劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死身の剣士と破滅の本 劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME2020/12/25 07:07

 本来だったら夏の映画で、アナザーエンディングかトゥルーエンディングでバトンタッチ映画だったんですけどね...で、もう一本は、本編を補完するストーリーものだったはずなんですけど...コロナウイルスの影響で、例年とは違った趣になってしまいました。

 まずは、劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死身の剣士と破滅の本。ワンダーワールドで封印されていた破滅の本が、不死身の剣士バハト(バハト自身も封印されていたみたいだけどね)に解放され、ワンダーワールドと現実世界が破壊されていくって話。このバハト、今後本編にも絡んでくるってことなので要注目ですね。24分と短い映画で正直ストーリーはありません、ぶっちゃけ6人の剣士ライダーのプロモーションビデオです。とにかく、セイバー、ブレイズ、エスパーダ、バスター、剣斬、スラッシュのカッコいいバトルシーンがてんこ盛り。バトルシーン好きにはたまらないんじゃないかなぁ...。
劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死身の剣士と破滅の本 劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME
 一方、ゼロワンの劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIMEは、本編最終回から繋がる話。ストーリーは、最終回でアズがエデンドライバーとエデンゼツメライズキーを渡した伊藤英明さん扮するエスが仮面ライダーエデンとなって、60分で世界を破壊し新しい世界を作るって宣言し、或人社長=ゼロワン、滅亡迅雷.netのメンバー、バルキリー、バルカン、サウザー、イズがそれを防ぐって話。

 或人もかっこよかったけど、今回は、滅が大活躍でした、この映画の主役は或人と滅といっても過言じゃない、それぐらい、滅はカッコ良かった。バルカンと迅の絡みも相変わらず面白かったなぁ...ゴリラの自虐ネタ健在でした。あと、イズちゃんですね。やっぱカワイイし、今回は、あっと驚く展開もあります(これは、映画を見てのお楽しみね)。もちろん、お笑いもきちんとちりばめられてて、特に天津垓は相変わらずでした。今回のキーパーソン役のアキラ100%の100%vs1000%の対決?シーンもお笑いのシーンとはいえ、きちんとストーリーの重要な位置を占めてたし、ラストシーンのメンバーとの絡みも良かったですよね。でも、一緒に観た息子曰く、様々な元凶を作ったのが天津垓のクセに偉そうだって...アークを暴走させたことによって影響を及ぼしたのがAIロボットだけじゃなくて、AI搭載ナノテクノロジー開発もってことだからね。
 
 それにしても、AIにロボット、ナノテクノロジーに仮想現実と未来を感じさせる作品でした。コロナウイルスの影響があって休止した4週間が無かったら、どんな、展開になっていたか気になりますねぇ...。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック