リバー、流れないでよ2023/07/04 07:09

 ヨーロッパ企画の映画第2弾「リバー、流れないでよ」観てきました。
リバー、流れないでよ
 映画第1弾は2分後の未来という話でしたが、今回は2分間の繰り返し、時間ものといえば、サマータイムマシン・ブルースをはじめとしてヨーロッパ企画の得意分野って感じですもんね。それにしても、脚本の上田さんの発想はすごすぎるというか、面白すぎる。ちなみに、ループものといえば、2年前に日清食品さんの焼きそばU.F.O.の宣伝で作られた宮野真守さん主演のショートドラマもありました。あの時は3分でしたけどね。で、今回のロケ地になっている貴船といえば、コロナ禍に行われた配信劇「京都妖気保安協会」の3作目「貴船スターシップ」と同じで、同じく舞台になっている料理旅館は、ミコト役の藤谷理子さんの実家でもあるふじやさんでした。
 貴船神社、複雑な構造のふじやさん、ふじやさんの裏を流れる川を効果的に使って、2分間のループを飽きさせることなく魅せるのは、さすが、ヨーロッパ企画の皆さん。そして、ただループを繰り返すだけじゃなく、恋愛要素や人間模様をしっかり魅せるあたりもヨーロッパ企画の真骨頂ですね。
 特にミコトとタクの2分間の逃避行は面白かったですし、面白いだけじゃなくてブラックな「死」というテーマをさりげなく入れ込んでくるあたりもさすがって感じでした。そうそう、ロケ中の歴史的な大寒波の雪模様も、普通であれば時系列がつながらなくなるので避けるところを2分間のやり直しっていうループを逆手に取って味方にするのもね。

 いずれにしても、今回も期待を裏切らない面白さでした。もう一度といわず何回も観にいきたくなりました。とりあえず、クラファンの返礼品のメイキングDVDは観ないとね、あと、Blu-rayは入手したいと思います。

 87分の不思議世界、ぜひ観てくださいな、お勧めの作品ですよ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック