小江戸2017/08/07 07:13

 仕事で川越まで行ってきた。

 昔から何度も川越に来たことがあったのですが、小江戸は行ったことがなかったので、休日だったこともあり仕事終わりに小江戸散策に行ってみた。グーグルマップ片手に炎天下の中、30分くらいは歩いたでしょうか...。

 途中で、神社があったので、寄り道、熊野神社です。「開運祈願」って書いてあったので、お参りしてきました。提灯の柄、よく見たらヤタガラスですね。
小江戸
 海外、特に中国の方と思われるツーリストの方が多かったですね。何をお祈りしてきたかは内緒です。
小江戸
 JRの川越駅からだと、距離、結構ありますね。汗だくになりました。
小江戸
 確かに街並みは風情があります。でも、この通り、幹線道路なのかな?結構、車の往来がありました。これで、金沢の武家屋敷跡みたいに細い道だったら、もっと風情が出るよね。
小江戸
 「時の鐘」です。江戸時代から時を伝えてきた塔です。背の低い街並みの中でこの高さは、一際目立ちますね。
小江戸
 それにしても、外国の方、特に中国の方多かったです。買い物とかじゃなくていわゆる観光=体験にシフトしてるんですね。
小江戸
 とりあえず、ここまで行くことに疲れちゃってて細かく見れて無いけど、例えば、お菓子横丁とかね、また行くかどうかは分からないなぁ。

なんか変...2017/07/07 07:05

 久しぶりに浅草に行ったら...
なんか変...
 雷門がなんか変。

 よく見たら、囲いがしてあって、その表側に絵?写真?が描いてあるんですね。何でも屋根瓦の工事なんだそうで、先月中旬から10月末まで続くそうです。
なんか変...
 ただ、囲いをするだけじゃなくて、表に絵を入れるなんて、ちょっと粋じゃない?

ベトナムフェスティバル2017/06/13 07:03

 今年もベトナム在住の友人がブースを出してるってことで、昨年も行ったベトナムフェスティバルに行ってきた。
ベトナムフェスティバル
 本来なら久しぶりの帰国なので、こっちがお土産もっていくところなのに、ベトナム土産もらっちゃった。
 イタチコーヒー(Weasel Coffee)とMUNG BEAN CAKE。
 イタチコーヒーって、タヌキコーヒーとかジャコウネココーヒー(Civet Coffee)とも呼ばれるもので、インドネシアでは「コピ・ルアク(ルアクがジャコウネコのことなので、ジャコウネココーヒーだね)」、フィリピンでは「アラミド・コーヒー」って呼ばれてます。コーヒーの実を動物が食べて、出てくる豆(種)を集めたもの。要するに、ウ○チの中から取り出したコーヒー豆。ベトナムの市場で売ってたけど高かったな。取るの大変だと思うけどこんなインスタントっぽい商品作れるほど取れるのかな...?
ベトナムフェスティバル
 もう一つのMUNG BEAN CAKEは、受け取ったときチョコレートかと思ったんだけど、パッケージの英語名は「緑豆ケーキ」。ベトナムでは「バインダウサイン Banh Dau Xanh」という緑豆で作られたお菓子でした。Dragon Ky Anhってお店は、ハノイのハンザ市場にもあるそうで、ナッツやコーヒーなどのドリンクも扱っているようです。
ベトナムフェスティバル
 パッケージを開けると小分けになって入ってます。おしゃれなパッケージですね。
ベトナムフェスティバル
 銀紙を空けると、薄緑の小さく切られたお餅のように見えるMUNG BEAN CAKE。
ベトナムフェスティバル
 緑豆のきな粉を固めたお菓子ですね。日本の駄菓子のきな粉棒に似た味、いや、似たと言うより、同じですね。日本人の口にも合うと思います。コーヒーにも合うんじゃないかなぁ。
ベトナムフェスティバル
 ト○チくん、お土産ありがとうね。

 で、今回ベトナムフェスティバルに行った、もう一つの目的がこれ。
ベトナムフェスティバル
 カシューナッツです。
 この、渋皮付きカシューナッツ、本当に美味しいんですよ。500gで1500円、でもその価値は十分あります。
 で、今回、おまけのココナッツの殻で作ったボウルをもらいました。
ベトナムフェスティバル
 綺麗ですね。
ベトナムフェスティバル
 ひっくり返すと...ねっ、ココナッツの殻でしょ。

 ベトナムしばらく行って無いなぁ...行きたいなぁ...今度、無理やり仕事作って行ってこようかな。

ソニービル解体2017/06/12 07:09

 ソニービルの解体が始まっています。

 開業から50年、新しいビルに生まれ変わるため、2017年の3月31日に営業終了したソニービル、解体が始まりました。まだ、ビルは残っていますが、工事用の囲いが設営されました。白を基調にしたその囲いに絵が描いてあるのですが、その絵が...カワイらしい。ソニーといえば、レコード会社も持っていて、たくさんのアーチストが所属してます。ヒット作をたくさん排出してます。

 まずは、ピアノマンことビリー・ジョエルさん。70年代から80年代にかけてヒット作を連発してました。今は、さびしくなってる頭も当時はモサモサでした。イントロの口笛が印象的な「The Stranger」や、「Just the Way You Are」が好きでした~。 
ソニービル解体
 階段には、先日、ノーベル文学賞を受賞されたボブ・ディランさん。自分はあまり聞くことはなかったですが、1976年に発表された「One More Cup of Coffee / コーヒーもう一杯」は好きでしたね。あっ、もちろん「Blowin' the Wind / 風に吹かれて」も名曲ですよね。「Knockin' on Heaven's Door / 天国への扉」も好きだな...ボブさんの曲、結構、知ってるかも。
ソニービル解体
 上の二人が活躍している頃に生まれた2人、ダフト・パンクさん。ダフトさんもCDとかもって無いけど、聴いたことある曲、多いよね。「Get Lucky」とか流行ったもんね。もう、4年も前になるんだね。
ソニービル解体
 もう彼が神様に召されてから25年も経つんですね...マイルス・デイビスさん。自分が聴きだしたのは、80年代の頭なので、休養明け、いわゆるカムバック期。マイルスさんのCDのマーカス・ミラーさんのベースがカッコよくて好きでした。そういえば、マーカスさんの後のベースが、今、ローリング・ストーンズのベースのダリル・ジョーンズさんですね。あっ、ベースだけじゃなくて、マイルスさんのトランペットも好きですよ。当時のあの間、凄いというかカッチョいい~。
ソニービル解体
 KING OF POP...マイケル・ジャクソンさん。
ソニービル解体
 やっぱ、カッコいいよね~。後楽園(東京ドームじゃありませんよ)にライブ見に行ったな...そんときもかっこよかったもんなぁ...バッド・ワールド・ツアーだね。奥様と「This Is It」観にいったな~、やっぱ、カッコよかったよね。

 さて、ソニービルですが、次、お目見えするのは2022年なんだって、よく考えるとずいぶん先だなぁ...。

浅草で豆かん ふたたび2017/05/27 07:06

 三社祭を見に行った帰り、「梅園」に行ってきた。
浅草で豆かん ふたたび
 お目当ては、「豆かん」を食べるため。以前食べた、梅むらの豆かんとの食べ比べをしてみようということに。
浅草で豆かん ふたたび
 梅園の豆かんには、缶詰のさくらんぼが乗ってました。やっぱり、豆、いっぱいですね。
浅草で豆かん ふたたび
 豆とかんてんと黒蜜、シンプルな材料を使うだけに違いはあまり無いのかなって思っていたのですが...。まず、豆が違いました。梅園は赤えんどう豆、そして、塩豆。梅むらは黒豆ですね、自分は、黒豆のほうが好きかな...。かんてんも梅むらのほうがテングサの香りが強いと思います。

 ということで...自分は、梅むらに軍配かな。まぁ、人ぞれぞれだと思うけどね。