなぁ...分かってても笑えるってやっぱり凄い。

 ということで、みんなに読んでもらいたい。kindle unlimitedなら「0円」ですよ~。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック