八角宇宙 / 水曜日のカンパネラ2017/08/09 07:07

 水曜日だから...
八角宇宙 / 水曜日のカンパネラ
 やっと観れました、水曜日のカンパネラのBlu-ray「八角宇宙」。先日、珍しくお酒を飲んだ翌日、寝苦しくてムッチャ早起きしたので、日が昇る前の早朝に...。
 そうなんだよね~、この瞬間、同じ空間に自分もいたんだよね~。そうそう、こんなこと言ってたよね、そして、あんな仕種だったね、なんか、あの時の楽しかった思いが蘇ってきました。まぁ、演ってる本人が、ムチャクチャ楽しそうなんだから、楽しく無いわけないよね...ホント、いい顔してるよな。
八角宇宙 / 水曜日のカンパネラ
 「アマノウズメ」のときの観客のスマホのライトに包まれた会場、あの時も感動だったけど、あの時の感動が蘇った。とにかく、丸々24曲、あの時の瞬間のすべてが、この1枚に納められてます。記録映像としてもLIVE映像としても申し分ない1枚です。会場にいた人はもちろんのこと、いけなかった人にも、ぜひ見てもらいたいなぁ...水曜日のカンパネラの魅力が詰まってて、まるでおもちゃ箱か宝石箱のような素敵な一枚です。
 やっぱり「ドラキュラ」の途中の「この3人で水曜日のカンパネラです」の一言にグっときちゃた。

 そうそう、おまけのメイキングも面白いよ。

水曜だから...「IN THE BOX TOUR」2017/08/02 06:02

 先週の水曜日、新木場のSTUDIO COASTに行ってきた。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 水曜日だからね~、水曜日のカンパネラの約4ヶ月ぶりのLIVE。前回は武道館 、その前は中野サンプラザ、その前はお台場の潮風公園で無料コンサート、その前はお台場DiverCity、その前は赤坂BLITZ、その前には新宿のTOWER RECORDで、そして初めてのLIVEは恵比寿のLIQUIDROOMでした。武道館まで駆け上がって、次のステップで何を見せてくれるか、期待に胸膨らませて会場へ...。それにしても、よく考えるとこの2年で8回、ワンマンは毎回みてるってことになりますな。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 てことで、8回目のこの日のステージ、ムッチャよかったです。正直言うといつものお客さんいじりのMCや近況報告がなかったのがさびしくはあったんだけど、武道館からさらにステップアップしてましたね~。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 水中を思わせるBGMからスタートしたステージ、一曲目の「ゴッホ」から9曲目の「ユタ」まで、ほぼノンストップ。最初は、ステージだけで歌うんだって観てたら、6曲目の「バク」の後半から会場全体を大きく使った演出に...。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 いつもだったら、観客の中に入っていくのに、この日は、観客の上をすべるように...何?って思ったら、移動式の舞台に乗ってたんですね。舞台と観客、会場の中のすべてのものが、この日のステージを作り出してた...というか一つになってた。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 観客の真ん中で歌うコムアイさんと観客の手、リズムに合わせて動く手がまるで、風になびく草原の様でした。で、なんかこの感じみたことあるなぁって思ってたら、王蟲の金色の触手の上に立つナウシカでした...「青き衣の伝説」ですな。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 ホント、一体感というか、会場が一つになってたよね。あの北海道の地名や名物を連呼する「シャクシャイン」を会場全体で歌ったり、いつもの「桃太郎」での合いの手だったり、会場全体でこのステージを作り出してましたね。なんか、凄くいい感じだったな~。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 これまでのステージでのポイのダンスだったり、カレーメシとのコラボだったり、大勢のダンサーとの共演だったり、これでもかって盛りだくさんの仕掛けより、この日の音と歌とダンスと光で紡ぎだされたステージは、シンプルだったけど、一つのステージとして完成してた。賛否が分かれちゃうかもしれないけど、武道館から確実にステップアップしたと思うし、観にいってよかったと思う。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 てことで、この日のセットリスト
 01.ゴッホ
 02.嬴政
 03.チャップリン
 04.オードリー
 05.メロス
 06.バク
 07.ウランちゃん
 08.ユタ
 09.ピカソ
 10.ライト兄弟
 11.ツチノコ
 12.シャクシャイン
 13.世阿弥
 14.坂本龍馬
 15.桃太郎
 Encore
 01.一休さん
 02.アマノウズメ
 03.マルコ・ポーロ 
 約1時間半のステージ、全速力で駆け抜けてったって感じでした。そうそう、今日の選曲、曲順も計算されてたな~。そして、やっぱり水曜日のカンパネラにはこういう箱がマッチするよね。
 武道館終わってから「もうやめれば」って奥様に言われてたけど、よかったし、次も観てみたいって思ったよ。
水曜だから...「IN THE BOX TOUR」
 ところで、「ゴッホ」が始まる直前に倒れちゃったこと、終演後倒れちゃったこ大丈夫だったかなぁ...。

宇宙、届いた2017/07/30 07:03

 水曜日じゃないけど、予約していたBlu-ray、届いた。
宇宙、届いた
宇宙、届いた
 このパッケージの中にそのときの宇宙が丸々(24曲)詰まってます。
宇宙、届いた
 でも、まだ観れて無いんだよね...。
宇宙、届いた
 おまけは、この透明ステッカー。もったいなくて貼れない...。
宇宙、届いた
 ところで、ムッチャ楽しみなんだけど、いつ観れるかなぁ...最近、忙しいんだよね...。

国際フォーラムゆれた...2017/05/25 07:04

 国際フォーラムの2階席ってゆれるのね...。

 先週末、以前、お仕事でちょっと関係あるって書いたMrs.GREEN APPLEさんの「MGA MEET YOU TOUR」のファイナルを、東京国際フォーラムホールAに観にいって来ました。
国際フォーラムゆれた...
 満員でした...約5,000名。お客さんは、正直、若い!10代の方、たくさんいたんじゃないかな?
国際フォーラムゆれた...
 開演時間から少し遅れて、ステージがスタートしました。セカンドアルバムからの「Just a Friend」で始まると同時に、国際フォーラムが揺れました。縦ノリのリズムで...いや...めっちゃ揺れるんだね。何でも、免震構造になっていて、揺れを揺れで吸収する構造になってるそうなんだけど、それにしても揺れすぎ、座ってる椅子から投げ出されそうになりました。
国際フォーラムゆれた...
 やっぱり、若いっていいですな。スピード感のある縦ノリの曲から、歌い上げるバラードに、テクノからアンプラグドまで、バラエティに富んだ構成で、24曲、2時間半あまりのステージがあっという間でした。残念だったのは、ホールのせいだと思うけど、低音と高温が聴きづらかった...まぁ、しょうがないのかな...
国際フォーラムゆれた...
 それにしても、ボーカルの大森さんの声は、やっぱりいい。つややかで綺麗な高音、ハイトーンでも決して細くなくてパワーもあって、本当にすばらしい。この声を聴くだけでも価値がある。ちなみに、そういう意味で、縦ノリの曲もいいんだけど、自分は歌い上げる系の曲が好き。
 もちろん、メンバー全員のアンサンブルもいい。自分は、特にドラムスの紅一点の山中さんのタイトなリズムが好きです。
 キーボードの藤澤さんのムードメーカーぶりが、若々しくて良かったですね。
国際フォーラムゆれた...
 とにかく、観客もメンバーも若さあふれるって感じの清々しくて好感の持てるライブでした。それにしても、いい感じの青年たちだな。
国際フォーラムゆれた...
 さて、この日のセットリストは以下。
 01. Just a Friend
 02. Hello
 03. アンゼンパイ
 04. Lion
 05. おもちゃの兵隊
 06. ツキマシテハ
 07. 絶世生物
 08. soFt-dRink
 09. Oz
 10. 鯨の唄
 11. 我逢人
 12. Hug
 13. VIP
 14. うブ
 15. WHOO WHOO WHOO
 16. スマイロブドリーマ
 17. SwitCh
 18. Speaking
 19. サママ・フェスティバル!
 20. In The Morning
 21. JOURNEY
 Encore
 01. StaRt
 02. どこかで日は昇る
 03. 庶幾の唄 

 メジャーデビューから2年での国際フォーラム公演、そして、この完成度の高さ、優秀なスタッフが付いてるんだろうなぁ...でも、やっぱりこの20歳そこそこの若者たちの才能だな、これからが本当に楽しみだ。

シンコデマヨいってきた2017/05/11 07:03

 JAPANとHong Kongの試合を見た夜、お台場に行ってきた。
シンコデマヨいってきた
 2013年代々木公園で始まり今年で5年目の「シンコデマヨ / Cinco De Mayo」。スペイン語で「5月5日」を意味していて、元はメキシコのお祭りで、アメリカに広まって、日本にやってきたイベント。毎年、大学のときに一緒にバンドをやっていた友達がドラムを叩いているバンドが出演しているのですが、今年は、大トリで出演するって事なので観にいくことに。
シンコデマヨいってきた
 20:00からのステージだったのですが、ぎりぎりで間に合いました。
 バンドの名前は「MOLO前回見たのが2015年の9月なので、1年半ぶり。このバンドは、前にも書きましたが、カルロス・サンタナさんの弟のホルへ・サンタナさんが参加していた「MALO」のコピーバンド。ゴキゲンなラテンロックを聴かせてくれます。前のライブを見たあとに復習をしたので、ギターの方がMCで「聴いた聞いたことの無い曲やります」と言ってましたが、聴いたことがある曲ばかりで面白かった。
シンコデマヨいってきた
 「I'm for Real」のようなバラードからスピード感のあふれる「Oye Mama」、「Nena」や「Latin Bugaloo」まで30分ほどのステージ。やっぱり、ラテンはいいですな~。パーカッションの音に、繰り出されるリズム...たまりません。
シンコデマヨいってきた
 で、今回聴いてて思ったのですが、「MALO」の曲、ラテンだけあってピアノのモントゥーノが気持ちいいですな~。パーカッションもラッパもいいけど、モントゥーノカッコいいよね~。
シンコデマヨいってきた
 てことで、「」聴いて欲しいな~言葉じゃ伝わらないからね~。また、LIVEがあったら、観にいこっと。
 あっ、そうそう、お友達にセットリスト送ってもらったので、一応、載せておきますね。
  01. Bottom Line
  02. Techno Rumba
  03. I'm for Real from 2nd album 「Dos」
  04. Suavecito from 1st album 「Malo」 
  05. Oye Mama from 1st album 「Malo」 
  06. Nena from 1st album 「Malo」
  07. Latin Bugaloo from 2nd album 「Dos」
 ちなみに、お友達のバンド「MOLO」のホームページがありました。興味のある方はそちらもどうぞ。