Impulse Voices / Plini2020/12/03 07:13

 シングルのリリースはあったけど、フルアルバムは4年ぶりPliniさんの新作がリリースされました。

 ってことで、早速、Bandcampでダウンロードしたんだけど、YOUTUBEでFull Albumがアップされてたのね...。先日、Intervalsのときにも書いたけど、音楽がダウンロードやストリーミングがメインになってから収益の考え方が変わったって事なんだね。
 で、音のほうはやっぱりPliniさん、激しい中にもエモさがあるんだよね、一曲目も音はハードでテクニカルだけど、情緒的っていうか詫び寂びがあるんだよね。とにかく押し捲るIntervalsのAaronさんも好きだけど、日本人の感覚に近いPliniさんも自分は好きさ。
 Impulse Voices / Plini
 今回も、曲のタイトルにYoutubeのリンク貼っておいた。
 軽快なギターのリフで始まる曲、イントロのドラムスがカッコいい、で、そのまま行くのかと思いきや、ゆったりとしたスピードに...でも、ドラムスは忙しく手足動かしてる。とにかく、音が作り出す空間が凄い曲。ギターのPlay Throughもあるので見てみてね。
 スローテンポの曲、重いベースの音がカッコいい。これ、前にも書いたけどこの曲も香津美さんっポイ。
3 Perfume
 これもスローで静かな曲なんだけど、テーマの裏のハイハットの16ビートが曲を締めてると思う。音の隙間があるのに、ものすごく広がって聴こえる不思議な曲。
4 Last Call
 ピアノの静かなアルペジオで始まる曲。ギターはゆったりしてるのに、ベースとドラムスが16ビートでリズムを刻んでて曲にスピード感を与えてる。後半部のシンセサイザーが入ってからのカラっとした弾んだ感じも好き。これ、プログレだね。
5 Impulse Voices
 ちょっと、オリエンタルな感じの曲。Pliniさんのギターの音がカワイイ。ここまで聴いてきて、PliniさんもIntervalsさん同様、リズム隊がキモになってる、この曲のリズム隊ムッチャカッコいい。
6 Pan
 この曲もやっぱりリズム隊だな、リズム隊だけ聴いてたらメタルだけど、ムッチャエモいもんね。タイトでハードなリズムの上でPliniさんが自由にメロディを奏でてるって感じだもんね。John Waughさんのブロウするサックスもいい感じ。
7 Ona / 1154
 とにかく、リズム隊が凄いってことで...特にドラムスがカッコよすぎる。Dave MackayさんのJazzyなピアノソロがカッコいい。
8 The Glass Bead Game
 とっても美しい曲。Pliniさんのセンスがこの一曲に詰め込まれてるって感じかな、この曲はプログレだよプログレ。カッコいいし、美しいし、エモいし、とにかく、サイコーなんだな。

 ということで、ドラムスのChris Allisonさんと、ベースのSimon GroveさんがPliniさんをしっかり支えてるってことだね。そういえば、前にも同じこと書いてたな...。ところで、パーソネルにはSimon Groveさん、stunt guitarてのも書いてあるんだけど、何やってるのかな...?

 ところで、Full AlbumのYOUTUBEの画像、静止画みたいに見えるけど、ちゃんと仕掛けがあるんですよ。聴くだけじゃなくて、よく観てみてね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック