Cory and the Wongnotes / Cory Wong2021/02/17 07:32

 Cory Wongさん、働きすぎだな...というか、アイデアが溢れて仕方が無いんだろうな。

 昨年1年間でアルバムを8枚(スタジオアルバム4枚、The Striped Album/10月、Trail Songs (Dawn)/8月、Trail Songs (Dusk)/7月、Elevator Music for an Elevated Mood/1月、ライブアルバム4枚、Syncopate & Motivate Tour (SET 2)/9月、Syncopate & Motivate Tour (SET 1)/9月、Live at First Ave/6月、Live in Amsterdam/4月、あと、vulfpeckThe Fearless Flyersもあったもんね)リリースして、年が明けてもう1枚リリースですよ。で、YOUTUBEでは、15分程度の短い続きものの物語形式のMVを公開してるの、これ、働き好き以外の何者でもないな。きっと、頭の中でいろんなアイデアが溢れかえっちゃってるんだね。
Cory and the Wongnotes / Cory Wong
 音の方はもう思いっきりなFUNKですよ、しかも底抜けに明るいね。Coryさんホント楽しそうにいつもギター弾いていていい感じだよね。曲もホント明るくて軽くて、重いところどこにも無いもんね。そうそう、しかもおしゃれなのだ。ホーン部隊の活躍も良くて、エッセンスとしてとっても効いてるよね。

01 Cory and The Wongnotes Theme
 ノリノリのテーマ、YUTUBEでも各エピソードの頭にも流れます。ブレイクのギターのカッティングがカッコいい。
02 Merci
 ムッチャFUNKYなイントロで始まる曲、ホーン隊がテーマを奏でてて大活躍。リズム隊もがんばってるね。Negah Santosさんのパーカッションのオカズもいい感じで効いてるし、最後のPetar Janjicさんのドラムソロもカッコいいよ。MV(エピソード3)では、その二人がフューチャーされてるよ。
03 Heist
 ベースのフレーズがカッコいい、コンガの音もシンクロしてて良い感じ。この曲も、ホーンが大活躍だね。1分過ぎからのフルートソロがめっちゃカッコいい。
04 Tiki Hut Strut
 これカリプソだよね。軽いノリでいい感じ、思わず腰が動いちゃうね。トロンボーンソロもカッコいいよ。MV(エピソード4)も観てね。
05 Coming Back Around (feat. Cody Fry)
 ゲストボーカルのCody Rayさん登場、MV(エピソード1)だとCoryさんベースギター弾いてます、スラップもカッコいい。80年代のAORのノリの曲、オジさんこういうの好きですよ。ギターソロもCodyさんってことなのかな?
06 Starfire
 Coryさんのごきげんなカッティングで始まる曲。ホーンセクションのテーマもご機嫌な感じだね。
07 United (feat. Antwaun Stanley)
 vulfpeckファミリーではおなじみのAntwaun Stanleyさんボーカルの曲、この曲も80年代のAORのノリ。MV(エピソード2)でもご機嫌だよ、それにしても、Antwaunさんのソウルフルなボーカルもカッコいいよね。
08 Headin' Down To Bunkers
 この曲は、イントロがあるとサックスのCannonball AdderleyさんのMercy, Mercy, Mercyで、テーマがベーシストのJaco  Pastoriusさんの演奏で有名なThe CHICKENだね。パクリというかリスペクトって感じかな。ベースのフレーズがカッコいいのだ。この曲は、MV(エピソード5)で聴けるよ。
09 Lee
 この曲はちょっとヘヴィな感じだな。リズムがちょっとスローでルーズな感じがそう感じさせるのかもね。オルガンっぽいキーボードの感じもカッコいい。
10 Bluebird (feat. Eddie Barbash)
 一転、カラッとしたCoryさんのギターのカッティングで始まる曲。この爽やかさと軽さがいいんだよね。カルフォルニアの青い空って感じ...て、書いたけど、Coryさんたしかミネアポリス出身だよね。そうか、プリンスか...。
11 Stevie Wonder Medley (feat. The Hornheads)
 Isn't She LovelySir.Dukeのメドレー。Isn't She Lovelyはホーンセクションのみ、それにしてもこの曲はシンプルだけど名曲だ。続いてのSir.Dukeは、バンドの皆と一緒にイントロを弾いてそのままフィナーレ。アレンジもムッチャカッコいいよ。

 メンバーは総勢11人。
 Cory Wong - guitar/bass/vox
 Sonny Thompson - bass/guitar/vox
 Kevin Gastonguay - keys
 Negah Santos - percussion
 Petar Janjic - drums
 Eddie Barbash - alto sax/soprano sax
 Kenni Holmen - tenor sax/flute
 Sam Greenfield - bari sax/bass clarinet
 Steve Strand - trumpet
 Jon Lampley - trumpet
 Michael Nelson - trombone/horn arranger
 本当に楽しい音を聴かせてくれますな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック