トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目2018/12/10 07:07

 秩父宮に行ってきた。

 1試合目は5~8位決定戦の2回戦、クボタスピアーズとNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの試合、千葉ダービーで、京葉線ダービーでもありますね。どっちも好きなチームなので、どっちも勝って欲しいんだけどね...そういうわけにもいかないか。先週の勢いだとクボタかなぁ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 クボタ、イケイケだと思ったんですけどねぇ、前半はNTTコムでしたね。NTTコムはバックスがキレキレでクボタ陣に入ると点を取って帰るって展開。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 クボタは悪くないんだけどなぁ...トライは、インターセプトからの1本だけ、後半、いい感じでボールを継続してNTTコム陣に攻め込んだのですが、ペナルティゴールは決めたものの、トライをあげることはできませんでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 前半は8対14、NTTコムのよさが目立ってたなぁ。でも、残念だったのはペナルティゴールを3本外したこと、これが後半に影響しなければいいんですけどね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 後半立ち上がりクボタが、スピードのある攻撃でトライを1本返しました。この感じで先週のサントリー戦みたいな流れになるのかと思いきや、クボタは2つのミスで、NTTコムにトライを献上してしまいました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 というか、最初のトライの前のプレーでマフィ選手がシンビンをもらってNTTコムは一人少なかったので、クボタはそこにつけこみたかったんですけどね。結局、後半もイケイケだったのはNTTコムでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 試合終了間際のNTTコムの石橋選手のトライもその前の小倉選手のパスが良かったな。
 13対36、ここまで点差が開くとは思わなかった。

 クボタは今週末、リコーと7位決定戦。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 NTTコムはパナソニックと5位決定戦となりました。そういえば、自分の応援してるチーム、今季は5位から8位になっちゃったな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 NTTコム、例の暴行事件で試合に出てなかったマフィ選手が久しぶりに復帰して、パワー溢れるプレーみせてくれてたのが嬉しかったですね。

 2試合目は、今年は日本選手権の準決勝も兼ねた1~4位決定戦の2回戦。サントリーサンゴリアスとヤマハ発動機ジュビロの試合。奇しくも昨季のトーナメントの準決勝と同じ顔合わせ。ディフェンディングチャンピオンのサントリーも今季は楽に勝ってきた訳じゃないですからね、面白い試合を期待してました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 先制したのはサントリー、素早いボール回しでウイングの尾崎選手がトライ。このまま、サントリーが押していくのかと思いきや、自陣からもボールを回していくヤマハ、サントリーゴール前にあっという間にボールを運んでトライを返しました。
 とにかく、両チームとも早い、とにかくポイントへのよりが早い。ボールもよく動いていて、本当に面白い。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 ヤマハの新加入のシオネ・トゥイプロトゥ選手が凄かったな、攻撃もディフェンスもフィジカルでバンバン押してくる。オーストラリアのレベルズから加入の21才、ん~末恐ろしいというか今後が楽しみだね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 前半は、サントリー1トライに対しヤマハ2トライ、13対22とヤマハリードで折り返し、でも、そんなに差があるようにはみえなかったので 、サントリーの後半に期待。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 後半も拮抗してたけど、サントリーがトライを返して追い上げます。
 ヤマハもサントリー陣内に深く攻め込むのですが、サントリーの硬い守りについか点をあげることができませんでした。それにしても、何が凄いって両チームのディシプリンですね、とにかく、つまらない反則やミスが無い。あと、倒れてもすぐ立ち上がって、自分のポジションに向かう意識が高い。質の高いプレーを両チーム共にみせてくれてました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 サントリーが3点リードした後半30分過ぎ、自慢のスクラムでサントリーを圧倒し最後は、五郎丸選手のペナルティーゴールでヤマハは同点に追い付きました。ここでいつもなら試合終了ですが、今回のトーナメントはサドンデスの10分間の延長戦、それでも決まらなければゴールキックのコンペティションというルール。
 ということで、トップリーグ史上初の延長戦に。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 サントリーがコイントスでボールを選択して試合再開。短時間の延長戦ですから、敵陣に入って試合を継続すればチャンスがくるという読みだったんだと思います。これに対しボールをキープし続けてチャンスを狙うヤマハ。最後はヤマハのSO清原選手の蹴ったハイパントをサントリーのFB松島選手がカウンター、ヤマハ陣内10m付近までボールを運んだところで、ヤマハが反則。これでマット・ギタウ選手がペナルティーゴールを決めてサントリーが苦しみながらも勝利をものにしました。どっちが勝ってもおかしくない緊張感あふれる試合でしたね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 28対25、今季のサントリーは故障者が多くて、常にギリギリで勝ち進んできた感じだったので、この勝利は格別に嬉しかったんじゃないかなぁ。

 ということで、今週末、ヤマハはトヨタ自動車。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 サントリーは神戸製鋼と闘うことになりました。世界のギタウ選手と世界のカーター選手のマッチアップを見られるのが今から楽しみ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 2回戦 1日目
 それにしても、日本選手権を兼ねてるからだと思うけど、この時期、4時キックオフはないよなぁ...NHKさんLIVEにこだわられたんだと思うけど、死ぬほど寒かった。

トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦2018/12/03 07:03

 秩父宮に行ってきた。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 この日は、今年の総合順位決定トーナメントの1回戦。1試合目がホワイトカンファレンス8位のコカコーラレッドスパークスとレッドカンファレンス5位のNECグリーンロケッツ、2試合目がレッドカンファレンス2位のサントリーサンゴリアスとホワイトカンファレンス3位のクボタスピアーズの試合。コカコーラとNECは負けると入れ替え戦が待ってます、本来ならNECはこんな位置にいるチームじゃないんだけどね...。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 NECはベストメンバー、コカ・コーラはJAPANのセンター陣のラファエレ選手、トゥポウ選手が不在の布陣、これがどうでるかなぁ...。

 立ち上がりからコカ・コーラが良いテンポで攻撃してました。なんて思ってたら、最後はペナルティ。受けるNECも攻撃はテンポよかったんだけどね...やっぱり、最後はペナルティ。両チーム、ディシプリンがなぁ。ということで、前半12分までボールは良く動くけど得点はない状態。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 ゲームを動かしたのはNEC、ペナルティでゴールを決めてまずは3点。そのあともコカ・コーラゴール前のラインアウトからモールで持ち込んで、モールに参加したウイングの後藤選手がトライ。続いてゴール前にボールを運んで最後はラックからヒギンボッサム選手がトライとNECがリード。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 コカ・コーラもキックパスで副島選手がトライをしたのですが、前半終了間際にライン際でNECの釜池選手がボールをうまく残して、最後はドナルド選手が技ありのキックパスで後藤選手がトライをあげて、NECが24対5と大量リードで前半終了。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 後半、立ち上がりはコカ・コーラの時間でした。No.8のトゥぺ選手のサイドアタックからNECゴール前に、この後の攻撃もテンポがあって良かったんですけどね、最後はゴール直前のノッコンで終了。
 NECはピンチをしのいで、コカ・コーラゴール前にテンポよくボールを運んで、最後は再びヒギンボッサム選手がトライ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 コカ・コーラ良いんだけどなぁ...なんか、フィニッシュまで持ってけない。でも、この後、さっきゴール前でノッコンしたマーシャル選手が2本のトライを決めて追い上げたんですけどね。だめ押しでNECの釜池選手が、抜群のスピードと前傾姿勢でコカ・コーラゴールに駆け抜けて突き放しました。
 43対17、こんなに差がつくとは思わなかったんだけどなぁ...コカ・コーラ、なんかもったない。

 結果、次の結果に関わらずコカ・コーラは入れ替え戦ということになってしまいました。ホント、なんかもったない。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 NECもかつての強さがないよなぁ。良い選手揃ってるんだけどな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦

 2試合目は、クボタもサントリーもベストメンバー、面白い試合になりそうです。
 ちなみに、クボタは社員の動員をかけていたようで、クボタ陣営は隅までオレンジのチームカラーの観客で埋め尽くされていました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 クボタは気合い入ってるけど、空回りぎみかな...つまらないミスが多すぎる、ラインオフサイドやダイレクトタッチとか多すぎだな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 一方、サントリーはかたい、シンプルに縦をついてくる、フォローが厚いので前に出れる。クボタはそれに対応できないって感じでした。30分までにサントリーは3トライ、クボタは得点無し。とにかくサントリーはフォローが厚い、ポイントにあっという間に人が集まってくる。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 クボタのチャンスは30分過ぎてから、サントリーのペナルティからゴール前に迫り、最後はスクラムからフェルミューレン選手がサイドをついて、最後はフランカーの末永選手がトライ。でもこのあと、すぐサントリーにペナルティゴールを返されてしまいました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 25対7、第1試合と似たような結果ですが、中身は全く違って質の高い試合でした。40分があっという間でしたね。
 後半立ち上がりに得点したのはクボタ。自陣22m付近からファンデンヒーファー選手が抜け出して、最後はゴール前のラインアウトからのモールからまたまた末永選手が抜け出してトライ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 この後も、ターンオーバーしたクボタがゴール前までボールを運んで、最後はオーデンタール選手がトライ。と思いきやTMOで、その大分前のオーデンタール選手のノッコンをとってスクラムで試合再開。これ得点だったら面白かったんですけどね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 後半はクボタがサントリーを押してました。ハーフタイムでうまく切り替えたんだろうな。明らかに前半と違うチームになってましたね。
 で、特に動きが良かったのが、フルバックのファンデンヒーファー選手、何度もゲインを切ってましたし、キック処理も良かったですね。そして、後半30分過ぎには自らトライ。ゴール隅に飛び込んだのですが、すぐにグラウディングせず、ポスト近くに回ってトライ。残念なのは、ここでコンバージョンを決められなかったこと。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 試合終了間際にもスタンドオフの川向選手がトライを決めてコンバージョンも決まって2点差まで追い詰めました。
 試合終了のホーンが鳴ったあとも、クボタがボールをキープし続けたのですが、最後、サントリー陣内のラックでボールがこぼれ松島選手が蹴りだして試合終了。ここで、サントリーが反則したら逆転の局面で、2点を守りきりました。
 28対26、サントリーは後半、ペナルティ1本のみ。クボタの後半の善戦がわかるかと思います。トライ数で言うとサントリー3本に対しクボタは4本、幻のトライが決まってたら勝ってました。ただ、前半の反則が勝敗を分けたって感じです。

 負けはしましたが、後半の攻撃にビジョンに映った監督のフラン・ルディケさんも笑ってましたね。
 クボタ面白かった、来季に期待したいです。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 サントリーはやっぱりサントリーだった。試合巧者って感じだったなぁ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 今週末、サントリーはヤマハ発動機ジュビロとクボタはNTTコミュニケーションズシャイニングアークスと秩父宮で対戦します。これ、見ないわけにはいかないな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ総合順位決定トーナメント 1回戦
 クボタの応援Tシャツもらったので来週もそれで応援するか、NTTコミュニケーションズの応援をするか迷う...。

トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節2018/11/28 07:02

 熊谷に行ってきた。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 来年のワールドカップの向けて準備が進んでます。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 ラグビー場まで行くバスもワールドカップ仕様のラッピング。これ、気持ちが盛り上がりますね。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 ということで...
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 改装後初めての熊谷ラグビー場、これまでのメインスタンドがバックになって、芝生席だったバックがメインスタンドになってました。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 メインスタンド綺麗だったな。あと、席がたためるタイプなんだけど、座りやすかった、秩父宮もこんな感じになるといいなって感じだね。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 メインスタンドに上がる階段もカッコいい。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節

 第一試合は、NECグリーンロケッツと日野レッドドルフィンズの試合。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 ほぼレギュラーシーズンと同じメンバーのNECに対し、日野はどうなんだろう?移籍組の木津選手、佐々木選手、林選手、NEW ZEALAND セブンズ代表のカカ選手、キャプテンの村田選手、ん~主要選手が出てなかったんだけどなって思ってたら、案の定、ボコボコにNECにやられちゃってました。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 しかも、後半にはフロントローが怪我でスクラムもノーコンテスト、公式戦でノーコンテストになったの初めて見た。
 日野は、とにかくいところがなかったですね。蹴っては、カウンターでトライまで持っていかれるって場面が何度もあって、ボールを動かす攻撃に切り替えたときは時すでに遅しって感じでした。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 一方、NECは昨季まで東芝にいたスティーブン・ドナルド選手がよかったですね。パス、ラン、キックどれを取っても的確で、リーグ戦の時にこれができてたら上位トーナメントに残れたんじゃないかってくらい良い出来でした。
あと、トライ4本をあげたヒギンボッサム選手もよかったですね。とにかく献身的にフォローしてました。
 バックスでは、ウイングで出場した釜池選手がスピードのある走りで何度もチャンスに絡んでましたし、マリティノ・ネマニ選手はフィジカルをいかして何度もラインブレイクしてました。
 とにかく、リーグ戦でこの試合ができていればね...。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 73対0、日野は今週末から始まるトーナメントの東芝戦に標準を会わせて主力を温存したってことなんかな...それにしても、ちょっと悪すぎる内容でした。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節

 第二試合は、パナソニックワイルドナイツとキヤノンイーグルスの試合。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 パナソニックは主力がJAPANで遠征中ってことがあるのにメンバーが豪華でしたな。まぁ、キヤノンも負けてないか...。
 先制したのはパナソニック、センターの権選手がキヤノンのパスをインターセプトして自陣からゴールラインまで走りきりました。この後も、森谷選手のペナルティゴールに笹倉選手のトライと開始10分で17点。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 このままの流れで行くのかななんて思っていたら、この日は先発で7人の外国人選手を擁するキヤノンも早くてテンポのある攻撃でパナソニックゴール前に迫り、最後はフィジカルにものをいわせたハヴィリ・リッチー選手が笹倉選手を弾き飛ばしてトライ。このトライから徐々に調子を取り戻したキヤノン、このあと、SOのフレッド・ゼイリンガ選手がトライをあげて追い上げました。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 パナソニックは両ウイングに、元々のポジションはセンターの梶選手と百武選手が出場していたのですが、二人の動きがよかったですね。百武選手は人に強くて、梶選手はスピードとバランスが抜群でした。梶選手、ずーっと試合に出られてなかったのですが、この試合は、すごく良い動きでアピールできたんじゃないかなぁ、MOMもとったしね。ということで、前半は24対14とパナソニックが10点リードで折り返し。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 後半も先制したのはパナソニック、15点差がついてこのままの流れかなと思っていたら、キヤノンが息を吹き返しました。この日のキヤノンのラインアウトからのモール、完璧でした。反則しないと止められない状態、動き出すと20mくらいは楽に前進。結局、パナソニックは後半、このモールに苦しむことになりました。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 後半20分にはキヤノンが逆転、流れがキヤノンに流れかけたのですが、パナソニックがまたまた梶選手のトライで再逆転、その後もトライを重ねて10点差のリード。このまま試合が終わるかと思ったのですが、キヤノンはフォワードの4番以降の5人をすべて外国人選手で固めてパワープレイに...後半32分にパナソニックの反則からゴール前のラインアウトを選択、この日、絶好調のモールでトライ、ゴールも決まって、1トライ1ゴールで逆転できるところまで追い上げました。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 残り時間をフォワードでポイントを作ることでしのぐパナソニックと、どうしてもあと1トライ欲しいキヤノン。最後の最後で、パナソニックボールのスクラムでペナルティを奪ったキヤノンが、ホーンが鳴った後に試合を継続、あともう少しでトライまで持っていけるところまで意地を見せましたが、最後はミスで追い付くことができませんでした。
トップリーグ 2018-2019 カップ戦 第3節
 41対36、プレーしているプレイヤーは大変だったと思いますが、みている方は、面白くてあっという間の80分間でした。ところでパナソニックは主力が抜けててもこの選手層、トップリーグに2チームあっても良いんじゃないかって思えるくらい充実してる。

 ところで、梶選手の2本目のトライ、レフリーの立ち居地が悪くて、結果キヤノンのタックルを邪魔する、いわゆるオブストラクション。これ、トライじゃなくて、パナソニックボールの5mスクラムで再開でも良かったんじゃないかな?

 さて、今週末からリーグ戦の順位決定トーナメントが始まります。上位のチームは実力が拮抗してるので面白い試合がみられると思います、今から楽しみだ。

トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節2018/10/22 07:04

 秩父宮に行って来た。

 今季は、この節までの結果で、カンファレンスの順位が決定し、各カンファレンス上位4チームが、1~8位決定トーナメント、下位チームが、9~16位決定トーナメントに進むことになります。ちなみに前節までで、レッドカンファレンスは、神戸製鋼コベルコスティーラーズ、トヨタ自動車ヴェルブリッツ、サントリーサンゴリアス、ホワイトカンファレンスは、パナソニックワイルドナイツ、ヤマハ発動機ジュビロ、リコーブラックラムズ、クボタスピアーズが、1~8位決定トーナメントの進出を決めています。

 1試合目は、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスと宗像サニックスブルースの試合。NTTコミュニケーションズは、1~8位決定トーナメントに進むためには負けられない試合、しかもできればボーナスポイントも取っておきたいところ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 NTTコムはなぁ...いまひとつでしたねぇ。攻めてもノッコン、チャンスで抜けてもフォローが遅くてノットリリース、中々、リズム作れませんでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 一方、サニックスはスタンドオフのジェイソン・エメリー選手、センターのアンドレ・エスターハイゼン選手を軸にスピードのある攻撃でNTTコムのゴール前にボールを運びます。エスターハイゼン選手は南アフリカ代表にも選ばれてノリノリな感じ。ウイングのアンドリュー・エブリンハム選手のスピードもよかったです。守っては、マオリオールブラックスのダン・プライヤー選手が仕事してました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 残念だったのは、セットプレーが良くなかったこと、スクラムでやられっぱなしだったのでリズムが作れませんした。コムはバックスのコンビネーションが悪かったけど、フォワードの頑張りに助けられました。スクラムで圧倒してたのでペナルティーも蹴り出さずに、ほぼすべてでスクラムを選択、こうなるとサニックスは厳しいですね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 結果、NTTコム5トライ、サニックス2トライで試合終了。サニックスのトライはボールを回して回してのトライで、見ていて面白かった。フォワードを強くすれば、もっと面白いチームになると思うな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 31対12
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 NTTコムはもっと楽に勝てたのに、自ら難しくしちゃってました。試合中、静かなんだよね、もっと、声出してコミュニケーション取った方が良いと思うんだけどなぁ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 そういう意味でルーキーの石井勇輝選手は積極的に声を出してたし、ディフェンスも攻撃の時も体幹の強さを見せてましたね。タッチ際で捕まった時に、内に向かって脚をかいていて、タッチラインを意識してましたからね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 勝ったけどNTTコムは猛省だな。サニックスのラグビー、攻撃は面白かった。
先週の秩父宮トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節

 2試合目は、日野レッドドルフィンズとサントリーサンゴリアスの試合。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 日野は今季初昇格で、自分は初めての公式戦観戦なので期待してたんですけどね。相手がサントリーだとやっぱり厳しいのかなぁ...。ボールを回してもなかなか前に進めない、ガツっと縦に抜けるとか、ディフェンスを綺麗にスイープするとかね、そういうプレーがみられるとよかったんですけどね。何度か、真壁選手のジャッカルでチャンスの芽を潰されてました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 とはいえ、サントリーも以前の爆発的な強さはないですね。2人目のよりが遅いのが一番かなぁ...前後半それぞれ4トライあげたけど、以前のサントリーならもっと楽にとれたのにってプレーが多かったですね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 サントリーは久しぶりの松井選手のスピードがよかったですね。昨年、足の骨を4ヶ所骨折、1年以上のブランクだったけど、今季初出場、この試合の先制トライをあげました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 この日、秩父宮FMにゲストで出演されてたサントリーOBの今泉さんが言ってたけど、サントリーのプレー、正直、雑でしたね。以前はこんなんじゃなかったのになぁ...。あと、攻撃を続けて最後に反則で終わりっていう場面も多かったな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 日野も補強したわりには、どうなのかなぁ。前半と後半それぞれトライまで行ったプレーはよかったけど、それ以外はどうもなぁ。規律の部分もいまいちで、反則多かったもんね。これまた、今泉さんが言ってたけど、基本的な体力が不足してるんじゃないかと。そういわれてみればね...。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 12対50

 サントリー圧勝だったんだけど、試合としてはまったりとして、ちょっと面白くなかったですね。日野は、基本的な部分から見直しって感じかなぁ。サントリーも強かった時のフィロソフィを今一度チームに復活させて欲しいですね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 ところで、リコーブラックラムズ、ヤマハ発動機にあと4点まで迫ったんですね。先週同様、上位チームから勝ち星あげたかったですけどね、でも、今季の強さ本物だな。

さて、今日の結果で1~8位決定トーナメントは、神戸製鋼コベルコスティーラーズとリコーブラックラムズ、サントリーサンゴリアスとクボタスピアーズ、トヨタ自動車ヴルブリッツとパナソニックワイルドナイツ、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスとヤマハ発動機ジュビロという組み合わせにまりました。合わせて9~16位決定トーナメントは、NECグリーンロケッツとコカ・コーラレッドスパークス、豊田自動織機シャトルズとキヤノンイーグルス、日野レッドドルフィンズと東芝ブレイブルーパス、宗像サニックスブルースとHONDA Heatという組み合わせになりました。トーナメントは12月の頭から、今から楽しみです。

 SUNWOLVESの2人。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 試合後、しばらく2人で話をしてました。この日は、ジェイソン・エメリー選手キレキレだったし、ブリッツ選手は外国人選手対策には不可欠、来季のSUNWOLVESでも活躍期待してますよ。

トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節2018/10/16 07:03

 秩父宮に行って来た。

 1試合目は、キヤノンイーグルスとヤマハ発動機ジュビロの試合。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 ん~、そんなに差はないと思うんだけどなぁ...キヤノン、反則で自滅でしたね。ヤマハはフォワードが良いですからね、反則⇒タッチキック⇒ラインアウト⇒モール⇒トライの繰り返し。ヤマハ、前半だけで5トライですからね、ほとんどがキヤノンの反則から、なんか、残念な試合展開でした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 ヤマハは日野選手の動きがよかったですね。2本のトライ、彼のギャップをつく判断が本当に素晴らしい。あと、両ウイングのスピードもいいですね。矢富弟選手も良い走りしてました。極めつけは、クワッガ・スミス選手ですね。下のボールへの働きかけ、上のボールへの絡み、キヤノンの攻撃の芽をことごとく摘んでました。後半のトライも技ありでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 キヤノンは前半とられ過ぎでしたね。後半、ヤマハ陣内で攻撃する時間は長かったのですが、リードしているヤマハは余裕のディフェンス。ポゼッションでは、圧倒的にキヤノンだったのに、後半最初の得点はヤマハ。キヤノンがトライをあげたのは後半37分、時すでに遅しって感じでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 ちなみに、元オールブラックスのイズラエル・ダグ選手は後半の方が動きがよかったです。特にスタンドオフが田村選手からフレッド・ゼイリンガ選手になってからがね...やっぱり言葉なのかなぁ...それにしても、プレーが柔らかだったなぁ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 17対52
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 ヤマハのトライは8個、対するキヤノンは3個、こんなに差がつくとはね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 キヤノンは最終戦はパナソニック、来週も厳しそうです。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節

 2試合目は、NTTコミュニケーションシャイニングアークスとトヨタ自動車ヴェルブリッツの試合。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 今季好調のトヨタ、前節、ちょっと残念な試合をしたNTTコム、順当に行ったらトヨタなんでしょうけどね、この週は、ひと味違いました。テンポのある早い攻撃で、前節と全く違うチームのようでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 トヨタも強力フォワードを前面に出して、茂野選手の速い球だしと合わせてスピードのある攻撃をみせてくれました。そんな訳で、取られては取り返すというみている方にとってはムチャクチャ面白い試合となりました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 前半は、トヨタが4トライ、NTTコムが3トライ、点数では、4点差と競った内容。で、決して雑な内容でもなく、締まったいい試合でした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 後半も競った内容でした、先行したのはトヨタ、17分までに2トライをあげて、この時点で16点のリード。でも、NTTコムも諦めません、27分のトヨタゴール前の攻撃での相手の反則、シンビンでトヨタが1人少なくなって、ここから反撃開始、2本のトライをあげて2点差。残り7分での逆転を目指しましたが、あと一歩届きませんでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 石井選手の走りは、やっぱ異次元、柔らかい身のこなしで何度も相手を翻弄してました。JAPANにも呼ばれてるけど将来が楽しみだ。あと、羽野選手のスピードも凄かったですね。同じくセブンズ代表経験者のトヨタのヘンリー・ジェイミー選手とのマッチアップも見ていて面白かったです。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 トヨタは、ジオ・アプロン選手がやっぱりキレキレでした。36才、年齢を感じさせない動きでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 トヨタは、先発15人の内9人が横文字の名前の選手。まるで、Super Rugbyのチームみたいでしたね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 36対38
 NTTコムに頑張ってもらいたかったんだけどなぁ...。
 トヨタは、フォワードとバックスのバランスがいいチームですね。次節は豊田自動織機戦、カンファレンス2位は守れそうですね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 NTTコムは、前節NECに負けたチームとは違ってました。常に今日みたいな試合ができればもっと強くなると思うんだけどな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第6節
 NTTコムは最終節は宗像サニックス戦、勝って1~8位決定戦に進んで欲しいです。