新海作品まとめ見2020/07/02 07:38

 昨年見逃していた「天気の子」がAmazon Primeで観られるので、そろそろ観てみようと思って、ついでってわけじゃないけど新海誠監督の作品を全部観ることに。

 製作順で観たので変遷がわかって面白かったな。

ほしのこえ
 今から18年前の初の劇場公開作品。25分と短い作品ですが、監督・脚本・演出・作画はもちろんのこと、ほとんどの作業を新海監督一人で行っているとのこと。そういうわけで、手作り感満載なんだけど、背景の絵は最近の新海監督の作品同様に美しかったですね。このときに、すでに風景描写の美しさは出来上がっていたってことですね。
この作品、基本SFなんだけど、テーマは恋愛もので切ない話。メール届くのに8年だもんね...。
新海作品まとめ見
雲のむこう、約束の場所
 「ほしのこえ」から2年、本格的なアニメーション映画ですね...でもこの時点で、すでに新海監督の世界が完成されてます。夢と現実の狭間、この作品もSFだけど、愛と友情の物語ですな。第二次世界大戦後、もしかするとこんな感じで、日本が分断されてしまう可能性もあったんだよなぁ...。ところで、この話の設定、いまいち理解できない部分あったんだけど、あの塔の意味っていうか、機能ってなんだったんだろう?よくわからなかったなぁ。
新海作品まとめ見
秒速5センチメートル
 「桜花抄」切なすぎでしょ...「コスモナウト」いや、もっと切ないでしょ...「秒速5センチメートル」いやいや...。
 抒情詩のような作品で、人生のせつなさを感じさせる作品だな。自分、いい大人なのに、美しい風景描写に余計寂しさを感じちゃった...。
新海作品まとめ見
星を追う子ども
 前作とまた大きく異なり思いっきりなSFファンタジーだね...まるで、ジブリ作品みたいだ...ってググったら、ご自身も意識して作ったみたいですね。話自体は、序盤のイメージからは想像できない展開がね、途中から自分が見ていた映画がなんだったかわからなくなっちゃった。でも、そういう意味では、「君の名は。」も同じだな...。
新海作品まとめ見
言の葉の庭
 この映画は、一遍の抒情詩だな...なんて、くそう、新海監督の手にまんまはめられた。泣かされちゃったぞ、この歳で。46分と短い作品で...月並みだけどいい映画だ。
新海作品まとめ見
 ということで、「君の名は。」も観たので、「天気の子」観たらコンプリートだな。

絵、見てきた2020/06/22 07:07

 先日、マンガを読んだ木村きこりさんの絵が観たくなって、ネットで調べたら渋谷のRoom_412という画廊で行われている企画展で展示しているってことで、その最終日に観に行ってきた。

 渋谷から道玄坂側を恵比寿方面に5分ほど行ったところに画廊の入居しているビルがあります...ここ、ホームページに写真が無かったらたどり着けなかった。
絵、見てきた
 階段で4階まで上って左手に入り口がありました。
絵、見てきた
 画廊の中はこんな感じ。コロナウイルスの対策なのか、スタッフの方も事務所にはいたのですが、会場にはご覧のとおり自分ひとりでした。
絵、見てきた
 そのほうが観やすいけど、それはそれで、なんか居づらい感じがありましたね。この日展示されてたのは、画廊の収蔵品の展示ということで、5人の作家さんの作品、18作品が展示されていました。
絵、見てきた
 ということで、自分のお目当ての作家さん木村きこりさんこと木村有輝子さんの作品「不思議な世界にこんにちは」です。廃材(ベニヤ板)にアクリル絵の具で描かれていて、なんともいえない味があります。
 で、木村さんの作品ですが、統合失調症の症状で見える幻覚をモチーフにしているということなのですが、こんな感じに見えてるんですね...。あと、LGBTをモチーフにした作品も描かれているということですが、今回の展示はこの作品だけでした。
絵、見てきた
 画廊の今年の企画展の紹介を見たら、9月に同じ場所で個展を予定しているそうなので、また観に行きたいと思います。

AKIRA 4K2020/06/20 07:10

 何で公開当時、観なかったんだろう...。

 1988年、今から32年前公開された「AKIRA」、今年、4Kリマスター版がリリースされ、劇場公開が始まったっていうことで観に行った。
 ファンもたくさんいて、いろんな方がネットや書籍でこの映画のことを語られているので自分が何かを言うことは無いですね、とにかく、単純に面白い映画でした。
 時代設定が2019年で、2020年にはオリンピックがあるって設定、大友監督、預言者ですな...ちなみに、世界大戦があって終戦後31年、オリンピックが開催されたり、反政府運動でデモ隊と警察が小競り合いを繰り返してたりと、先の大戦後の日本の動きをベースにしてるんだなぁと...当時、国会議事堂のそばに住んでいて、デモ隊と機動隊の小競り合いを見ていたのを思い出しちゃいました。
AKIRA 4K
 で、この映画、日本だけでなく世界中にファンがいるってことで、よくよく考えるとその後のハリウッド映画にも影響を与えてるよね、そんなことを考えながら観てました。先にも書いたけど、本当に面白い映画でした。大友さんのマンガは「童夢」しか読んでないので(映画を観た後、家で探したけどみつからなかった...どこいったんだろう?)これの原作も読んでみようと思う。

 そういえば、又吉さんのNHKの番組「ヘウレーカ」で皮膚が感覚器官として機能しているっていう番組やってたんだけど、その中で、この映画の音響が使われてました。何でも可聴域を超える高周波が音響に入れられてるって話で、耳には聴こえないんだけど、その音を皮膚が感じているってもの。確かに、音響に臨場感あったな...番組見たからバイアスかかってるかも知れないけどね。

 ところで、ハリウッドで実写映画化の話があったり、アニメの新作(リメイク?)するという話があったり、まだまだ、話題が尽きないですね...。

統合失調症日記2020/06/17 07:11

 Twitterをフォローしているネルノダイスキさんが先日つぶやいていたマンガ本が気になったので、自分もKindleで購入して読んでみた。
統合失調症日記
 統合失調症を発症した画家の木村きこりさん(絵のほうは本名の木村有輝子さん名義で発表されてます)が、自身の日常をマンガで描かれたエッセイ本です。
 高校生の頃から幻聴や厳格に悩まされているきこりさんの日常がつづられているのですが、健常者の自分には知りえなかった日常が淡々と語られていて、かつ、マンガということでビジュアルを伴っているため、文章のみの体験談より、よりインパクトがありましたね。
統合失調症日記
 以前務めていた会社で障害者支援研修を受講したけど、障害者の方が普段どのように感じられているのか、どのように困っているのかについては、なかなかわからなかったので、少し理解できたような気がします。ここまで、来るのに大変だったと思うのですが、それをマンガという形を通して表現できるまでになるって凄いことなんじゃないかと月並みなんだけど感じました。
 ちなみに、ムンクやゴッホ、草間弥生さんも統合失調症を発症して、それが作品に生かされてるってことは有名な話ですよね。
統合失調症日記
 機会があったら、木村さんの絵の個展にも行きたいと思います。

 あと、このホームページで木村さんの統合失調症ライフというマンガエッセイも読めるので興味のある方は読んでみてください。

作ってみた...ぐりとぐらのカステラ2020/06/10 07:18

 外出自粛中、ぐりとぐらカステラを作ってみた。

 奥様がこれの作り方のYOUTUBE動画を見てたからなんだけどね...、ちなみに、レシピはググって探したホームページのものでやってみました。

 まずは、卵黄、バター、牛乳、砂糖を混ぜ合わせます。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 これに薄力粉を入れて...。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 よく混ぜ合わせます。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 卵白に砂糖を入れて角が立つまで泡立てます。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 泡立てた卵白に最初の生地を合わせます。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 泡がつぶれないように混ぜ合わせた後、バターを塗ったフライパンに生地を流し込んで...
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 超弱火で火にかけます。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 30分後、焼きあがりました...。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 でも、ぐりとぐらのイラストのように表面が膨らまなかったんですね...。卵白の泡立てが甘かったのかなぁ。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 切り口はそれっぽいよね。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 味はおいしかったですよ...残念だったのはうまく膨らまなかったことかな...。

 で、作った後に福音館書店さんのぐりとぐらのページにカステラの作り方のページを見つけて、そのレシピで翌日に再挑戦。
作ってみた...ぐりとぐらのカステラ
 オーブンで焼いたから、こっちのほうが本格的...でも、食感に納得がいかなかった。
 再々挑戦だな...。