オートマタ2020/07/04 07:02

 新宿のビームスジャパンに行ってきた。コロナウイルスで自粛中にTwitterで個展として作品の動画を毎日のようにつぶやかれていた原田和明さんの作品をみるために。

 展覧会のタイトルは「話せば短くなる」、Twitterで見ていた原田さんのオートマタ(西洋からくり人形のこと、詳しく知りたい方は、ググってみてね)作品の実物を見て、かつ、触って自分で動かしてみたかったので嬉しかったですね。
オートマタ
 こんな感じで、壁にオートマタ作品が展示されていて、奥には、ここに展示されていない動画も上映されてました。
オートマタ
 一つ一つの作品を実際に手で触れて、自分で動かすことができるんです。
オートマタ
 これ、凄いですよね。
オートマタ
 とっても、楽しい、ひと時を過ごせました。写真も動画もOKだったので、写真では良さが伝わらないので動画を取ってきたのでおすそ分けします。
 ちなみに、原田さんのInstaで作品が動いているところを観ることができるので、そちらも是非フォローしてくださいな。
オートマタ
 今回のコロナウイルスをやっつけるという趣旨の作品「ウイルススナイパー」。動画ではわかりづらいですが、注射器型の光線銃でコロナウイルスを打ち倒すってもの。緑のボールがウイルスですね。こういった、ユーモアというか発想が原田さんの面白いところですね。
オートマタ
 原田さんは音楽も好きって言うことで、音楽をモチーフにした作品も作られてました。
 ビートルズの「HELP」です。アルバムジャケットの四人のポーズを作品にしたものです。ジャケットを見たこと無い方はこちらをご覧ください。
オートマタ
 ビートルズといえばのローリング・ストーンズ。こちらは、彼らの1966年のシングル「Paint it Black / 黒く塗れ」からインスパイアされた作品。赤いドアは、歌詞の1行目に出てくる「赤いドアを黒く塗りたい」からきてるんだそうです。ちなみに、ドアに描かれている「23」も意味があるそうで、「23エニグマ」でググってみてください(ちなみに、自分は知りませんでした)。
オートマタ
 で、この二つのグループに影響を与えた人といえばのボブ・ディランさん。作品のタイトルは、動きをみたまんまの「Like a Rolling Stone 」。石の動きが面白い。
オートマタ
 こちらは「ジャンゴ・ラインハルト」。いわずと知れたジャズギターの名手ですね。原田さんの説明によると、右足のリズムをとる動きが最高なんだそうです。
オートマタ
 動物ものの作品も多かったですね。この作品は「テディベア / Teddy Bear」。Twitterの説明によると「ウイルス危機が収束する日を首を長くして待っています。」だそうです。
オートマタ
 これの動きは凄いと思います。デコイが上下するだけでなく、卵がポトっと産み落とされる動きが付いてるので...自分の好きな作品です。タイトルは「DECOY / デコイ」です。
オートマタ
 自分がゆっくりレバーをまわしていたら、係りの方が、「もっと、早くまわしたほうが動きが出て面白いですよ」って言われて録ったのがこれ。ご覧になってお分かりのようにタイトルは「へそで茶を沸かす」です。
オートマタ
 それぞれの作品の原田さんの説明も、クスっと笑えるコメントが書かれていて楽しかったです。楽しい作品を観ることができて良かった...。

 会期は、明日の5日までなので...
オートマタ
 興味のある方は、是非、見に行ってください。

白虎2020/06/30 07:02

 新しくオープンした豊洲のららぽーとに行ったら、怪獣のような像が設置されているのを発見。
白虎
 近づいてみたら白虎でした。
白虎
 江東区の東西南北に、白虎、青龍、玄武、朱雀の四神が設置されているそうです。
 でも、白虎は豊洲、青龍は東大島駅前、玄武は亀戸駅前、朱雀は若洲公園って、範囲が広すぎじゃないかなぁ...。

作ってみた...造型教室2020/06/28 07:28

 3月に「俺のモンスター展」を見に行った浅草のアトリエコメットさんに行ってきた。
作ってみた...造型教室
 先日の「俺のモンスター展」のメインだった造型工房キトラの岡先生の造形教室が開催されたので、それを受講(ちょっとお堅いですね...)したんですね。実は、その展示会でマメエレキングを作るっていうイベントをやってたのですが、自分も機会があったら参加したいと思ってたので、Twitterで情報が公開されて、即、申し込みをしました。
作ってみた...造型教室
 この日の課題は、「ゴジラヘッドを作る」でした。完成形は一番右のもの、とはいえこれは、石粉粘土で作成した原型から作ったレジン製。今回は、石粉粘土で原型を作るところまで 、というかその工程の1日目ってことになります。
作ってみた...造型教室
 材料は石粉粘土のラドール、芯にするアルミホイル、目玉用のガラス玉、工具は、筆、スパチュラと水(スプレーボトルに入ってました) あとは作業台としての下敷き。
作ってみた...造型教室
 手順書を元にした先生の手本を見た後に、自分でやってみるって進行。まずは、頭の上顎側から作り始めました。下の写真の宇宙人(グレイのことね)みたいなベース部分まで作って乾燥させます。乾燥を待つ間に、下顎部分と首部分を作りました。
作ってみた...造型教室
 乾燥したベースに石粉粘土で肉付けしていきます。自分のゴジラ、手本の平成ゴジラのようなシャープさがなくてモスゴジとキンゴジの間みたいな顔になっちゃいました...。先生曰く、この後、盛ったり削ったりすると、それっぽくなるってことだったんだけど本当にできるんだろうか...。
作ってみた...造型教室
 ということで、この日は、上顎側に下顎を付けて首を繋いだところで終了。
作ってみた...造型教室
 この後、首部分のディテールだったり、背鰭や頭のゴツゴツしたところを作っていくことになります。
作ってみた...造型教室
 始めてにしては、良くできた...かな?
作ってみた...造型教室
 さて、完成形のこの顔にどこまで近づくか。
作ってみた...造型教室
 先生がやるとすごく簡単そうに見えるんだけどな。
作ってみた...造型教室
 ということで、後、4日分くらい行程があるんだって。次回以降も参加して完成目指そうと思ってます。

絵、見てきた2020/06/22 07:07

 先日、マンガを読んだ木村きこりさんの絵が観たくなって、ネットで調べたら渋谷のRoom_412という画廊で行われている企画展で展示しているってことで、その最終日に観に行ってきた。

 渋谷から道玄坂側を恵比寿方面に5分ほど行ったところに画廊の入居しているビルがあります...ここ、ホームページに写真が無かったらたどり着けなかった。
絵、見てきた
 階段で4階まで上って左手に入り口がありました。
絵、見てきた
 画廊の中はこんな感じ。コロナウイルスの対策なのか、スタッフの方も事務所にはいたのですが、会場にはご覧のとおり自分ひとりでした。
絵、見てきた
 そのほうが観やすいけど、それはそれで、なんか居づらい感じがありましたね。この日展示されてたのは、画廊の収蔵品の展示ということで、5人の作家さんの作品、18作品が展示されていました。
絵、見てきた
 ということで、自分のお目当ての作家さん木村きこりさんこと木村有輝子さんの作品「不思議な世界にこんにちは」です。廃材(ベニヤ板)にアクリル絵の具で描かれていて、なんともいえない味があります。
 で、木村さんの作品ですが、統合失調症の症状で見える幻覚をモチーフにしているということなのですが、こんな感じに見えてるんですね...。あと、LGBTをモチーフにした作品も描かれているということですが、今回の展示はこの作品だけでした。
絵、見てきた
 画廊の今年の企画展の紹介を見たら、9月に同じ場所で個展を予定しているそうなので、また観に行きたいと思います。

ロケ地訪問 茨城県庁2020/06/16 07:29

 コロナウイルスの非常事態宣言があけて日常を取り戻しつつありますね。本来ならば退職して時間がある間にいろいろと出かけようと考えていたのですが、やっと外に出られるようになりました。ということで、前から息子と一緒に行ってみようと話をしていた仮面ライダーのロケ地めぐりを実行することに。

 その栄えある一回目は、特撮のロケ地といえばで有名な茨城県庁にしました。

 まずは水戸駅まで、ここから県庁行きのシャトルバスに乗っていきます。ちなみに、ここまで家から約2時間40分。 
ロケ地訪問 茨城県庁
 で、現場に着きました。ここまで、待ち時間も入れて3時間半かかりました...ん~、時間かかりましたね。
ロケ地訪問 茨城県庁
 左が茨城県警察本部ビル、右が県庁です。どちらも良く使われてます。
ロケ地訪問 茨城県庁
 県庁と県庁前の県民広場。この広場、仮面ライダーエグゼイドの最終話で、仮面ライダークロニクルとライダー達の最後の闘いが行われた場所ですね。
ロケ地訪問 茨城県庁
 まずは、県庁庁舎内を探索。
ロケ地訪問 茨城県庁
 2Fロビーに展示コーナーがあって茨城といえばの鹿島アントラーズの展示がされてました。ちなみに、右側のブルーのチームは、J2の水戸ホーリーホック。サッカーあまり興味が無いのでね...存じ上げませんでした。
ロケ地訪問 茨城県庁
 テレビドラマや映画の撮影に使われているということで、出演者の色紙もたくさん展示されてました、「テセウスの船」の竹内くんとかね。
 で、こちらは、現在放映中の仮面ライダーゼロワンの出演者の皆さん。左の上から時計回りで、シェスタ役の成田愛純さん、天津垓役の桜木那智さん、迅役の中川大輔さん、滅役の砂川脩弥さん、飛電或人役の高橋文哉さん、イズ役の鶴嶋乃愛さん、不破 諫役の岡田龍太郎さん、刃 唯阿役の井桁弘恵さんです。
ロケ地訪問 茨城県庁
 魔進戦隊キラメイジャーの皆さん。ピンク、ブルー、グリーン、イエロー、レッドの順ですね。
ロケ地訪問 茨城県庁
 25階の展望フロア。ここは、仮面ライダービルドの1話で、氷室幻徳がフリージャーナリストの紗羽さんにインタビューされていたシーンで使われてました。
ロケ地訪問 茨城県庁
 展望台からの眺め、いいですね。
ロケ地訪問 茨城県庁
 展望台から吹き抜けを見下ろしたところが、同じく仮面ライダービルドでパンドラボックスが展示されていた場所。戦兎が東都先端物質額研究所のテストを受けに来たところのシーンで使われてました。ただ、この日は休日で入ることができなかったですけどね。
ロケ地訪問 茨城県庁
 仮面ライダーWのビギンズナイトで、翔太郎とフィリップが出会い、初めてWに変身したシーンで使われていたビル。その後、映画「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010」でも上部が破壊された状態で使われてました。
ロケ地訪問 茨城県庁
 県警本部ビルも良く使われてますね。この階の正面入り口部分が、仮面ライダードライブの33話で、進ノ介が殉職したというニュースを大画面で放送していたシーンで使われてます。
ロケ地訪問 茨城県庁
 この駐車場も良く使われますね。仮面ライダーWの2話でティーレックス・ドーパントと闘うシーンで、フィリップがリボルギャリーで登場するシーンで使われてました。
ロケ地訪問 茨城県庁
 そしてこの壁の前で、翔太郎とフィリップが変身ポーズを決めてました。ちなみに、ここは坂になってて、瓦礫を吸収して巨大化したティーレックス・ドーパントとの闘いのシーンでも使われてました。
ロケ地訪問 茨城県庁
 その駐車場と県庁の間にある小さな広場。ここは、仮面ライダーゼロワンの33話でゼロワンとZAIAの傭兵が闘ったシーンで使われてました。
ロケ地訪問 茨城県庁
 議事堂前のスペースは、仮面ライダービルドで万丈が仮面ライダークローズに始めて変身するシーンで使われてました。あと、仮面ライダーキバでも使われてましたね。
ロケ地訪問 茨城県庁
 県庁と議事堂の間の連絡通路。ここのスペースは、仮面ライダーエグゼイドの1話で、宝生永夢がエグゼイドに変身しバグスターウイルスと闘った場所。
ロケ地訪問 茨城県庁
 そしてここが、仮面ライダーエグゼイドがソルティ・バグスターを倒した場所です。
ロケ地訪問 茨城県庁
 上の場所のすぐ横の駐車場。仮面ライダージオウ35話のキバ編で、ゲストの釈由美子さん演じる北島祐子が片足で自動車を止め、アナザーキバに変身した場所ですね。その後、三体のアームズモンスターとジオウが闘った場所です。
ロケ地訪問 茨城県庁
 最後は、県庁と例の駐車場の間の広場横の通路。仮面ライダーディケイドの3話クウガの世界で、ディケイドがグロンギと闘った場所です。奥の階段は、門矢士がグロンギに囲まれていたところに、ウウガがバイクで駆けつけるシーンで使われていた階段です。
ロケ地訪問 茨城県庁
 ということで、見所満載で楽しいひと時でした。次は、つくばか大宮かな...群馬にも行かないとな。