おまけ 再び2020/07/03 07:58

 先月中旬、またまた米国からメール送られてきた。
おまけ 再び
 ZAPPA師匠の新譜のPre-Orderのおまけもお知らせ。まぁ、CDの収録されている曲なので、先行ダウンロードみたいなもんだね。

 曲は、ZAPPA師匠が歌ってるWonderful Wino、この曲は、1976年のZoot Alluresでリリースされた曲ですね。その後、Playground Psychotics (1992)には1971年タートルズマザースの演奏で、The Lost Episodes (1996)には1970年のベーシックトラックに、1973年オーバーダビングしたRicky Lancelottiさんがボーカルのバージョン、Carnegie Hall (2011)では1971年10月の演奏、Road Tapes, Venue #3 (2016)では1970年7月のミネアポリスのTyrone Guthrie Theaterでの演奏が収録されてます。

 ホーンのイントロから始まって、ZAPPA師匠のボーカルとギターのオブリガードがカッコいいミドルテンポのロック、Zoot Alluresの演奏よりギター大活躍ですな。師匠のワウワウのギターソロもカッコいいのだ、最後のギターソロ、フィードアウトじゃなくて最後まで聴きたいぞ。 

 なんて思ってたら、26日にCDが発送されて、1日には手元に、これまでこんなに早く手元に来たこと無いな...Hifi24/7やるな。

おまけ2020/06/11 07:01

 先月末にこんなメールが送られてきた。
おまけ
 先月の中ごろに予約したZAPPA師匠の新譜に収録されている音源のWAVファイルのダウンロードのお知らせでした。
 予約特典で新たに追加されたので、先行予約しているユーザーにメールで連絡があったようです。

 ちなみに音源は、ロンドンのTrident Studioで録音されて、クイーンの初期の作品(QUEENQUEENⅡSheer Heart AttackA Night at the OperaJAZZの5枚)をプロデュースしたRoy Thomas Bakerさんがミックスダウンした「Sharleena」でした。ちなみに、Chunga's Revengeにもそのときに録音した音源が収録されていますが、この音は50年間で初出しの貴重なものです。ボーカルにエコーがかかってない分、Chunga's Revengeに収録されているバージョンに比べ猥雑な感じが薄いかな...でも、こっちのほうがシンプルで自分は好きかも。

 ということで、CDの到着が待ち遠しいですな。

 あっ、そうそう、Amazonでも予約の受付が始まってました...価格、¥7,989だった...あわてなければ良かったかな...。

Pre-Order2020/05/15 07:04

 今月7日、Twitterに1970年のThe Mothersの音源が6月26日にリリースされるって告知が...。
Pre-Order
 1970年、ドラムスがAynsley Dunbar、キーボードにGeorge Duke、Ian Underwoodが管楽器とキーボード、 ベースにJeff Simmons、そしてボーカルにタートルズのFlo & EddieことHoward KaylanとMark VolmanというメンバーになったThe Mothersの6月21日、22日ロンドンはトライデントスタジオで録音された音源と、6月18日のオランダのテレビ番組VPRO、8月21日のSanta Monica、9月17日のSpokane、9月26日のPortlandのPepperlandでのライブ、あとZappa師匠のテープレコーダーで録音した音源が4枚のCDに収録されてるそうです。詳細は、ZAPPA.COMのページを読んでね。
 1970年のThe Mothersって以前はあんまり好きじゃなかったんだけど、最近になって、やっと良さがわかってきた...。Aynsleyさんのドラムがねちょっと好きじゃ無かったってのがあるんだけど、良く聴きこむと、あの重いバタバタした音がいい感じなんじゃないかと、そして、好き嫌いのわかれるFlo & Eddieのボーカルも、自分は嫌いじゃないですよ。

 ということで、Pre-Orderの申し込みが始まってるってので申し込んだ。
Pre-Order
 ここしばらく、ZAPPA Recordsの直販じゃなくて米国のAmazon.comで買ってたんだけど、どうやら通販の仕組みが整理できたみたい、Hifi24/7っていう会社と契約したみたいですね。この会社、いろんなミュージシャンのメディアや雑貨の通販を扱ってるみたいです。
Pre-Order
 CDセットがUS$59.95(約6,395円)、送料US$33.30(約3,552)の合計US$93.25(約9,948円)、予約した時に、日本のAmazonにはまだ掲載されてなかったし、米国のAmazonではMP3音源しか掲載されてなかったので、まぁこんなもんかなと...。

 6月26日発売、今回はどのくらいで着くかなぁ。

 そうそう、CDの4枚目に収録されていてYoutube でも聴けるPortuguese Fendersの音源のダウンロードがおまけで付いてきたので、それ聴いて到着を待ってます...。

付録2020/01/06 07:03

 セット箱の一番下に入ってた。
付録
 すごろくでした。
 ZAPPA師匠をスタジオまで連れて行くってゲームですね。さいころの代わりにカードの色でコマを進めるというもの。ちなみに、もっとも大切なルールは、「楽しむこと!」だって。
付録
 コマは、カラフルなギターピック。ZAPPA師匠の縁の小物のイラストがかかれてます。
付録
 で、これがさいころの代わりのカード。イラストの描かれたカードを引いたら、そのイラストの描かれたマスにコマを移動しなければならないってルールです。
付録
 ボードの全貌は、クリックして見てくださいな。イラストが結構かわいいですよ。
付録
 遊んでみたいけど、一緒に遊んでくれる人がいない...。

THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA2020/01/05 07:09

 到着は、年が明けるってメールが来てたのですが...
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 昨年末に届きました。
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 年末に発売になった、リリース50周年記念のZAPPA師匠のアルバムHOT RATSのオーディオ・ドキュメンタリーのCD6枚セット。前回、ZAPPA IN NYの40周年記念CDセットで国内で入手できなかったので、今回も米国のAmazonで購入しました。今、Amazon見たら、15,493円でした、今回、送料込みでUS$103.36だったので、日本円で11,512円、個人輸入のほうが割安でしたね。

 梱包をあけたら、LPレコードサイズのボックスが入ってました。
 ボックスのジャケットの写真は、オリジナルのHOT RATSと同じアングルで、モデルのミス・クリスティーンのポーズが異なる写真が使われてます。
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 裏面は6枚のCDの収録曲の紹介とZAPPA師匠のレコーディング時の写真。
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 ボックスを開けると、まず、カラフルなギターピックと28ページのブックレットが入ってました。この写真は、オリジナルのHOT RATSの写真と同じポーズですね。ブックレットには、アルバムのアートを担当したMatt Groeningさん、ジャケットの写真を撮影したAndee Nathansonさん、このアルバムでキーボードと木管楽器の演奏で大活躍しているIan Underwoodさんのコメントが収録されてます。これ、時間のあるときにじっくり読もうと思います。ちなみに、このアルバム、Ianさんと師匠で作成したアルバといっても過言じゃありませんよね。
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 ブックレットの表4は、鳥になったZAPPA師匠のイラストとHOT RATSのタイトルのアイデアがどこから来ているのかの師匠のコメントが書かれてます。JAZZのサックス奏者のArchie Schepp(Sheppの間違いじゃないかな...?)さんの「The Shadow of Your Smile」のサックスソロを聞いて思いついたって書いてある。
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 ブックレットの下に、CDがセットされたケース?ジャケット?
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 マスターテープのケースが並んだ写真になってます。このテープから起こした音源がCDに詰まっているってことですね。
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 CDはこんな感じにセットされてました。これは、おしゃれなんじゃないかなあ。ちなみに、写真に使われているのは録音データのメモですね。
THE HOT RATS SESSION / FRANK ZAPPA
 6枚のCDごとの収録曲は以下。
DISK1
01. Piano Music (Section 1) 
02. Piano Music (Section 3) 
 Burnt Weeny SandwichThe Little House I Used To Live Inの冒頭のピアノソロ。
03. Peaches En Regalia (Prototype) 
04. Peaches En Regalia (Section 1, In Session) 
05. Peaches En Regalia (Section 1, Master Take) 
06. Peaches Jam - Part 1 
07. Peaches Jam - Part 2 
08. Peaches En Regalia (Section 3, In Session) 
09. Peaches En Regalia (Section 3, Master Take) 
10. Arabesque (In Session)
 Weasels Ripped My FleshToads Of The Short Forestらしいけど...。 
11. Arabesque (Master Take) 
12. Dame Margret's Son To Be A Bride (In Session)
 LätherLemme Take You To The Beachのプロトタイプらしい。

DISK2
01. It Must Be A Camel (Part 1, In Session) 
02. It Must Be a Camel (Part 1, Master Take) 
03. It Must Be a Camel (Intercut, In Session) 
04. It Must Be a Camel (Intercut, Master Take) 
05. Natasha (In Session) 
06. Natasha (Master Take) 
 HOT RATSLittle Umbrellasですね。
07. Bognor Regis (Unedited Master) 
 Willie The Pimpのセッションってことのようです。
08. Willie The Pimp (In Session) 
09. Willie The Pimp (Unedited Master Take) 
10. Willie The Pimp (Guitar OD 1) 
11. Willie The Pimp (Guitar OD 2)

DISK3
01. Transition (Section 1, In Session) 
 この曲、Chunga's Revengeに収められているTwenty Small Cigarsですね。
02. Transition (Section 1, Master Take) 
03. Transition (Section 2, Intercut, In Session) 
04. Transition (Section 2, Intercut, Master Take) 
05. Transition (Section 3, Intercut, In Session) 
06. Transition (Section 3, Intercut, Master Take) 
07. Lil’ Clanton Shuffle (Unedited Master) 
08. Directly From My Heart To You (Unedited Master) 
09. Another Waltz (Unedited Master)

DISK4
01. Dame Margret’s Son To Be A Bride (Remake) 
02. Son Of Mr. Green Genes (Take 1) 
03. Son Of Mr. Green Genes (Master Take) 
04. Big Legs (Unedited Master Take) 
 The Gumbo Variationsのプロト?
05. It Must Be a Camel (Percussion Tracks) 
06. Arabesque (Guitar OD Mix) 
07. Transition (Full Version) 
08. Piano Music (Section 3, OD Version)

DISK5
01. Peaches En Regalia (1987 Digital Re-Mix) 
02. Willie The Pimp (1987 Digital Re-Mix) 
03. Son Of Mr. Green Genes (1987 Digital Re-Mix) 
04. Little Umbrellas (1987 Digital Re-Mix) 
05. The Gumbo Variations (1987 Digital Re-Mix) 
06. It Must Be A Camel (1987 Digital Re-Mix) 
07. The Origin Of Hot Rats 
08. Hot Rats Vintage Promotion Ad #1 
09. Peaches En Regalia (1969 Mono Single Master) 
10. Hot Rats Vintage Promotion Ad #2 
11. Little Umbrellas (1969 Mono Single Master) 
12. Lil' Clanton Shuffle (1972 Whitney Studios Mix)

DISK6
01. Little Umbrellas (Cucamonga Version) 
02. Little Umbrellas (1969 Mix Outtake) 
03. It Must Be A Camel (1969 Mix Outtake) 
04. Son Of Mr. Green Genes (1969 Mix Outtake) 
05. More Of The Story Of Willie The Pimp 
06. Willie The Pimp (Vocal Tracks) 
07. Willie The Pimp (1969 Quick Mix) 
08. Dame Margret's Son To Be A Bride (1969 Quick Mix) 
09. Hot Rats Vintage Promotion Ad #3 
10. Bognor Regis (1970 Record Plant Mix) 
11. Peaches En Regalia (1969 Rhythm Track Mix) 
12. Son Of Mr. Green Genes (1969 Rhythm Track Mix) 
13. Little Umbrellas (1969 Rhythm Track Mix) 
14. Arabesque (Guitar Tracks) 
15. Hot Rats Vintage Promotion Ad #4
 4枚目までに、各曲のプロトタイプ、セッションの様子、マスターテイクなんかが収められてます。5枚目が1987年のデジタルリマスターやオリジナル盤発売当時のシングルのマスターなどが収められていて、6枚目はオリジナルのアウトテイクなどが収められてます。

 オリジナルもそうですが、音はジャズロックですね...それにしても、師匠は引き出し多すぎだな...。