ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY2018/12/11 07:27

 やっと、観られた...。

 先日、サウンドトラックを買った「ボヘミアン・ラプソディ」、大ヒットしてるそうで...レイトショーで観たんだけどお客さんいっぱいだった。
ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY
 自分の最初のクイーン体験は「キラー・クイーン」。当時、ビートルズが好きで、ポール・マッカートニー&ウイングスの「ジェット」や「バンド・オン・ザ・ラン」が流行っててロックってカッコいいじゃんって思ってたら、なんか不思議なコーラスと独特の音色のギターがカッコいい曲がラジオ(当時はラジオなんだよね。「電リク」なんて言ってわかるかなぁ...)から流れてきて、それが「キラー・クイーン」だった、なんか衝撃的だったね。で、その次が、この映画のタイトルになってる「ボヘミア・ラプソディ」この曲はもっと衝撃的だった。曲も長いし、バラードからロックになって、オペラ出て来て最後はまたロック、で本当の最後の最後はまたバラードって構成。映画でもエピソードになってたけど、ラジオで最後まで聞けることってほとんどなかったな。中学の頃、ホント、人気あったよなぁ、特に女の子にね、でも曲もカッコ良かったのよ。
 この映画、フレディさんにフォーカスが当たってるけど、やっぱバンドの映画だね、ブライアンさん、ロジャーさん、ジョンさん、この三人がいて成り立ってると思う。確かにフレディさんの人生は面白いと思うけどね、彼らがいたからクイーンってバンドが成り立ってたんだと思うし、フレディさんもパフォーマーとして光ってたんだと思う。しかも役者さんたちよく似てるんだ...ジョンさんなんて、ヘアスタイルの変遷も完璧だったし、一番似てたんじゃないかなぁ。
ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY
 青春時代にリアルタイムで聴いてきたアーティストの話だったから面白かったし、感動した。そういえば、ライブ・エイドもリアルタイムで見てたもんなぁ。

 評判通りの映画だった、また観てもいいな...そういえば、音の良い映画館あるはずだよね、次、観るんだったらそこだな。

忘れてた、ストーリーに全然関係ないけど、ブライアンさんのペンギン見たかったな...。

銃夢2018/12/04 07:04

 ターミネーターやアバターのジェームス・キャメロン監督の製作・脚本の新しい映画「アリータ: バトル・エンジェル/Alita: Battle Angel」、映画館で予告編見てて面白そうだな観にいこうかな、なんて思ってたら、この映画の原作、日本のマンガだったんですね。日本のマンガ、そういえば「攻殻機動隊」もハリウッドで実写映画化されたよな...これからも増えるかもね。

 映画の公開は来年の2月、てことで、その原作マンガを読んでみた。
銃夢
 自分、この作品のこと知らなかったけど面白いじゃない、サイバーパンクってやつね。てことで、ググったら、1990年連載開始なので今から28年前の作品とのこと、日本のマンガってやっぱクオリティ高いな。さらに、海外でも13の国の出版社から出版されてる。アニメ化もされてたんだね。
 ストーリーはサイボーグの少女の話、賞金稼ぎだったりスラムっぽい街だったり、いわゆるデストピアの話なのかな...。きっと、そんなに単純な話じゃないんだろうな。1巻だけだとさわりって感じなので、この先も読んでみようと思う。

  あっ、映画も観てみようかな...。

GODZILLA 怪獣惑星2018/11/25 07:00

 前2作のように前日譚かと思ったら、アニメ映画のノベライズだった...。

 地球を出てから、タウ星eにたどり着くまでのエピソードかなと思ったんだけどね。
GODZILLA 怪獣惑星
 映画の「怪獣惑星」と「決戦機動増殖都市」の前半のメカゴジラを発見して、ゴジラ・アースとの戦闘に向けて準備を進めるところまでを描いたもの。
 映画観ちゃってるし、ノベライズっていまひとつかなぁと思ったけど、読み出したら結構面白くて、あっという間に読み終わりした。
 話はね、映画とまるっきり同じなので新しいこととかは無いんだけど、そもそものストーリーが面白いから、面白くないわけ無いよな...。
 映画のセリフだと、早すぎてよく分からなかった部分も、文字になってると頭に入る...特に、環境生物学者のマーティン・ラッザリのセリフが文字になってるのがなんかうれしいかも。

 ということで、後半の「星を喰う者」も早く読みたいぞ...。

GODZILLA 星を喰う者2018/11/22 07:04

 最後まで、虚淵さんにやられぱなしだった...そうくるかぁ...。
GODZILLA 星を喰う者
 「星を喰う者」ってそういう意味だったのね。ポスターどおりでゴジラはゴジラだったし、あの怪獣も出てきたし、ギドラの気持ち悪さはそのままだったし、いいっちゃいいんだけどね。この映画は人間ドラマだったな。そして、すべての出来事がこの最後に繋がってるんだよね。
 でも、メトフィエスとハルオの最後のシーンのハルオのあの行動にいたる気持ちが自分には理解できなかった...いくら、育ててくれて、心の支えだったとはいえ、あれだもんなぁ...。あと、最後のナノメタルのくだりも...自分には、やっぱり理解できなかった...でも、これ、結局、オキシジェンデストロイヤーってことだね。
 エンディングテーマの後の命を繋ぐことが勝つことっていうシーン、自分は要らなかったな。
GODZILLA 星を喰う者
 とはいえ、面白かった、3作BOXセット発売になったら買っちゃうな。

 鑑賞記念プレゼント、東宝特撮コレクションカードと映画のコラボカード。
GODZILLA 星を喰う者
 カマキラスとゴジラ・フィリウス。
GODZILLA 星を喰う者
 すべてはこのカマキラスから始まったんだよね。
GODZILLA 星を喰う者
 次は、米国版GODZILLAだな。

銀魂2 掟は破るためにこそある2018/08/24 07:16

 最初で最後って言ってたじゃない...。
銀魂2 掟は破るためにこそある
 BLEACHと同じく、銀魂も息子に教えてもらったんですよね...なんていうの、この下品なのにカッコいい世界観、そのギャップがね。とにかく、下品なんですよ下品、それなのにカッコいいんだよな~。

 てことで、今回の映画も下品なとこ(将軍接待篇)とカッコいいとこ(真選組動乱篇)がバランスよく配置されていて、2時間強の時間があっという間でした。
銀魂2 掟は破るためにこそある
 前作のヒットで気をよくしたのかな、お金の使い方半端無い...ちりばめられたCGは当然だけど、真撰組と鬼兵隊とのバトルシーンとか、ラストの銀さんと人斬り万斉の江戸城でのバトルシーンとかね絶対に前作よりお金かけてるよね。
 あと、出演者の皆さんのはっちゃけ具合もハンパ無かったなぁ。あげていったらきりが無いくらい、皆さん弾けまくってましたね。ちなみにそれぞれのキャストはここで確認してね。今回は、真撰組がメインでしたからね、勘九郎さんの近藤勲の迫力の演技は場違いなくらいだったし、吉沢亮さんの沖田総悟のカッコよさは際立ってましたな、特に神楽との列車内のバトルシーンは本当にカッコよかった。極めつけは、柳楽さんの十四郎とトッシー、あのギャップを演じきれるって凄いと思う。で、やっぱり、前作のときにも書いたけど、佐藤さんとムロさんは今回も飛ばしてました。福田監督もこの二人には好きにやらせてるって感じだもんね。佐藤さんのアドリブのシーン、出演者の皆さんの笑い抑えることも無かったもんな。でも、この方たちだけじゃないんですよ、とにかく出ている役者さん全員が思いっきりだったもんな、もっさりブリーフとか、SMコスプレとか、キャバクラ遊びとか、みんなよく演じてましたね。
 監督の福田さんもやりたい放題だな、前回以上のブッコみ具合だ...映画泥棒から始まって、エ○ァンゲ○オンに、ブ○ックジ○ックに、ト○ロのネ○バスに、踊る○捜査○のエンディング、新八がつぶやいてたけどホント大丈夫なのかなと...ちなみに、ド○ゴン○エストはエンドクレジットにちゃんといましたね。

 とにかく、笑えて、カッコいいアクションにハラハラして、ちょっと涙もあって、演じてるキャストも実力派の俳優陣で、今年おすすめの一本です。BLEACH難しかったけど、銀魂は最高でした。
 
 ということで、今年の日本アカデミー賞総なめにしてもらいたいなぁ。まじめな作品ばかりが映画じゃないって思う、こういう、くだらないけど面白い映画が賞とってもいいんじゃない?あと、個人的には、夏菜さん演じるさっちゃんが活躍するエピソードがみたいな...。