yeah whatever / Owane2018/10/02 07:02

 Norwayまで来た。

 INTERVALSさん繋がりで、Norwayまで来ちゃいました。Aaron Marshallさんの来日前インタビューで、彼が今、注目しているアーティストとして紹介されてた。Norway出身のマルチ・インストゥルメンタリスト(インタビューでAaronさんがそう言っていた)のOwane(オウェイン)さんが、今年の3月にリリースしたアルバム「yeah whatever」。
year whatever / Owane
 で、よくよく考えたら、INTERVALSさんの「The Way Forward」でキーボードで参加してたんだよね。で、そのときにこの方のキーボードがいいってコメントしてましたwww。
 曲は、INTERVALSさんよりさらにフュージョンよりな感じです。ちょっと、JAZZの香りもしますね。
 YOUTUBEをみると、ギター、キーボードだけじゃなくてベースも弾いてます。このアルバムでは、ドラムスとサックス以外は全部Owaneさんが演奏しているみたいです。

01. Groove of Satan
 ピアノで厳かに始まって、ギターで歌い上げるって感じの曲。ピアノとベースの絡みもカッコいい。短い曲だけど、ちゃんとプログレしてる。
02. Love Juice
 イントロのベースのフレーズがちょっと変わってていい感じ、音がシンセベースっぽいけど、普通にベースギター弾いてた。ギタリストが使うスリーフィンガーで弾いてるので独特のニュアンスが出ているのかも。サックスの入り方も絶妙だね。
03. Rock is Too Heavy
 ギターの速弾ソロもいいけど、キーボードのソロもいいね。フュージョンって言うか、RETURN TO FOREVER系のクロスオーバーのイメージだね。それに、柔らかい感じでプログレメタルが乗ってるって感じ。Steve Vaiさんのソロアルバムの感じかな。
04. Saturday End
 Jazzの香りがする曲。頭の滑り出しのちょっと4ビートっぽい部分が好きだな。で、そのあとはプログレフュージョンって感じかな?そうか、エレピの音がRETURN TO FOREVERっぽく感じさせるんだな。サックスの入り方とかは、STEPS AHEADみたいな感じだな。
05. Indian Explosion Bowling
 この曲もイントロのエレピの音がいい感じ、で、そのまま行くと思いきや、ちょっと、不思議な曲調に...中近東?インディアンだしな...。この曲も短いけどプログレだな。
06. One Curl in Bangkok
 ギターのリフがDjentっぽい...でも、ギターのテーマはフュージョンだね、変拍子のドラムの上に音を重ねましたって感じの曲。曲調が目まぐるしく変わるとこが面白い。
07. Born in Space
 ギターメインのフュージョンだね。目まぐるしく変わるドラムのリズムがアクセントになってるっていうか、結構、重要な位置を占めてるかも...。それにしても、ギター、歌ってるなぁ。Owaneさん、きっと、Steve Vaiさんとか、Joe Satrianiさんとか好きなんじゃないかなぁ。4分過ぎからのロックっぽい展開好きだなぁ 
08. Japanese Bonus Track
 「Japanese Bonus Track」って曲名、なんなん?日本のCDにオリジナルに追加で入ってる別バージョンとかのことかな?Norwayの方からみると不思議というか面白いのかな?頭の短いベースソロ、ギタリストが弾くベースって感じでちょっと面白い。でも、よく考えると、ドラムとサックス以外は全部一人でやってるんだもんね、この方の才能凄すぎ。7分弱の曲だけどありとあらゆるジャンルのテイストを盛り込んだ贅沢な曲、”ボーナストラック”だけある。
year whatever / Owane
 ところで、Bandcampのコメント欄に”Sup! My name is Owane and I make music sometimes.”って書いてあるんだけど、”sometimes”って、音楽は趣味なんか?

In Time / INTERVALS2018/10/01 07:02

 先日のLIVEのセットリストでプレイリストを作りたくて、6年前にリリースされたIn Time」をBandcampで購入。
 セットリストの9曲目から11曲目に演奏された「Alchemy」「Mata Hari」「Epiphany」を含む一枚です。
In Time / INTERVALS
 「The Way Forward」より、ゴリゴリな感じ。重くて低音の効いたゴリゴリのリフにメロディを乗っけるってスタイル。「The Way Forward」はもうちょっとメロディ重視で、ちょっとフュージョンよりの音作りだもんね。

01. Alchemy
 短い曲ですが、ゴリゴリのリフにメロディを乗せてる曲。
02. Mata Hari
 ごりごりのリフで始まって、テーマもリフを組み合わせた曲。Bメロでロングトーンのメロディが出てくるけど、ほぼ全編、ディストーションがゴリゴリです。まぁ、嫌いじゃない感じだけどね。リフの洪水に飲み込まれるって感じの曲。
03. Tapestry
 キング・クリムゾンの中期のREDとか、Larks' Tongues in Aspic, Part Oneみたいなリフで始まる曲。この曲もリフの嵐。
04. Momento
 ハイスピードのツーバスのリズムに乗ってスタートする曲。AaronさんINTERVALSの曲はDjentじゃないって言ってたけど、この曲は思いっきりDjentだよね?
05. Epiphany
 他の曲に比べるとゴリゴリ感が薄いかな、ちょっとフュージョン色が強くて最近のINTERVALSを髣髴させる曲だね。

 6年前のアルバムなので、若さあふれるって感じだな、「The Shape of Colour」を経て、「The Way Forward」で完成したって感じ。

 INTERVALSさん、また来日したら観にいきたいな。

The Optimist / Cory Wong2018/09/17 07:03

 2ヶ月くらい前に、Vulfpeckさんのアルバムでファンキーなギターを聴かせてくれているCory Wongさんが、Twitterで新しいアルバムのリリースをアナウンスしてたんだよね...。
The Optimist / Cory Wong
 で、先月リリースされたって、CoryさんのWebサイトでアナウンスがあったんだけど、Bandcampでリリースされないかなぁって思ってたら、今月8日にBandcampからリリースのお知らせがありました。
 ということで、早速ダウンロードして買っちゃいました。
The Optimist / Cory Wong
 いや~、1曲目からファンキー!!カッコいいっす!!
 これ、AOR好きや、ファンク好きな方には絶対お勧めの一枚です。バンド形式のThe Fearless Flyersもいいけどソロもいい、そんで持って、インストゥルメンタルだけじゃなくて歌入りの曲もカッコいいのだぁ。
 ホント、お勧めの一枚です。

1. Jax
 この曲のベース、好き。重くてFUNKYな感じがカッコいい。かといって、曲全体が重くならないところがいいんだな。ホーンの入り方も絶妙だね。というか、ホーンがカッコいいのだ、特にボントロがね。あと、パーソネルのドラマーが”Petar Janjic – LH drums、Steve Goold – RH drums”って書いてあったので、何のことかと思ったらYOUTUBEを見て判明、一つのドラムセットを二人で叩いてるのね...。正しく言うとバスドラを中心に左右にセットを組んであって二人で叩いてるの、何のことか分からないと思うからYOUTUBE見てみてね。 
2. Light As Anything (feat. Robbie Wulfsohn)
 ボーカル入りの曲、ポール・マッカートニーがファンクを作るとこんな感じになるかなって曲。こういう、跳ねた感じのリズムの曲好き。
3. '91 Maxima
 スローな曲、この曲も2曲目と同じイメージかな。ベースが太くて重いんだけどやっぱり曲自体は重くならない。ギターのコードを主体にしたテーマ?カッティング?いい感じだね。ホーンもいい感じ。終盤のスキャットもカッコいい。
4. Jumbotron Hype Song (feat. Antwaun Stanley & Sonny T)
 スラップベースがカッコいい。一転、スピード感ある曲、こういうの好きだな。ボーカルは、Vulfpeckの曲でも歌ってる、Antwaun Stanleyさん、ゴスペル魂な感じでいいね、ちなみに、コーラスは前の曲でスキャットを歌ってるベースのSonny Thompsonさん、ベースソロもいい感じです。
5. Sitcom
 明るいファンク。緩急の感じがいい感じだね。
6. Juke On Jelly (feat. KATIS & Marti Fischer)
 この曲はVulfpeckのアルバムに入っててもおかしくない感じだね。この曲はベースもCoryさん、スラップも上手。間に入るボーカルのPhoebe KatisさんとキーボードのMarti Fischerさんの英語とドイツ語のやり取り、カワイイ。
7. The Optimist
 曲名そのまんまの明るい曲、この曲もVulfpeckのアルバムに入っててもおかしくないな。

 ということで、皆に聞いて欲しい1枚です。

 ちなみに、Bandcampのページのパーソネルには、8曲目に「MASSIVE ACTION」があるんだけど、どこいっちゃたのかな?

Journey / Nito2018/08/22 07:02

 8月5日にichikaさんのtwitterにこんなツィートが...
Journey / Nito
 別名義でEPをリリースするって報告。もちろん、即、Bandcampで予約したよん。で、10日前の真夜中、リリースされたので早速ダウンロード。
 ichika名義での楽曲と異なり、SEや打ち込みのドラムス、ベースギターが入っていて、音の厚みが違いました。ソロもいいけど、ちょっと、バンドっぽい音作りもいいですね。
Journey / Nito
1. Falling
 小川のせせらぎ?のSEとアルペジオで始まる曲。やさしいアルペジオから、一転、力強いアンサンブルに、約1分と短い曲ですが、起承転結があって物語を見ているような曲です。
2. Where am I
 朝ってイメージかな?明るく跳ねるようなリズムもいい感じです。達郎さんの「MIDAS TOUCH」みたいなイメージの曲。自分はこの曲が一番のお気に入りかな。
3. Secret
 ドアを開けるSEから始まる曲。自分が感じたのは、朝の食卓ってイメージ。メロウな感じがいいですね。
4. Isolation
 ギターの音色がいつもとちょっと違ってて、それも、いい感じ。この曲もメロウな感じのバラードでいいですね。一人でこれだけ音を重ねて曲作れたら面白いだろうなぁ...。
5. If Only
 相変わらず綺麗な曲を描くなぁ...。いつものichikaさんの楽曲にベースの厚みが増してより深みが出たって感じかなぁ。エンディングのアルペジオのメロディが好き。

 いずれにしても、このEP、いろんな人に聴いてもらいたい。ムッチャ、お勧めの1枚です。

 ichikaさん、最近、精力的に仕事してるなぁ...。
Journey / Nito
 このEPのリリースのお知らせをした3日後には、テキサスのプログレメタルバンドのPolyphiaの10月にリリースされるアルバムに参加しているってツィートが...これも聴かないとな。

FANTASY CLUB REMIXES & INSTRUMENTALS / tofubeats2018/08/09 07:02

 先月末リリースされた、tofubeatsさんのFANTASY CLUBのREMIXとINSTRUMENTAL盤、配信限定で発売されたので早速ダウンロード。前作リリースから1年も経ったのね...。
 そういえば前回、リリースイベント見に行こうと思ったのに、チケット瞬殺でいけなかったんだよな。
FANTASY CLUB REMIXES & INSTRUMENTALS / tofubeats
 まぁ、tofuさんだからね、悪いわけないやね。前半の7曲がRIMIXで後半の6曲がINSTRUMENTAL、前作は1枚通して一つの作品という感じでしたが、こういう企画ものもいいですね。

01 LONELY NIGHTS (TB HOUSE BOOTLEG)
 オリジナルよりテクノっぽいアレンジ。電気グルーブのノリです。
02 SHOPPINGMALL (HOUSED & SCREWED)
 この曲もオリジナルのイメージを残しつつ、さらにノリが良くなった感じ。でも、ボーカルのSCREWED、自分はちょっと...。
03 WHAT YOU GOT (TB DJ DUB)
 基本はオリジナルを踏襲しつつ、ベースとドラム、そしてギターのカッティングが80年代のディスコを髣髴させるカッコいいアレンジになってます。
04 STOP (dj newtown STO REMIX)
 原曲よりダンサブルな感じのアレンジになってって、自分はこっちのほうが好きかも。
05 SHOPPINGMALL (TB REMIX)
 原曲より空間がいい味を出してますね。テクニックのことは良くわからないけど、このアレンジも好きかも。SHOPPING MALLは、オリジナルのおまけについていたCDと同じアレンジかな?
06 YUUKI (TB LIVE DUB MIX)
 原曲のイメージに近いアレンジだね。WHAT YOU GOTのDUBよりDUB感が強いかな。
07 YUUKI (dj newtown YUU REMIX)
 より、HIP HOPな弾んだ感じで、自分は好き。
08 CHANT #1 (instrumental)
 ここからは、オリジナルアルバムではボーカルの入っていた楽曲のインストゥルメンタル。そもそも、原曲がいいから安心して聴けるよね。
09 SHOPPINGMALL (instrumental)
10 LONELY NIGHTS (instrumental)
11 WHAT YOU GOT (instrumental)
12 YUUKI (instrumental)
13 CHANT #2 (instrumental)

 10月には、このアルバムと同じ日にリリースされた新曲「RUN」を収録したアルバム「RUN」がリリースされるんだよね、それも楽しみ。