タマゴ?2016/08/12 07:04

 昨日に引き続きで、ゆるキャラってことで、ぐでたまにあってきた。

 先週、仕事で多摩センターにあるピューロランドさんに行ったんだけど、ちょっとだけ、オンステージも見せてもらいました。
タマゴ?
 でたまは、タマゴつながりでいろんなものになれるんですね~、これは、たまご寿司ですな、ここでは、一緒に座って写真が取れます。
タマゴ?
 オープンカフェでパンケーキ、おしゃれな写真が撮れそう。
タマゴ?
 タマゴつながりで、パンケーキがぐでたま
タマゴ?
 アメリカのダイナー風のセット。テーブルの上にはエッグバーガー?
タマゴ?
 エッグバーガーの目玉焼きがぐでたま。ん~、こりゃバリエーションいっぱいできそうだ...。
タマゴ?
 さすが、キャラクター王国のサンリオさんだな。

 サンリオさんだからやっぱりこの人たちを観ないとね。
タマゴ?
 ってことで、キティさんとダニエルさんのショーも観せてもらいました。プロジェクションマッピングがよくできてるショーでしたね。

 ちょっと、だけだったけど、さすがの夢の国でした。

 さて、FIJI戦ですが、やっぱりFIJIは強かったですね、結果は20対5。
 縦横無尽の球繋ぎ、世界ランキング1位は伊達じゃなかったです。でも、JAPANも健闘してたと思う。以前のJAPANとは違った安定感があった。
 さて、この試合、トライは後藤選手の1本だけだったのですが、自分は、今大会、後藤選手にMVPをあげたいですね。確かに、世界からも認められてるレメキ選手や副島選手、羽野選手や豊島選手もいい動きをしてましたし、全員にあげたいけど、前に出るときの力強い走りや、前が見えているところや、もちろん、激しいディフェンスもとにかく総合的に良かったんじゃないかと思う。今後、JAPAN のセブンズチームの中心になってくれる選手だと思います。
残念でした、準決勝...
 ということで、3位決定戦は、奇しくも例の歴史を変えた一戦と同じカード。ここで、JAPANのセブンズチームも新たな歴史を刻めるか...。
 さすが、ランキング2位のSOUTH AFRICA、序盤から畳み掛けてきますね。でも、JAPANも崩れることなく、自分たちのリズムで1本返せたんですけどね...
やっぱ、世界ランキング2位は強いや
 そして、後半最初の福岡⇒合谷と繋いだトライ、すばらしかったですね~。
やっぱ、世界ランキング2位は強いや
 それでも、ギリギリのところでプレーをしなければならないJAPANと、ある意味余裕でプレーしているSOUTH AFRICA、大舞台での経験の差が出ましたね。14-54、大差で負けて4位、残念ながらメダルには届きませんでした。
 それにしても、世界中でJAPANがここまでくるって予想した人って、どれだけいるかなぁ...。

 昨日も書いたけど、寝不足だけど、ラグビー好きの自分にとって、楽しくて、うれしい3日間でした。

 ありがとう、JAPANセブンズチーム!!

クマ?サル?2016/08/11 06:30

 アニメ以外で、動いてるチェブラーシカ始めてみた。
クマ?サル?
 いや、この子、かなりカワイイ。

 クマなのか、サルなのか?ググっても分からなかった正体不明らしい。もともと「ワニのゲーナ」という絵本の脇役だったのに、いつの間にか主役になっちゃったんだよね。ゲーナさんもいい味出してるんだけど、チュブラーシカの可愛らしさと、とぼけた顔がファンの心をつかんじゃったってことね。
 ちなみに、ググったら「抱き起こしてもすぐ倒れてしまう」ってことで、ロシア語で「ばったり倒れやさん」というチェブラーシカという名前が付けられたんだそうな。
 
 なんだかよくわかんないんだけど、なんかいいな。

 さて、リオオリンピックのセブンズのプール戦ですが、今日も、JAPANは勝ちました。しかも、5トライを奪って31対7と圧勝です。そのうちの一本は、なんと、認定トライ。まさかあの、KENYAから認定トライ奪うなんて、いつの間にこんなに強くなったの?
KENYAに快勝!!
 JAPANはとにかく全員が走ってました、休んでる選手がいない。そして、今日の試合もレメキ選手がキレキレで大活躍でした。
KENYAに快勝!!
 で、この日最後の試合は、5:30からプールB2位通過のFRANCE。結果から言うと12-7でフランスに勝ちました。ディフェンスの勝利ですね、FRANCEに好きにプレーさせる時間帯はほとんどありませんでした。一方、JAPANは、敵陣で試合を進めて、少ないチャンスで確実に得点するという作戦。
準々決勝も勝った!
 試合終了間際の後藤選手の逆転のトライ。この試合運びができるところが、今回のオリンピックでの日本の強さじゃないかなぁ。チームとしての意思が統一されていて、誰一人手を抜かず、そして、ミスをしてもあわてない。試合後の選手たちの表情、自信にあふれてました。一方、FRANCEの選手たちの試合後の涙も印象的でしたね。
 さて、次は、準決勝で相手はFIJI。ここまできたら、残り2個のGIANT KILLING
みせて欲しいですね。

 ところで、よくよく考えると、一昨日からほとんど寝てない。でも、こんなに楽しい寝不足は無いな。

民王2016/08/10 06:02

 テレビドラマを見て面白かったので原作を読んでみた「民王」。

 総理大臣とその息子の意識が入れ替わるって話。今、これ書きながら思い出したけど、意識が入れ替わるって言えば、34年前の大林宣彦監督の作品「転校生」と一緒だね。
民王
 かなりのダメ息子が総理大臣という父の立場になって成長する姿と、その息子の行動を見て政治家としての信念を取り戻していく父の姿と、その周りで起こる騒動を描いた作品。きっと映像化を意識して書いているんだろうなぁ、展開も速くてあっという間に読み終わりました。何で、二人の意識が入れ替わったのか?ある陰謀が読み進むうちにあきらかになっていくのですが、もうちょっと、ひねりがあってもよかったかなと、最後の種明かしに行く前に分かりすぎるぐらい分かっちゃうので、もう少し、「えっ!」って思える展開があってもよかったんじゃないかなぁと。

 池井戸さんの小説は、はじめて読んだんだけど、他の作品も読んでみようっと。 そういえば、ドラマはあまりみたこと無いんだよな、「倍返し」の半沢直樹とか、下町ロケットとか流行ったけどね。あぁ、杏ちゃんが出てた、花咲舞は見てたな、でもこれ、杏ちゃん出てたから見てたんだよね...。

 ところで、今朝というか昨夜の午前1時に、JAPAN SEVENS代表がやってくれました。昨年のワールドカップのSOUTH AFRICA戦の勝利に匹敵する、NEW ZEALAND戦での勝利、すばらしいの一言。14対12、歴史に残る一勝です。
NZに勝利!
 同点の副島選手のトライ、このトライまで、JAPPANはNZに走り勝ってました。
NZに勝利!
 最後のNZの選手の走りを止めた福岡選手のスピードすごかったです。見ているほうが、あきらめちゃうくらいのプレーだったのに...JAPANの気迫、本当にすごかった。
 結局、この後、5時からのイギリス戦も見てしまった...惜しくも2点差で敗れちゃったけど、トライ数は3本で一緒、最後のコンバージョンが決まっていれば同点だったのですが...次のプール戦は今日の夜中の12時のケニア戦、これに勝てば、決勝トーナメントは確実、頑張って欲しいですねぇ。

 ということで、興奮して寝られなかった...。

セブンズアジア予選 おまけ2015/12/01 07:05

 昨日、書ききれなかったおまけ。

 まずは、大会終了後、観客に挨拶に来たサクラセブンズの皆さん。
 写真は大黒田選手、いい、スタンドオフです。最前列で見ていたら、彼女のお姉さんが隣の空いた席に来て、大きな望遠レンズで試合=妹さんを追いかけてました。ということで、もちろん、リオ行きが決まった瞬間、お姉さんとハイタッチで喜びを分け合いましたとさ。
セブンズアジア予選 おまけ
 チーム最少の鈴木陽子選手。やっぱり小さかったですね。リオ行きを決めた夜のフジテレビの番組でも背か低いって事、話題になってましたね。
セブンズアジア予選 おまけ
 キャプテンの中村選手と山口選手。中村選手のチームメイトたちがカラフルなアフロヘアで応援してましたよね。お友達たち、「待ってたのにあっさりいっちゃた」ってさびしそうに言ってた。
セブンズアジア予選 おまけ

 大会パンフレットと、小さなサクラセブンズのロゴ入りブランケット、セットで800円でした。選手のプロフィールが書かれてて、サインをもらうのにもちょうどよかったのですが、大会に参加した他の国の情報があってもよかったかな...。
セブンズアジア予選 おまけ

 迷った末、やっぱり買っちゃいました、サクラセブンズのレプリカジャージ。1日目の夜は売り切れてたのですが、翌日の朝、カンタベリーショップに行ったら、数枚だけありました。きっとサンプルとしてて出していた分ですね。XLは1枚だけでした。
セブンズアジア予選 おまけ
 もちろん、これを着て応援しましたよ。ちなみに、ショップのスタッフに聞いたら、男子のデザインは今回、販売がなかったそうな。ちなみに、自分は男子のデザインより、女子のデザインのほうが好きですね。こっちのほうが、桜のイメージ出てますからね。
セブンズアジア予選 おまけ

 香港代表メンバーに、香港セブンズのレプリカシャツにサインをもらいました。
セブンズアジア予選 おまけ
 なんか、サイン、みんな小さいですよね...。「みんな小さいなぁ」って言ったら、プーン・パクヤン選手が「女子セブンズの選手だから小さいの」って言われた。確かに、それもそうか...。ちなみに、12人いるはずなんだけど、1人だけサインもらってない。誰だか分からない...。
セブンズアジア予選 おまけ

 サクラセブンズの試合のときの珍現象。
セブンズアジア予選 おまけ
 というか、こんなに報道陣がラグビーの試合にいたのを見たことない。ハーフタイムのときに、ゴール裏からゴール裏に報道陣の大移動。たぶん、ゴールからゴールまで繋がるくらいたくさんいたんじゃないかな...。
セブンズアジア予選 おまけ
 優勝してリオ行きが決まったあとの表彰式、報道陣のカメラマンがハンパじゃない。上の写真の黄色が込みのところ全部報道陣ですからね。
 ワールドカップ以降、ラグビーの注目度あがってますねぇ。

女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目2015/11/30 07:05

 また、歴史の瞬間に立ち会っちゃいました...。

 外苑前の銀杏並木もいい感じで色づき始めた、秩父宮に行ってきた...って、一昨日の続きで女子七人制ラグビーのオリンピックのアジア予選を見てきました。今日、サクラセブンズが優勝すると、来年のリオデジャネイロオリンピックへの切符を手に入れることができます、ということで、その瞬間をこの目で見るために行ってきました。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 一昨日と同様、初戦はサクラセブンズの試合でした、相手はSRI LANKA。昨日も書きましたが、SRI LANKAは体格こそ細いですが、足も速いし、パスのテクニックもいいものがありますが、もちろん実力から言ってもサクラセブンズの勝利は硬いですね。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 案の定、SRI LANKAは手も足も出ないという感じで、サクラセブンズは、中村キャプテン、小出選手、竹内選手がそれぞれ2トライをあげ、合計9トライ、49対0とSRI LANKAに圧勝しました。 
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 サクラセブンズの2戦目はKAZAKHSTAN戦、この試合に勝つか引き分けると、オリンピック行きが決まります。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 試合の序盤から拮抗していて、なかなか、両チームともに点を入れることができませんでした。どちらもディフェンスが硬かったですね。サクラセブンズも体の大きいKAZAKHSTANの攻撃を低く刺さるタックルでしのいでました。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 前半、ホーンがなった後のプレーで、KAZAKHSTANがペナルティーでイエローカード、一人多いサクラセブンズが速攻を仕掛け、トライをあげました。ゴールは決まりませんでしたが、貴重な得点をあげて前半を折り返しました。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 しかし、後半、今度はサクラセブンズがペナルティーでイエローカード、KAZAKHSTANにディフェンスのギャップを突かれ、ゴールポスト真下にトライ。もちろん、ゴールも決まり2点差でサクラセブンズが追いかける状況に。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 結局、このまま、追いつくことができず、サクラセブンズは5対7で惜敗。オリンピック行きの決定は、順位決定戦に持ち越されました。

 プール戦が終わった時点の結果。この結果により、香港大会で優勝しているサクラセブンズは、22点差以内の負けであれば、オリンピック行きが決定するという状況。俄然有利な状況の中で順位決定戦が始まりました。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 5位、6位決定戦は、SRI LANKAとGUAM。実力が均衡していていい試合でした。パワーのGUAMとスピードのSRI LANKAとカラーの違う対戦、それなりに見ごたえがありました。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 7点差を追うGUAMが後半にトライをあげ、2点差まで追い詰めたのですが、SRI LANKAが逃げ切り、12対10、競ったいい試合でした。昨日も書きましたが、SRI LANKAのDILRUKSHI選手のスピードいいですねぇ。
 試合後、両チーム一緒に、でそれぞれのサイドの観客に挨拶に来ました。初めてこういう光景を見ましたが、こういうことができるのがラグビーのいいところですね。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 3位、4位決定戦はCHINAとHONG KONG、さしずめ兄弟対決って感じかな。体格が違うCHINA相手にHONG KONGがよくファイトしていました。なんでも、CHINAは身長150cm台の選手は一人だけ、一方、HONG KONGはスピードはあるけど、サイズはどうみてもCHINAの選手より2回りくらい小さかったですね。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 試合終了寸前まで、CHINAの2点差をHONG KONGが追う展開だったのですが、最後にCHINAに突き放されてしまいました。HONG KONG応援してたんだけどなぁ。19対10、HONG KONG惜しかったですね。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 そして、決勝戦、サクラセブンズ対KAZAKHSTAN
 まずは、両国国歌斉唱、これがあると、テストマッチって感じで気持ちが引き締まりますね。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 一つ前の試合同様、引き締まったいい試合。前半3分にキャプテンの中村選手がトライをして、サクラセブンズがリードしました。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 後半になって、いきなり、KAZAKHSTANに追いつかれてしまいました。ただし、その後は、徐々に息切れしてきたKAZAKHSTANのプレーが粗くなってきました。反則の繰り返しでサクラセブンズがKAZAKHSTANゴール前に迫ります。最後は、後半7分に小出選手がトライを決めました。このまま、試合終了。最後は、ポイントからのボールをけりだして試合終了。14対7とサクラセブンズの勝利で、オリンピック行きを決めました。
 下の写真は、ボールを蹴り出した瞬間。
女子7人制ラグビーアジア予選 第2戦 日本大会 2日目
 今年はラグビー界にとって、いい年でしたね。

 ところで、昨日の国内リーグでは色々とありましたね、トップリーグでは、近鉄がサントリーに、NTTドコモが神戸製鋼にそれぞれ勝利しました。そして、関東大学対抗戦では、筑波大学が帝京大学を破り、帝京大学の学生相手の連勝を50でストップしました。NTTコミュニケーションもマフィ選手の活躍で快進撃を続けてます。ラグビーにますます目が離せません。