届いたっ!! アゲイン2018/04/19 07:02

 一年前にZAPPA師匠のクラウドファンディングのおまけが届いたけど、あれから、1年たったところでThe Zappa Movie Teamからメールが届いた。
届いたっ!! アゲイン
 そういえば、クラウドファンディングしたときに、ドキュメンタリーを作るために整理した音源や映像をダウンロードできる権利が付いてくるって書いてあったのを思い出した。
 ということで、早速、サイトにアクセスしてみた。
届いたっ!! アゲイン
 音源10本と映像12本が閲覧できるようになってました。ストリーミングでも見ることができますが、ダウンロードもできるようになってました。で、自分は、これまで聴いたことのなかった音源も聴けたので、ちょっとうれしかったのですが、大山甲日さんのブログをチェックしたら、甲日さんは「これだけかい」って感じたそうです、ん~、好きな方は奥が深いのね。
 とりあえず、音源はダウンロードしてスマホに入れたので、今、通勤時に聴いてます、ちなみに、インタビューはいまひとつ理解できないけどね...。
届いたっ!! アゲイン
 音源の情報は以下、
1. FZ Interview w. Matty Biberfeld
 WRVR NYC - NY Summer 1967
 Taped by FZ off the radio as it aired.
 Source: 5 inch Reel-To-Reel 1/4” Mono Analog Tape
 インタビューだからね...ちょっと自分には解読できず

2. Oh No
 (Live at the Palace Theater)Live at the Palace Theater, Los Angeles, CA 7-20-84
 Recorded direct to digital 1630, 2-Track stereo.
 Players
 FZ: Vocals
 Napoleon Murphy Brock: Vocals
 Ike Willis: Guitar, Vocals
 Ray White: Guitar, Vocals
 Bobby Martin: Keyboards, Vocals
 Alan Zavod: Keyboards
 Scott Thunes: Bass
 Chad Wackerman: Drums
 84年のロスアンゼルスのパレスシアターでの演奏。コメントは「トラブルがあって録音状態が悪かったけど、いろいろ手を尽くして聴けるようにしたよって」感じかな。

3. Pound For A Brown/Sleeping In A Jar
 Live at Kleinhan's Music Hall, Buffalo, NY 10-23-70
 Source: 1/4” 2-Track Analog Stereo Master
 Players 
 Frank Zappa: Guitar
 Ian Underwood: Keyboards
 George Duke: Keyboards
 Jeff Simmons: Bass/Vocals
 Aynsley Dunbar: Drums
 Howard Kaylan/Mark Volman: Vocals
 70年のバッファローでの演奏、Aynsleyさんのドラムがカッコいい。

4. Radio Show 1981 (Part 1/5)
 Compiled & Produced by Frank Zappa, circa 1981.
 Source: 1/4” 2-Track Stereo Analog Masters
 ラジオで放送された音源らしいけど、一つのショーを編集したものではなくて、曲ごとに様々な時間や場所で演奏されたものが編集されてます。イメージとしては「You Can't Do That On Stage Anymore」シリーズみたいな感じです。
 1. No Problem/She’s Not There (Civic Arena, Dallas, TX, 10-17-80)
 ゾンビーズのShe’s Not Thereがカッコいい。サンタナさんを意識してたのかも。
 2. The Dangerous Kitchen (Armadillo World Headquarters, Austin, TX, 10-16-80)
 3. Shall We Take Ourselves Seriously? (Civic Auditorium, Santa Monica, CA, 12-11-80)
 4. Armadillo Music (Armadillo World Headquarters, Austin, TX, 10-16-80)
 5. Nite Owl (Civic Auditorium, Santa Monica, CA, 12-11-80)

5. Radio Show 1981 (Part 2/5)
 Compiled & Produced by Frank Zappa, circa 1981.
 Source: 1/4” 2-Track Stereo Analog Masters
 1. The Jazz Discharge Party Hats (University Union Auditorium, Normal IL, 11-21-80)
 2. I Have Been In You (The Palladium, New York City, October 1978)
 3. Pound For A Brown (Hammersmith Odeon, London, England, Feb 1979)

6. Radio Show 1981 (Part 3/5)
 Compiled & Produced by Frank Zappa, circa 1981.
 Source: 1/4” 2-Track Stereo Analog Masters
 1. Bobby Brown (Civic Auditorium, Santa Monica, CA, 12-11-80)
 2. Ms. Pinky (Civic Auditorium, Santa Monica, CA, 12-11-80)
 3. Dead Girls Of London (Hammersmith Odeon, London, England, Feb 1979)
 4. Florentine Pogen (Hammersmith Odeon, London, England, Feb 1979)
 5. Magic Fingers (Community Theater, Berkeley, CA, 12-5-80)
 6. You Are What You Is (Civic Auditorium, Santa Monica. CA, 12-11-80)

7. Radio Show 1981 (Part 4/5)
 Compiled & Produced by Frank Zappa, circa 1981.
 Source: 1/4” 2-Track Stereo Analog Masters
 1. Thirteen/Pound For A Brown (Solos) (The Palladium, New York City, October 1978)

8. Radio Show 1981 (Part 5/5)
 Compiled & Produced by Frank Zappa, circa 1981.
 Source: 1/4” 2-Track Stereo Analog Masters
 1. Jumbo Go Away (Hammersmith Odeon, London, England, Feb 1979)
 2. If Only She Woulda (Community Theater, Berkeley, CA, 12-5-80)
 3. I Don’t Wanna Get Drafted (Community Theater, Berkeley, CA, 12-5-80)

9. Stucco Homes (Alternate Edit)
 Recorded 1979, Village Recorders
 Source: Cassette Reference
 Players
 FZ: Guitar
 Warren Cuccurullo: Guitar
 Vinnie Colaiuta: Drums
 「Return Of The Son Of Shut Up 'N Play Yer Guitar」に収録されているものと同じ演奏ではないかと...。

10. Vancouver Radio
 Taped by FZ on the road.
 Source: 5 inch Reel-to Reel 1/4” Stereo Analog Tape
 The Mothers go to a Vancouver B.C. radio station to be guest disc jockeys on September 19, 1970.
 Voices: FZ, Howard Kaylan, Mark Volman, Aynsley Dunbar, Jeff Simmons, Ian Underwood, Dick Barber
 ん~、これも、英語力がなさ過ぎて解読できない...英語、もっと勉強しておけばよかった。

 ということで、VIDEOの方も観たら感想を書きますよ。

THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS2018/03/12 07:17

 先月の頭、ZAPPAさんの公式ホームページで発表になった。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 1974年にリリースされた「ROXY & ELSEWHERE」に収録されているROXYでの演奏の完全版。このアルバムが発売されたのはもう44年前になるんですね...。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 このROXYでの演奏は映像があって、3年前にはその映像がDVD「ROXY THE MOVIE」として発売され、その1年前の2014年には、1973年12月9日と10日の演奏から13曲をピックアップした「ROXY by PROXY」が発売されました。そんなこんなで、もう、これ以上は出てこないかなと思ってたんですよね。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 ということで、注文してから約1ヶ月、やっと届きました。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 BOX入りのCD7枚セット、キラキラの綺麗なボックスでした。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 収録されているのは。1973年12月9日の2つのステージと10日の2つのステージ、10日のリハーサル、12月12日のボリックスタジオでのレコーディングセッション、12月8日のサウンドチェックと映像用の撮影、そして初リリース作品の「That Arrogant Dick Nixon」の計84曲、合計時間は7時間55分58秒。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 昨年末にリリースされた「HALLOWEEN 77」といい、これでもかって感じで、このボックスセットも単なるライブCDセットというよりオーディオドキュメンタリーですな。
 ZAPPA師匠の膨大なステージの音源、何年か前に大山甲日さんが1ステージごとにCD化されて年数回のリリースでも、生きている間には全部聴くことができないって言ってたけど、この勢いでリリースされたら聴けるかも知れないな...。

 ということで、まだ、1枚も聴けてないので感想はまた後日。

HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA2017/11/09 07:06

 ハローウィンが近づく先月中旬、ZAPPAさんの公式twitterで、1977年のNYのハローウィンコンサートのCDが発売されるってツィートがあった。てことで、ZAPPAさんの公式ページを確認したら、3枚組みのCDと、おまけ付きで、6ステージ分を丸々収録したUSBメモリが発売されるってNEWSが掲載されてた。
 
 で、CDにするかUSBメモリにするか迷ったんだけど、おまけ付きのUSBメモリをAmazonで注文しました。6ステージ、158曲(正しくは、スタート前の感曲の声だったり、アンコールも曲目に入ってるので、正しくは140曲かな?)分のWAVオーディオが収録されてます。お値段は¥12,371でした。 
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 カートンを開けたら...入ってましたよ...BOXセット。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 パッケージはこんな感じ。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 裏面には6ステージ分の曲名がびっしり。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 側面には、ZAPPAさんのアメコミ風イラスト。「私は下品で悪くて、あなたも知ってるように女々しいやつです!」(これであってっかな?)ってコメント、なんでしょうねぇ。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 「1977年のニューヨークのパラディアムでの6つのショーのすべてを収録した24bitのWAVオーディオ、この偉大なコレクションを、このコンサートの40周年を記念して、The Vautからあなたにお届けします。ハッピーハロウィーン!!」って感じかな。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 おまけは、こんな感じで入ってました。ちょっと、上げ底かも...。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 ハロウィーン用のコスプレグッズ?変装グッズ?のお面とビニールのコスチューム?のセット。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 ビニールのコスチュームは、上半身裸のZAPPAさんのイラスト。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 映画「BABY SNAKES」を見れば、なぜこれなのかが分かります。1977年のハロウィーンコンサートといえば、映画「BABY SNAKES」の収録をしたコンサートですもんね。そういう訳で、このときのバンドメンバーは、 Terry Bozzioさんがdrums、キーボードはTommy MarsさんとPeter Wolfさん、ギターとボーカルでAdrian Belewさん、パーカッションのEd Mannさん、そして、ベースはPatrick O’Hearnさんに、ZAPPAさんの総勢7人。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 USBメモリのパッケージ。1.5cm角長さ10cm弱の紙箱。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 USBメモリはキャンディのパッケージみたいな形をしてます。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 裏面には、ZAPPAレコードのロゴと「110」枚目の印字。WAVオーディオなので、全部で13.9GBのサイズ。MP3に変換してサイズダウンしてスマホにコピーしました...全部聴くのに何日かかるだろう?
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 ということで、収録曲目は以下。
10-28-77 Show 1
1.  10-28-77 Show 1 Start/Introductions  3:28
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  13:05
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:37
5.  City Of Tiny Lites  6:04
6.  Pound For A Brown  8:05
7.  Bobby Brown Goes Down  4:33
8.  Conehead (Instrumental)  9:19
9.  Flakes  4:03
10. Big Leg Emma  1:47
11. Envelopes  2:29
12. Terry’s Solo #1  4:42
13. Disco Boy  3:53
14. Lather  3:36
15. Wild Love  24:05
16. Titties N Beer  7:16
17. Audience Participation #1  :48
18. The Black Page #2  3:02
19. Jones Crusher  2:48
20. Broken Hearts Are For Assholes  3:52
21. Punky’s Whips  9:43
22. Encore Audience #1  1:21
23. Dinah-Moe Humm  4:55
24. Camarillo Brillo  3:35
25. Muffin Man  4:36
 
10-28-77 Show 2
1.  10-28-77 Show 2 Start/Introductions  3:13
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  12:33
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:37
5.  City Of Tiny Lites  8:00
6.  Pound For A Brown  9:19
7.  Bobby Brown Goes Down  5:36
8.  Conehead (Instrumental)  9:18
9.  Flakes  4:10
10. Big Leg Emma  1:48
11. Envelopes  2:33
12. Terry’s Solo #2  4:17
13. Disco Boy  3:54
14. Lather  3:42
15. Wild Love  26:01
16. Titties N Beer  7:50
17. Audience Participation #2  2:37
18. The Black Page #2  3:14
19. Jones Crusher  2:58
20. Broken Hearts Are For Assholes  3:54
21. Punky’s Whips  9:51
22. Encore Audience #2  2:13
23. Dinah-Moe Humm  4:01
24. Camarillo Brillo  3:36
25. Muffin Man  6:20
 
10-29-77 Show 1
1.  10-29-77 Show 1 Start/Introductions  4:06
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  12:59
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:34
5.  City Of Tiny Lites  7:15
6.  Pound For A Brown  8:26
7.  Bobby Brown Goes Down  6:06
8.  Conehead (Instrumental)  5:50
9.  Flakes  3:53
10. Big Leg Emma  1:52
11. Envelopes  2:42
12. Terry’s Solo #3  3:51
13. Disco Boy  3:57
14. Lather  3:40
15. Wild Love  22:51
16. Titties N Beer  6:01
17. Audience Participation #3  2:42
18. The Black Page #2  3:05
19. Jones Crusher  2:53
20. Broken Hearts Are For Assholes  3:50
21. Punky’s Whips  9:18
22. Encore Audience #3  1:46
23. Dinah-Moe Humm  5:12
24. Camarillo Brillo  3:29
25. Muffin Man  5:09
 
10-29-77 Show 2
1.  10-29-77 Show 2 Start/Introductions  4:21
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  11:30
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:36
5.  City Of Tiny Lites  7:01
6.  Pound For A Brown  9:05
7.  Bobby Brown Goes Down  9:12
8.  Conehead (Instrumental)  6:29
9.  Flakes  3:28
10. Big Leg Emma  1:49
11. Envelopes  2:52
12. Terry’s Solo #4  4:07
13. Disco Boy  3:54
14. Lather  3:56
15. Wild Love  27:33
16. Titties N Beer  8:12
17. Audience Participation #4  5:02
18. The Black Page #2  2:57
19. Jones Crusher  2:49
20. Broken Hearts Are For Assholes  3:48
21. Punky’s Whips  9:36
22. Encore Audience #4  2:23
23. Dinah-Moe Humm  6:19
24. Camarillo Brillo  3:30
25. Muffin Man  6:02
 
10-30-77 Show
1.  10-30-77 Show Start  1:40
2.  Stink-Foot  7:45
3.  The Poodle Lecture  5:10
4.  Dirty Love  2:32
5.  Peaches En Regalia  2:40
6.  The Torture Never Stops  12:53
7.  Tryin’ To Grow A Chin  3:32
8.  City Of Tiny Lites  7:36
9.  Pound For A Brown  10:03
10. I Have Been In You  8:35
11. Dancin’ Fool (World Premiere)  4:50
 初披露のようです。
12. Jewish Princess (Prototype)  4:41
 これはプロトタイプってことですね
13. King Kong  8:45
14. Terry’s Solo #5  5:07
15. Disco Boy  4:01
16. Envelopes  2:19
17. A Halloween Treat with Thomas Nordegg  6:17
18. Lather  3:47
19. Wild Love  25:19
20. Titties N Beer  7:01
21. Audience Participation #5  8:28
22. The Black Page #2  2:59
23. Jones Crusher  2:53
24. Broken Hearts Are For Assholes  3:52
25. Punky’s Whips  12:36
26. Encore Rap  1:11
27. Dinah-Moe Humm  6:06
28. Camarillo Brillo  3:27
29. Muffin Man  5:18
30. San Ber’dino  6:20
 
10-31-77 Show
1.  Halloween 1977 Show Start/Introductions  3:11
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  13:54
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:35
5.  City Of Tiny Lites 8:17
6.  Pound For A Brown  13:40
7.  The Demise Of The Imported Rubber Goods Mask  8:33
8.  Bobby Brown Goes Down  3:49
9.  Conehead (Instrumental)  8:21
10. Flakes  3:04
11. Big Leg Emma  1:58
12. Envelopes  2:25
13. Terry’s Halloween Solo  4:38
14. Disco Boy  3:55
15. Lather  3:58
16. Wild Love  30:11
17. Titties ’N’ Beer  7:24
18. Halloween Audience Participation  7:04
19. The Black Page #2  2:55
20. Jones Crusher  2:58
21. Broken Hearts Are For Assholes  3:52
22. Punky’s Whips  11:23
23. Halloween Encore Audience I  2:07
24. Dinah-Moe Humm  6:41
25. Camarillo Brillo  3:24
26. Muffin Man  5:21
27. San Ber’dino  5:01
28. Black Napkins  9:19

 約15時間弱、聴きごたえありますな...。

届いたっ!!2017/04/03 07:04

 昨年、ZAPPA師匠のドキュメンタリーを作るってクラウドファンディングUS$50出資したんだけど、おまけの商品がやっと届きました。
 今回は、テキサスはオースティンからの発送だったんだけど、ドイツ経由で届きました。
届いたっ!!
 中身は、グオリジナルのTシャツ(Official Campaign Shirts)と、これまたオリジナルのステッカー(Zappa Stickers - 3 Designs)、ビニールポンチョ(Not A Sears Poncho)の3点セット。
届いたっ!!
 ちなみに、これが明細ね。
届いたっ!!
 ステッカーのデザインはこの3種。きっと大統領選に間に合わせるつもりだったんじゃないかなぁ...大山甲日さんのブログによるとグッズの発送が遅れたのは、出資者が1万人を超えて荷物が相当数になったけど、追加でアルバイトを雇うと資金集めしてるのに本末転倒ということで、順次発送しているかららしい。
 ちなみに、このブログでも「日本人で資金援助したのはどれほどいるか?」と書かれてましたが、自分もその一人ですよ~。
届いたっ!!
 ポンチョはペナペナのビニール製。オレンジ色のボディの胸と、背中の真ん中にZAPPA師匠のトレードマークの口ひげ(mustache)のワンポイントがプリントされています。これ、つかうときあるのかな?フェスとかに行く歳でも無いしなぁ...。
届いたっ!!
 そして、Tシャツ。”EXCLUSIVE WTFIFZ T-SHIRT”って申し込んだときの控えに書いてあったな。WTFIFZって何かと思ったら、このクラウドファンディングのタイトル”WHO THE F*@% IS FRANK ZAPPA"のことだったのね...。このクラウドファンディングのタイトル写真のデザインですね。ちなみに、サイズはLにしました。米国なのにちょっと小さめでした。
届いたっ!!
 今回改めてこのページを見てみたら、発掘した音源や映像がアップされてたんですね。ちなみに、音源のダウンロードもできることになってるんだけど、それはいつできるようになるのかなぁ?送られてくるメール、あまりちゃんと読んでなかったけど、まだまだ続くみたいだし、新しい情報も送られてくるみたいだからちゃんと読むようにしよっと。

 マンション玄関脇のサクラですが、満開になりました。昨年よりやっぱり1週間くらい遅かったかな...ここ数日寒かったですからね。
家のサクラ
 ルーペで拡大してみました。オオシマザクラの花やっぱり綺麗ですね~。
家のサクラ
 一方、ベランダ側のサクラ、こちらはソメイヨシノかな?は、まだ蕾のまま。昨年も一昨年より遅かったのですが、今年はさらに開花が遅くなりました。
家のサクラ
 見ごろは今週末くらいかなぁ...。

 夜、日本橋に行ったら、さくら通りはすでに見頃でしたぁ。
日本橋のサクラ
 東京駅八重洲口から日本橋高島屋に抜ける200m位の通り。両側にサクラが植えてあって綺麗なんですよ。駅からも近いし、夜もライトアップしてるので、会社終わりに見にいけます。
日本橋のサクラ
 奥に見えるのが高島屋さんね。
日本橋のサクラ
 樹の幹からも花が咲いてました。
日本橋のサクラ
 サクラ、ホント、あがるよね。

Meat LightのART2016/11/26 07:03

 Meat Lightのアートが、なんかいい感じなので、まとめてみた。
Meat LightのART
 Theo Holdtさんという画家の作品です。ちなみに、ググって見たら、この方のホームページ見つかったんだけど、あってるかな?
Meat LightのART
 それにしても、個性的というかなんと言うか...。
Meat LightのART
 スリーブのイラストだけでなく、CDの盤面も同じテイストのイラストになってます。
Meat LightのART
 個性的なんだけど、自分は結構好きかも。
Meat LightのART
 これ、息子さんのAhmetさんの趣味なのかなぁ?