リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND2017/06/22 07:04

 昨年は、SCOTLANDでした、毎年ティア1の国が来てくれるようになりましたね...。ワールドカップで勝利した効果ありましたな、あと、2019年にワールドカップが行われるのも理由の一つですね。

 IRELANDは4年に一度のBritish & Irish LIONSのツアーがあって、主力がいないとはいえ、現在、世界ランキング4位の強豪、そう簡単には勝たせてもらえないとは思いますが、4年前のLIONSのツアーのときのWALESからの勝利のように、今回も勝利が見たいですよね。 

 ということで、先週末、静岡はエコパスタジアムで行われたIRELANDとの第一戦、この日のメンバーは以下。
 1.稲垣 啓太(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 2.堀江 翔太(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 3.伊藤 平一郎(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 4.谷田部 洸太郎(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 5.ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 6.リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス/CHIEFS)
 7.徳永 祥尭(東芝ブレイブルーパス/SUNWOLVES)
 8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス/REBELS)
 9.田中 史朗(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 10.田村 優(キヤノンイーグルス/SUNWOLVES)
 11.福岡 堅樹(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 12.デレック・カーペンター(サントリーサンゴリアス/SUNWOLVES)
 13.ウィリアム・トゥポウ(コカ・コーラレッドスパークス/SUNWOLVES)
 14.松島 幸太朗(サントリーサンゴリアス/SUNWOLVES)
 15.野口 竜司(東海大学)
 16.庭井 祐輔(キヤノンイーグルス/SUNWOLVES)
 17.石原 慎太郎(サントリーサンゴリアス)
 18.浅原 拓真(東芝ブレイブルーパス/SUNWOLVES)
 19.ツイ ヘンドリック(サントリーサンゴリアス/REDS)
 20.松橋 周平(リコーブラックラムズ/SUNWOLVES)
 21.流 大(サントリーサンゴリアス)
 22.山中 亮平(神戸製鋼コベルコスティーラーズ/SUNWOLVES)
 23.松田 力也(パナソニック ワイルドナイツ)
 トゥポウ選手は初キャップ、松島選手は久しぶりのウイングでの先発です。最初発表されたとき12番はラファエレ選手だったんですけどね、カーペンター選手が繰り上がり、追加召集された山中選手がリザーブに入りました。

アイルランドは、アタック時のポイントへのサポートが早い。しかも、確実にJAPANの選手を巻き込んで排除していました。ということは、数的有利な状態を作りながら前進しているって事です。体の小さな相手をよく研究したプレイだと思います。JAPANは、序盤から明らかに力負けしていた感じです...。

 最初のIRELANDのトライ、あの局面のスクラムで耐えられないとつらいですね。ヨーロッパ勢の強くて重いスクラムに対抗するには、低くて8人で組むスクラムを組むしかないのですが、2015年ワールドカップのときのスクラムどこ行っちゃったんでしょうねぇ...。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND
 フォワードは明らかに力負けしてました。一方、バックス、特に両ウイングの福岡選手、松島選手、そして、フルバックの唯一の大学生の野口選手のスピードと、判断のいい動き、そして、身のこなしは良かったですね。後半19分の野口選手のディフェンス三人をかわしてのトライ、いいトライでした。後半36分の福岡選手のトライも良かったですね~。そういう意味で、フォワードがもう少しいい仕事をすればいい試合になるんじゃないかなぁ...。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND
 それにしてもIRELANDは、前日のジョー・シュミットHCのコメントにあったようにJAPANをよく研究してその弱いところをしっかり突いてきていました。前半2本目のトライなんていい例ですよね。フォワードをしっかりJAPANのバックスにぶつけてくる、いやな作戦ですけど、格下相手にも作戦通り遂行してくるIRELAND、さすがとしかいいようがありません。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND
 一方でJAPANは、作戦のキックを上手く機能させようとしていたのですが、いかんせん一人目はいいのですが、二人目以降のサポートの選手が遅すぎます。前半も何度もいい場面があったのに、サポートが遅かったせいで、ボールをとられてしまうことがたびたびありました。ここは、修正するか作戦の見直しをしないとこれからが厳しいですね...。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第2戦 JAPAN vs IRELAND
 50対22、さすがティア1のチームは違うよな...。JAPANは、ボールを動かせばトライを取ることができるので、セットプレーの精度をあげるのと、早い球出しでリズムをあげることを目指して欲しいです。

 明後日は、味の素スタジアムで応援じゃぁ~~~~!

リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA2017/06/15 07:04

 ジョセフHCの2シーズン目のウインドウマンス。昨年の6月は、ジョセフHCがハイランダーズのHCを継続していたので、サンウルブズのハメットHCが代行してたんですよね。

 さて、先週末の相手のルーマニアは、2019年ワールドカップで同じプールになる可能性があるチーム、前哨戦としても負けるわけにはいかない相手ですな。ちなみに、試合当日時点の世界ランキングは、JAPANが11位、ROMANIAは16位、ポイントでも4点の差があるし、この日は熊本とはいえホームですからね、絶対に負けるわけには行きませんね。
 ROMANIAはでかくて強いフォワードでゴリゴリくるチーム、バックスが少し弱いってイメージだったのですが、今回は3人のトンガ人が並ぶということで、この3人に走られてしまうと厳しそうです。そういえば、ROMANIAのジャージ、ミズノでしたね。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA
 JAPANのこの日のスコッドは以下。
 1.山本幸輝(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 2.堀江翔太(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 3.浅原拓真(東芝ブレイブルーパス/SUNWOLVES)
 4.谷田部洸太郎(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 5.ヘル・ウヴェ(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 6.リーチ・マイケル(東芝ブレイブルーパス/CHIEFS)
 7.徳永祥尭(東芝ブレイブルーパス/SUNWOLVES)
 8.アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス/REBELS)
 9.田中史朗(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 10.小倉順平(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス/SUNWOLVES)
 11.福岡堅樹(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 12.デレック・カーペンター(サントリーサンゴリアス/SUNWOLVES)
 13.ティモシー・ラファエレ(コカ・コーラレッドスパークス/SUNWOLVES)
 14.山田章仁(パナソニック ワイルドナイツ)
 15.野口竜司(東海大学)
 16.庭井祐輔(キヤノンイーグルス/SUNWOLVES)
 17.稲垣啓太(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 18.伊藤平一郎(ヤマハ発動機ジュビロ/SUNWOLVES)
 19.大戸裕矢(ヤマハ発動機ジュビロ)
 20.ツイ・ヘンドリック(サントリーサンゴリアス/REDS)
 21.内田啓介(パナソニック ワイルドナイツ/SUNWOLVES)
 22.田村優(キヤノンイーグルス/SUNWOLVES)
 23.松島幸太朗(サントリーサンゴリアス/SUNWOLVES) 
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA

 立ち上がりは少し合わないところがあって先制されてしまいましたし、大きく攻め込まれてしまう場面が続いてしまいました。で、この流れを変えたのが、山田選手のトライ。やっぱ、この方、持ってますね~。クイックスローインからの早い攻撃でのトライ、これは意味がありますね。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA
 で、このトライ以降、ROMANIAがJAPANの動きについてこれない場面が増えてきました。これで、敵陣に攻め込んでペナルティを獲るといういい感じの流れ。それにしても、この日先発の小倉選手のキックいいですね、縦に長くて、かつ、滞空時間もある地域を確保するに効果的なキック。フォワードはこういうキックを蹴ってくれると楽なんですよね~。そして、ゴールキックも正確。さらには、縦へのランもいいですよね。
 縦へのランと言えば、リーチ選手、マフィ選手、ウヴェ選手の外国人選手の強いランも光ってました。2年ぶりに代表復帰したリーチ選手、確実に進化してます、いまや、CHIEFSになくてはならない選手になってますもんね。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA
 マフィ選手も左ラインで、福岡選手と良いコンビネーションを見せてました。後半終盤の福岡選手のトライも、カーペンター選手の飛ばしパスも上手かったですが、この2人が並んでいることで、ディフェンスを絞れなかったってこともありますね。
リポビタンDチャレンジカップ2017 第1戦 JAPAN vs ROMANIA
 ROMANIAのフォワードは強いですね。後半のROMANIAの得点の基点はすべて強力フォワードの攻撃からでしたからね。JAPANはスクラム、モールともに勝てませんでした。2019年のワールドカップに向けて、ヨーロッパの強いフォワード、そのスクラムとモールに勝てるようフォワードをさらに強化しないとなりませんね。2015年のワールドカップのときよりも、セットプレーの安定感がなくなっているように思います。

 とはいえ、33対21で勝利できたので良しとしましょう。後半は上に書いたように、フォワードにやられちゃいましたけど、トライ数で3対2、いい勝利だったんじゃないですか。

 さて、今週末は静岡で、ワールドカップでの対戦も確定したIRELAND戦、世界ランキング4位の強豪です、この日のような試合では勝てませんし、大差を付けられてしまいます。どこまで修正できるかが焦点になりますね。

今週末ですな2017/06/07 06:05

 先週末の金曜日の朝、山手線の駅でもらってきた。
今週末ですな
 今週末から始まるリポピタンDチャレンジカップを紹介した「Spopre」のフライヤー。今回も前年11月同様、一度通り過ぎた後に「赤と白」と「2019」が気になって、戻って「ラグビー?」って聞いて受け取ってきました。前回はスコッドの紹介だったのですが、今回は、ラグビージャーナリストの村上さんの今月の試合のプレビューと、ヤマハのフロントロートリオの山本幸輝選手、日野剛志選手、伊藤平一郎選手のインタビューが掲載されています。表紙の写真は、昨年11月のARGENTINA戦のJAPANですね。

 今回のスコッドは以下の33名。
<FW:18名>
PR
 石原 慎太郎(サントリーサンゴリアス/4キャップ)
 稲垣 啓太(パナソニック ワイルドナイツ/13キャップ)
 山本 幸輝(ヤマハ発動機ジュビロ/3キャップ)*
 浅原 拓真(東芝ブレイブルーパス/5キャップ)
 伊藤 平一郎(ヤマハ発動機ジュビロ/4キャップ)*
 知念 雄(東芝ブレイブルーパス/6キャップ)
HO
 庭井 祐輔(キヤノンイーグルス/-)
 日野 剛志(ヤマハ発動機ジュビロ/4キャップ)*
 堀江 翔太(主将/パナソニック ワイルドナイツ/49キャップ)*
LO
 梶川 喬介(東芝ブレイブルーパス/4キャップ)*
 ※梶川選手は、3日にコンディション不良で不参加になりましたね。
 ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機ジュビロ/3キャップ)*
 真壁 伸弥(サントリーサンゴリアス/34キャップ)
  ※真壁選手も、6日に負傷のため不参加になりました。
 谷田部 洸太郎(パナソニック ワイルドナイツ/12キャップ)*
 大戸 裕矢(ヤマハ発動機ジュビロ/2キャップ)
 ※大戸選手は、4日に追加召集されました。
 大野 均(東芝ブレイブルーパス/98キャップ)
 ※大野選手は、6日午後に追加召集されました。まだ、公式HPには情報が出ていません。

FL
 ツイ ヘンドリック(サントリーサンゴリアス/38キャップ)
 徳永 祥尭(東芝ブレイブルーパス/4キャップ)
 松橋 周平(リコーブラックラムズ/6キャップ)*
No.8
 アマナキ レレイ マフィ(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス/13キャップ)*
 リーチ マイケル(東芝ブレイブルーパス/47キャップ)

<BK:15名>
SH
 内田 啓介(パナソニック ワイルドナイツ/21キャップ)
 田中 史朗(パナソニック ワイルドナイツ/58キャップ)*
 流 大(サントリーサンゴリアス/4キャップ)
SO
 小倉 順平(NTTコミュニケーションズシャイニングアークス/2キャップ)*
 田村 優(キヤノンイーグルス/42キャップ)*
 松田 力也(パナソニック ワイルドナイツ/7キャップ)
WTB
 江見 翔太(サントリーサンゴリアス/-)
 福岡 堅樹(パナソニック ワイルドナイツ/17キャップ)*
 山田 章仁(パナソニック ワイルドナイツ/21キャップ)*
CTB
 デレック カーペンター(サントリーサンゴリアス/-)
 立川 理道(主将/クボタスピアーズ/51キャップ)*
 ウィリアム トゥポウ(コカ・コーラレッドスパークス/-)
 ティモシー ラファエレ(コカ・コーラレッドスパークス/4キャップ)*
FB
 野口 竜司(東海大学(4年)/8キャップ)
 松島 幸太朗(サントリーサンゴリアス/22キャップ)*
 *印は前年11月も選出されている選手。

 前年11月の総キャップ数は431、今回は568、前回はノンキャップの選手が17名、今回は4名、2019年に向けてキャップ数を積み上げていくってことですね。

 さて、今回のシリーズの対戦は以下。
  6月10日(土)14:40 対 ルーマニア代表 熊本・えがお健康スタジアム
  6月17日(土)14:00 対 アイルランド代表 静岡・エコパスタジアム
  6月24日(土)14:40 対 アイルランド代表 東京・味の素スタジアム
24日は応援に行きますよ~。

辰巳の森の選手たち2017/05/10 07:05

 辰巳の森の選手たち...

 初日は、ラグビー場に着いたときには練習が終わってて、山沢選手と堀江選手、鹿尾選手の3人のみが、ファンサービスをしてました。ということで、山沢選手と...物腰の柔らかいやさしい受け答えでした。そういえば、うちの子と同い年なんだよなぁ...。
辰巳の森の選手たち
 堀江選手はアイランダーのようなヘアースタイルでした。いつもながらの、気さくな感じの対応でしたね。
 この日、山沢選手が全体練習後プレースキックの練習をしていて残っていたみたいなんですね。堀江選手お付き合いしてたってことなのかなぁ...そうだったら、やさしい兄ちゃんだな...。
辰巳の森の選手たち
 ということで、2日目はもう少し早くグランドに行きました。ということで、練習後にサインをもらって写真も撮ってもらいました。
 6日の香港戦で先発した小瀧選手。やっぱり大きいですね~。
辰巳の森の選手たち
 ブラックラムズファンとしては、この3人はおさえておかないとね...。
 バックローの柳川選手、。ハードなタックルと力強いランが持ち味の選手です、いつかこの日が来ると信じてましたよ。ということで、4月22日の韓国戦で初キャップを獲得しました。
辰巳の森の選手たち
 アマナキ・ロトアヘア選手、4月29日の韓国戦では、ハットトリックの活躍でした。力強いランがいいですよね。同じ名前のアマナキ・レレイ・マフィ選手との花園大学コンビで活躍して欲しいですね。
辰巳の森の選手たち
 昨年トップリーグ新人王の松橋選手。サイズはそれほど大きくありませんが、とにかく体幹がいいというか人に強い選手です。2019年に向けて機体の選手です。
辰巳の森の選手たち
 今年、帝京大学を卒業してパナソニックワイルドナイツに加入した松田選手。SOにセンターに複数のポジションをカバーできる選手です。香港戦でのSO良かったですね~。彼も2019年での活躍を期待する選手の一人です。あっ、今季のワイルドナイツでの活躍も楽しみです。
辰巳の森の選手たち
 山田選手と写真を撮ってもらうときに、ちょっと、手間取ってしまいました...山田選手、ちょっと顔に出てるかも..。奥様も写真取った後に言ってたけど、ワールドカップのときと比べると一回り小さくなったような気がするのは気のせいかな...?
辰巳の森の選手たち
 強いキャプテンが戻ってきました。立川選手。やっぱりこの方のプレーは一味も蓋味も違います。2015年のワールドカップを通じて一番成長した選手じゃないかな。大学選手権の頃から注目していた選手がここまでくると、わが事のようにうれしいですね。
辰巳の森の選手たち
 奥様が笑顔がかわいいってお気に入りの浅掘選手。まぁ、息子と同世代ですからね、カワイく感じてもおかしくありませんやね。SUNWOLVESにも召集されているのでスーパーラグビーのピッチでもプレーを見たいですね。
辰巳の森の選手たち
 ということで、ただのミーハーなオジさんになってるな...ちょっと、反省。

辰巳の森2017/05/09 07:05

 辰巳に行ってきた。

 地下鉄辰巳駅の出口の前には石でできた龍の像...辰巳だけにねって、ちょっと、ベタ過ぎやしませんか...?
辰巳の森
 先週の木曜日、この日の午後の練習は公開練習ということで、先週のGW中に、駅から歩いて5分ほどの辰巳の森海浜公園のはずれにあるラグビー協会の練習場へ行って、ここで行われていたJAPANの練習を見学してきました。
辰巳の森
 8分くらいのスピードで全員でのコンビネーション練習。
辰巳の森
 8分といっても、ほぼ実践と同じような感じで実際に身体を当てての練習、結構、いい音がしてましたね。
辰巳の森
 約45分間ほど、休むことなくサインプレーや連携のあわせを行ってました。
辰巳の森
 アタックもディフェンスも真剣な感じでしたね。
辰巳の森
 時折、ジョセフヘッドコーチが全員を集めて何か指示をしてました。
辰巳の森
 ミスした部分の修正をしてたのかな?
辰巳の森
 全体での練習終了後、個人練習やポジションでの練習に入ってました。
辰巳の森
 6日の香港戦でバックローで先発の金選手と松橋選手の2人は、近場で当たるときのボディコントロールの練習をしていました。2人、仲のいい感じで、ほほえましかったですな。
辰巳の森
 ところで、一緒に観にいった奥様も指摘していたのですが、日本の最高峰のチームが練習するには芝の状態がいまいちでしたね。綺麗に手入れはされていると思うのですが、リコーのグランドキヤノンのグランドに比べると芝の状態がね...。もっと、良い環境で練習させてあげたいなぁ...。
辰巳の森
 練習後のアイスバス。
辰巳の森
 この後、協会のTwitterのこの写真の撮影をしてました。若手選手、仲がいいですね。
辰巳の森
 帰りのバスに乗り込む前のファンサービスでジャージにサインをしてもらって、一緒に写真も撮ってもらいました。
辰巳の森
 ということで、サイン増えました~。エンブレムの左横がこの日もらった山田選手のサイン、で、右横が立川選手。
辰巳の森
 背中に書いてもらったものは、もはや、どれが誰のものか分からなくなっちゃいました。
辰巳の森
 辰巳グランド家からも歩ける距離だって分かったので(かなり長い散歩コースにはなりますが...)、代表の練習が行われるときに休みが取れたらいってみようっと。