なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?2017/06/19 07:05

 読むのに1ヶ月かかった...

 あとがきまで504ページ、重さはほぼ1kg....朝の通勤時間に読んでたんだけど、さすがにカバン重かった...。
 2013年に米国のハワイ大学の教授、クリスティン・ヤノさんのキティさん研究本...というか、キティさんをフックにした比較人類学の本...もっと、柔らかい本かと思いきや、結構、まじめな本だった。よく考えたら、作者のヤノさん人類学博士だもんね。
なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?
 キティさんの秘密を暴く本だと思ったんだけどね...米国のアジア系やヒスパニック系のマイノリティだったり、ゲイやレズなどのセクシャルマイノリティの状況や、現代アートのあり方までを幅広くキティさんを絡めて語ってます。

 無理やりキティさんを絡めてるって感じも否めないですけどね...。まぁ、海の向こうでは、キティさんはこんな感じで受け入れられてるんだなって...日本のカワイイって、ただ、カワイイだけなんだけどね、いろんな見方があるんだね...っていうか、なんかアメリカ人、ちょっとめんどくさいって思ってしまった。

 「キティちゃんはネコか?」って、どうでもいいじゃん (x_x)

 それにしても。カバン重かったな~。

懐かしい...2017/06/04 07:03

 東京駅のキャラクターストリートのいちばんプラザの前を通ったら、懐かしい雑誌のイベント。
 
 小学館のコロコロコミックさんの40周年記念のイベントで、何でもデザインはあのサンリオさんがプロデュースしてるらしい。息子が小さいとき好きだったんだよね...コロコロコミック。

 初めて息子に買ってあげたコミック...だったと思う。お父さんの敵を討つ、そしてお父さんを生き返らせることを目標に頑張るコロッケ!。カワイくて、強くて、カッコよかったな、そういえば、アニメにもなったよね。
懐かしい...
 特に思い入れないんだけど...じーさんのギャグ、好きだった。
懐かしい...
 漫画あったんだね、アニメにもなったよね。息子と一緒にDSのゲームやってたなぁ。
懐かしい...
 てことで、明日、5日までイベントやってます。スカイツリーでも9月の頭まで40周年のイベントやってるみたいだよ。

 なんか、宣伝みたいだな~。

Art of the In-Between Catalogues2017/05/20 07:06

 奥様が「買っちゃった」って、この袋を持ってきた。
Art of the In-Between Catalogues
 何かと思ったら、先日、ガラパーティーがテレビのワイドショーでも話題になった、ニューヨークのメトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)で開催されている、アパレルブランド、コムデギャルソンの川久保玲さんの展覧会”Rei Kawakubo/Comme des Garçons: Art of the In-Between”のカタログでした。
Art of the In-Between Catalogues
 何でも、ギャルソンさんのブティックに行ったときに、限定で販売しているってことで買ったそうな。お値段¥5,000だったそうです。ちなみに、メトロポリタン美術館で買うとUS$50.00、AMAZONでは¥6,148でした。
Art of the In-Between Catalogues
 YAYOIちゃんもそうだけど、日本の方が世界で認められるのって、やっぱり、うれしいでし鼻が高いですね。
Art of the In-Between Catalogues
 中身をお見せできないのが残念ですが、川久保さんの作品の写真やイラストが200点あまり掲載されています。どれも奇抜で面白いけど、カワイイです。対談(インタビュー)も掲載されているのですが英語なので、今度ゆっくり読んでみたいと思ってます。

The Indifference Engine2017/05/15 07:05

 「ハーモニー <harmony/>」も面白かったので、伊藤計劃さんの短編集「The Indifference Engine」を続けて読んだ。

 いろんな方が書評を書かれてますな...ということで、この短編集も面白かった。本当に、多彩な方です...漫画からハードな小説から、ちょっとコミカルなものまでバラエティに富んだ短編集。絶筆の「屍者の帝国」の冒頭部分も掲載されています。それにしても、この才能、本当に惜しい...。
The Indifference Engine
 収録されているのは以下の9作品。

1.女王陛下の所有物 On Her Majesty's Secret Property
 漫画です。「007」は、記憶を次の身体に移して継がれているって話。これと「From the Nothing, With Love.」は同じテーマで書かれています。映画の「007」がいろんな俳優で継がれているところからアイデアを取ったのかな?それにしても絵が上手だなって思ったら、武蔵野美術大学を卒業されてたんですね。

2.The Indifference Engine
 ルワンダの大虐殺をベースにしてるのかな...部族同士の争いを描いた作品なのですが、主人公は少年兵。この作品は読んでいるときに、心がヒリヒリする感覚がずっと続いてました。これ、現実の話だもんな、世界には、学校にも行けず銃を持って闘っている子供たちがいるんだもんなぁ...。

3.Heavenscape
 コナミのゲームをベースにした小説、これ、「虐殺器官」のプロトタイプですね。この作品では、虐殺をするのは言葉がキーではなく「スナッチャー」と呼ばれるアンドロイドです。

4.フォックスの葬送
 この小説もコナミのゲーム「メタルギアソリッド」の世界です。ベトナム戦争なのかな...「地獄の黙示録」みたいな世界観、男の小説です。

5.セカイ、蛮族、ぼく。
 青春小説のような軽いタッチなのに、むっちゃエログロな小説。こんな、小説も書けるなんて、それが凄いと思った。今、思ったんだけど「ハーモニー <harmony/>」の冒頭も似たタッチで書かれてましたね。

6.A.T.D:Automatic Death ■ EPISODE:0 NO DISTANCE, BUT INTERFACE
 これも漫画。なんとなく「虐殺器官」に世界観が似てるなと思ったら、この漫画の世界観が「虐殺器官」に使われてるんだそうです。

7.From the Nothing, With Love.
 「007」オマージュの作品。この作品、面白い。「007」の作品、読んでみようかなって気持ちになった。

8.解説
 「屍者の帝国」の続きを書いた円城塔さんとの作品。これ、良く分からない...。

9.屍者の帝国
 フランケンシュタインとスパイの話?完成作品読みたかったな...円城塔さんが引き継いで完成させた作品、読んでみよう。

 しつこいようだけど、本当に惜しい才能を失ったな、ボクたちは。

島本和彦 漫画全集2017/04/22 07:05

 島本和彦先生が、自ら編集した「漫画全集 必殺の転校生/華麗なる挑戦者(チャレンジャー)」を読んだ。

 島本和彦先生の記念すべきデビュー作で小学館新人コミック大賞受賞の「必殺の転校生」と受賞第一作の「華麗なる挑戦者(チャレンジャー)」が収録されています。「必殺の転校生」は、デビュー時の作品と、大学ノートに鉛筆で書かれた続編、あと、デビュー前、学生の頃に同人作品として販売していた作品(私家版)の三篇、「華麗なる挑戦者(チャレンジャー)」は、雑誌に掲載された作品と、大学ノートに鉛筆で書かれた続編の二編、計5作品を読むことができます。
島本和彦 漫画全集
 当時、少年サンデーを毎週読んでいたので、島本先生のデビューは衝撃的でしたね。アクションものというか、学園もののタッチなのにギャグ漫画っていう島本先生の作品は、自分にとって、凄く新しいものに感じました。この後「炎の転校生」の連載が始まり、毎週楽しみにしてました。ここ20年ほど、週刊漫画雑誌を読まなくなったので、島本先生の作品を読むこともなかったのですが、「シン・ゴジラ」をきっかけに、再び、島本先生の作品に触れるようになりました。
 「必殺の転校生」と「華麗なる挑戦者(チャレンジャー)」、両作品とも、リアルタイムで読んでいたので、懐かしくもあり、さらにはやっぱり島本先生の作品は面白いってことで、とっても楽しめました。大学ノートに書かれた当時世に出なかった作品や、デビュー前の作品も読むことができたことうれしかったですね。

 AMAZONのカスタマレビューにもあったけど、二つの続編もペン入れした作品を読みたいですね~。