ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY2018/12/11 07:27

 やっと、観られた...。

 先日、サウンドトラックを買った「ボヘミアン・ラプソディ」、大ヒットしてるそうで...レイトショーで観たんだけどお客さんいっぱいだった。
ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY
 自分の最初のクイーン体験は「キラー・クイーン」。当時、ビートルズが好きで、ポール・マッカートニー&ウイングスの「ジェット」や「バンド・オン・ザ・ラン」が流行っててロックってカッコいいじゃんって思ってたら、なんか不思議なコーラスと独特の音色のギターがカッコいい曲がラジオ(当時はラジオなんだよね。「電リク」なんて言ってわかるかなぁ...)から流れてきて、それが「キラー・クイーン」だった、なんか衝撃的だったね。で、その次が、この映画のタイトルになってる「ボヘミア・ラプソディ」この曲はもっと衝撃的だった。曲も長いし、バラードからロックになって、オペラ出て来て最後はまたロック、で本当の最後の最後はまたバラードって構成。映画でもエピソードになってたけど、ラジオで最後まで聞けることってほとんどなかったな。中学の頃、ホント、人気あったよなぁ、特に女の子にね、でも曲もカッコ良かったのよ。
 この映画、フレディさんにフォーカスが当たってるけど、やっぱバンドの映画だね、ブライアンさん、ロジャーさん、ジョンさん、この三人がいて成り立ってると思う。確かにフレディさんの人生は面白いと思うけどね、彼らがいたからクイーンってバンドが成り立ってたんだと思うし、フレディさんもパフォーマーとして光ってたんだと思う。しかも役者さんたちよく似てるんだ...ジョンさんなんて、ヘアスタイルの変遷も完璧だったし、一番似てたんじゃないかなぁ。
ボヘミアン・ラプソディ / BOHEMIAN RHAPSODY
 青春時代にリアルタイムで聴いてきたアーティストの話だったから面白かったし、感動した。そういえば、ライブ・エイドもリアルタイムで見てたもんなぁ。

 評判通りの映画だった、また観てもいいな...そういえば、音の良い映画館あるはずだよね、次、観るんだったらそこだな。

忘れてた、ストーリーに全然関係ないけど、ブライアンさんのペンギン見たかったな...。

THE MOST HATED / Polyphia2018/12/05 06:03

 先日のLIVEで聴いた曲を聴きたくて以前のアルバムを順に入手することに。

 まずは、昨年の春にリリースされたミニアルバムのTHE MOST HATEDから。最新作に繋がる感じだけど、やっぱり新作の方が出来上がってるね(あたりまえか)。
 テクニカルで技がバシバシだけど、メロディアスなんだよね、日本で受けそうだよなぁ。
THE MOST HATED / Polyphia
 収録曲は以下の7曲。
01 LOUD
 綺麗なメロディで始まる曲、ヘビーなバラードだな。ドラムのタムと、ためのあるリフがカッコいい。Polyphiaってリズム隊も結構良いよなって思わせる曲。ギターはもちろん頭から歌ってる。
02 ICRONIC
 テクニカルなリフで始まって、ヘビーなリズムにメロディを乗っけてる。ハードな部分とソフトな部分の対比がカッコいいぞ。
03 GOOSE
 この曲も複雑なアルペジオで始まって、徐々に盛り上がてく。曲の構成自体はICRONICに通じるかも。
04 40oz
 この曲もテクニカルなリフで始まる曲、ちょっと打ち込み系の音とメロディ、それにしても、この複雑な曲をLIVEでやるんだからね、スゲーや。
05 CROSTY
 綺麗なコードのメロディで始まる曲、こういうのZAPPA師匠もよくやってたよね、この曲も打ち込み系だね。それにしてもPOPだな。
06 THE WORST
 幻想的なイントロで始まる曲、こも曲のアルペジオも複雑。スローバラードだよね、これ。後半の激しく盛り上がるとこがカッコいい。
07 INFERNO
 スピードのある曲、ストレートなメタルって感じかな。ドラムスのベードラのパターンや途中のディストーションのかかったギターのリフがDjentしてる。児のあるばむで唯一のDjentの曲かも。

 ということで、先日のLIVEのセットリスト貼っとく。
  01 intro - G.O.A.T (New Levels New Devils)
  02 OD (New Levels New Devils)
  03 Champagne (Muse)
  04 James Franco (Muse)
  05 Icronic (THE MOST HATED)
  06 Goose (THE MOST HATED)
  07 40oz (THE MOST HATED)
  08 Saucy (New Levels New Devils)
  09 Yas - trap filler (New Levels New Devils)
  10 LIT (retake Lights from Renaissance)
  11 Crush (Renaissance)
  12 LOUD (THE MOST HATED)
  13 Finale (Muse)
 Encore
  14 euphoria (Renaissance)
 やっぱ、RenaissanceMuseも買うかな。

カワイかった、カッコ良かった2018/11/26 07:04

 行くかどうか迷ったけど、行ってよかった、渋谷のTSUTAYA O-EAST。

 この日は、ギターインストバンドのCOVETPOLYPHIAの来日コンサート。
カワイかった、カッコ良かった
 いや~、COVET、カッコカワイかったよ。ギターのYvetteさん、タッピングを駆使した難解な曲を楽しそうに弾く姿が可愛かった。
カワイかった、カッコ良かった
 音がいまひとつクリアじゃなかったのが残念だったな...。それにしても、チームとしていい感じでした。MCが無く、曲がほぼノンストップだったので、Yvetteさんがギターを持ち変えたり、チューニングする間は、ベースのDavidさんとドラムスのForrestさんでで繋いでいっていたところ、チームワークが垣間見れて良かったですよ。
カワイかった、カッコ良かった
 時間が30分と短かったので、ちょっと、不完全燃焼な感じだったなぁ。また、来日したら見たいな。
 観客と何度も記念写真を撮ってたのもカワイかったですね~。あっ、そうそうベースのDavidさんのスカル(骸骨)全身タイツも良かったぞ。
カワイかった、カッコ良かった
 そして、この日のメインはPOLYPHIA。目の前の客がツアーTシャツ着てたのでちょっと、隠し撮り。帰りに買おうと思ったらXL売り切れてた...残念。
カワイかった、カッコ良かった
 POLYPHIAはのっけから盛り上げてましたね~。ベースのClayさんが観客を煽る煽る。FU○K YOU!やらFU○KIN'の連発、さらには「アリF○CKIN'ガトウ」だもんあぁ...でも。COVETは、みんなおとなしく聞いてるって感じだったけど、POLYPHIAのときは、このClayさんの煽りもあってか、盛り上がったなぁ。このあたり、ステージ慣れしてる感じがしたね。
カワイかった、カッコ良かった
 それにしても、暴れまくるリズム隊と対照的な2人のギタリスト、TimmothyさんとScottさん。二人の超絶・高速オクターブユニゾン凄すぎる。ものすごいスピードで複雑なフレーズを決めまくるのムッチャかっこよかった。
カワイかった、カッコ良かった
 もちろん、アルバムを聞いていたので、それ自体はそれほど驚かなかったんだけど、ライブでここまで完璧に決められると、開いた口がふさがらないって感じ。しかも、テクニカルなだけじゃなくて、メロディアスだし、POPなんだよね。しかも、また、楽しそうに弾いてるんだわ。
 ユニゾンだけじゃなくて、ソロも、カッコいいんだよね。テクニカルなTimmothyさんと、エモーショナルな感じのソロを弾くScottさん、ユニゾンでは息ピッタリなんだけど、ソロはそれぞれ個性があってそれも良かったなぁ。
カワイかった、カッコ良かった
 最後は、観客の上にダイブ!真ん中にいるのがベースのClayさん、右の方にTimmothyさんがいるんだけど分かるかなぁ。
カワイかった、カッコ良かった
 アンコール前には、この日オープニングアクトを務めたichikaさんもステージに。Timmothyさんの誕生日ということで、特製バースデーケーキと、ichikaさんの歌うハッピーバースデーでお祝い。ichikaさん、Clayさんに無理やり歌わされてたwww。
カワイかった、カッコ良かった
 Clayさんichikaさんのこと「大好き!」って言って肩に担いでた。ichikaさんもノリノリだったな。
カワイかった、カッコ良かった
 ということで、楽しい時間を過せました。また見たい、すぐ観たい。
カワイかった、カッコ良かった
 今年、見たLIVEで一番だったな~。

 また、来日したら絶対見に行く!あと、アルバムも買う。

 ところで、ichikaさんのオープニングアクトに間に合わなくて、最後の曲の終わりしか聴けなかった...聴けたの少しだけだったけど、ワンマンのときより音も演奏も格段に良かったような気がする...ichikaさんのワンマンもまたやらないかなぁ。

 そういえば、FES Watchにアルバムのアートを仕込んだのに、持って行くの忘れた...。
カワイかった、カッコ良かった
 残念。

水曜日だから...「ガラパゴス」2018/11/10 07:04

 今週の水曜日、新木場のSTUDIO COASTに行って来た。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 水曜日といえば「水曜日のカンパネラ」、昨年のSTUDIO COAST以来だから15ヶ月ぶりだね。今回は、7月に発売されたCD「ガラパゴス」のタイトルを冠にしたツアー。この日は10月12日の香港から始まって、台北→広州→北京→上海→杭州と6ヶ所を回ったアジアツアーに続く、日本ツアーの初日。この後、札幌→大阪→沖縄と続きます、そんでもって、今年のライブは終了。来年はイギリスのCHVRCHESの来日公演のゲスト出演からスタート。
 ということで、どんなステージを見せてくれるのか楽しみ。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 チケットの整理番号A76、開場時間に間に合えば、もっと前のほうで観れたんだけどね...でも、舞台正面のミキサーブースの前のスペースを確保。ここだと、背の高い自分も、後ろに気を使わなくても観られるし、疲れたら寄りかかれるのでいいんだよね。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 開幕時間を少し過ぎたところで照明が暗転。サウンドスケープが鳴る中、下手からコムアイさん登場。ここから、スタンドマイクの前で約30分、新しい曲、以前の曲を織り交ぜてノンストップで披露。特に以前の曲のアレンジが大胆で、ビートが効いてていい感じ。しかも、ミキサーブース前なので音が無茶苦茶いい、コムアイさんの声も綺麗に聞こえました。
 MCをはさんで、2日にリリースされた新曲、Yahyelとの共作の「生きろ。」を披露。ゲストボーカルとしてYahyelのボーカルの池貝さんが登場。Yahyelといえば、METAFIVEのLIVEのオープニングアクト以来の2度目。この日は、ボーカルの池貝さんだけだったけど、雰囲気あってカッコよかったな。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 この日のステージのコムアイさんは割りと「静」な感じ、ケンモチさんの音はノリノリだったんだけどね。メロスもドラムとベースバリバリだったし、桃太郎なんてビートが効きすぎててまるで違う曲のようでした。後半、観客の上に赤いシートがかけられてからいつものコムアイさんのパフォーマンスが...。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 最初は、ウランちゃんで観客を盛り上げて、次に脚立の上で「愛しいものたちへ」をしっとりと聴かせくれました。観客がスマホで写真やビデオを撮ってるのがカンパネラっぽくていいですな、かくいう自分もたくさん写真撮ったもんね。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 赤いシートがはずされると、脚立のてっぺんで一休さんを披露。とっても楽しそうな顔して歌ってたのが印象的だった。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 ちょっと、大人になったコムアイさん。ハチャメチャなところがちょっと押さえられた感があるけど、歌、上手くなったんじゃないかな。そんなコムアイさんのよさを引き出してたのが、ケンモチさんの音源だったとライブの途中で気がついた。以前の曲の大胆なアレンジや、ノンストップのメドレーも、今のコムアイさんの良さを100%表現するためにあったんだね。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 てことで、終演後、自ら「終演の挨拶」をするケンモチさん。たくさんの観客から声を掛けられて照れてたし、うれしそうでしたね。コムアイさんのパフォーマンスを見ながら、微笑んでいたのが印象的でした。水曜日のカンパネラって、当然だけど、コムアイさんだけじゃないんだよね。
 ところで、終演の時にかかってた曲、ブルース・リー主演の「ドラゴン怒りの鉄拳」の主題歌「Fist of Fury」のジャズアレンジだった。この曲、ムッチャかっこよかった。この選曲、憎すぎる...でも、観客の内、何人が「ドラゴン怒りの鉄拳」って分かったかなぁ。今の若い子は絶対知らないよねwww。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 目の前をコムアイさんが通って行ったんだけど、ビデオの切り替えが上手くいか無くて、正面の顔を逃しちゃった。コムアイさん可愛かったよ~。 
水曜日だから...「ガラパゴス」
 ということで、実のこというと、今回で最後にしようと思ってたんだけど、次のワンマンも行きたくなった。常に進化し続けててカッコいい。目が離せないって感じかなぁ。

 この上で踊って歌うんだよ、そんなパワーもコムアイさんのいいところだよね。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 来場記念のおまけはキラキラシールでした。
水曜日だから...「ガラパゴス」
 それにしても観客、老若男女(赤ちゃんまでいた...自分は、老の方だな)だったし、おしゃれな若い子たくさんだったし、人種(白人系の外国の方が以前より増えたような気がする)も様々で、幅広いファン層に改めて驚いた。

 次も期待だね~。

 一応、セットリスト貼っとこっと。
 01. OPENING サウンドスケープだね...
 02. キイロのうた
 03. かぐや姫
 04. チュパカブラ
 05. ライト兄弟
 06. ゴッホ
 07. マチルダ
 08. 見ざる聞かざる言わざる
 09. 南方熊楠
 10. 生きろ。
 11. シャクシャイン
 12. 桃太郎
 13. メロス
 14. ピカソ
 15. BayJuke(INST)
 16. ウランちゃん
 17. 愛しいものたちへ
 18. 一休さん
 19. マルコ・ポーロ

New Levels New Devils / Polyphia2018/11/08 07:09

 最近お気に入りのichikaさん繋がりでたどり着いた。前から気にはなってたんだけど、ichikaさんが背中押してくれた。ギターわらしべ長者継続中って感じだね。Polyphiaさん、日本だとソニーさんからCD出てるから、メジャーなんやね。
 自分は、もっとゴリゴリな感じなんだと思ってたら、頭からリズムはポリリズムだったりしてるけど、音はクリーンだし、ちょっとフューチャーベースを感じさせるところもあって、自分にはとってもPOPに感じた。
 楽器も超絶上手いし、男前だし、なんなんだろうなぁ悔しいなぁ。
 ただ、このアルバム聴く価値ありだね。
New Levels New Devils / Polyphia
01 Nasty feat. Jason Richardson
 昨年の来日時にサポートバンドとして登場したのが、Jason Richardsonさん。YOUTUBEで探したら、むちゃくちゃ早弾きでしたな。スローなカッティングで始まって、徐々に盛り上がっていく曲。曲を通して、ギターのカッティングがカッコいい。
02 O.D.
 一転、ポリリズムの応酬の曲だけど明るい、むちゃくちゃ複雑なことやってるのにおしゃれでPOPな曲。日本だと高中さんの流れかな。プログレッぽい曲構成もカッコいい。
03 Death Note feat. Ichika
 頭から流れてくるのは、間違いなくichikaさんの音、距離を越えてこういうコラボができるのって、今の人たち羨ましいな。変拍子の曲だけどPOPだよ、曲の真ん中のichikaさんのソロも良い感じ。それぞれの良さがでてて上手く融合してるよね。
04 Bad
 4ピースの音の塊がカッコいい。自分はこの曲のドラム好きだな。アンサンブルの中に微妙な空間があるところが好き。
05 Drown feat. Mateus Asato
 日系ブラジル人の人気ギタリストMateus Asatoさんをフューチャーした曲。スローなバラードで、2分過ぎからのギターソロがカッコいい。Asatoさん、インスタのフォロワーが69万ってスゲー、ちなみに、早速フォローした。
06 Saucy
 ロックフュージョンだね。ベースのスラップがカッコいい。日本人は好きな曲だと思う。
07 Yas feat. Mario Camarena and Erick Hansel
 フューチャーベースだな...ハードだけどPOPでカワイイ。こちらもギターインストバンドのCHONの2人のギタリストがゲスト参加してる。
08 So Strange feat. Cuco
 この曲が一番POPかも、ボーカルは若干19才のCucoさん。初期の高中さんの曲のイメージ、ちょっと、ラテンっぽい感じもあるもんね。Cucoさんの曲も探して聞いてみようっと。
09 Rich Kids feat. Yvette Young
 今月の来日公演でオープニングアクトを務めるCOVETのギタリストYvette Youngさん参加の曲。ちょと、不思議なギターのリフで始まる曲、トリッキーなフレーズがてんこ盛り。
10 G.O.A.T.
 スローでヘビーなリズム隊の上でギターが縦横無尽に好き勝手に超絶リフを重ねてる曲。ベースのスラップが良い感じ。

 来日公演観に行きたいな~、でも、別の予定入ってるんだよね...。ところで、今回、iTunesで買ったんだけど、iTunesだと1800円で、Amazonだと1600円だった。
 この差は何?