このケーキ...好き2020/03/06 07:05

 近所のコンビニで見つけた。

 チョコレートケーキとカレーで有名なTopsさんとコラボしたチロルチョコ。
 ちゃんとそれっぽい味で、アクセントの胡桃もちゃんと入ってて20円なら問題ない美味しさだった。
このケーキ...好き
 ということで、久しぶりにチョコレートケーキ買ってみた。チロルチョコのパッケージにも表現されてるお馴染みのデザインの箱。
このケーキ...好き
 チョコレートケーキ、本当に美味しいんだよね。甘すぎないチョコレートクリームと柔らかいスポンジ、アクセントの胡桃が、これまた美味しいんだよねぇ。
このケーキ...好き
 ということで、我が家はこのサイズを3人で1回で食べきります。

 それぐらい美味しいのだ。

作ってみた2020/03/07 07:12

 バレンタイン用で販売されていた手作りクッキー、安く販売されていたのでホワイトデーにどうかなって思ったのと、トップリーグとSUNWOLVESの試合が延期と海外への会場変更になって時間ができたので買ってみた。

 買ったのは、サンリオさんのクロミちゃんのクッキーキット。クロミちゃん、姪っ子が好きなんだよねぇ。
作ってみた
 パッケージの中に入ってるのは材料、左上から時計回りにチョコレートペン、クッキー粉、アイシングシュガーの3つ、これに、家庭にある材料を加えて作っていきます。
作ってみた
 クロミちゃんの抜き型。
作ってみた
 まずは、クッキー。クッキー粉と砂糖、バター、牛乳。これで、15個くらい作れるそうです。
作ってみた
 まずは、バターと砂糖を練ってクリーム状にします。
作ってみた
 これにクッキー粉を入れて、混ぜていきます。
作ってみた
 材料をこねていくとこんな感じで、まとまります。
作ってみた
 上の生地をラップに挟んで麺棒で伸ばして、冷蔵庫で冷やします。この状態だと、やわらかくてクッキー型で抜けないんですね。
作ってみた
 で、クッキー型で抜いた生地。顔のパーツのスタンプの加減が難しい...同じ加減でやってるつもりなんだけど、ごらんのようにバラつきが出ちゃう。で、早くしないと生地が温まって柔らかくなってスタンプにくっついちゃったりするんですね。
 生地をこねるまでは大変じゃないんだけど、型を抜くところからは難しかったですね。
作ってみた
 で、170℃のオーブンで、12分くらい焼いたのがこれ。焼色にバラつきガ出るのは、生地の厚さにバラつきがあるからなんですね...これも、難しいところだなぁ。
作ってみた
 アイシングシュガー、この状態では黒くありませんが、牛乳を入れて練ると黒くなるんですね。
作ってみた
 ということで、アイシングとチョコレートでデコレートして出来上がり。ちなみに、これもムチャクチャ難しい。アイシングはたれちゃうし、チョコレートは綺麗に盛れない...お菓子職人さんって大変なんだね。
 ん~、この出来では、人様に差し上げられないな...。
作ってみた
 最初に焼いたのは、焼きすぎちゃって日焼けしたクロミちゃんになっちゃった。
作ってみた
 ということで、ホワイトデーのお返しは、お店で買うことにしました...。

屍者の帝国2020/03/08 07:57

 伊藤計劃さんの屍者の帝国のビデオも観た。

 原作はアクションあり、哲学的な部分もありで盛りだくさんなんだけど、アニメはアクション中心でしたね。意識のありようの部分がテーマとして語られるんだけど、原作で語られた屍者化の秘密はあいまいなままで、そのせいか、クライマックスがいまひとつ意味がわからない感じになってしまってたね...。あと、なんか、ワトソンがフライデーを復活させるってことが目的って感じになってたのもどうかなぁ...。
屍者の帝国
 まぁ、面白いか面白くないかといえば、面白かったんだけど。原作の肝心なところがはしょられちゃってるのがね、残念は残念なんだけど、時間内に収めるには、しょうがなかったってことなんですかね。というか、原作をモチーフにした別の語って感じでした。

 ということで、原作もう一度読み直してみようと思う。出版の順番で、虐殺器官⇒ハーモニー⇒屍者の帝国って順番かな。

なんかいた...ふたたび2020/03/09 07:11

 季節だからね...とちおとめ、また買った。

 ん?...なんかいる。
なんかいた...再び
 ネコさんでした。
なんかいた...再び
 ただ、それだけ。

作ってみた ふたたび2020/03/10 07:04

 ラグビー無いからなぁ...てことで、サンリオさんのお店で販売されてたプラモデル買ってみた。

 サンリオさんでプラモデルってピンと来ないけど、昨年からキティさんが45周年、ガンダムが40周年ってことでコラボしてて、それの活動のひとつとして、バンダイさんからガンプラとキティさんのコラボ商品が先月末に発売されたんですね。
作ってみた ふたたび
 ということで、まずは、ハローキティとハロのコラボプラモデルを作ってみた。
作ってみた ふたたび
 プラモデル作るの何十年ぶりだろう、小学生のころタミヤさんの戦車や軍用自動車のプラモデル作って以来かも...。ん...ミニ四駆もプラモデルだとしたら、息子のために作ったから15年ぶりくらいかな...。
 ところで、ハロのプラモデルだからハロプラなのね...。
作ってみた ふたたび
 箱を開けると、プラモデルですからね、こんな感じでパーツが入ってます。カラフルで綺麗ですね。
作ってみた ふたたび
 これがバンダイさん自慢の複数色のパーツですね。これまではひとつの型から作られるパーツは1色というのが普通だったのですが、バンダイさん、ガンプラの量産化のために、ひとつの型に4色の樹脂を流し込んでパーツを作れる成型機を開発したんですよね。
作ってみた ふたたび
 ということで、カラフルなパーツがひとつのランナーで繋がってます。
作ってみた ふたたび
 バンダイさんのガンプラ製造の説明のページを見てみてね。
作ってみた ふたたび
 で、ググってみたら、この成型機、東芝が作ってるそうです。あと、バンダイさんのホームページ以外にも、ガンプラの製造に関するニュースページやまとめページがあるのでググってみてね。
作ってみた ふたたび
 シールもステッカーになってるんですよね。昔(って、すごい昔だけどね)は、水で浮かして貼るものだったんですけどね、1回貼って、乾いちゃうと貼り直せないし、乾いたあとも、引っかいたりすると剥がれちゃうんですよね。
作ってみた ふたたび
 設計図は、箱の裏面に印刷されてました。いろいろ、進んでますな。
作ってみた ふたたび
 ということで、出来上がり。
作ってみた ふたたび
 最近は、接着剤も必要ないし、ランナーからも綺麗にパーツが取れるんですね。
作ってみた ふたたび
 昔は、結構大変だったんですけどね。バリを取ったり、ランナーからパーツを取るのも綺麗に取れなくて...でも、それがあったから、ナイフとかニッパーの使い方覚えたってのもあるけどね。あと、接着剤もね、はみ出しちゃうと完成時に汚くなっちゃうとか、彩色が大変だったりとかね...よく考えたら楽しかったけど大変だったなぁ。
作ってみた ふたたび
 それにしても、このプラモデルよくできてます。稼動部分がたくさんあって、いろんなポーズをとらせることができる、いや、本当に良くできてる。これを設計してる人に開発時の話を聞いてみたい、はめ込み部分や稼動域の設計の秘話っていうかコツをね。
作ってみた ふたたび
 ガンダムとハローキティのコラボプラモデルも買ったので、作ったら紹介しますね。