第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝2018/01/15 07:05

 秩父宮に行ってきた。ん~、2年連続、負けちゃいました...。

 今季の日本選手権は、トップリーグの順位決定戦を兼ねています。ということで、第1試合は3位決定戦、トヨタ自動車ヴェルブリッツとヤマハ発動機ジュビロの試合、第2試合は決勝戦、サントリーサンゴリアスとパナソニックワイルドナイツの試合。先週の試合から、1試合目はトヨタ、2試合目は接戦だけど、パナソニック応援してるからね、パナソニックの勝ち...って思ってたんだけどなぁ。

 前半4分にマレ・サウ選手の反則を誘うまでの攻撃は良かったんだよなぁ...。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 キックオフからこの4分までのトヨタの攻撃はテンポもスピードもあって、この日の試合は面白くなりそうだって思ったんですけどね...。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 トヨタは、この後のヤマハが1人少ない有利な状況を得点に生かすことができませんでした。先週の勢いだったら、ここで得点を取れてたはずなんですけどね...まるで、違うチームのようでした。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 一方、ヤマハは、先週のサントリー戦とは打って変わって動きも良かったですね、特に前に出る意識が高くて、タックルも良かったです。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 五郎丸選手もキックで活躍してましたし、最後の砦としていいディフェンスしてましたね。タックルも良かったですよ。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 前半トヨタはペナルティーゴールの3点のみ、一方、ヤマハは3トライで、コンバージョンもすべて決めて21点で折り返し。この時点でほぼこの試合決まっちゃってました。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 後半立ち上がりで、トヨタが切り替えてこれると思ったんですけどね...ダメでしたね。後半もトヨタは防戦一方でした。後半4分にマレ・サウ選手がトライを取ったあと、試合終了4分前にトヨタがトライを獲るまで得点は動かなかったんだけど、トヨタが反撃できるようには思えませんでした。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 ラインアウトは安定せず、スクラムもヤマハの強力フォワードに押されちゃって全然ダメでしたね。後半は何度も攻めていたんだけど、最後の最後でヤマハの壁に阻まれ、ゴールラインを割ったのは、上にも書いたように終了間際の4分前。後半、トヨタは声が出てなくて、選手間の連携もいまひとつでした。とにかく、フォワードが負けてたので、元気がなくなっちゃってました。
 一方、フォワード戦で有利に立っていたヤマハはノリノリでした。後半中盤に見せた日野選手の独走なんてホント良かったですもんね。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 28対10 得点差以上にヤマハの圧勝でした。

 この日の勢いだったらリーグ戦でももう少し良い成績を残せたんじゃないかなぁ。そういえば、この試合、大田尾選手の引退試合となりました。引退試合勝利でよかったですね、自分の「大田尾、お疲れ!」の声に反応して手を振ってくれました。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 昨季の8位からここまでよく調子を取り戻したと思います。やっぱりトヨタは強くなくちゃね。ルーキーのキャプテン、姫野選手も良くやったと思います。来季は、順位を上げて欲しいチームです。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝

 いや~、この2チームはやっぱり格が違います。オフェンス、ディフェンスともにスキルが高くて、かつ、そのスピード、速すぎです。80分があっという間でした。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 ロースコアのゲームって、つまらない試合が多いのですが、この試合はピリピリするぐらい緊張感のあるゲームでした。実際、いつも撮っている写真も枚数が少なかったですし、気がつくと自分も息をしていない瞬間が何度もありました。固唾を呑むってこのことって思うほど緊迫した試合でした。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 たらればですが、パナソニックは、前半10分で攻撃の要のバーンズ選手を怪我で欠き、守備の要のポーコック選手も執拗にマークされ、いつものプレーを十分にみせることがないまま前半で交代...と、要の選手がもっと機能していれば、試合の結果も変わっていたかもしれません。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 まぁ、パナソニックはいつものようなプレーをさせてもらえなかったってことなんですけどね。 
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 それほどまでに、サントリーの方がこの日の試合は動きが良かったですね。タックルは一人目が確実に止めていて、かつポイントでも体を張ってパナソニックの球出しを遅らせたり、ボールを取り返してました。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 リーグ戦のときと明らかに違い、この1戦にかける、この1戦に勝利するという意識が随所に感じられました。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 パナソニックの攻撃も決して悪くなかったんですけどね。サントリーの圧に負けちゃってたって感じ。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 あと、パナソニックはディフェンスが良かったはずなんですけどね。一人目が確実に止めるってところが、この日は少なかったですね。あれ?、こんなにディフェンス雑だったっけ?って思うほど、サントリーが前に出れてました。
 12対8
 明らかに、サントリーの試合巧者ぶりが目立った試合でした。いつものパナソニックじゃなかったな...というかサントリーがイケイケだったってことなのかな?リーグ戦では勝ったんですけどね、まぁ、その試合もどっちが勝ってもおかしくなかったですけどね。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 バーンズ選手が完璧だったらもっと違ってたかなぁ?松島選手目立ってたけど、福岡選手も、山田選手も、藤田選手も今ひとつ目立ってなかったもんなぁ...点差以上の完敗でした。
 SOのバーンズ選手対ギタウ選手のワラビーズ同士のマッチアップは、バーンズ選手の怪我で勝負つかず、バックローのポーコック選手とマクマーン選手のマッチアップは、結果論だけど、マクマーン選手かな?いずれにしても、パナソニックの負けでした。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 悔しかったのか、山沢選手、泣きじゃくってましたね。大学の先輩の福岡選手がやさしくなぐさめてました。その悔しさをバネに、来季「バーンズがいなくても俺がいる」って気持ちで中心選手としてチームを引っ張って、リーグの頂上を狙って欲しいです。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 公式戦記録見たら、ペナルティはサントリーの方が多かったんだね...それ生かせなかったってことだよなぁ。ん~、2日たったけど、なんか悔しい...。

 さすが頂上決戦、いつものトップリーグの試合よりたくさんの観客でした。公式発表では2試合目の決勝戦は23,416人、今季、一番の観客数だったんじゃないかな?レギュラーシーズンもこのくらい集まると良いのになぁ...。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 ライガーくん。一所懸命、応援してたけどね。残念な結果でした。来季はがんばってね~。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 ラガマルくんもいました。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 決勝
 なんか、人気者だった...。

第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目2018/01/12 07:21

 録画しておいたラグビー日本選手権を見た。

 今年は、トップリーグの順位決定戦が選手権をかねるという変則的な形。ということで、1日目のこの日は、ホワイトカンファレンス1位のパナソニックワイルドナイツとレッドカンファレンス2位のトヨタ自動車ヴェルブリッツ、レッドカンファレンス1位のサントリーサンゴリアスとホワイトカンファレンス2位のヤマハ発動機ジュビロの試合が行われました。

 第一試合のパナソニックとトヨタ、やっぱりフォワード勝負になるんだね...。両チームともガツガツと体をぶつけてきますね、両チームとも、体の大きな外国人選手には上下にタックルに入って確実に止めてました。それにしても、パナソニックのポーコック選手、ワイクス選手ら外国人は仕事してますね。ポーコック選手の接点でのボールへの働きかけはすばらしい。ワイクスは機動力が凄すぎです。トヨタは、やっぱりフォワードのジェイソン・ジェンキンス選手かな、彼も献身的に体張ってましたね。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目
 バックスでは、パナソニックは、福岡選手がキレキレというか調子が良かったんじゃないかな?惜しいのは山沢選手、ここぞというときのランや判断は良いんだけどね、すべての得点に絡んでるのでいいちゃっいいんだけど...キックオフのボールが長すぎたり、ハイパントがタッチに出ちゃったりとミスがありました。バーンズ選手に比べるとちょっと見劣りしちゃうかな。トヨタは、SOのクロニエ選手、フルバックのアプロン選手を軸にボールを大きく動かしてパナソニックに揺さぶりをかけてました。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目
 それにしても、後半のトヨタのスクラム良かったですね。最初からこのスクラム組めてたら試合、少し変わったかも...。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目
 17対11、試合巧者はパナソニックってことですな。最後の時間のかけ方、明日の決勝を考えて無理しないって感じでした。

 第二試合は、ヤマハがどこまで調子を取り戻しているかに注目です。
 それにしても、サントリーは狭いスペースでよくボール動かしますね、そして、一人一人の前に出る圧力が凄い。捕まっても、簡単には倒れず足を掻き続ける意識が強いというか凄いです。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目
 ヤマハも1本獲られたあとにサントリー陣で勝負していたんですが、サントリーを崩すことはできず、逆にターンオーバーからボールを繋がれ松島選手にトライをされてしまいました。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目
 このときのサントリーの選手の反応、良かったですね。そして、その後にも一気に攻められて江見選手にトライを献上しちゃいました。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目
 ん~、サントリーの動きも良いんだけど、ヤマハの動きが悪すぎます。一人目が一発で止められなくて、あれだけゲインされてしまうといかんともしがたいですな。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目
 49対7
 サントリーは攻守ともに意思の統一が図れていて、ヤマハはいまひとつチームの意思疎通が図れてなかったって感じかな。
第55回日本ラグビーフットボール選手権大会 1日目
 明日の決勝はパナソニックとサントリー、3位決定戦はヤマハとトヨタ自動車、決勝は分からないなぁ...3位決定戦はヤマハが修正できてなかったらトヨタかな...。

先週の秩父宮2017/02/04 07:04

 先週、秩父宮で一緒に写真を撮ったパナソニックワイルドナイツの選手の皆さん。
 まずは、バックローの長谷川崚太選手、リーグ戦は15戦メンバーだったんですけどね...日本選手権はノンメンバーでした、怪我したんかな?それにしても男前でんな。
先週の秩父宮
 スクラムハーフの高城佑太選手、開幕戦のヤマハ戦でリザーブに入ってましたが、以降は、青いジャージに袖を通すことはありませんでしたね。田中選手、内田選手とのポジション争い大変だと思うけど、公式戦に出られるように頑張って欲しいですね。
先週の秩父宮
 フッカーの設樂哲也選手、坂手選手が試合に出る機会が増えたので、ノンメンバーでいることが多くなってしまいました。でも、まだまだ、走れるので頑張って欲しいですね。自分は、タラちゃん(設楽選手の愛称ですよ)の機動力好きですよ。
先週の秩父宮
 今年は、出番がありませんでした、韓国代表のバックロー劉永男選手。パナソニック、バックロー陣充実してるからな...ロックもできるプレイヤーなので、来季は公式戦で観たいですね。
先週の秩父宮
 試合中の山田選手。この日は、ボールを持っての華麗なランは、なかなか見ることができませんでした。不完全燃焼だったんじゃないかなぁ?
 SUNWOLVESのスコッドに入って無いけど、このあとはどうするのかなぁ?
先週の秩父宮
 本当に悔しそうでした。ジャッカルで何度か反則取られちゃったので、ペースをつかめなかったんじゃないかなぁ?来季もパナソニックなので、もっと、暴れて欲しいし、日本人選手にその技術を伝授してもらいたいですね。
先週の秩父宮
 この前も書きましたが、松島選手は、本当に全身バネですね。今季は、SUNWOLVESに参加するので、引き続き、そのファンタジスタぶりが観られるのが楽しみです。
先週の秩父宮
 畠山選手はどうするのかなぁ?ひそかに、同期の五郎丸選手より人気あるんじゃないか?この日も登場したときに歓声上がってたもんね。この方もSUNWOLVESのスコッドに入って無いけどどうするのかなぁ?
先週の秩父宮
 ツイ選手とスミス選手。この2人の献身的な働きはすばらしいものがありました。そういえば、ツイ選手、1年目はパナソニックだったんだよね。ちなみに、ツイ選手とスミス選手、2人とも今季はスーパーラグビーのREDSと契約しました。スミス選手は2013年以来のスーパーラグビー復帰になります。来季もこの2人がサントリーにいるとなると磐石な感じですな。
先週の秩父宮
 今季、トップリーグ初参加でベスト15にも選ばれました、ジョー・ウィーラー選手。この日も献身的なプレーで活躍してました。試合後、本当にうれしそうでしたね。自分の隣にいた外国人が声を掛けたらそばによってきてくれました。スーパーラグビーはHighlanders出身、ということで、試合後、田中選手と笑顔で握手をしていたのが印象的でした。
先週の秩父宮
 そういえば、サントリーがトライ無しで優勝したのが大会史上初ってことなんですが、トライを取りに行かないのはどうしたものか?といった意見も聞こえて来ます。でも、あのディフェンスではお互いにトライを取るのは至難の技。そういった、ピリピリする、スリリングなゲームができるこの2チームはすごいと思うし、あの日の試合は、誰がなんと言おうと、日本一を決する最高の試合だったと思う。

  先週、青いものを身につけていくとパナソニックワイルドナイツグッズをもらえるってことで、もらってきたキーホルダー。もちろん、自分はジャージと同じデザインの応援Tシャツでもらいに行きましたよ。
先週の秩父宮
 負けちゃって、残念だったなぁ。来季は、頑張って欲しいなぁ。
先週の秩父宮
 東京都スポーツ推進大使のゆりーとくん、赤白のジャージとラグビーボール持ってました。
先週の秩父宮
 2019年はラグビーワールドカップ、2020年はオリンピックでセブンズがあるのでゆりーとくんにも引き続きラグビーを応援して欲しいよね。

 ということで、次に秩父宮に行くのは今月の25日、スーパーラグビーの開幕戦のSUNWOLVESとディフェンディングチャンピオンのHurricanes戦、今から楽しみです。

第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝2017/01/30 07:05

 秩父宮に行ってきた。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 もちろん、ラグビー日本選手権の決勝を観るため。ん~、たくさんの人だ、久しぶりに20,000人越え(20,196人)の観客で、空席がほとんど見られない状況でした。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 今年の決勝は、ディフェンディングチャンピオンのパナソニックワイルドナイツと今季のトップリーグチャンピオンのサントリーサンゴリアスの対戦。レギュラーシーズンでは、15対45とサントリーの圧勝でした。でも、パナソニックはそのときとは仕上がり具合が全然違います。一方、サントリーは先週、帝京大学とちょっと不甲斐ない試合をしてしまい、この日は先週みたいなわけにはいかないので、気合入ってるはずですよね。しかも、サントリーは2011年度以降、日本一からも遠ざかってますからね、面白いゲームになりそうです。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 序盤から激しい攻防。
 両チームとも何が凄いってディフェンスですね。とにかく、接点で、寝たままの選手が少ない。タックルしたらすぐ起きてディフェンスラインに戻るというリロードへの意識が徹底してる。そして、それ以外の局面でも「戻る」っていうことへの意識が高い。オフェンスがディフェンスを抜けても、2の矢、3の矢が刺さる、観ていて緊張感の走る凄い試合でした。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 トライが取れるとは思えないくらい、本当にディフェンスが凄かったです。前半は、ペナルティゴール1本ずつの3点で折り返し。よく考えると、豪華なメンバーの試合ですよ。下の写真もボールを追っている前の3人は、JAPANの福岡選手、真壁選手、松島選手、一番後ろが今年のトップリーグトライ王の中靍選手。こんな局面が随所に見られるんですからね。日本の現在のトップオブトッププレイヤーの対決、凄くないわけがありませんね。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 後半、パナソニックに反則が目立ってきました。接点での攻防が、ボディブローのように聞いてきたのか、少しずつ次のプレーに遅れが出てきたのかなぁ。きっと、われわれにはわからないほんのちょっとのズレなんだと思うんですけどね。
 15分までで、サントリーがペナルティーゴール2本分=6点のリード。ここまでの攻防を見ていると、トライが取れそうな局面はほとんどなかったので、このまま、サントリーリードで終わるのかと思いきや、その1分後、サントリーゴール前でのラックからキックした流選手のボールを、パナソニックのヒーナン選手がチャージしてそのままトライ。相手のプレーを良く研究した狙ったプレーでした。これで、パナソニックが逆転。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 何度も言うけど、両チームともディフェンスが凄くて、どう考えてもトライは難しい、そんな試合でした。案の定、その後の得点は、サントリーのペナルティーゴール2本のみ。残り15分で、パナソニックが1トライ差=5点を追いかける展開。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 パナソニックは、センターの林選手の鋭いランで、基点を作り早い球出しでサントリーゴール前に迫るのですが、なかなか、ゴールラインを割ることができません。一方のサントリーはフォワードの近場でラインブレイクしますが、トップリーグでトライを量産した、中靍選手、江見選手、スピードスターの両ウイングに、ボールが渡ることはほとんどありませんでした。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 それにしても、フォワードの接点での攻防は見ごたえありましたね。ともにオーストラリア代表の、パナソニックのデヴィット・ポーコック選手とサントリーのジョージ・スミス選手のジャッカルの応酬は凄かった。残念だったのは、ポーコック選手にハンドの反則が多かったことかな。でも、この2人が接点で絡むことによって、ノットリリースの反則を獲ったことが何度かありました。こんな、世界の一流プレイヤーのプレーを目の前で観られるなんて幸せですね。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 谷田部選手のゴール前でのノッコンがなければ、そして、福岡選手へのキックパスが通っていれば、試合は違ってたかもしれません。サントリーがトップリーグで全勝優勝をしたのは、伊達じゃありませんでした。パナソニックを良く研究していて対策を練っていたってことなんでしょうね。松島選手が、縦に走らずにキックを多用したのは、そういう意味もあったのかもしれませんね。それにしても、彼のファンタジスタぶりは今日も凄かったですね。後半、福岡選手と競ったキックパスの処理、ボールを持ってつかまった後のボディコントロール、その日本人離れした動きはすばらしいと思います。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 15対10、サントリーがパナソニックの最後の猛攻を防ぎきって、4年ぶりの日本一になりました。昨季は9位、良くここまでチームを立て直したと思います。パナソニックは、1年目、2年目の選手が活躍していたので来季も楽しみです。

 サントリーの皆さん、本当にうれしそうでしたね。これで、強いサントリーが戻ってきて、東芝も建て直しができれば、来季のトップリーグはもっと楽しくなると思います。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 パナソニックの皆さん、本当に悔しそうでした。自分の隣に外国人がいて、オーストラリア国旗を振ってポーコック選手に声を掛けてたけど、ちょっと手を振っただけでした。ポーコック選手、来年もパナソニックに合流するので、活躍に期待したいです。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 それにしても、たくさんの人でした。銀杏並木側の出口を出たところ、人、人、人。トップリーグの試合も毎回これくらい入るといいのになぁ...。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会決勝
 さて、この試合で今季の国内リーグは終了、次は来月から始まるスーパーラグビー。いやいや、ホント、一年中ラグビーが楽しめるようになってうれしいですな。

第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合2017/01/23 07:13

 さて、第二試合は、トップリーグの覇者、サントリーサンゴリアスと、前人未到の8連覇を成し遂げた帝京大学の試合。ともに、これまで公式戦負け無しでの対戦です。学生チャンピオンの帝京大学がどこまでトップリーグチャンピオンにくらいつけるかを観るのが楽しみです。

 序盤から帝京大学が攻めますね。スピードのある攻撃で、トップリーグのチャンピオン相手に真っ向勝負をしてきました。前半5分頃、自陣ゴールからキックをせずに、パスを繋いでサントリー陣まで攻めあがった攻撃、すばらしかったです。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 サントリーがトライを獲った後の帝京大学の攻撃も良かった、フィニッシャーの吉田選手のサイズを生かしたラン良かったです。JAPANの松島選手、完全にはじかれてましたもんね。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 でも、サントリーのテンポは凄い、帝京大学OBの流キャプテンのボール捌きすばらしい、すばやい球出しもさることながら、相手がディフェンスに飛び出さないように、テンポをずらしたりと上手いです。これでは、ディフェンスする方が難しいですね。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 それにしても、真っ向勝負の帝京大学、すばらしい。37分のフォワードで勝負を挑んで獲ったトライ、サントリーの強力フォワードに勝ってのトライは、意味のあるトライでした。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 そして、終了間際のサントリーのミスからのターンオーバーでの、フルバックの尾崎選手からウイングの竹山選手に繋いでのトライ。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 これで、前半は同点で折り返すことになりましたからね。サントリーとしては、風上の前半で引き離す考えだったと思いますが、上手くいかないもんですねぇ。
 まぁ、サントリーはオフェンスが良くないというより、ディフェンスが良くなかったですね、思ったより学生がきつく来ているので、あわてちゃったって感じかな...後半始まる前のインタビューで沢木監督怒ってたもんな。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 後半一発目、サントリーが意地を見せました。1分過ぎにモールを押し込んでのトライ、これがサントリーのフォワードの強さですよね。その後、難しい角度のゴールキックを決める小野選手も凄い、これを決められるのと決めないのとで、大きくこの後の情勢が変わってきますからね。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 この後、スクラムで圧倒しているサントリーが徐々に流れをつかむようになってきました。帝京大学は先日の東海大学との決勝でもスクラムで苦戦していましたからね。有利にコントロールできるスクラムを基点にするようになって、リズムが良くなってきました。後半、中鶴選手、松島選手のトライはフォワード基点でしたからね。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 それにしても、帝京大学はすばらしいチームですな、最後28分に尾崎選手、吉田選手と繋いで獲ったトライも良かったです。チャンピオン相手に後半までこういった試合ができることって本当に凄いと思います。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 結果は54対29。ということで、今週末の決勝は、サントリーサンゴリアスとパナソニックワイルドナイツの対戦ということになりました。
第54回 日本ラグビーフットボール選手権大会準決勝 第二試合
 ところで、サントリー勝ったけど、沢木監督怒ってたなぁ、まぁ、当たり前だよね。

 帝京大学、良かったなぁ、来年から日本選手権には大学チャンピオンは出場できなくなるんですよね。まぁ、ワールドカップに向けての日程調整ということなんだけど...選手育成という意味では、もったいないよな。で、自分の考えは、学生のトップチームをトップリーグに入れちゃうってもの。大学選手権の決勝に出てくるチームはトップリーグでも十分戦えると思います。で、トップリーグに参加した大学は、大学リーグではBチームで戦う、そうすると、これまで、公式戦に出られなかった選手が試合に出る機会も増えて、選手層の底上げにもなるんじゃないかなぁ。突拍子もないかなぁ...おもしろいと思うんだけどな。