リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第2戦 FRANCE vs JAPAN2017/11/28 07:07

 先日、2019年の日本でのラグビーワールドカップに続く2023年の会場がフランスに決定しました。ということで、その2カ国の最初の顔合わせということで、記念すべき一戦となりました(自分の中でね)。そういう意味で、そもそも、負けられない一戦だけど、一層、両国とも気合が入りますよね。

 JAPANの先発メンバーは、SHの流選手が先発、田中選手がリザーブと入れ替わり、負傷離脱した布巻選手の代わりに徳永選手がリザーブに入った以外は、先日のTONGA戦と同じメンバー。現時点でのベストメンバーって感じです。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第2戦 FRANCE vs JAPAN
 前半立ち上がりから、JAPANはディフェンス、アタックともに良かったと思います。体躯とスピードのあるFRANCE相手に引けをとらないタックルは本当に良かったですね~。タックルをはずされて裏に出られるということは、ほとんどありませんでした。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第2戦 FRANCE vs JAPAN
 この日は、センターの2人が目立ってましたね。前半、あわやトライというところでFRANCEのラクロア選手をタッチに押し出した立川選手のタックル、2015年RWCのSCOTLAND戦での五郎丸選手のトライを阻止したタックルに匹敵する良いプレーだと思います。この日のJAPANのカバーディフェンスは立川選手に限らず良かったと思います。同じくもう一人のセンターのラファエレ選手も、この日は攻守ともに目立ってました。何度も、接点に顔を出してましたし、後半立ち上がりのトライは完璧でした。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第2戦 FRANCE vs JAPAN
 あとはやっぱり、リーチ選手かな?チーフスでレギュラー張るだけのことはあります、体の大きなFRANCEの選手を何度も正面からタックルで止めてました。

 アタックでは、テンポのあるすばやい球出しで、FRANCE代表を翻弄してましたね。松島選手は相変わらずキレキレでてした、ボールを持つと必ずゲインしてましたし簡単には捕まらない。後半、キックの処理であわやノッコンというところ、抜群の運動神経でキャッチしたところ、さすが松島選手って感じでした。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第2戦 FRANCE vs JAPAN
 23対23
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第2戦 FRANCE vs JAPAN
 FRANCE相手に引き分けは凄いと思います。トライ数で行ったらJAPANは3本で、FRANCEは2本ですからね。田村選手が試合を決めるはずのゴールキックをはずしたのは痛かったですが、これを、このプレッシャーの中で入れられるようになれば、ランキング8位内のチームにも勝てるということを証明した一戦だったと思います。ノーサイドの笛がなった瞬間、JAPANの選手はみんな立っていたのに、FRANCEの選手たちが、膝をついていたのが印象的でした。

 10月28日の世界選抜戦から始まった4連戦、世界選抜に負けたときは、どうなるかと思いましたが、ボロ負けしちゃいましたけどAUSTRALIA戦、フランスに入ってからのTONGA戦、この試合と、確実に1試合ごとにレベルアップをしていたと思います。2年後に繋がるいいツアーでした。

 残念だったのは福岡選手が前半で退いたことかな...もっと、福岡選手がそのスピードでFRANCEを翻弄するところがみたかったんですけどね...。

リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN2017/11/22 07:03

 フランス遠征の第1戦、テレビ観戦しました。

 この日の試合登録メンバー。真壁選手の先発は2014年11月のRUMANIA戦以来、実に3年ぶり。AUSTRALIA戦で最後にトライを決めた姫野選手は本職のフランカーで出場。福岡選手、レメキ選手、松島選手のバックスリーにも注目です。
 登録メンバーは以下。
 01.稲垣 啓太 パナソニックワイルドナイツ 17
 02.堀江 翔太 パナソニックワイルドナイツ 53
 03.具 智元 ホンダヒート –
 04.ヴィンピー・ファンデルヴァルト NTTドコモレッドハリケーンズ 1
 05.真壁 伸弥 サントリーサンゴリアス 34
 06.姫野 和樹 トヨタ自動車ヴェルブリッツ 1
 07.リーチ マイケル 東芝ブレイブルーパス 51
 08.アマナキ・レレイ・マフィ NTTコミュニケーションズシャイニングアークス 17
 09.田中 史朗 パナソニックワイルドナイツ 62
 10.田村 優 キヤノンイーグルス 46
 11.福岡 堅樹 パナソニックワイルドナイツ 23
 12.立川 理道 クボタスピアーズ 52
 13.ラファエレ ティモシー コカ・コーラレッドスパークス 6
 14.レメキ ロマノ ラヴァ ホンダヒート 3
 15.松島 幸太朗 サントリーサンゴリアス 26
 16.坂手 淳史 パナソニックワイルドナイツ 9
 17.石原 慎太郎 サントリーサンゴリアス 6
 18.ヴァル アサエリ愛 パナソニックワイルドナイツ 1
 19.布巻 峻介 パナソニックワイルドナイツ 4
 20.フェツアニ・ラウタイミ トヨタ自動車ヴェルブリッツ 1
 21.流 大 サントリーサンゴリアス 7
 22.シオネ・テアウパ クボタスピアーズ 1
 23.藤田 慶和 パナソニック ワイルドナイツ 29
 チーム名の後ろの数字はキャップ数、若手とベテランを上手く組み合わせている感じですね。スタメンの総キャップ数は392、登録メンバー全員では450。AUSTRALIA戦に対し、スタメンで77、登録メンバー全員で72キャップ数が増えています。これから、若手にキャップ数を積み上げてもらいたいです。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN
 結論から言うと、39対6、フィジカルで押してくるTONGAに対しスピードとしつこいディフェンスで、TONGAをノートライに抑え、逆に5トライをあげての快勝でした。実に7年ぶり、試合数でいうと4試合ぶりの勝利となりました。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN
 JAPANは立ち上がりからいい感じでしたね。相手がTONGAとはいえ、AUSTRALIA戦より明らかに良くなっていたと思います。低くて押されないスクラム、スピードのあるアタック、ディフェンスも良かったですね。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN
 まぁ、TONGAの攻撃が力任せの単純な突進が多かったというのもありますが、早い出足でTONGAのアタックを止めてました。まぁ、キックの後のカウンターアタックでのアンストラクチャーな状態のときに、1対1でずらされてしまう場面が何回かあったのでそこは要修正だと思います。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN
 あとは、パワーで前に出られたときのディフェンスですね。頑張っていたと思いますが、あれだけ前に出られてしまうとつらいです、何度もTONGAのミスで助けられました。まぁ、プレッシャーをかけているといえばそうなんですけどね。修正点がはっきりしていて、改善可能な所だと思うので、FRANCE戦を楽しみにしたいと思います。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN
 一方、アタックは良かったと思います。やっぱり、JAPANのバックススリーは良いですね~。レメキ選手、松島選手、福岡選手、3人ともスピードもあって、かつ人にも強い。松島選手はスペースのあるところでボールをもらうことがあまりなかったので、ロングゲインはありませんでしたが、相手に捕まってから前に出る意識、テクニックが半端無いです。福岡選手は、ゴール前でTONGAの選手に追いつきトライを阻止したり、後半34分のバランスを崩しながらも獲ったダメ押しのトライ、とにかく攻守ともに活躍してました。レメキ選手はディフェンスで何度かミスがありましたが、前後半1本ずつのトライ、期待通りの活躍だったと思います。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN
 バックスはセンター陣も良くタックルをしていたと思いますが、この日のSOの田村選手が良かったですね。最近の試合では、今ひとつプレーに切れがなかったのですが、この日は周りが良く見えていたというか、落ち着いてプレーしていたと思います。パスのタイミング、チャンスと見ると自ら縦を突く、キックは今ひとつのものもありましたが中途半端なキックは無く、すべてのプレーで思い切りよいアタックを仕掛けられていたと思います。特に、先制のレメキ選手のトライに繋がったパスのタイミング絶妙でした。プレースキックも好調で、ここしばらくの試合では、一番の出来だったんじゃ無いでしょうか。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN
 フォワードはスクラムとラインアウトも良かったですが、モールも良かったです。相手の反則も誘ってましたし、マフィ選手のトライもありました。
 リーチ選手が攻守で大活躍でした。試合開始直後の幻のトライ、もったいなかったです。
 あと、ニューフェイスの姫野選手とヴィンピー選手が良かったですね。姫野選手はディフェンスで目立ってましたし、ヴィンピー選手はディフェンスはもちろんのこと、ボールキャリーのときのしつこさが良かったです。タックルをされた後にすぐ立ち上がり、ボールを少しでも前に運ぶというプレーを何度も繰り返してました。いい選手がJAPANに入ってくれたと思います。
リポビタンDツアー2017(フランス遠征)第1戦 TONGA vs JAPAN
 明らかに、1試合ごとによくなってますね~、今週末のFRANCE戦が楽しみです。

先週の日産スタジアム 22017/11/11 07:10

 この日、先着で配布されていたリユースカップ。2人以上で来場の方に配布ってことなので、いつも一緒に一緒ラグビー観戦をする友人ともらってきました。
先週の日産スタジアム 2
 ラガマルくん探したんだけど見つけられなかった。かわりに、神奈川県のゆるキャラ「かながわキンタロウ」。なんと、腹掛けがJAPAN仕様になってます。手で隠れちゃってますが、左胸に桜のエンブレム、腹掛けは赤と白のボーダー、ねっ、JAPAN仕様でしょ?
先週の日産スタジアム 2
 東ゲート前広場にJAPANの選手の皆さんの等身大パネル。意外に写真撮ってる人あまりいなかった。
先週の日産スタジアム 2
 離脱しちゃった山田選手、残念です。一日も早い復帰待ってます。
先週の日産スタジアム 2
 東ゲートの入場口の横に設置されてました。でも、これ、手荷物検査ブースに隠れちゃってて、自分が行ったときには2人くらいしか見ている人いなかった。JAPANのジャージの変遷だけじゃなくて、ラグビージャージの進化も確認できるんですよね。特に、2003年のワールドカップから次のワールドカップまでの間で、大きく素材や形状が変わってます。これ、ちょっと、良い展示だと思うんだけどなぁ...。ちなみに、自分は2007年のものと2015年のものを持ってます。
先週の日産スタジアム 2
 息子に、オペラグラスを借りてきたので、スマホと組み合わせて写真撮ってみた。
先週の日産スタジアム 2
 肉眼じゃ顔まで綺麗に撮れないのですが、これだと結構、いい感じで撮れてると思いません?
先週の日産スタジアム 2
 アップ中のAUSTRALIAの皆さん。スマホの画面上ではもう少し良く見えるんですけどね...?
先週の日産スタジアム 2
 ファーストスクラムの瞬間。この後ペナルティになっちゃうんだけどね。野口選手の顔も良く撮れてます。
先週の日産スタジアム 2
 この日の入場者数は過去最高だったそうです。43,621人、確かに一杯だったなぁ...。ワールドカップのときはどの会場もこのくらい盛り上がると良いよね。
先週の日産スタジアム 2
 それにしても、たくさんの人だ。

先週の日産スタジアム 12017/11/10 07:03

 先週の日産スタジアムの周辺の様子。

 新横浜駅のコンコースには、JAPAN vs AUSTRALIA戦の巨大バナー。
先週の日産スタジアム 1
 裏面は、2019年ラグビーワールドカップのバナー。ここ日産スタジアム=横浜国際総合競技場では以下の7試合が行われます。
 9月21日(土)NEW ZEALAND vs SOUTH AFRICA
 9月22日(日)IRELAND vs SCOTLAND
 10月12日(土)ENGLAND vs FRANCE
 10月13日(日)JAPAN vs SCOTLAND
 10月26日(土)準決勝1
 10月27日(日)準決勝2
 11月2日(土)決勝
 優勝チームがここ横浜の地で決定するんですね~。
先週の日産スタジアム 1
 コンコースの柱にも、この日の試合の巨大ポスターが貼られてました。これ、盛り上がるよね~。
先週の日産スタジアム 1
 スタジアムまでの道にはたくさんの幟が...。
 ワールドカップ開催地「横浜」の幟。和テイストの模様が入っているのですが、よく見るとラグビーモチーフが入っています。
先週の日産スタジアム 1
 この日の試合の告知の幟。今回のイメージカラーが桜色なのかな...?赤じゃや無いの?
先週の日産スタジアム 1
 こんなバナーもありました。写真は、昨年6月のSCOTLAND戦かな?
先週の日産スタジアム 1
 今の代表の幟かと思いきや、リポビダンDのサポートの歴史の幟でした。手前が最近のもの、奥に行くほど古くなってました。一番古い2002年のものは大畑選手でした。
先週の日産スタジアム 1
 駅を出てすぐのコンビニの「Dairy YAMAZAKI」の店頭でプレディスローカップのビデオを流していたのですが、子供たちが見入っていたのがかわいくて撮っちゃいました。この場面、良いですよね~?
先週の日産スタジアム 1
 日産スタジアムの東ゲート前広場には巨大なスクラム第一列のバルーン人形。でかくて良いんだけど、顔、もう少し何とかならなかったのかなぁ。
先週の日産スタジアム 1
 まだまだ、小ネタがあるので、また明日...。

ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA2017/11/06 07:05

 日産スタジアムに行ってきた。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 2年後のラグビーワールドカップで決勝が行われるスタジアム、行っておかないとね、で、この日の試合のJAPANの相手は、世界ランキング3位のAUSTRALIA。先月21日に行われたブレディスローカップで、7試合ぶりにオールブラックスに勝利しているので、上り調子での来日。厳しい試合ですけど、2019年のワールドカップのためにはどうしても結果を残しておきたいところです。

 AUSTRALIA、ワラビーズのメンバーは以下。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 2番のタタフ・ポロタナフ選手の叔父さんは、もとJAPANのホポイ・タイオネさんなんだそうです。控えのベン・マッカルマン選手は、パナソニックに在籍していたことがあります。で、やっぱりキャプテンのマイケル・フーパー選手のプレーに期待です。

 対するJAPANのメンバーは以下。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 松田選手のスタンドオフへの起用に、ちょっとびっくりしました。ジョセフさんは、結構、チャレンジャーだな...。野口選手のウイングでの起用もね、ジョセフさん、野口選手のこと気に入ってるんだね。

 ということで、会場まではこのワラビーズのポロを着て...
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 会場に着いたらこれに着替えました。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA

 やっぱりテストマッチで、国歌斉唱から始まると気が引き締まりますね。いつも、思うんだけど、帽子をとるの当たり前のことだと思うんだけど同なんでしょう?自分の席の近くのオーストラリア人もちゃんと帽子とってたんだけどな...。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 キックオフからJAPANがオーストラリア陣で試合を進めるいい展開...と思いきや、ちょっとミスをすると一気に畳み掛けられてしまいます。やっぱりAUSTRALIAは強いです。来日前のNEW ZEALANDとのTEST MATCHに勝ったのも伊達じゃなかった。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 スピードとパワーが違いました。正直、6月に来日したIRELANDより凄かったです。パスのタイミングはもちろんですが、パスのスピードとパスをキャッチするときのスピードが速い!ボールがスローダウンする時間がほとんど無い。これに、パワーがプラスされるので、JAPANが前で止めようとタックルしても、ほとんどの局面で前に出られてしまってました。 
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 ディフェンスも厳しい早い出足。特に目立ったのは、JAPANが裏に抜けても、あっという間に、黄色い塊が迫ってくるという場面でした。走るスピードももちろんですが、反応のスピードも恐ろしく速い。そのため、レメキ選手や松島選手が孤立する場面がありました。1対1では負けなくても、塊で来られるとどうしようもないです。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 あと、ミスも少なかったです。ノッコンがほとんどありませんでした。そういう意味でこの試合、スクラムの数が少なかったんじゃないかな。そういう意味でも、締まったいい試合だったんじゃないでしょうか?
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 JAPANも先週の世界選抜戦に比べると明らかにディフェンスが進歩していました。ディフェンスラインが崩れることがほとんどありませんでした。でも、パワーとスピードに負けちゃってたって感じかな。新しいディフェンスシステム、ランクの近いチームだったらもっと機能していたと思います。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 アタックもモールは負けてなかったです。後半30分のマフィ選手のトライに繋がったモールは完璧でした。今思うと、バックスで簡単に崩せないので、後半はセットプレーでも力負けしていないフォワードでの攻撃に切り替えたって所かな。前半は3対35、後半は27対28、後半だけ見たら1点差。前半もう少し切り替えられたらもう少し違った結果になっていたかも知れませんね。
 あと、ハーフからのキックで上手く攻撃できなかったり、切り替えされてトライされたりという場面があって、キックを蹴った田中選手に批判というか、風当たりが強いように感じたのですが、これって決め事なのに、チェイスするメンバーが反応できてなかったってことなんじゃないかなぁ...。いいアタックもできているので、このあたりの精度が上がればもっといい試合ができると思います。
ジャパンラグビーチャレンジマッチ2017 JAPAN vs AUSTRALIA
 30対63、完敗ですが、これまでのような「善戦」ではなく、次に繋がる良いところが随所に見られた試合だったと思います。試合終了間際の姫野選手のトライ、涙でそうになったもんなぁ。

 エディジャパンだって、前回のワールドカップの2年前、2013年の6月は、WALESには1勝したものの、ランクの近いTONGA、FIJIに負けて、11月も格下のRUSSIA、SPAINには勝ったけど、NEW ZEALANDとSCOTLANDには負けてますからね。当時、エディさんがものすごく怒ってたような記憶があります。ワールドカップまでもう2年だけど、あと2年もあるですからね。まだまだ、JAPANが伸びることに期待します。

 ということで、フランス遠征での19日のTONGA戦、26日のFRANCE戦が楽しみです。