ベトナムフェスティバル2017/06/13 07:03

 今年もベトナム在住の友人がブースを出してるってことで、昨年も行ったベトナムフェスティバルに行ってきた。
ベトナムフェスティバル
 本来なら久しぶりの帰国なので、こっちがお土産もっていくところなのに、ベトナム土産もらっちゃった。
 イタチコーヒー(Weasel Coffee)とMUNG BEAN CAKE。
 イタチコーヒーって、タヌキコーヒーとかジャコウネココーヒー(Civet Coffee)とも呼ばれるもので、インドネシアでは「コピ・ルアク(ルアクがジャコウネコのことなので、ジャコウネココーヒーだね)」、フィリピンでは「アラミド・コーヒー」って呼ばれてます。コーヒーの実を動物が食べて、出てくる豆(種)を集めたもの。要するに、ウ○チの中から取り出したコーヒー豆。ベトナムの市場で売ってたけど高かったな。取るの大変だと思うけどこんなインスタントっぽい商品作れるほど取れるのかな...?
ベトナムフェスティバル
 もう一つのMUNG BEAN CAKEは、受け取ったときチョコレートかと思ったんだけど、パッケージの英語名は「緑豆ケーキ」。ベトナムでは「バインダウサイン Banh Dau Xanh」という緑豆で作られたお菓子でした。Dragon Ky Anhってお店は、ハノイのハンザ市場にもあるそうで、ナッツやコーヒーなどのドリンクも扱っているようです。
ベトナムフェスティバル
 パッケージを開けると小分けになって入ってます。おしゃれなパッケージですね。
ベトナムフェスティバル
 銀紙を空けると、薄緑の小さく切られたお餅のように見えるMUNG BEAN CAKE。
ベトナムフェスティバル
 緑豆のきな粉を固めたお菓子ですね。日本の駄菓子のきな粉棒に似た味、いや、似たと言うより、同じですね。日本人の口にも合うと思います。コーヒーにも合うんじゃないかなぁ。
ベトナムフェスティバル
 ト○チくん、お土産ありがとうね。

 で、今回ベトナムフェスティバルに行った、もう一つの目的がこれ。
ベトナムフェスティバル
 カシューナッツです。
 この、渋皮付きカシューナッツ、本当に美味しいんですよ。500gで1500円、でもその価値は十分あります。
 で、今回、おまけのココナッツの殻で作ったボウルをもらいました。
ベトナムフェスティバル
 綺麗ですね。
ベトナムフェスティバル
 ひっくり返すと...ねっ、ココナッツの殻でしょ。

 ベトナムしばらく行って無いなぁ...行きたいなぁ...今度、無理やり仕事作って行ってこようかな。

ソニービル解体2017/06/12 07:09

 ソニービルの解体が始まっています。

 開業から50年、新しいビルに生まれ変わるため、2017年の3月31日に営業終了したソニービル、解体が始まりました。まだ、ビルは残っていますが、工事用の囲いが設営されました。白を基調にしたその囲いに絵が描いてあるのですが、その絵が...カワイらしい。ソニーといえば、レコード会社も持っていて、たくさんのアーチストが所属してます。ヒット作をたくさん排出してます。

 まずは、ピアノマンことビリー・ジョエルさん。70年代から80年代にかけてヒット作を連発してました。今は、さびしくなってる頭も当時はモサモサでした。イントロの口笛が印象的な「The Stranger」や、「Just the Way You Are」が好きでした~。 
ソニービル解体
 階段には、先日、ノーベル文学賞を受賞されたボブ・ディランさん。自分はあまり聞くことはなかったですが、1976年に発表された「One More Cup of Coffee / コーヒーもう一杯」は好きでしたね。あっ、もちろん「Blowin' the Wind / 風に吹かれて」も名曲ですよね。「Knockin' on Heaven's Door / 天国への扉」も好きだな...ボブさんの曲、結構、知ってるかも。
ソニービル解体
 上の二人が活躍している頃に生まれた2人、ダフト・パンクさん。ダフトさんもCDとかもって無いけど、聴いたことある曲、多いよね。「Get Lucky」とか流行ったもんね。もう、4年も前になるんだね。
ソニービル解体
 もう彼が神様に召されてから25年も経つんですね...マイルス・デイビスさん。自分が聴きだしたのは、80年代の頭なので、休養明け、いわゆるカムバック期。マイルスさんのCDのマーカス・ミラーさんのベースがカッコよくて好きでした。そういえば、マーカスさんの後のベースが、今、ローリング・ストーンズのベースのダリル・ジョーンズさんですね。あっ、ベースだけじゃなくて、マイルスさんのトランペットも好きですよ。当時のあの間、凄いというかカッチョいい~。
ソニービル解体
 KING OF POP...マイケル・ジャクソンさん。
ソニービル解体
 やっぱ、カッコいいよね~。後楽園(東京ドームじゃありませんよ)にライブ見に行ったな...そんときもかっこよかったもんなぁ...バッド・ワールド・ツアーだね。奥様と「This Is It」観にいったな~、やっぱ、カッコよかったよね。

 さて、ソニービルですが、次、お目見えするのは2022年なんだって、よく考えるとずいぶん先だなぁ...。

浅草で豆かん ふたたび2017/05/27 07:06

 三社祭を見に行った帰り、「梅園」に行ってきた。
浅草で豆かん ふたたび
 お目当ては、「豆かん」を食べるため。以前食べた、梅むらの豆かんとの食べ比べをしてみようということに。
浅草で豆かん ふたたび
 梅園の豆かんには、缶詰のさくらんぼが乗ってました。やっぱり、豆、いっぱいですね。
浅草で豆かん ふたたび
 豆とかんてんと黒蜜、シンプルな材料を使うだけに違いはあまり無いのかなって思っていたのですが...。まず、豆が違いました。梅園は赤えんどう豆、そして、塩豆。梅むらは黒豆ですね、自分は、黒豆のほうが好きかな...。かんてんも梅むらのほうがテングサの香りが強いと思います。

 ということで...自分は、梅むらに軍配かな。まぁ、人ぞれぞれだと思うけどね。

浅草のお祭り ふたたび2017/05/23 07:02

 浅草に行ってきた...先週末、昨年も見に行った三社祭を見に。

 浅草に着いたのが夕方だったので、あまりお祭りの雰囲気はなかった。いつもの休日とあまり変わらないなって思いながら歩いてたら、雷門の方から祭囃子が聞こえてきた。雷門の裏、仲見世の入口で、お囃子を演奏していました。やっぱり、お祭りなのね…そのお囃子、伝統を守るって感じでカッコよかった。
浅草のお祭り ふたたび
 で、御神輿見えないなって思いながら後ろを振り向いたら、なんか違和感…そうなんです、いつもは大きく膨らんでいる提灯が半分の状態に!?ひょっとして御神輿がここを通るのかな?
浅草のお祭り ふたたび
 と、しばらくブラブラしてたら、御神輿が路地から出てきました。
浅草のお祭り ふたたび
 やっぱり、御神輿いいよね~。ちなみに、この日は今年始まって一番の暑さ、御神輿がそばを通った時の熱気凄かった、担ぎ手の方たち暑かったろうなぁ。
浅草のお祭り ふたたび
 で、御神輿は雷門に向かって進んでいきます。
浅草のお祭り ふたたび
 しばらく見てたら、やっぱり、ここ通るんですね...。
浅草のお祭り ふたたび
 たたまれた提灯の下を通って、御神輿は仲見世に向かって真っ直ぐ進んでいきました。
浅草のお祭り ふたたび
 雷門を抜けて、仲見世に入るところです。前がつまってて、しばらくここで待機してました。
浅草のお祭り ふたたび
 こんな感じで仲見世を進んでいきました。仲見世も練り歩くんですね...一緒にいた奥様も始めてみたって言ってた。
浅草のお祭り ふたたび
 仲見世を上から見てみようってことで、浅草文化センターの展望台に...
浅草のお祭り ふたたび
 仲見世が光の道になってて、きれいだったな~。御神輿が金色に輝いて本当に綺麗だった。

 やっぱ、お祭り好きだなぁ。

台湾行ってきた 42017/05/07 07:18

 最終日の朝も、この食材でサンドイッチを作りました。これだと、野菜もちゃんと取れるのでいいですよ。
台湾行ってきた 4
 ホテルの最上階に庭園があるというので、雨の中見にいって来た。ん~、花を期待したんだけど...咲いていませんでした...残念。
台湾行ってきた 4
 饅頭、リベンジしました。この日は、口頭ではなく、スマホに「豆沙包」って打って、それを見せて注文しました。
台湾行ってきた 4
 ねっとり、中華のこしあん。中華のこしあんって、ちょっと甘すぎたりすることがあるのですが、このこしあんは甘すぎず美味しかったですよ。小さなカウンターだけのお店なんですが、侮りがたしでした。
台湾行ってきた 4
 この日は、お取引先の事務所に行って商談、2年ぶりの訪問です。自分にとって、取引先の事務所の前にあるこの噴水を見ると台湾に来たな~って感じがします。シダ植物の感じなんてとってもいい感じです。しっかり、手入れされているのが伝わってきます。
台湾行ってきた 4
 帰国前、最後の食事もキャラクターレストランに行きました。サンリオさんのぐでたまのレストラン。ところで、レストランの外観の写真、撮るのを忘れちゃいました...。
台湾行ってきた 4
 もちろん、店内はぐでたま一色。
台湾行ってきた 4
 記念撮影用のフィギュアはもちろん...
台湾行ってきた 4
 トイレのサインもぐでたま
台湾行ってきた 4
 入り口の男女の表示もぐでたま。これ、良く考えられてます。
台湾行ってきた 4
 なんと、こんなところまでぐでたま。最初、気がつかなかった...。
台湾行ってきた 4
 もちろん、テーブルにもぐでたま。「力がでない...」って感じかな?
台湾行ってきた 4
 ランチョンマットもぐでたま
台湾行ってきた 4
 デザインが何種類かあるみたいです。
台湾行ってきた 4
 塩とコショウ入れに、楊枝さしもぐでたま仕様。隠れちゃってますけど、紙ナプキンにもぐでたまがいますね。
台湾行ってきた 4
 もちろん、取り皿も...どこまでぐでたまやねん!!
台湾行ってきた 4
 ということで、メニューもぐでたまだらけ。リゾットです。右側の茶色いのはサーモンフライ、白いのはホワイトクリームのソース。このソースをぐでたまライスにかけていただきます。お値段は、NT$320、約1,200円。
台湾行ってきた 4
 これ、なんだと思います?
台湾行ってきた 4
 ピザです。白いところはメレンゲ、具材はネギとか入っていて少し和風な感じでした。NT$280、約1,000円でした。
台湾行ってきた 4
 店舗お勧めのフライの盛り合わせ。揚げたてで、サクサク、カリカリで美味しかったです。お勧めするだけあるって感じでした。NT$480、約1,800円。とここまで食べてこの量、台湾のスタッフと2人では多すぎでした、隣のカップルも食べきれてませんでしたね。ということで、残した分は台湾事務所へのお土産にしてもらいました。こういうところが、海外はいいです。日本だと、なかなかできるレストランありませんよね。そういえば、米国出張したとき、現地のスタッフが、「自分でお金を払っていて自分のものだから、どうするかは自分の勝手でしょ」って行ってたのを思い出した。そりゃそうだけどね...。
台湾行ってきた 4
 デザートにぐでたまパンケーキ。NT$160、約600円、ベビーカステラみたいな味でした。スタッフが言うには、鳥の巣をイメージしているそうで、巣の部分の表現はベビースターラーメンでした。
台湾行ってきた 4
 カプチーノ、ぐでたまマシュマロ付き。
台湾行ってきた 4
 台湾のスタッフは、ダージリンティー。ティーパックがぐでたま仕様でした。
台湾行ってきた 4
 このキャラクターレストランも、話題性だけじゃなくて食事の味も美味しくて、満足でした。
 カウンターの上にレストランのスタッフのいたずら書き?中国語、なんて書いてあるか聞いたら「いただきます」なんだそうです。
台湾行ってきた 4
 今回、日系小売業の調査のはずだったのですが、キャラクターレストランの調査になっちゃいました...。小売が元気がなくて、飲食が好調っていうマーケットの状況をそのまま表したような調査でした。
台湾行ってきた 4
 やっぱり、全日空の機内食は、美味しかった。これで同じ値段だからなぁ...やっぱり日系の方がいいかなぁ。
台湾行ってきた 4
 そういえば、先日アカデミー賞を総なめにした映画「ラ・ラ・ランド」の監督の作品「セッション / Whiplash」を帰りの機内で見ました。この映画見たかったんですよね。音楽学校でプロのドラマーを目指す若者とその教師の話。教師の指導が度を越していて、若者が疲弊していくって話なのですが、実際は...っていうサクセスストーリー。ハッピーエンドではないけど、あぁ、そうなるのね...って感じ。そうだ、アカデミー賞といえば、教師役のJ.K.シモンズさん、この映画で助演男優賞を獲ってました。この監督、弱冠32歳だけど才能あるのね~。ということで、面白い映画でしたよ。