トップリーグ 2016-2017 第12節2016/12/19 07:05

 秩父宮に行ってきた。

 1戦目は、キヤノンイーグルスvsNECグリーンロケッツの試合。NECの田村選手のファンタジスタ振りに期待ですね。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 前節までの順位でキヤノン11位(4勝7敗)、NEC12位(4勝6敗1分)とここまで、ほぼ力的には互角の両チームだったのですが...そして、スタッツのポゼッションだけ見たらキヤノン40%、NEC60%とNECが勝ってたんですけどね...。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 NECの自滅ですね。攻めてもノッコンや、パスミスで自らチャンスをつぶす、守っても、肝心なところで、タックルミスや連携ミスがあって繋がれてしまう、今日は、本当にいいところがなかったです。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 神戸製鋼に勝ったあのゲーム運びが出来れば、試合もどうなっていたか分からなかったですけどね...。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 気になったのはディフェンス。何度か攻めるキヤノンはバックスのラインが揃っているのに、守るNECはフォワードのディフェンスラインという、完璧にミスマッチな状態が何度もあったこと。そして、簡単にラインブレイクされちゃってたこと。ディフェンスのシステム自体が「?」な感じでした。やっぱり、神戸製鋼戦のときみたいな前に出るディフェンスが出来ていれば...。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 キヤノンの外国人選手、フルバックのルルー選手、バックローのアダム・トムソン選手、スタンドオフのルース選手、センターのティム。ベネット選手らにうまくプレッシャーをかけられず、いいように動かれてしまったって感じでした。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 45対21、キヤノンの良いところが出たというよりも、NECのダメなところが目立った試合でした。
 NECはオリンピックで活躍した後藤選手くらいかなぁ...気を吐いてたの。 
トップリーグ 2016-2017 第12節
 <おまけ>
 この日、息子のオペラグラスを借りて持ってたんだけど、スマホにセットして撮ってみた。ヒギンボッサム選手の後姿と、この日も、何度か縦に大きなゲインをみせてくれた瀧澤選手、結構良く撮れてるんじゃないか?
 それにしても、ヒギンボッサム選手も波があるなぁ...今日、あまりいいとこなかったもんなぁ。
トップリーグ 2016-2017 第12節

 2戦目は、パナソニックワイルドナイツvsリコーブラックラムズの試合。どっちも応援しているチームなので複雑ですね。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 結果的には、45対17とパナソニックの圧勝に終わったのですが、リコーが前季王者のパナソニック相手によくファイトした試合でした。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 もしかしたら、もっと、競った試合になっていたかも知れないそんな試合内容でした。前節も書きましたが、リコーはウインドウマンス前より明らかにチーム力がアップしてます。オフェンスでは、まだまだ、フォローが甘くてノットリリースの反則を取られてしまうことがあったのですが、ディフェンス時の販促が少なくなりました。特に、オフサイドや、ゲート、ハンド、ホールディングなどの不用意な反則はほとんどありませんでした。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 あと、リコーは、闘志あふれるプレーが随所に見られました。
 後半13分の山田選手のハットトリック(これも、ボールのバウンドがもうちょっと違っていれば、生まれなかったトライですけどね...ティム選手が最後までボールを追っかけていればね...)後の山本選手のノーホイッスルトライ、しびれました。小松選手のキックオフのボールのチェイス、そして厚いフォローで、最後は、俊足を飛ばした山本選手がグラウンディング、全員の意識が一つになってました。それ以外にも、ハイパントをチェイスして、福岡選手とのマッチアップで確実にボールを確保した香港代表のジェイミー・フッド選手も良かったですね。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 そして、この日、一番しびれたのは、武者選手のタックル。鋭いタックルでパナソニックの攻撃のリズムをつぶしてるなって時は、大体、武者選手でした。サイズは決して大きく無いし、虫も殺さないような優しい顔をしているのに、その闘志あふれるタックルは本当にしびれます。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 後半、パナソニックの内田選手が入ってからの10分くらいに、立て続けに2トライを取られるまでは、それぞれトライ3本ずつ。バーンズ選手のペナルティーキックの点差以外は、ほぼ互角といっても過言では無いような試合内容でした。ほめすぎかな...でも、ポゼッションでは、パナソニック35%に対しリコーは65%、最後に取りきる決定力が付けば、もっと上位にいけるんじゃないかなぁ。来季につなげてステップアップして欲しいなぁ。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 それにしても、やっぱりパナソニックのほうが一枚も二枚も上手でしたね。特にディフェンス。後半、リコーの攻撃に対して、22mラインより前には一歩も進ませないそのディフェンス、凄かったですね。倒れたら、立ってディフェンスラインに戻る、これを繰り返すだけなんですけど、すべての選手のこのプレーに対する意識が高いってことなんですね。この日のディフェンスを見ていたら、どうして、2試合も落としたのか分からないっていうのが正直な感想です。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 この試合のマン・オブ・ザ・マッチは、ハットトリックを決めた山田選手だったのですが、自分としては、リコーの攻撃をしつこいタックルとジャッカルで摘んでいたポーコック選手にあげたかったですね。28歳にしてオーストラリア代表で56キャップを持つ選手。187cmと世界レベルでは決して大きな選手ではありませんが(実際試合で見てても、大きく感じませんもんね)、ポイントでのボールへの働きかけはすばらしいものがあります。身体の小さい日本人もこう闘えば世界と勝負できるっていう見本になる選手だと思います。
 トップリーグにいるJAPANを目指すバックローの選手は彼のプレーをしっかりと目に焼き付けて欲しいですね。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 残り3試合(12/24 豊田自動織機シャトルズ、1/8 宗像サニックスブルース、1/14 コカ・コーラレッドスパークス)、絶対に勝って来季に繋げて欲しいです。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 今年はプレイオフが無く、ヤマハ発動機とサントリーがここまで全勝なので、優勝は難しくなってしまいましたが、チームとしての若返りを積極的に進めているので、来季に繋げて欲しいですね。この日もゲームキャプテンは、チームキャプテンの堀江選手じゃなくて、2年目の布巻選手だったもんね。
 ちなみに、この日一緒に行った友人が、スーパーラグビーへの参戦を狙ってるんじゃないかって行ってたけど、本当に狙ってるかもしれないな...。
トップリーグ 2016-2017 第12節
 さて、来週は仕事があるので、次の観戦は年明けです。で、正月はテレビで東海大学を応援したいと思います。

リコーのみなさん2016/12/15 07:12

 残念ながら、試合は負けちゃいましたけどね、リコーブラックラムズの皆さんを応援してますよ~。

 第11節から、試合開始前に選手たちからメッセージ入りステッカーを配布する「ウエルカムグリーティング」が始まりました。奥様と二人で、HONDA HEATの中田晃司選手コカ・コーラレッドスパークスの原山光正選手のステッカーをもらいました。
リコーのみなさん
 ステッカーの配布だけじゃなくて、インスタフレームでの写真撮影も。ちなみに、女性向けってことでしたが、写真取ってもらいました。もちろん応援しているリコーの皆さんと一緒にね。左が、ウイングの長谷川元氣選手、右が、ルーキーでロックの吉村公太朗選手。
リコーのみなさん
 試合後のグリーティングタイム。この日は時間がなかったので、「握手だけにしてください」って係りの人に言われてたんだけど...。手前の白いパーカーを着てるのがリコーの選手の皆さん、その向こうにいたのが、JAPANでクボタのジャスティン・アイブス選手ですね。
リコーのみなさん
 ちゃっかり写真一緒に撮っちゃいました。プロップの辻井健太選手と小松大祐選手。辻井選手のにっこり笑顔と、小松選手のさわやかな白い歯の笑顔がいいですね。
リコーのみなさん
 SOUTH AFRICA代表2キャップ、ライオンズから来たフランコ・モスタート選手、身長199cm体重112kgのロックです。弱冠25歳、モスタート選手も笑顔がさわやかですね。ちなみに、その横で見切れちゃってるのが、ウイングの星野将利選手でした。
リコーのみなさん
 この日は、ノンメンバーだったピータース・ダニエル選手。調子悪いのかなぁ、ウインドウマンス明けからは出場がありません。彼のゴールキックがチームに勢いを与えるんだけどなぁ...。
リコーのみなさん
 こちらも、この日はノンメンバーだった、ティム。ナナイ-ウイリアムズ選手。前節は出場されてたんですけど...。彼のファンタジスタ振りというか、キレのあるランが自分は好きなんですけどね。
リコーのみなさん
 ということで、今週末はパナソニックワイルドナイツとの試合があるリコーブラックラムズの皆さん、頑張って欲しいですね。

100トライ2016/12/12 07:05

 社内便で送られてきた。

 封筒開けたら、この袋出てきた。
100トライ
 で、中に入っていたのがこれ。パナソニックの北川智規選手のトップリーグ公式戦通算100トライ記念のキーホルダー。先週の4日、地元太田で行われたクボタとの試合の後半14分、クボタゴール前でのスクラムからの攻撃で、バックマン選手の絶妙なフリップパスを受けてのトライ。試合も勝って、ダブルで嬉しい日でしたね。
 生で見たかったですぅ...。あっ、自分、その日は用事があって、現場に行けなかったんですよね...。
100トライ
 ということで、現場に行ってた友人から送られてきたのでした。
100トライ
 ところで、通算100トライ、現キヤノンイーグルスの小野澤選手につぐ2人目の快挙です。現在33才、まだまだ、記録を伸ばせますね。
100トライ
 いやー、とにかくカッコいいですぅ、使うのがもったいない。

トップリーグ 2016-2017 第11節2016/12/11 07:04

 秩父宮に行ってきた。

 JAPANとARGENTINEのテストマッチから1ヶ月、先週から再開したトップリーグの試合を観にいってきました。
 1戦目は、リコーブラックラムズvsクボタスピアーズの試合。スピアーズも好きなんだけど、ここはやっぱり、ブラックラムズの応援ですな。やっぱり、JAPAN組みの松橋選手とアマナキ・ロトアヘア選手に注目ですな。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 両者拮抗したいいゲームでした。リコーは、以前に比べるとペナルティーの数が圧倒的に減ってました。この日、クボタの8に対して、リコーは3、自陣ゴール前でのディフェンスでもペナルティーはほとんどありませんでした。昨年より良くなっているんじゃないですかね...まぁ、昨年がひどかったともいえますけどね。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 クボタは、ハイランダーズから来たFIJI出身のパトリック・オズボーン選手が良かったですね。シーズン序盤は、会場でビラを配ったりチームのバックアップを献身的に行っていたのですが、ラグビーのプレーも献身的で、そのまじめさがにじみ出てました。スタッツをみると、ゲインメーターは立川選手の次、両チームあわせても2番目に長い70mでした。あと、リコーの松橋選手もそうだけど、クボタも、ルーキーが頑張ってましたね。最初のトライをあげた近藤選手や、後半、23分に出場した岡田選手もいい動きしてましたもんねぇ。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 リコーは、ディフェンスは先に書いたように良くなっていたのですが、オフェンスはもう少しって感じでした。クボタのディフェンスが良かったのかも知れませんが、これで行ったら絶対取れるってとこがね...。JAPANで活躍したアマナキ・ロトアヘア選手も力強いランでゲインしていましたし、ルーキーの松橋選手は抜群のスピードでトライをあげましたが、このかたちで行けば必ず取れるってプレイが必要だと思います。あとは、最後の最後の詰めのところでのハンドリングかな...攻め込んでノッコンでチャンスをつぶすって場面も多かったですからね。まぁ、クボタも似たようなもんですけど...。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 リコーのルーキーで、先日の欧州遠征でJAPANのキャップを獲得した松橋選手がやっぱり目だってました。ゲインメータは44mとチームで2番目ですが、1番の武者選手の45mとの差はわずか1m、トライとったときの力強いスピードの乗ったラン、良かったですもんねぇ。で、一方の武者選手は、ディフェンスでも活躍してました、タックル数は14でチームで1番。身長177cmと決して大きくありませんが、その闘志あふれるプレー、自分は大好きです。リコーは、JAPANのブロードハースト選手や人に強い柳川選手もいるし、バックローがいいんですよね。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 さて、リコーは、前半クボタにリードをされてたのですが、後半、18分のロトアヘア・ポヒヴァ・大和選手のトライで逆転、その後、高平選手のペナルティゴールも決まり、4点のリードで逃げ切れると思っていたのですが、最後の最後、後半40分にクボタのキャプテン立川選手の意地のトライで逆転されてしまいました。アマナキ選手とブロードハースト選手の外国人選手二人のタックルをはじき返してのトライ、立川選手は、JAPAN、SUNWOLVESで確実に力をつけてます。
 18対21、リコーにとっては残念な試合でした。というか、ここは取っておきたかったよなぁ...。

 今日は、キャプテンの意地で勝てたって感じですね。前半の勢いが後半も持続できればもっと、楽に試合できると思うんですけどね。 
トップリーグ 2016-2017 第11節
 今日は、本当に惜しかったです。次節はパナソニック...今の実力では勝つのは厳しいかな?...だけど、その後の3試合は下位チームなので、しっかり勝って8位以内をキープして欲しいですね。
トップリーグ 2016-2017 第11節

 2戦目は、サントリーサンゴリアスvsコカ・コーラレッドスパークスの試合。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 リオオリンピックで活躍した副島・亀里・ララボウラティアナラ選手の2本のトライで、コカ・コーラは前半15分くらいまではいけるって感じだったんですけどね...。その副島選手、アタックにディフェンスに頑張ってました、さすがに後半ちょっとバテてたみたいでしたけどね。副島選手、日本人女性と結婚して社会人チームへの加入を目指してたけど敵わず、舗装工事会社の現場作業員をしながら佐賀のクラブチームでプレーを続け、セブンズの日本代表になり、今年、コカ・コーラと契約を交わしトップリーガーになった苦労人。現在33才、現役でも、まだまだ頑張って欲しいですし、その後は、セブンズも含め指導者としても期待したいです。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 前半23分にエンジンのかかったサントリー、青木選手のトライを皮切りに、前後半ともに4トライの合計8トライの猛攻で、48対12とサントリーが圧勝しました。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 とにかく、コカ・コーラは手も足も出ないという感じ。セットプレーのスクラムは押し捲られ、前半終了間際にはスクラムでのオフサイドの反則で認定トライを献上。後半もほとんど自陣から出ることが出来ないまま、試合が終わってしまいました。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 サントリーは、フォワードのセカンドロー、バックローの働きが良かったですね。秋の欧州遠征には参加しなかったJAPANの真壁選手、何度かランでラインブレイクしてましたし、ツイ選手、ジョージ・スミス選手の両フランカーはボールを持てば必ずゲインしてましたし、ディフェンスでもいいタックルを見せてくれてました。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 そうそう、畠山選手も目立ってました、しっかり、オフェンスのラインに立って、ボールを持って縦に突っ込んでましたもんね。あと、キャプテンの流選手、試合中、終始メンバーに声をかけ続けてました、JAPANの日和佐選手とはプレースタイルが違いますが、着実にサントリーというチームになくてはならない選手になりつつありますね。

 ジョージ・スミス選手が満面の笑顔だったのが印象的でしたね。強いサントリーが戻ってきましたね。クリスマスイブのヤマハ発動機との全勝決戦が楽しみです。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 いい選手、たくさんいるんですけどね...前節、東芝に勝ったのはなんだったんでしょう?サントリーに手も足も出なかったというのが正直な感想です。
トップリーグ 2016-2017 第11節
 ウインドウマンス明けで、久しぶりの秩父宮、風が強くて寒かった...一気に冬が来たって感じの一日でした。

先週の選手の皆さん2016/11/03 07:03

 J-sportsさんのブースにこの日の抽選のプレゼントのサインジャージが展示されてました。ん~、どれも欲しい。個人的にはサニックスのジャージがいいかな。
先週の選手の皆さん
 キヤノンの皆さん。左からプロップの城選手、No.8の清水選手、フルバックの橋野選手。この日は3人ともノンメンバーでした。スーツ着てると選手だと分からない...ですか...?。
先週の選手の皆さん
 この日リザーブで出場のロックの芦屋選手とセンターの藤近選手。2人は早稲田大学の同期ですね。
先週の選手の皆さん
 またまた登場の藤近選手と、ロックの湯澤選手。この日のキヤノン良かったですね。
先週の選手の皆さん
 宗像サニックスのランニングラグビーはやっぱり面白い。フランカーの鶴岡選手とプロップの高野選手。バックローは走って当たり前だけど、サニックスはプロップの選手も走ります。練習でどんだけ走ってるんだろうなぁ。
先週の選手の皆さん
 この日は出場がなかったプロップの高島選手とハーフの金城選手。サニックスの選手はとにかく明るい。
先週の選手の皆さん
 この日はノンメンバーだったNECの土佐選手。土佐選手のファイトあふれるプレー、自分は好きです。ノンメンバーだったのは、怪我のせいかな?
先週の選手の皆さん
 早稲田出身でフッカーの臼井選手。もう31歳なのでベテランですね。5年前の2011-2012シーズンにも握手してもらった時の写真がありました。その写真の臼井選手、若いですね。ちなみに、そのときにFIJI代表のネマニ・ナドロ選手の写真も撮ってました。
先週の選手の皆さん
 この日先発の釜池選手。タックルしてましたね~。大きな選手ではありませんが、ファイトあふれるいい選手です。
先週の選手の皆さん
 ということで、応援Tシャツにサイン増えた。
 左から、ハーフでSUNWOLVESでも活躍したの茂野選手、土佐選手、臼井選手です。後は、スコット・ヒギンボッサム選手と田村選手にも、もらわなくちゃ。そういえば、スコット選手、ヒゲ剃って若くなってたな...。
先週の選手の皆さん
 秩父宮にもゆるキャラ...
先週の選手の皆さん
 J-sportsさんのマスコット?「ビクトリ」だって。駄洒落じゃんxxx。