屍者の帝国2020/03/08 07:57

 伊藤計劃さんの屍者の帝国のビデオも観た。

 原作はアクションあり、哲学的な部分もありで盛りだくさんなんだけど、アニメはアクション中心でしたね。意識のありようの部分がテーマとして語られるんだけど、原作で語られた屍者化の秘密はあいまいなままで、そのせいか、クライマックスがいまひとつ意味がわからない感じになってしまってたね...。あと、なんか、ワトソンがフライデーを復活させるってことが目的って感じになってたのもどうかなぁ...。
屍者の帝国
 まぁ、面白いか面白くないかといえば、面白かったんだけど。原作の肝心なところがはしょられちゃってるのがね、残念は残念なんだけど、時間内に収めるには、しょうがなかったってことなんですかね。というか、原作をモチーフにした別の語って感じでした。

 ということで、原作もう一度読み直してみようと思う。出版の順番で、虐殺器官⇒ハーモニー⇒屍者の帝国って順番かな。

ハーモニー2020/03/02 07:44

 虐殺器官を観てから、遡って小説を読んだ伊藤計劃さんのアニメ作品ハーモニーをamazonビデオで観た。実はAmazon Primeに入ったので、映画でも観ようかなって、いろいろみていたら伊藤さんの作品に行き当たったんですね。

 ほぼほぼ、原作小説に近いんだけど、最後の最後の章が丸々抜けているので、間が抜けちゃった感じでしたね...。この最後の章に繋がるために、すべてのエピソードがあるはずなのに...あそこで終わっちゃったら、映画しか観ない人は、意味がわからないと思うし、ストーリーが陳腐に感じると思うんだけどなぁ。この小説ってミステリーじゃなくて哲学だと思うんだけど、このアニメはミステリーの部分だけ切り取ったみたいになってた。

 ファンが酷評するのもわかる気がする...絵はきれいだし、完成度も高いのにもったいないな。
ハーモニー
 まぁ、面白かったけどね。ということで、屍者の帝国も観てみようと...。

わたしたち、海でヘンタイするんです。 海のいきもののびっくり生態図鑑2020/02/03 07:57

 先月、TBSの「マツコの知らない世界」で紹介された岸壁幼魚採集家の鈴木香里武(カリブ)さんの本、わたしたち、海でヘンタイするんです。 海のいきもののびっくり生態図鑑を読んでみた。まぁ、読んだというか図鑑だから見たかな。

 番組では深海魚の話がメインだったのですが、この本では、幼魚と成魚の容姿が大きくことなる「ヘンタイ」、幼魚と成魚で色や模様が異なる「ヘンシン」、体の形や生活が変わっている「ヘンテコ」の3つの分類で海の生き物をカラーイラストと香里武さんのカワイイ文章で紹介しています。
わたしたち、海でヘンタイするんです。 海のいきもののびっくり生態図鑑
 こどもの時には貝殻を持っているクリオネ、こどもの時は葉っぱのような形をしたウツボ、こどもの時にはクラゲに乗って移動する「ジェリーフィッシュライダー」ことセミエビは「ヘンタイ」する生き物、渦巻き模様がシマシマ模様になるタテジマキンチャクダイ、こどもの時にはヒラムシに体色や形をにせたアカククリは「ヘンシン」する生き物、体のサイズで性転換するカクレクマノミ、怪獣のような風貌のウミウシの仲間のムカデメリベ、貝殻を自分の貝殻にくっつける不思議な修正を持ったクマサカガイは「ヘンテコ」な生き物って感じで54種類のいきものの紹介がされています。
 イラスト中心なので、もっとカラー写真もあれば良かったのにって、ちょっと残念だけど、面白い海の生き物の入門書としては、まぁ、面白いんじゃないかな。
 カリブさんは、さかなクンに憧れて海の生き物の世界に足を踏み入れたって言ってたけど、自分が初めてテレビ番組のテレビチャンピオンで見たさかなクンはまだ高校生で、初々しかったのに、彼に憧れてた少年がこうやってまた生き物紹介してるって、時の経つのは早いのね...。

 今回、Kindleで買ったんだけど、ページのすみにあるパラパラマンガが楽しめなくて、むっちゃ残念だった。

 そんなん、なんとかできないもんかなぁ。

なんか届いた...2020/02/01 07:29

 SUNWOLVESファンクラブから何か届いた。

 本か何かみたいだけど、選手名鑑か、写真集かと思ったら...。
なんか届いた...
 なんと、メモリアルブックでした。
なんか届いた...
 2016年から2019年までの4年間の試合のレビューや参加していたメンバーの紹介記事やインタビューから構成されているオールカラーのMOOK本でした。残念だけど、中身はお見せできませんけどね。
なんか届いた...
 なんか嬉しいやね、この4年間、秩父宮の試合には毎回、足を運んでましたからね...。

 そして、今日からラストシーズンの試合が始まります。今日は、博多のレベルファイブスタジアムでのREBELS戦なので、東京から念を送りたいと思います。
 自分の初戦は、15日に秩父宮で行われるCHIEFS戦。CHIEFSは昨晩の開幕戦でBLUESに37対29で勝利しました。ハーフタイムでは、5対19と負けてたんですけどね...後半4トライを上げて勝ちました。厳しい試合になりそうですけど、思いっきり応援したいと思います。

 ところで、メモリアルブック出すの早過ぎないかな...。

西荻2019/08/20 07:07

 カワイイオバケの絵はがきが送られてきた。
西荻
 ネルノダイスキさんからの個展のお知らせ「良かったら遊びに来て下さい」とのお誘い。
西荻
 ということで、西荻窪まで会社の帰りに行ってみた。西荻窪駅の北口を出て駅前の道を西に進むと...ありました、FALLさんという作家さんの作品や雑貨を扱う小さなお店。今回こちらの一部にネルノダイスキさんの作品が展示販売されてました。
西荻
 店の奥には、シルクスクリーンで印刷したオバケTシャツ。1枚ずつ手で刷られたそうで、それぞれ印刷の風合いが違ってました。Tシャツの横には缶バッジ、バッジの奥にはシルク印刷の作品、何でも3枚しか今回刷らなかったとのこと、額縁も含めてが1つの作品で、この額縁が3個しか手に入らなかったのでこの数になったそうです。ネルノさんのこだわりが感じられました。
 そうそう、Tシャツを買おうと思ったのですが、サイズがMだけということで断念しました。自分、どう考えてもXLな人だからね...それにしても、このオバケTシャツ、カワイイぞっ!
西荻
 お店の入り口側には、木片にペイントされたオバケと酒瓶にイラストを貼り付けた作品。木片はこういう木片を販売している骨董屋?でまとめて購入されたとのこと、酒瓶には、紙に書いたイラストを貼り付けてるそうなのですが、防水の塗装を施しているそうです。塗料の名前を教えていただいたのに忘れちゃいました...ダメダメですね。
西荻
 木片のオバケもカワイイのですが、酒瓶の酔って溶けちゃったネコもカワイイです。
西荻
 木片といえば、こちらはまな板なんだそうです。オバケのかいてある裏側は包丁の跡がたくさんありました。
西荻
 奥の壁には、ネルノダイスキさんのマンガ本の「ひょうひょう」に収録されているマンガの原画が展示されてました。
西荻
 今回、結局なにも買わなかったのですが、Tシャツはサイズの問題があったけど、オバケの絵か缶バッジ買えばよかった...次回の個展ではなんか買おう...。

 それにしても、ネルノダイスキさんの作品やっぱ、いいなぁ