RWC2015 決勝トーナメント決勝2015/11/01 08:04

 昨日の日本時間の早朝行われた3位決定戦、SOUTH AFRICAが24対13でARGENTINAに勝利しました。この試合、JSPORTSだけで、無料放送では放送がありませんでした。ん~、トーナメントに入ってからが本当のワールドカップなんだけどね...こういった、質の良い試合をこれから活躍する若い選手たちに見てもらいたいんですけどね。あと、この結果を受けて、今回のワールドカップでSOUTH AFRICAに勝ったのは、JAPANとNEW ZEALANDの2チームだけになりました。JAPANすごいっ!

 さて、今日は、今回のワールドカップ最後の試合、AUSTRALIA対NEW ZEALAND戦。AUSTRALIAとNEW ZEALANDの決勝は初めて、ともに4回目の決勝戦、優勝もそれぞれ2回、今日勝つと、AUSTRALIAは4大会ぶり、NEW ZEALANDは連覇になります。

 過去のワールドカップの決勝トーナメントでの対戦は3回、1991年大会では、準決勝でAUSTRALIAが16対6で勝利、このあとAUSTRALIAは決勝でENGLANDを下し優勝しました。次の対戦は2003年大会、やはり同じ準決勝でAUSTRALIAが22対10で勝利、この大会は例の五郎丸選手のルーティンの元になった、キックの名手ジョニー・ウィルキンソン選手を擁するENGLANDが優勝しました。最後は前回大会の準決勝、この試合はNEW ZEALANDが20対6で勝利し、そのままFRANCEを破り優勝しました。

 どちらも好きなチームなのですが、今日は、これを着てAUSTRALIAを応援。
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 AUSTRALIAのスターティングメンバーはこちら
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 NEW ZEALANDのスターティングメンバーはこちら
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 どちらもベストメンバーでの対戦。それにしても、日本にゆかりのある選手がたくさんだぁ。
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 まずは、NEW ZEALANDのハカ、カパオパンゴから始まります。
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 開始1分半でAUSTRALIAのモーア主将、鼻血出てました。コンタクトがどれだけ激しいかうかがい知れます。とにかく、試合開始から激しいぶつかり合い。序盤は、NEW ZEALANDがアタックを仕掛けて8分にペナルティゴールで先制。その6分後には、AUSTRALIAがゴール正面のスクラムでペナルティを奪って、ペナルティゴールで追いつきました。とにかく、接点で攻守がめまぐるしく入れ替わる試合。ラックでのボールへの反応がすごい、というか、ボールへの執着がすごい、両チームともフォワードの第3列の選手のボールへの働きかけが良いですね。
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 前半終わって、AUSTRALIAがペナルティーゴール1本、NEW ZEALANDが1トライ、ペナルティーゴール3本で、3対16、NEW ZEALANDのリードで折り返しました。NEW ZEALANDの攻撃力が際立ってました。AUSTRALIAがどう切り替えてくるのかが後半の肝ですね。

 ん~、後半先制したのはNEW ZEALANDでした。開始2分、ソニー・ビル-ウィリアムズ選手とマァ・ノヌー選手のコンビネーション凄すぎ、というか、やばすぎます。ボールを持った後のノヌー選手のスピードも凄かった、さすがのトライでした。
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 この時点で18点差、それでも、AUSTRALIAも食い下がります。連続攻撃で敵陣に攻め込み、相手の反則を誘い、ゴール前のラインアウトからモールでポーコック選手が押し込みトライ、11点差に詰め寄りました。
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 ここから、俄然、AUSTRALIAの動きがよくなりました。先ほどのペナルティでNEW ZEALANDが1人少ない状態、これをAUSTRALIAが上手く使い、最後は技ありのトライ。これで、残り15分で、AUSTRALIAが4点差まで詰め寄りました。
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 これで、どちらが勝つかわからない状態に、ところが、残り10分に、NEW ZEALANDのダン・カーター選手がドロップゴールを決めて再び7点差。さらに、ハーフウェイライン付近のペナルティーでさらに3点追加。この後、AUSTRALIAが攻めていたのですが最後は、ディフェンスで競り勝ったNEW ZEALANDのベン・スミス選手がボールを裏に蹴りだし、最後はそのボールに追いついたバレット選手が押さえてAUSTRALIAを突き放しました。
RWC2015 決勝トーナメント決勝
 NEW ZEALAND 34点 vs AUSTRALIA 17点

 NEW ZEALANDが史上初の連覇で、かつ、3回の優勝を決めました。

 決勝戦にふさわしい、ボールが良く動き、良いディフェンスが随所に見られたすばらしい試合でした。次の大会は、ここ日本で行われます、過去の大会に負けないようなすばらしい大会にできるように選手や関係者はもとより、ファンも盛り上げていきたいと思います(まじめかっ)。

RWC2015 決勝トーナメント準決勝 2日目2015/10/28 06:03

 録画してあった、トーナメント準決勝のAUSTRALIAとARGENTINAの試合を見ました。

 結果を先に知りたくなかったので、録画を見るまで、WEBのニュースサイトやSNSを見ないようにしてました。会社でも、ラグビー仲間と顔を合わさないように気をつけていないと「決勝楽しみだよね、NEW ZEALANDと...」なんて会話になりかねないので苦労しました。

 ということで、今日は、これを着てAUSTRALIAを応援。自分の予想は、AUSTRALIAの勝利ですからね。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝 2日目
 AUSTRALIAのスターティングメンバーはこちら、
RWC2015 決勝トーナメント準決勝 2日目
 で、ARGENTINAがこちら
RWC2015 決勝トーナメント準決勝 2日目
 何度も書いてますが、実力的には、AUSTRALIAですね。で、ARGENTINAがどこまでがんばれるかってことかなぁ。ちなみに、今年のCHAMPIONSHIPでは、34対9でAUSTRALIAが勝利しました。

 開始2分でインターセプトからのAUSTRALIAのトライ。ロックのシモンズ選手、手が長いですからね、それにしても、最初からボールが止まらないめまぐるしい試合です。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝 2日目
 とにかくボールが切れない、いや、切らない、ボールを止めない両チーム、意地の張り合いです。前半の20分でもう、一試合終えたような感じ、No.8のポーコック選手なんかこの時点で顔中血だらけ。それだけ、激しくやり合ってます。本当に、ワールドカップはトーナメントに入ると一段とその激しさが増しますな。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝 2日目
 得点の差ほど、差が無いように思いました。19対9でAUSTRALIAリードで折り返しました。

 後半もボールが止まらない、ARGENTINAは相手のキックに対してランでアタック、しかも、バックス陣がキレキレのステップ、AUSTRALIAを振り回します。AUSTRALIAも良く止めてます。それにしても、後半20分までの攻防も凄すぎです。見ているほうが疲れてしまうくらいのめまぐるしさ、やっている選手は2試合分くらいの体力を消耗してるんじゃないでしょうか?気がつけば、後半20分の時点で7点差、ボールは動いているのに得点に結び付けられない。やっぱり、ワールドカップのトーナメントは一味違います。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝 2日目
 最後のミッチェル選手のランから、アシュレイ-クーパー選手のトライに繋がった場面、ミッチェル選手のラン凄かったですね。

 AUSTRALIA 29点 vs ARGENTINA 15点

 試合後のARGENTINAのヘッドコーチの涙にARGENTINAの、4年間が凝縮されていたんじゃないでしょうか?負けてしまいましたが、ARGENTINAは最後まで自分たちのラグビーを見せてくれたんじゃないでしょうか?とにかく、すばらしい試合でした。

 ところで、準決勝の2試合、ゴールキックで得点を重ねるチームと、トライで得点を重ねるチーム、後者が決勝にコマを進めました。以前は、トライがなくて、キックで試合が決まるって言うパターンの試合もあったんですけどね、やっぱり、トライを取りきる力が勝利に繋がるってことなんですね。あとはディフェンス、この試合のAUSTRALIAのディフェンス凄すぎです。

 さて、決勝戦は、NEW ZEALANDとAUSTRALIA、どちらが勝っても初の3勝目になります。今年のCHAMPIONSHIPでは、AUSTRALIAが27対19でNEW ZEALANDに勝利しています。連覇のNEW ZEALANDか、4大会、16年ぶりのAUSTRALIAか、いずれにしても、この試合のようにすさまじい試合になると思います。

RWC2015 決勝トーナメント準決勝2015/10/25 07:03

 さて、今日から準決勝。

 先週の試合から考えると、NEW ZEALANDの勝ちですけどね、どうしてもSOUTH AFRICA応援しちゃいます。
 最近の5試合で言うと、4勝1敗でNEW ZEALANDが勝ち越してます。直近の2試合では1勝1敗、今年のチャンピオンシップは、73分にNEW ZEALANDのマコウ主将が、SOUTH AFRICAゴール前でのラインアウトのサインプレーでのトライで逃げ切りました。

 この試合、各ポジションでのマッチアップを見るのが楽しみです。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝
 フッカーのデュプレッシー選手とコール選手、FW第3列のロウ選手、バーガー選手、フェルミューレン選手とカイノ選手、マコウ主将、リード選手、SHのデュプレア主将とスミス選手、SOのポラード選手とカーター選手、ウイングのJP・ピーターセン選手、ハバナ選手とサヴェア選手とミルナースカッダー選手、とにかく各ポジションで見所満載です。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝
 SOUTH AFRICAのレプリカジャージは持っていないので、先日送られてきたブルーブルズとキヤノンの試合の記念のポロシャツを着て応援。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝
 デュプレア主将とマコウ主将、カッコいいですね。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝
 ちなみに、ハカはカパオパンゴでした。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝
 SOUTH AFRICAのドライビングモールいいですね、教科書どおり。バックスは、バックスリーのハイパントへの働きかけ、体を張ったキャッチいいですね、ハバナ選手凄すぎ。あと、規律を守って反則をしないってとこがいい。NEW ZEALANDが地域を取ってるのに、得点につなげられませんでした。攻めては、タッチで地域だけ取るという場面が何度もありました。
 前半は、NEW ZEALANDがポゼッションで有利に試合を進めてたのに、リズムがつくれなくて自滅したって感じですね。いや、SOUTH AFRICAの規律のあるディフェンスが良かったってことだな。
 このカイノ選手のトライまでは、NEW ZEALANDも良かったんですけどね...。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝
 前半、SOUTH AFRICAは4つのポラード選手のペナルティーゴールで12点、NEW ZEALANDはカイノ選手のトライとカーター選手のコンバージョンの7点で折り返しました。

 後半、NEW ZEALANDが立て直してきました。立ち上がり10分、ほとんどの時間をSOUTH AFRICA陣内でゲームを進めて、最後はゴール前でペナルティを誘い、最後はミルナースカッダー選手と交代で入ったバレット選手がトライ。でも、この後のリスタートでSOUTH AFRICAがファイトして、ペナルティーゴールでお返し、やっぱり、ここまで来ると簡単には、試合は傾きませんね。
RWC2015 決勝トーナメント準決勝
  最終的にポゼッションでは五分でしたが、エリアで優位に試合を進めたNEW ZEALANDが2点差という僅差でSOUTH AFRICAに勝利しました。SOUTH AFRICAがエリアをもう少し有利に支配できていたら、結果は変わっていたかもしれませんね。

 NEW ZEALAND 20点 vs SOUTH AFRICA 18点

 SOUTH AFRICAは3位決定戦がんばって欲しいですね。それにしても2点差、いろんなところで、語られていますが、今日の試合を見れば、今回、JAPANがどれだけすごい結果を残せたかってことが証明できたんじゃないかなぁ、正直言うと、SOUTH AFRICAが優勝してくれればもっと良かったんですけどね

 さて、来週の決勝でのNEW ZEALANDの相手は、今晩のAUSTRALIAとARGENTINAの試合で決まります、実力的にはAUSTRALIAかなぁ。

また、お掃除か...2015/10/21 06:10

 やっぱり、2週間ってとこですな...ガラス面が、また汚れてきたので、水槽のお掃除。
また、お掃除か...
 今回は、ライブロックも取り出して綺麗にしました。写真だとよく分かりませんが、コケがびっしりついてます。
また、お掃除か...
 サンゴ砂の表面の汚れてます。
また、お掃除か...
 サンゴ砂をかき混ぜながら、水を抜いて、その海水の中でライブロックを洗いました。
また、お掃除か...
 ライブロックを洗った後の海水。かなり汚れてますね。
また、お掃除か...
 ライブロックをセットしたところを、上から撮ったところ。サンゴ砂も綺麗になりました。
また、お掃除か...
 初期に導入したライブロックがだいぶやせてきたので、また買おうかなぁ。
また、お掃除か...
 魚もなんか買おうかなぁ...。


 昨日、先日のAUSTRARIAとSCOTLANDの試合の最後のペナルティーに関して、WORLD RUGBYの見解の発表がありました。
 結果は、「ペナルティではなく、SCOTLANDのノッコン」なんだそうです。ワールドラグビー競技規則11条3項(C)によると、相手側のプレイヤーが意思を持って(故意に)ボールに触れたときは、オフサイド側にいるプレーヤーはオンサイドになってボールにプレーできるそうです。で、アドバンテージが有効だったとすると、AUSTRALIAは有利にならなかったので、ノッコンが適用され、AUSTRALIAボールでのスクラムでプレー再開が正解とのことでした。
ん~、難しいね、でもラグビーはレフリーが絶対だし、判定は翻りませんし、レフリーは責められませんね。というか、「意思をもってボールに触れた」かという判断はレフリーにゆだねられると思います。レフリーに全権を預けて、死力を尽くして戦うのがラグビーですからね。

 そうそう、スコットランドのレプリカジャージですが、スコットランドラグビーの通販ページで買えるようです、とはいえ、2015ワールドカップデザインのものは売り切れているようですが...。ということで、注文してみるかな。

クラウド・ファンディング 商品送られてきた2015/10/20 07:02

 8月に見に行ったキヤノンイーグルスと南アフリカのブルー・ブルズの試合のときに、出資したクラウド・ファンディングの引き換え商品が送られてきました。
クラウド・ファンディング商品送られてきた
 キヤノンイーグルスのクリアファイル。
クラウド・ファンディング商品送られてきた
 この日、出場した選手のサインが印刷された感謝状。
クラウド・ファンディング商品送られてきた
 そして限定ポロシャツです。
クラウド・ファンディング商品送られてきた
 右胸に、ブルー・ブルズ町田ツアーのロゴがプリントされています。本ちゃんロゴは版権の関係で使えなかったのかな?後、細かいこというと、「VS」と書いてあるラグビーボール上のもの、上下に線が入っちゃうと、アメリカンフットボールのボールっぽくなっちゃうんだよね。まぁ、有志で作ってるんだろうからしょうがないかな。
クラウド・ファンディング商品送られてきた
 ちなみに、これがラグビーボール、
でこちらがアメリカンフットボールのボール、
ねっ、似てるようでちょっと違うでしょ。写真だとアメフトのボールのほうが大きくなっちゃってますが、実際は、ラグビーボールのほうが2周りくらい大きいんですよ。

 左の袖には、SOUTH AFRICAの国旗をモチーフにしたロゴがプリントされています。
クラウド・ファンディング商品送られてきた
 でも、イベントもそうでしたが、手作りな感じでいいですよね。ワールドカップでもJAPANが良い結果を出してくれたし、また、ラグビーがメジャーなスポーツになって、こういったイベントが行われるようになるといいよね。今度、秩父宮に着ていこっと。

 日本でも、香港みたいにライオンズが来日したり、ヨーロッパのリーグのチームが試合をしたりとかできるといいのにね。


 昨日のAUSTRALIA、SCOTLAND戦で試合終了間際のSCOTLANDのノッコンオフサイド、ミスジャッジじゃないかって話になってますね。自分もビデオ見直しました。SCOTLANDのノッコンで、オフサイドの位置にいる選手がそのボールに働きかけたということなんですが、その間に、AUSTRALIAの選手がボールに触れているので、オフサイドではなく、単にノッコンではないかという話になっているようです。一瞬のことなので、レフリーが見落としたってことも考えられますが、結果として、SCOTLANDがノッコン、AUSTRALIAの選手ボールに触ったが、アドバンテージ継続、オフサイドの位置にいたSCOTLANDの選手がそのままボールに働きかけたってことで、AUSTRALIAが有利にならなかったのでオフサイドの反則が有効って判断できなくもないな。ん~、アシスタントレフリーたちも何も言ってませんからね。レフリー絶対だからな、ラグビーは。気持ち的には、SCOTLANDに勝ってもらいたかったんですけどね。

 ところで、最近のジャージは、Tシャツ見たいなのが多いけど、スコットランドの襟付きジャージおしゃれで可愛い。脇の緑のタータンチェックもアクセントになってるし、襟の裏もタータンチェック、そして、背番号にもうっすらタータンチェック入ってるんだよね。普段着にもいいかも、でも、通販サイトチェックしたけど売り切れだった...。