WOLFPACK vs WESTERN FORCE2019/05/03 07:16

 秩父宮に行ってきた。

 SUNWOLVESがHIGHLANDERSにボロ負けして、フラストレーションがたまった翌日、その悔しさを吹き飛ばしてもらおうと、JAPANのメンバーで構成されるWOLFPACKと、SUPER RUGBYからSUNWOLVESが参加した年に除外されたWESTERN FORCEの試合を見に行った。
 JAPAN候補と、SUPER RUGBYから除外された以降ビッグネームの参加も無く、独自の大会で試合をしているWESTERN FORCE、どう考えてもWOLFPACKが快勝で自分のフラストレーションも解消のはずだったんですけどね...。
WOLFPACK vs WESTERN FORCE
 この日の試合は無料ということで、メインとバックともに結構人が入ってました。もっと、少ないって思ってたんだけどね。
WOLFPACK vs WESTERN FORCE
 キックオフから一進一退でしたが、贔屓目に見てもWOLFPACKの方が優勢って感じでした。体格としてはWESTERN FORCEの方が一回り大きかったのですが、WOLFPACKは前に出るディフェンスでWESTERN FORCEの攻撃をよく止めてました。WESTERN FORCEは、ポイントでのオフサイドがあからさまな感じで、平気で回り込んだり、ボールが出ていないのにポイントをまたいだりしてましたね。で、そのペナルティを松田選手が得点につなげてました。
WOLFPACK vs WESTERN FORCE
 もちろん、トライもいい感じで取れていたので、面白かったですね。WESTERN FORCEはフォワード周辺でフィジカルでゴリゴリ行くっていう攻撃に終始していて、WOLFPACKのタックルの餌食になってました。とはいえ、前半WOLFPACK3本にWESTERN FORCEは2本、圧勝している感じだったのにトライ数では1本差。WOLFPACKは近場はよく止めてたのですが、前日のSUNWOLVESと同じように、バックスにするっと裏に出られてしまうと、あっさりトライまで持っていかれてしまってました。特に、脚の速い選手には弱い感じ、WESTERN FORCEのアウトサイドセンターのデービス選手、右ウイングのマグレガー選手のスピードは凄かったですね。一緒にみていた友人と話をしていたのですが、WESTERN FORCEは近場でゴリゴリより、バックスに展開したほうがもっと楽に得点できたんじゃないかなぁ...。
WOLFPACK vs WESTERN FORCE
 で、後半入って10分くらいまでは楽勝ムードだったんですけどね...WESTERN FORCEの選手もちょっと足が止まってましたしね...一時は32点まで差がついていたのですが、後半、人が入れ替わったところで、ペースを上げたのはWESTERN FORCE、一方、WOLFPACKは連携が悪くなったというかリズムがよく無かった。そこをしっかりWESTERN FORCEにつかれちゃいました。
WOLFPACK vs WESTERN FORCE
 後半は両チームとも3トライでほぼ互角。後半頭までの力関係とは打って変わって、ゲーム自体も互角って感じでした。で、ここで、ちょっと前日のフラストレーションがまたふつふつと、本来であれば、楽勝してもらわなきゃならないチームにあっさりトライをとられちゃってたディフェンスにかなり不満が残りました。特に上にも書いたようにラインディフェンスを抜かれてしまったときのフォローがまったくダメでした。これじゃぁ、前日のHIGHLANDERSにJAPANは勝てませんね。しかも、試合終了のホーンが鳴った後の攻撃で最終的にターンオーバーされてダメ押しのトライを献上しちゃいました。全然、ダメじゃん。
WOLFPACK vs WESTERN FORCE
 結局、51対38と13点差、最後のトライが余計でした。両チームともに6トライ、後半だけみたら、21対28とWOLFPACK負けてました。
 SUNWOLVES、ともにラインディフェンスの見直しが必要ですな。
WOLFPACK vs WESTERN FORCE
 WOLFPACKでよかった選手は、前に出るパワーは相変わらずのヘルウヴェ選手、ナキ選手、ディフェンスはが堅い稲垣選手と、この日ゲームキャプテンのラピース選手、厳しいタックルを決めてたトゥポウ選手、キレキレのスピードはやっぱり凄い福岡選手、やっぱりファンタジスタだな山沢選手かな。

 でも、やっぱり、穴があるのがなぁ...そこ、修正して欲しいよね。あと、スクラム、なんか弱くなってないかな?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック