リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND2017/06/22 07:04

 昨年は、SCOTLANDでした、毎年ティア1の国が来てくれるようになりましたね...。ワールドカップで勝利した効果ありましたな、あと、2019年にワールドカップが行われるのも理由の一つですね。

 IRELANDは4年に一度のBritish & Irish LIONSのツアーがあって、主力がいないとはいえ、現在、世界ランキング4位の強豪、そう簡単には勝たせてもらえないとは思いますが、4年前のLIONSのツアーのときのWALESからの勝利のように、今回も勝利が見たいですよね。 

 ということで、先週末、静岡はエコパスタジアムで行われたIRELANDとの第一戦、この日のメンバーは以下。
 1.稲垣 啓太(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 2.堀江 翔太(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 3.伊藤 平一郎(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 4.谷田部 洸太郎(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 5.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 6.リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス/CHIEFS)
 7.徳永 祥尭(東芝ブレイブルーパス/SUNWOLVES)
 8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス/REBELS)
 9.田中 史朗(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 10.田村 優(キヤノンイーグルス/SUNWOLVES)
 11.福岡 堅樹(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 12.デレック・カーペンター(サントリーサンゴリアス/SUNWOLVES)
 13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラレッドスパークス/SUNWOLVES)
 14.松島 幸太朗(サントリーサンゴリアス/SUNWOLVES)
 15.野口 竜司(東海大学)
 16.庭井 祐輔(キヤノンイーグルス/SUNWOLVES)
 17.石原 慎太郎(サントリーサンゴリアス)
 18.浅原 拓真(東芝ブレイブルーパス/SUNWOLVES)
 19.ツイ ヘンドリック(サントリーサンゴリアス/REDS)
 20.松橋 周平(リコーブラックラムズ/SUNWOLVES)
 21.流 大(サントリーサンゴリアス)
 22.山中 亮平(神戸製鋼コベルコスティーラーズ/SUNWOLVES)
 23.松田 力也(パナソニック ワイルドナイツ)
 トゥポウ選手は初キャップ、松島選手は久しぶりのウイングでの先発です。最初発表されたとき12番はラファエレ選手だったんですけどね、カーペンター選手が繰り上がり、追加召集された山中選手がリザーブに入りました。

アイルランドは、アタック時のポイントへのサポートが早い。しかも、確実にJAPANの選手を巻き込んで排除していました。ということは、数的有利な状態を作りながら前進しているって事です。体の小さな相手をよく研究したプレイだと思います。JAPANは、序盤から明らかに力負けしていた感じです...。

 最初のIRELANDのトライ、あの局面のスクラムで耐えられないとつらいですね。ヨーロッパ勢の強くて重いスクラムに対抗するには、低くて8人で組むスクラムを組むしかないのですが、2015年ワールドカップのときのスクラムどこ行っちゃったんでしょうねぇ...。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND
 フォワードは明らかに力負けしてました。一方、バックス、特に両ウイングの福岡選手、松島選手、そして、フルバックの唯一の大学生の野口選手のスピードと、判断のいい動き、そして、身のこなしは良かったですね。後半19分の野口選手のディフェンス三人をかわしてのトライ、いいトライでした。後半36分の福岡選手のトライも良かったですね~。そういう意味で、フォワードがもう少しいい仕事をすればいい試合になるんじゃないかなぁ...。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND
 それにしてもIRELANDは、前日のジョー・シュミットHCのコメントにあったようにJAPANをよく研究してその弱いところをしっかり突いてきていました。前半2本目のトライなんていい例ですよね。フォワードをしっかりJAPANのバックスにぶつけてくる、いやな作戦ですけど、格下相手にも作戦通り遂行してくるIRELAND、さすがとしかいいようがありません。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND
 一方でJAPANは、作戦のキックを上手く機能させようとしていたのですが、いかんせん一人目はいいのですが、二人目以降のサポートの選手が遅すぎます。前半も何度もいい場面があったのに、サポートが遅かったせいで、ボールをとられてしまうことがたびたびありました。ここは、修正するか作戦の見直しをしないとこれからが厳しいですね...。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND
 50対22、さすがティア1のチームは違うよな...。JAPANは、ボールを動かせばトライを取ることができるので、セットプレーの精度をあげるのと、早い球出しでリズムをあげることを目指して欲しいです。

 明後日は、味の素スタジアムで応援じゃぁ~~~~!

ワラビーズジャージ2017/06/18 07:02

 これも、選手末の秩父宮で撮った写真。

 2007年ワールドカップのアジア代表最終予選の壮行試合として、2006年11月4日に行われた、JAPANとオーストラリア首相XVとの試合のときのジャージ。
ワラビーズジャージ
 今から10年前、そのときのJAPANは以下のメンバー、
 1 久富雄一
  ※いまだ現役で、今年、日野自動車レッドドルフィンズに入団しました。
 2 松原裕司
 3 山村亮
  ※山村選手も、ヤマハ発動機ジュビロで現役続行中です。
 4 大野均
 5 赤塚隆
 6 木曽一
  ※今年も日本IBMで現役続けるのかなぁ...
 7 フィリップ・オライリー
 8 箕内拓郎
 9 後藤翔太
 10 沢木敬介
  ※この日、ワラターズと試合をしたサントリーの現監督ですね。
 11 小野澤宏時
 12 霜村誠一
 13 赤沼源太
 14 大畑大介
 15 有賀剛
 16 山本貢
  ※山本選手もキヤノンイーグルスで現役続行中です。
 17 相馬朋和
 18 浅野良太
 19 菊谷崇
  ※菊谷選手もキヤノンイーグルスで現役続行中です。
 20 伊藤護
 21 森田恭平
 22 正面健司
  ※神戸製鋼コベルコスティーラーズで現役続行中です。
 そういえば、当時は22名だったんですね。

 それにしても、いまだJAPAN現役の大野選手はすげぇなぁ...。

いちょう並木2017/06/17 07:09

 先週末の外苑の銀杏並木。

 緑が綺麗ですね~。そして、いちょうの樹の形、本当に綺麗。
いちょう並木
 絵画館まで、一直線に伸びたこのいちょう並木、好きです。 
いちょう並木
 絶対に後世に残して欲しいですね。

みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS2017/06/16 07:04

 秩父宮に行ってきた。

 先週末「秩父宮みなとラグビーまつり2017」に行ってきた。
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 外苑前駅から秩父宮ラグビー場までの道路がホコ天になってて、模擬店が出てたり...
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 ライブやトークショーなどのイベントが行われていたのですが...
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 自分のお目当てはやっぱり試合でしょってことで、サントリーサンゴリアスとSUPER RUGBYのオーストラリアカンファレンスのチーム、WARATAHS / ワラターズの試合を見てきました。ワラターズ、生で見るのは2回目、前回、SUNWOLVES戦で来日した時と同じメンバーは、この日のスコッド24名の内8名。昨年、パナソニック・ワイルドナイツに在籍していたタンゲレ・ナイヤラヴォロ選手や、一昨年、豊田自動織機に在籍していたブライス・ヘガティー選手が先発でした。昨年、SUNWOLVESを苦しめた巨大なロック、ウィル・スケルトン選手や、ディフェンス、アタックともに大活躍していたアンドリュー・ケラウェイ選手もこの日、スタメンでしたね。
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 サントリー良かったですね。さすが昨年のトップリーグのチャンピオンチーム。外国人選手のいない、日本人だけのスコッドで堂々とワラターズと渡り合ってました。タックルは足元を狙った低いタックルで大男をしっかり止めていましたし、アタックも、ポイントからの早い球出しでワラターズのディフェンスをかき回していました。元JAPANの日和佐選手、やっぱり上手い。そして、選手間のコンビネーションも本当にいい、これに、外国人選手がフィットすればリーグ連覇も夢じゃないです。
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 フォワードはこの体格差、ワラターズは190cm以下はフォワード8人中2人、一方、サントリーは190cm以上が2人という違い。さすがにスクラムは苦戦していましたが、ディフェンスは低いタックル、攻撃は運動量で互角に渡り合ってました。JAPANがいつも、外国人の大型フォワードに苦戦するモールもそこそこ対応できていました。
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 バックスは、ルーキーの松井選手の足下に絡みつくタックルが光ってましたね。セブンズ仕込のスピードと体の切れは一級品です。線は細く見えますが(実際、身長183cmで、体重82kgですからね)、それを感じさせないプレーを見せてくれました。サントリーはいい選手を採りました。
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 東芝から電撃移籍した田村選手も良かったですね。兄の優選手と同じく強気のプレーで、チームを引っ張ってました。キックも、強気のランもどちらも良かったです。
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 さて、試合の方は、サントリーが前半2トライ、後半1トライ、対するワラターズは、前半が1トライで後半が2トライ。トライ数では一緒、コンバージョンキックの2点差で、サントリーが19対21で破れました。これ、田村選手のルーティンが長すぎたせいなんですけどね...同点もしくは勝ててた試合でした。
 一つ残念だったのは、両チームともノッコンが多くて、最後のつめところで、少し精度が低かったことかな。
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 練習試合ですし、ワラターズは1.5軍以下の布陣、でも、面白い試合でした。それぞれ、レギュラーシーズンのピークの時の対戦も見てみたいですね~。
みなとラグビーまつり SUNGOLIATH vs WARATAHS
 この日の試合で自分が感じたのは、サントリーは今年もトップを獲る力があるってことかな~。

リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA2017/06/15 07:04

 ジョセフHCの2シーズン目のウインドウマンス。昨年の6月は、ジョセフHCがハイランダーズのHCを継続していたので、サンウルブズのハメットHCが代行してたんですよね。

 さて、先週末の相手のルーマニアは、2019年ワールドカップで同じプールになる可能性があるチーム、前哨戦としても負けるわけにはいかない相手ですな。ちなみに、試合当日時点の世界ランキングは、JAPANが11位、ROMANIAは16位、ポイントでも4点の差があるし、この日は熊本とはいえホームですからね、絶対に負けるわけには行きませんね。
 ROMANIAはでかくて強いフォワードでゴリゴリくるチーム、バックスが少し弱いってイメージだったのですが、今回は3人のトンガ人が並ぶということで、この3人に走られてしまうと厳しそうです。そういえば、ROMANIAのジャージ、ミズノでしたね。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA
 JAPANのこの日のスコッドは以下。
 1.山本幸輝(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 2.堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 3.浅原拓真(東芝ブレイブルーパス/SUNWOLVES)
 4.谷田部洸太郎(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 5.ヘル・ウヴェ(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 6.リーチ・マイケル(東芝ブレイブルーパス/CHIEFS)
 7.徳永祥尭(東芝ブレイブルーパス/SUNWOLVES)
 8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス/REBELS)
 9.田中史朗(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 10.小倉順平(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス/SUNWOLVES)
 11.福岡堅樹(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 12.デレック・カーペンター(サントリーサンゴリアス/SUNWOLVES)
 13.ティモシー・ラファエレ(コカ・コーラレッドスパークス/SUNWOLVES)
 14.山田章仁(パナソニック ワイルドナイツ)
 15.野口竜司(東海大学)
 16.庭井祐輔(キヤノンイーグルス/SUNWOLVES)
 17.稲垣啓太(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 18.伊藤平一郎(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 19.大戸裕矢(ヤマハ発動機ジュビロ)
 20.ツイ・ヘンドリック(サントリーサンゴリアス/REDS)
 21.内田啓介(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 22.田村優(キヤノンイーグルス/SUNWOLVES)
 23.松島幸太朗(サントリーサンゴリアス/SUNWOLVES) 
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA

 立ち上がりは少し合わないところがあって先制されてしまいましたし、大きく攻め込まれてしまう場面が続いてしまいました。で、この流れを変えたのが、山田選手のトライ。やっぱ、この方、持ってますね~。クイックスローインからの早い攻撃でのトライ、これは意味がありますね。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA
 で、このトライ以降、ROMANIAがJAPANの動きについてこれない場面が増えてきました。これで、敵陣に攻め込んでペナルティを獲るといういい感じの流れ。それにしても、この日先発の小倉選手のキックいいですね、縦に長くて、かつ、滞空時間もある地域を確保するに効果的なキック。フォワードはこういうキックを蹴ってくれると楽なんですよね~。そして、ゴールキックも正確。さらには、縦へのランもいいですよね。
 縦へのランと言えば、リーチ選手、マフィ選手、ウヴェ選手の外国人選手の強いランも光ってました。2年ぶりに代表復帰したリーチ選手、確実に進化してます、いまや、CHIEFSになくてはならない選手になってますもんね。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA
 マフィ選手も左ラインで、福岡選手と良いコンビネーションを見せてました。後半終盤の福岡選手のトライも、カーペンター選手の飛ばしパスも上手かったですが、この2人が並んでいることで、ディフェンスを絞れなかったってこともありますね。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA
 ROMANIAのフォワードは強いですね。後半のROMANIAの得点の基点はすべて強力フォワードの攻撃からでしたからね。JAPANはスクラム、モールともに勝てませんでした。2019年のワールドカップに向けて、ヨーロッパの強いフォワード、そのスクラムとモールに勝てるようフォワードをさらに強化しないとなりませんね。2015年のワールドカップのときよりも、セットプレーの安定感がなくなっているように思います。

 とはいえ、33対21で勝利できたので良しとしましょう。後半は上に書いたように、フォワードにやられちゃいましたけど、トライ数で3対2、いい勝利だったんじゃないですか。

 さて、今週末は静岡で、ワールドカップでの対戦も確定したIRELAND戦、世界ランキング4位の強豪です、この日のような試合では勝てませんし、大差を付けられてしまいます。どこまで修正できるかが焦点になりますね。