The Shape of Colour / Intervals2017/12/01 07:03

 なんか、わらしべ長者みたいだな...

 Bandcampでichikaさん、Von Citizenさん、Arch EchoさんとProgressive MetalというかDjentの音源入手のチェーンリアクションで見つけた。日本⇒中国⇒USAときて、CANADAはトロントのバンド。
 ギタリストのAaron Marshallさんのバンドというかユニット、Bass GuitarのCameron McLellanさん、DrumsとPercussionのTravis Orbinさんの3人での演奏で、Cameronさんはエンジニアも兼ねてます。
The Shape of Colour / Intervals
 サウンドはメタル(なのかな?)だけど、結構、キャッチーでPOPでさわやかな感じです。70年代のクロスオーバー(フュージョンじゃなくてクロスオーバーね)や、ロック畑のミュージシャンのフュージョンが好きな人にはお勧めのアルバムです。
The Shape of Colour / Intervals
 収録曲は8曲、全曲、ギターが大活躍ですね。
01. I'm Awake
 イントロのリフはガシガシだけど、テーマにはいると流れるようなメロディでとってもPOP...だと思う。ドラムスのツーバスが効果的だな。
02. Sure Shot
 プログレッシブな曲構成で緩急のつけ方がいい。
03. Fable
 ポリリズムのイントロでキングクリムゾンみたいって思ってたら、やけにメロディアスでおしゃれなテーマが始まる曲。2:30頃からのLeland Whittyさんのサックスソロがカッコいい、サウンドがちょっと、Michael Breckerさんのウインドシンセっぽい。
04. Sweet Tooth
 軽めのロックだねこの曲。ちょっと、跳ねた感じのリズムがかわいい。
05. Black Box
 メタルっぽいリフがアクセントになってるけど、やっぱりメロディが良いんだな。
06. Slight of Hand
 ギターソロはゲストのNick Johnstonさん、カナダの方なのですが、ググったら注目のギタリストなんだそう。
07. Meridian
 いい感じのアルペジオで始まって、続いて壮大な感じでメロディアスなテーマが続く曲。で、メタルっぽいリフが続く複雑な構成。それにしてもやっぱりPOP。
08. Libra
 やっぱりこの曲もメロディがいい。重いリフにPOPなメロディを重ねていくって感じですね。この曲のソロはオーストラリアのギタリストPliniさん、今度、Pliniさんのアルバムも買わなくっちゃ。

 基本的にAaronさんメロディ重視なんだな、自分は聴いてて、虹伝説2の頃の高中正義さんの曲を思い出した、高中さんが好きな人にはお勧めです。

Mr. Finish Line / Vulfpeck2017/11/14 07:05

 Twitterで新譜のお知らせがあったので、Vulfpeckの公式ページで事前予約。「11月7日のダウンロード用のメールをチェック」ってね...。
Mr. Finish Line / Vulfpeck
 ということで、VulfpeckのJack Strattonさんからメール来た~。
Mr. Finish Line / Vulfpeck
 11月7日にリリースされたアルバム「Mr. Finish Line」のダウンロードのお知らせ。リンクをクリックしたらBANDCAMPのコレクションへの追加ページに。
Mr. Finish Line / Vulfpeck
 「追加しますか」って、もちろん「はい」だよね。ということで無事、コレクションに追加されてダウンロードできるようになりました。
Mr. Finish Line / Vulfpeck
 新譜をこういう感じで買ったのは初めてなので、ちょっと面白かったですね。
Mr. Finish Line / Vulfpeck

01 Birds of a Feather, We Rock Together (feat. Antwaun Stanley)
 アルバムリリースに先駆けてMVが発表された曲。エレピの音が可愛い曲、70年代のAORか軽めのフュージョン(当時はクロスオーバーって呼ばれてました)の感じです。自分のイメージはJAZZから路線変更したジョージ・ベンソンさんの曲って感じかな。Antwaun Stanleyさんの黒いボーカルとコーラスが印象的な曲。
02 Baby I Don’t Know Oh Oh (feat. Charles Jones)
 打って変わって、生ピアノが可愛い、ちょっと後期のビートルズっぽいところのある曲。この曲もMVが公開されています。Joey Dosikさんのalto saxの入り方がいい感じですな。
03 Mr. Finish Line (feat. Christine Hucal & Theo Katzman)
 軽いギターのカッティングがいい感じですな。このアルバムは全体に可愛らしい曲が多いように思います。これも、70年代のAORか軽めのフュージョンの感じですね。
04 Tee Time
 この曲は、Stuffですな。ピアノはRichard Teeさん、ドラムスはSteve Gaddさんリスペクトのイントゥルメンタルです。自分はこの曲好き。
05 Running Away (feat. Joey Dosik, David T. Walker & James Gadson)
 ボーカルのJoey Dosikさんの曲。この曲もMVが公開されてます。ムッチャおしゃれなAORです。ギターのDavid T. Walkerさんのオブリガードもカッコいいし、ドラムスのJames Gadsonさんのファンキーなドラミングもカッコいい。この曲、5年前にはYOUTUBEにアップされてたのね。この動画では、Bass弾いてるのJoeさんじゃなくてTheoさんだ...。
06 Hero Town (feat. Michael Bland)
 この曲もMVがアップされてます。この曲も70年代のAORかフュージョンですな。ファンキーなドラムスは、Princeで有名なMichael Blandさん...カッコいい。
07 Business Casual (feat. Coco O.)
 この曲も可愛いな~。Coco O.さんのボーカルが可愛さに拍車かけてる。ムッチャPOP...日本で言うとYMO結成前の細野晴臣さんの感じかな。
08 Vulf Pack
 バンドと同じ曲。やっぱり、70年代のクロスオーバー風、サディスティック・ミカ・バンドがやっててもおかしく無い感じかな。
09 Grandma (feat. Antwaun Stanley, David T. Walker & James Gadson)
 ということで、きっとテーマは70年代だ...このAOR感もりもりの曲は当時の音が好きな人にはたまらない感じ。どっかで聴いたことがあるような、懐かしい感じがするバラードです。
10 Captain Hook (feat. Baby Theo, Bootsy Collins & Mushy Kay)
 ベース、Bootsy Collinsさんなの?ファンキーなのに軽い...可愛い曲。

 前作より、軽くって可愛い感じの曲が多いかな。リラックスしたいときにいいですね、絶対、お勧めです。

HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA2017/11/09 07:06

 ハローウィンが近づく先月中旬、ZAPPAさんの公式twitterで、1977年のNYのハローウィンコンサートのCDが発売されるってツィートがあった。てことで、ZAPPAさんの公式ページを確認したら、3枚組みのCDと、おまけ付きで、6ステージ分を丸々収録したUSBメモリが発売されるってNEWSが掲載されてた。
 
 で、CDにするかUSBメモリにするか迷ったんだけど、おまけ付きのUSBメモリをAmazonで注文しました。6ステージ、158曲(正しくは、スタート前の感曲の声だったり、アンコールも曲目に入ってるので、正しくは140曲かな?)分のWAVオーディオが収録されてます。お値段は¥12,371でした。 
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 カートンを開けたら...入ってましたよ...BOXセット。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 パッケージはこんな感じ。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 裏面には6ステージ分の曲名がびっしり。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 側面には、ZAPPAさんのアメコミ風イラスト。「私は下品で悪くて、あなたも知ってるように女々しいやつです!」(これであってっかな?)ってコメント、なんでしょうねぇ。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 「1977年のニューヨークのパラディアムでの6つのショーのすべてを収録した24bitのWAVオーディオ、この偉大なコレクションを、このコンサートの40周年を記念して、The Vautからあなたにお届けします。ハッピーハロウィーン!!」って感じかな。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 おまけは、こんな感じで入ってました。ちょっと、上げ底かも...。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 ハロウィーン用のコスプレグッズ?変装グッズ?のお面とビニールのコスチューム?のセット。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 ビニールのコスチュームは、上半身裸のZAPPAさんのイラスト。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 映画「BABY SNAKES」を見れば、なぜこれなのかが分かります。1977年のハロウィーンコンサートといえば、映画「BABY SNAKES」の収録をしたコンサートですもんね。そういう訳で、このときのバンドメンバーは、 Terry Bozzioさんがdrums、キーボードはTommy MarsさんとPeter Wolfさん、ギターとボーカルでAdrian Belewさん、パーカッションのEd Mannさん、そして、ベースはPatrick O’Hearnさんに、ZAPPAさんの総勢7人。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 USBメモリのパッケージ。1.5cm角長さ10cm弱の紙箱。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 USBメモリはキャンディのパッケージみたいな形をしてます。
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 裏面には、ZAPPAレコードのロゴと「110」枚目の印字。WAVオーディオなので、全部で13.9GBのサイズ。MP3に変換してサイズダウンしてスマホにコピーしました...全部聴くのに何日かかるだろう?
HALLOWEEN 77 / FRANK ZAPPA
 ということで、収録曲目は以下。
10-28-77 Show 1
1.  10-28-77 Show 1 Start/Introductions  3:28
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  13:05
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:37
5.  City Of Tiny Lites  6:04
6.  Pound For A Brown  8:05
7.  Bobby Brown Goes Down  4:33
8.  Conehead (Instrumental)  9:19
9.  Flakes  4:03
10. Big Leg Emma  1:47
11. Envelopes  2:29
12. Terry’s Solo #1  4:42
13. Disco Boy  3:53
14. Lather  3:36
15. Wild Love  24:05
16. Titties N Beer  7:16
17. Audience Participation #1  :48
18. The Black Page #2  3:02
19. Jones Crusher  2:48
20. Broken Hearts Are For Assholes  3:52
21. Punky’s Whips  9:43
22. Encore Audience #1  1:21
23. Dinah-Moe Humm  4:55
24. Camarillo Brillo  3:35
25. Muffin Man  4:36
 
10-28-77 Show 2
1.  10-28-77 Show 2 Start/Introductions  3:13
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  12:33
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:37
5.  City Of Tiny Lites  8:00
6.  Pound For A Brown  9:19
7.  Bobby Brown Goes Down  5:36
8.  Conehead (Instrumental)  9:18
9.  Flakes  4:10
10. Big Leg Emma  1:48
11. Envelopes  2:33
12. Terry’s Solo #2  4:17
13. Disco Boy  3:54
14. Lather  3:42
15. Wild Love  26:01
16. Titties N Beer  7:50
17. Audience Participation #2  2:37
18. The Black Page #2  3:14
19. Jones Crusher  2:58
20. Broken Hearts Are For Assholes  3:54
21. Punky’s Whips  9:51
22. Encore Audience #2  2:13
23. Dinah-Moe Humm  4:01
24. Camarillo Brillo  3:36
25. Muffin Man  6:20
 
10-29-77 Show 1
1.  10-29-77 Show 1 Start/Introductions  4:06
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  12:59
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:34
5.  City Of Tiny Lites  7:15
6.  Pound For A Brown  8:26
7.  Bobby Brown Goes Down  6:06
8.  Conehead (Instrumental)  5:50
9.  Flakes  3:53
10. Big Leg Emma  1:52
11. Envelopes  2:42
12. Terry’s Solo #3  3:51
13. Disco Boy  3:57
14. Lather  3:40
15. Wild Love  22:51
16. Titties N Beer  6:01
17. Audience Participation #3  2:42
18. The Black Page #2  3:05
19. Jones Crusher  2:53
20. Broken Hearts Are For Assholes  3:50
21. Punky’s Whips  9:18
22. Encore Audience #3  1:46
23. Dinah-Moe Humm  5:12
24. Camarillo Brillo  3:29
25. Muffin Man  5:09
 
10-29-77 Show 2
1.  10-29-77 Show 2 Start/Introductions  4:21
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  11:30
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:36
5.  City Of Tiny Lites  7:01
6.  Pound For A Brown  9:05
7.  Bobby Brown Goes Down  9:12
8.  Conehead (Instrumental)  6:29
9.  Flakes  3:28
10. Big Leg Emma  1:49
11. Envelopes  2:52
12. Terry’s Solo #4  4:07
13. Disco Boy  3:54
14. Lather  3:56
15. Wild Love  27:33
16. Titties N Beer  8:12
17. Audience Participation #4  5:02
18. The Black Page #2  2:57
19. Jones Crusher  2:49
20. Broken Hearts Are For Assholes  3:48
21. Punky’s Whips  9:36
22. Encore Audience #4  2:23
23. Dinah-Moe Humm  6:19
24. Camarillo Brillo  3:30
25. Muffin Man  6:02
 
10-30-77 Show
1.  10-30-77 Show Start  1:40
2.  Stink-Foot  7:45
3.  The Poodle Lecture  5:10
4.  Dirty Love  2:32
5.  Peaches En Regalia  2:40
6.  The Torture Never Stops  12:53
7.  Tryin’ To Grow A Chin  3:32
8.  City Of Tiny Lites  7:36
9.  Pound For A Brown  10:03
10. I Have Been In You  8:35
11. Dancin’ Fool (World Premiere)  4:50
 初披露のようです。
12. Jewish Princess (Prototype)  4:41
 これはプロトタイプってことですね
13. King Kong  8:45
14. Terry’s Solo #5  5:07
15. Disco Boy  4:01
16. Envelopes  2:19
17. A Halloween Treat with Thomas Nordegg  6:17
18. Lather  3:47
19. Wild Love  25:19
20. Titties N Beer  7:01
21. Audience Participation #5  8:28
22. The Black Page #2  2:59
23. Jones Crusher  2:53
24. Broken Hearts Are For Assholes  3:52
25. Punky’s Whips  12:36
26. Encore Rap  1:11
27. Dinah-Moe Humm  6:06
28. Camarillo Brillo  3:27
29. Muffin Man  5:18
30. San Ber’dino  6:20
 
10-31-77 Show
1.  Halloween 1977 Show Start/Introductions  3:11
2.  Peaches En Regalia  2:42
3.  The Torture Never Stops  13:54
4.  Tryin’ To Grow A Chin  3:35
5.  City Of Tiny Lites 8:17
6.  Pound For A Brown  13:40
7.  The Demise Of The Imported Rubber Goods Mask  8:33
8.  Bobby Brown Goes Down  3:49
9.  Conehead (Instrumental)  8:21
10. Flakes  3:04
11. Big Leg Emma  1:58
12. Envelopes  2:25
13. Terry’s Halloween Solo  4:38
14. Disco Boy  3:55
15. Lather  3:58
16. Wild Love  30:11
17. Titties ’N’ Beer  7:24
18. Halloween Audience Participation  7:04
19. The Black Page #2  2:55
20. Jones Crusher  2:58
21. Broken Hearts Are For Assholes  3:52
22. Punky’s Whips  11:23
23. Halloween Encore Audience I  2:07
24. Dinah-Moe Humm  6:41
25. Camarillo Brillo  3:24
26. Muffin Man  5:21
27. San Ber’dino  5:01
28. Black Napkins  9:19

 約15時間弱、聴きごたえありますな...。

Arch Echo2017/11/05 07:05

 YOUTUBEで見つけた。

 今年の1月にデビュー?したアメリカのバンド。バンド名はArch Echo、ジャンルはプログレッシブ・メタルなんだと、ん~、最近このジャンルの音楽に出会うことが多いなぁ...。
 ということで、BANDCAMPで今年の5月にリリースされた彼らのアルバムを早速、ダウンロードしました。
Arch Echo
 ググったら、キーボードのJoey Izzoさんがバンドを作ったみたいですね、で、曲は彼とベースのJoe Calderoneさんが書いているようです。で、このお2人、Tangent Music LLCという音楽事務所を運営してるそうです。ちなみにベースのJoeさんはバークレー音楽大学の卒業生なんですね。
 ギターのAdam Rafowitzさんは、バークレー音楽大学に在籍中にギターコンテストで優勝している猛者なんだそうな。確かに、弾きまくってます。もう一人のギターのAdam Bentleyさんはエンジニアでもあるそうで、ミキシングの腕も凄いらしいです。ドラマーのRichie MartinezさんはInstagramのフォロワーが40万人いて、セッションドラマーでもあるそうです。

 プログレッシブ・メタルって分類だけど、音がクリアーでメロディアス...ん~、どこがメタルなんかな?中国のVON CITIZENと曲調は似てるけど、音の作り方がちょっと違うよね...キーボードがいるってのもあるのかもね。メタルっていうか、ハード・フュージョンだね。

収録曲は以下の8曲
01 Earthshine
 渡辺香津美さんのエレクトリックトリオみたいな楽曲、音作りも演奏も似てる。きっと、聞いたことあるんじゃないかと思う...。
02 Afterburger
 ピアノのアルペジオからハードなリフへ、そんでもって超絶技法の応酬って感じ難しいユニゾンとか決めてたり、なんでしょうな...。曲調がころころ変わるところがプログレッシブロックぽくて、音がヘヴィだからプログレ・メタルなん?確かにエンディングのリフはメタルっぽい。
03 Hip Dipper
 この曲は、自分のイメージではRUSHかな。そういえば、Joe Satrianiさんっぽいとこもあるな...。ロックの人がフュージョンやるとこんな感じになるんだろうなぁ。エンディングがカッコいい。
04 Color Wheel
 これは、おしゃれなイントロですよん。ギターのリフはヘヴィだけど、ギターのメロディやキーボードはおしゃれだしフュージョンぽいっていうかPOPだよね。これ、日本人好きなやつじゃないかなぁ。
05 Bloom
 これも、おしゃれな曲だね、これも、日本人好きなやつだ。ベースソロの感じ、香津美さんの曲みたいだ...。
06 Spark
 疾走感のあるユニゾンフレーズがカッコいい曲。2分過ぎくらいからの感じがSteve Vaiさんみたいだな。
07 My Head Sometimes
 音作りに凝った曲。イントロから、これまでの曲と明らかに作りこみ具合が違う。メランコリックな感じになったかと思ったら奈落に突き落とすかのようなハードなリフの応酬...この曲は確かにプログレしてる。
08 My Heart Sometimes
 ラストを飾るにふさわしい壮大な曲。YOUTUBEでJoeyさんも「definitely favorite song」って言ってた。3分過ぎからのピアノがカッコいい。

 で、音はカッコいいし、テクニックも凄い...でも...アルバム収録曲の「Color Wheel」のPVがYOUTUBEにアップされてるんだけど、演奏している姿がなんかカッコ悪い...ムッチャ、残念。
 
 でも、来日したら観にいきたいな。

 あぁ...そういえば、Space Circusも同じ匂いのするバンドだ...ハードフュージョンってやつね。

中国のプログレッシブメタル2017/11/03 07:02

 「中国のプログレッシブメタル」って文字にするとなんかダサい...。でも、彼らのFacebookの紹介に”We are a Progressive Metal band from Guangzhou,China.”って書いてあったんだもん...。

 ichikaさん繋がりでみつけた中国のバンド「Von Citizen」。先月BANDCAMPでリリースされた彼らの新曲「Sanctuary(feat. ichika)」をダウンロードした。カッコいいっす、基本メタルなんだけど、メロディも綺麗だし、ギターの音色がね、透き通っているというか好きな感じ。で、後半2分過ぎにichikaさんのソロが入るんだけど、いつものトーンでそれがばっちりはまってる。
 彼ら、YOUTUBEを見る限り、Guitar×2、Bass、Drumsの4人編成、テクニックも素晴らしい。
 気に入ったので、昨年リリースした「Iris」って曲もダウンロードしちゃった。
中国のプログレッシブメタル
 まだまだ、いるんだね~、こういうカッコよくて素敵な音を紡ぎだす若者たちが...フルアルバムをリリースするってことなので期待して待ってます。

 ということで、このバンド応援したいので、リンクを貼っておくので是非、聴いてみてくださいな。

 そういえば、先日、ichikaさんが東京でLIVEをやったんだけど仕事でいけなかった。このバンドもそうだけどLIVEで演奏見てみたい...。