猫城記2017/07/20 07:04

 中国のSFって、初めて読んだ。

 作者は、中国の老舎さん。ググったら、別にSF作家では無くて、「小説家、劇作家」って書いてあった。確かに、この本も、SFの体だけど、内容的には、阿片戦争当時(1840年頃)の中国を風刺した小説でした。ちなみに、老舎さんは1899年生まれだからその当時のことを体験したわけではありませんよね。
猫城記
 主人公が、飛行機(宇宙船とかロケットじゃないのは何でだろう?)で火星に到着したら、猫人の星だったという話で(猿の惑星みたいですな)、その猫の主食が外国人が持ってきた中毒性のある「迷葉」という葉っぱ。猫人が中国人、外国人が英国人、「迷葉」が阿片てことですね。
 いろんな書評を見たら「ディストピア小説」って書いてあるんで、ググったら「ディストピア」って「ユートピア(理想郷)」の正反対の世界のことなんですね(自分、知らなかった...)で、そう言うだけあって、読み進めると、だんだんいたたまれない気持ちになって、読み終わってもなんか、モヤモヤした感覚の残る小説でした。

 この小説、以前、キティさんのサンリオのサンリオSF文庫で発刊されていたそうです。SF好きの友人が言うには、玄人向けの作品を多く出版していたマニア向けの文庫だったそうで、廃刊後、出版されていない作品もあって、古本流通で1万円の値がつく作品もあるそうです。てことで、Amazonで調べたら、この作品も、3,400円から16,281円までの価格がついてました。ちなみに、この文庫を解説したこんな本もありました。ん~、マニアックだ...。

バッタを倒しにアフリカへ2017/07/03 07:03

 クマムシ博士こと堀川大樹さんのTwitterの書評を見て読んでみようと思ってたんだよね...そしたら、あれよあれよという間に自分のTwitterはこの本の話題で溢れてた。ん~、出遅れた感満載の中、バッタ博士こと前野ウルド浩太郎さんの「バッタを倒しにアフリカへ」を読んだ。それにしても、この表紙の写真...インパクトありすぎじゃね?
バッタを倒しにアフリカへ
 ファーブルにあこがれて昆虫学者を目指したポスドクの著者が、モーリタニアにサバクトビバッタを退治しに行くって話しなんだけど、どのエピソードも面白すぎ。ちなみに、一つのエピソードが短く簡潔に書かれているので、とっても読みやすい。まぁ、日本人にはほとんど知られていない、アフリカのモーリタニアでの話し面白くないわけが無いですな。それにしても、サバクトビバッタ研究所所長のババ所長や、運転手で雇ったディジャニさんとのエピソードは、人種を超えた人の優しさを感じましたね。とにかく、面白くて、ちょっと泣けちゃういい本です、お勧めの一冊です。
 自分は、サバクトビバッタの「群生相」と「単独相」の違いや、「群生相」の農作物への被害は子どものころ(40年以上前のことです)から知っていたので、とっくに解決策が開発されていると思っていたのですが、今なお、東京から13,000km離れたアフリカの地ではバッタ被害と戦ってたんですね。そして、年間400億円以上の被害があるって聞いてちょっと驚きました。筆者の登場が、日本でのこの事実の再認識に役立つといいですね。

 ところで、筆者とディジャニのエピソード、香港で仕事していたときの現地法人のスタッフとのことを思い出しちゃいました。2人で「0」から一緒に仕組みを構築していくの、ムチャクチャ大変だったけど、面白くて楽しかったなぁ。しばらく会って無いけど、元気にしてるかなぁ...。

 そういえば、自分も生物の勉強したくてそういう大学に行ったんだよね...とはいえ、筆者と違ってフィールドワークは好きじゃなくてインドア派だったので、すり潰したり、切り刻んだりするほうの道を選んで、さらには、ドロップアウトして今はしがないサラリーマンだもんね...ん~。

なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?2017/06/19 07:05

 読むのに1ヶ月かかった...

 あとがきまで504ページ、重さはほぼ1kg....朝の通勤時間に読んでたんだけど、さすがにカバン重かった...。
 2013年に米国のハワイ大学の教授、クリスティン・ヤノさんのキティさん研究本...というか、キティさんをフックにした比較人類学の本...もっと、柔らかい本かと思いきや、結構、まじめな本だった。よく考えたら、作者のヤノさん人類学博士だもんね。
なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?
 キティさんの秘密を暴く本だと思ったんだけどね...米国のアジア系やヒスパニック系のマイノリティだったり、ゲイやレズなどのセクシャルマイノリティの状況や、現代アートのあり方までを幅広くキティさんを絡めて語ってます。

 無理やりキティさんを絡めてるって感じも否めないですけどね...。まぁ、海の向こうでは、キティさんはこんな感じで受け入れられてるんだなって...日本のカワイイって、ただ、カワイイだけなんだけどね、いろんな見方があるんだね...っていうか、なんかアメリカ人、ちょっとめんどくさいって思ってしまった。

 「キティちゃんはネコか?」って、どうでもいいじゃん (x_x)

 それにしても。カバン重かったな~。

懐かしい...2017/06/04 07:03

 東京駅のキャラクターストリートのいちばんプラザの前を通ったら、懐かしい雑誌のイベント。
 
 小学館のコロコロコミックさんの40周年記念のイベントで、何でもデザインはあのサンリオさんがプロデュースしてるらしい。息子が小さいとき好きだったんだよね...コロコロコミック。

 初めて息子に買ってあげたコミック...だったと思う。お父さんの敵を討つ、そしてお父さんを生き返らせることを目標に頑張るコロッケ!。カワイくて、強くて、カッコよかったな、そういえば、アニメにもなったよね。
懐かしい...
 特に思い入れないんだけど...じーさんのギャグ、好きだった。
懐かしい...
 漫画あったんだね、アニメにもなったよね。息子と一緒にDSのゲームやってたなぁ。
懐かしい...
 てことで、明日、5日までイベントやってます。スカイツリーでも9月の頭まで40周年のイベントやってるみたいだよ。

 なんか、宣伝みたいだな~。

Art of the In-Between Catalogues2017/05/20 07:06

 奥様が「買っちゃった」って、この袋を持ってきた。
Art of the In-Between Catalogues
 何かと思ったら、先日、ガラパーティーがテレビのワイドショーでも話題になった、ニューヨークのメトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)で開催されている、アパレルブランド、コムデギャルソンの川久保玲さんの展覧会”Rei Kawakubo/Comme des Garçons: Art of the In-Between”のカタログでした。
Art of the In-Between Catalogues
 何でも、ギャルソンさんのブティックに行ったときに、限定で販売しているってことで買ったそうな。お値段¥5,000だったそうです。ちなみに、メトロポリタン美術館で買うとUS$50.00、AMAZONでは¥6,148でした。
Art of the In-Between Catalogues
 YAYOIちゃんもそうだけど、日本の方が世界で認められるのって、やっぱり、うれしいでし鼻が高いですね。
Art of the In-Between Catalogues
 中身をお見せできないのが残念ですが、川久保さんの作品の写真やイラストが200点あまり掲載されています。どれも奇抜で面白いけど、カワイイです。対談(インタビュー)も掲載されているのですが英語なので、今度ゆっくり読んでみたいと思ってます。