サマータイムマシーン・ブルースとワンスモア2020/07/24 07:13

 「ドロステのはてで僕ら」を観たあとで、ヨーロッパ企画さんのことをいろいろ調べてて、一昨年に「サマータイムマシーン・ブルース」の再演と、その続編の「サマータイムマシーン・ワンスモア」の公演があって、それを収めたDVDがあったのを発見。 「サマータイムマシーン・ブルース」は、自分にとってヨーロッパ企画さんの原点の作品なので、即、買っちゃいました(ところで、ポチしたあとにBlu-rayもあったのに気が付いた...Blu-rayにすればよかった...)。
サマータイムマシーン・ブルースとワンスモア
 「サマータイムマシーン・ブルース」は、映画だと場面が変わるのですが、公演はどうなってるのかなと思ったら、舞台は固定なんですね。で、その中で現在と過去(といっても一日前ですけどね...細かくいうと学校の建つ前の沼だった時代もあるんだけど)を衣装変え(早着替え)で表現するっていうの発想が面白いですよね。
 自分は映画から入ったので、その面白さのまんまの舞台だったので楽しく見られました。で、このDVD、舞台の様子を観ながら、おまけで出演者のコメントを聞くことができて、過去の公演のエピソードなんかの話が聞けるのですが面白かったですね。まぁ、ちょっと、内輪受けって感じのところもありましたけどね。

 パワーアップしてました「サマータイムマシーン・ワンスモア」。
 登場人物が増えているってこともあるけど、設定も、時間の移動も複雑で、合わせて笑いのポイントも...17年の歳月は伊達じゃないですね。とにかく笑わせてもらいました。
 田村くんの家族の秘密とか、いろいろ種明かし的なこともあったし、最後に振り出しに戻る展開もね、とにかくてんこ盛りの内容でした。ん~、生の舞台見たかったなぁ、DVDで観られたから良いって言えばいいんだけど、ホント、生で観たかった...。ところで観た後によくよく考えたら、木暮さんのウナギの研究、3年前に戻ったということは、その間、二人いることになるんだけど、それって矛盾にならないのかな??最終的につじつまが合ったからいいってことだね。
 おまけのコメントも「ワンスモア」の方が製作裏話的で面白かったですね。
サマータイムマシーン・ブルースとワンスモア
 172分に及ぶ特典として、公演のメイキングやトークショー、札幌公演のドキュメンタリーが入ってるんだけど、舞台裏が見られるのはDVDのよさですねぇ、本当に楽しめました。

 この間も書いたけど、生の公演見てみたいですねぇ...。

天気の子2020/07/23 07:01

 やっと、観れました。

 Amazon Primeで観たんだけど、やっぱ、映画館で観たかったな...。
天気の子
 先に小説を読んで、ストーリーはわかっていたので、小説の映像化がどうなっているかってところに注目したんだけど、想像通りでした...というか、小説の描写が良かったってことですね。
 印象に残ったシーンをあげると、終盤で、須賀さんが、安井刑事に「あなた、今、泣いてますよ」って言われるシーンかな...そんなとこって思われるかもしれませんが、あぁ、こんな感じに映像化したんだって、ちょっと、グっときちゃいましたね。
 まぁ、いろんな方が感想を書かれていると思うので...とにかく面白かったですね...そういう意味でも、映画館の大きなスクリーンで観たかったな。

 あと、「君の名は。」の登場人物がたくさん出てましたね~。このあたりの確認は、ビデオだったので、繰り返し観られたので良かったかな。

 ということで、次の作品も楽しみ。

 ちなみにラストシーンで、うちは水の底でしたwww。

カセットテープ・ダイアリーズ / Blinded by the Light2020/07/22 07:02

 英国のジャーナリスト、サルフラズ・マンズールさんの自伝『Greetings from Bury Park: Race, Religion and Rock N’ Roll』を原作にした映画「カセットテープ・ダイアリーズ / Blinded by the Light」を観てきた。前から、ちょっと気になってたんだけど、英会話の先生が「がっかりしないよ」って言ってくれたので...。

 パキスタン人の移民の子供のマンズールさんが、ブルース・スプリングティーンさんの楽曲に触れて、その歌詞に感銘し、物書きになる夢を目指すっていう青春ストーリー。映画の中でも表現されている移民としての人種差別とか、厳格な父親との確執とか、父親のリストラとか、実際はもっと嫌なこと、難しいことがたくさんあったと思うけど、最後は夢をつかむっていうサクセスストーリーでもあります。ん~、この手の話しでアジアからの移民っていうと、フレディさんの「ボヘミアン・ラプソディ」とも繋がるところがあるなと...。
カセットテープ・ダイアリーズ / Blinded by the Light
 でも、この映画、シリアスなこともサラっと明るく受け流す感じで、全体に悲壮感的なものは一切無く(もちろん、人種差別デモに遭遇したり、街でつばかけられたり、レストランで人種差別を受けたりするけどね)観ていて気持ちのいい映画でした。もちろん親子の葛藤的な部分は思わず目頭が熱くなっちゃっいました。そうそう、そういう意味で、家族の映画でもあるんだな。
 ということで、先生の言うように「がっかりしない」いい映画でした。

 ところで、原題は「Blinded by the Light」っていう ブルース・スプリングティーンさんの曲のタイトルと同じで、ストーリーでもとっても重要な台詞として使われているんだけど、邦題の「カセットテープ・ダイアリーズ 」って何なんだろう??英語としてもおかしいし、センスも無いと思うんだけど...まぁ、原曲の邦題も「光で目もくらみ」ってちょっと、センスが無いもんな...けど、そっちのほうが良かったかも。

 ということで、日比谷に行ったので、久しぶりにシン・ゴジラを撮ってみた。
カセットテープ・ダイアリーズ / Blinded by the Light
 ミッドタウンをバックにするとカッコいいかな?

ドロステのはてで僕ら2020/07/20 07:06

 「ドロステのはてで僕ら」??、「ドロステって」????ということで、疑問を解決するために映画観てきました。

 映画の公式ページをみたら、ヨーロッパ企画さんの映画だったんですね。ヨーロッパ企画さんの映画なんだから面白くないわけは無いな...と、自分にとってヨーロッパ企画さんといえば、瑛太さん主演の「サマータイムマシーン・ブルース」。「サマータイムマシーン・ブルース」面白かったもんね。深夜にテレビでやってたのを観て、その後すぐDVD借りて何度も観直して...何度観ても面白かった。そういえば、今、テレビで見ない日は無いってくらい大活躍のムロツヨシさんも、この映画が映画デビューでしたね。
ドロステのはてで僕ら
 「ドロステのはてで僕ら」は、突然、2分先の未来がパソコンのモニターに映し出されるってところから話が始まります。で、これをドロステ効果で遠い先まで見られるようにすることによって起こるコメディってことで、「サマータイムマシーン・ブルース」と同じくタイムリープ系のお話ですね。まぁ、その先を詳しく知りたい方は映画を観てね。それにしても、緻密に積み上げられたよくできた作品です。演者の皆さん、大変だったろうなぁ...。
 70分と短いお話で、かつ、軽い感じのノリで楽に楽しんで観られました。大作やアクション映画でなくて、こういったさらっと観られる映画もいいよね。
 ところで、ドロステ効果って、鏡を合わせると無限に続くように見えるあれです。ググったら、オランダのドロステ・ココアのパッケージから来てるそうです。そういえば、このココアのパッケージ、映画の中でもドロステ効果の説明に使われてましたね。

 ということで、ヨーロッパ企画のホームページをみてたら「サマータイムマシーン・ブルース」の再演と続編の舞台を収録したDVDがあったので、ついつい買っちゃいました。コロナウイルスで観劇はしばらく難しそうだけど。いつか、舞台も見てみたいなぁ...。

 今回、日比谷のTOHOシネマズで観たので、お約束のゴジラ像も録ってきました。
ドロステのはてで僕ら
 いつも思うんだけど、逆光にならない向きに置いてもらえないかなぁ...。

ドクター・ドリトル / Dolittle2020/07/11 07:04

 ずいぶんとお金の掛かったお子様向け映画だな...。
ドクター・ドリトル / Dolittle
 ドリトル先生といえば、小学生の頃に読んだ岩波書店発刊の本が自分のルーツ(あらすじは、忘れちゃったけどね)。自分は、動物好きだったので、動物と話ができるってだけでワクワクしたのを覚えてる。そして、テレビで見た映画「ドリトル先生不思議な旅 / Doctor Dolittle」もルーツかも、大きなカタツムリや、頭が二つあるオシツオサレツ(Pushmi-pullyu)とか、画面の中で動いているのを見て感動したなぁ...。そんでもって、自分も獣医になりたいなんて思ったもんです。
 そういえば、エディ・マーフィーさんがドリトル先生を演じるコメディなんてのもありましたね(それも、観たな...)。

 で、今回は、アイアンマンのロバート・ダウニーJrさんの主演の作品。原作を元にした作品になるのかと思いきや、ベースにしているもののアレンジはされてました。ドリトル先生の奥さんが冒険家だったり、チーチーがチンパンジーじゃなくてゴリラだったりね。そして、自分のドリトル先生のイメージは黒のシルクハットと燕尾服、小太りのオジさんだったんだけど、ロバートさんのイメージとあわないよね...ダメ親父の雰囲気作ってたけど、ちょっと男前過ぎだと思う。あと、かっこよすぎ。
 最初にも書いたけど、娯楽作品としては面白いけど感動も何も無い...まぁ、お子様向け映画だからってことなんだろうけどね。それにしても、動物達のCGはもう最近ではあまり驚かないけど、その声優陣が凄すぎる(お金掛かってるよ絶対)。オウムのポリネシアがハリーポッターのトレローニー先生のエマ・トンプソンさん、ゴリラのチーチーはボヘミアン・ラプソディでフレディを演じたラミ・マレックさん、ホッキョクグマのヨシがプロレスラーで俳優のジョン・シナさん、ダチョウのプリンプトンがパキスタン系アメリカ人コメディアンのクメイル・ナンジアニさん、イヌのジップがアベンジャーズのスパイダーマンのピーター・パーカー役のトム・ホランドさん、キリンのベッツイがデッド・ドント・ダイにも出演してたセレーナ・ゴメスさんとそうそうたる顔ぶれ。ロバートさん主演だとお金集められるってことなんですかね...。
 ロバートさんといえば、例のアクションばりばりのシャーロック・ホームズシリーズみたいにシリーズ化しちゃう可能性もあるよね。この映画もそうだけど、シャーロック・ホームズシリーズも自分はA級の顔をしたB級映画だと思うんだけどね。

 ということで、ただ観て楽しむだけの映画でした。