有楽町でラグビー2018/10/05 07:04

 有楽町の国際フォーラム前で...
有楽町でラグビー
 路上変圧器にラグビーワールドカップ2019日本大会のポスターが貼られてました。
有楽町でラグビー
 ラグビーワールドカップ2015イングランド大会の南アフリカ戦での、リーチ選手のトライシーンです。

 この写真、カッコいいなぁ。来年のワールドカップでも、こんなシーンたくさん見たいなぁ。

銀座でラグビー2018/10/04 07:04

 秋分の日、銀座のソニーパークで行われていたラグビーワールドカップ2019日本大会1年前イベントを見に行ってきた。
銀座でラグビー
 自分が行ったのは夕方だったので、サントリーの畠山選手が参加していたトークショーは終わってて、ラグビー体験会が行われてました。
 で、自分はラインアウトのリフトを体験しました。リフトは初めてだったのですが、気持ちよかったですね。自分が現役の頃は自力でのジャンプだったので、そんなに高く飛べるわけも無くて、こんな高い位置が見られるなんて気持ちよくないわけ無いですよね。ちなみに、当時、リフトはリフティングって言う反則だったんですけどね。ジャンパーの前後の選手(重荷プロップですね)はボールをキャッチして着地したときにすぐにバインドしてモールを形成するってのがセオリーでした。あの頃、これOKだったらどんなに良かったか...。
銀座でラグビー
 子供たちも参加していて、なんか、にぎわって見えますね~。
銀座でラグビー
 地下に降りる階段の壁には、2015年のラグビーワールドカップのサモア戦でのツイ選手の突進と、立川選手です。これ、一枚の写真かと思ったら、よくよく見たら2枚の写真を合成したものですな。
銀座でラグビー
 大きなラグビーボールには、大会マスコットのレンジーのラインアウトシーン。そういえば、レンジーも来ていたはずなんだよね。レンジーに会いたかったなぁ。
銀座でラグビー
 地下の壁面には、だるまのレンジーのマスコットがディスプレイされてました。ん~、レンジーかわいいぞっ。
銀座でラグビー
 夜は、エルメスのビルの照明に照らされて、ちょっとかっこよかったです。
銀座でラグビー
 天然芝も貼られていたので、一日だけのイベントじゃなんかもったいないなぁ...2週間くらいやっていればよかったのに。

丸の内でラグビー2018/09/27 07:03

 先月も丸の内の丸ビルでラグビー関連のイベントがありましたが、今月も丸ビルで「丸の内15丁目プロジェクト」なるイベントが行われていました。
 来年に迫ったラグビーワールドカップの宣伝ということで、SUNWOLVESの後援をしている三菱地所さんが行っているものです。
丸の内でラグビー
 2015年ワールドカップで南アフリカに逆転勝利したあの4分間の選手の動きを、1秒ごとにボードにしたもの。240枚あるので全部見るの大変だけど、面白いこと考えますな。
丸の内でラグビー
 ラグビーをテーマにしたライブペインティングも行われていました。描いているのは藝大の学生の方です。白黒の絵でラグビーの力強さが表されてます。ご本人は、パワーだけじゃない戦略的なところも表現しているとのことでした。
丸の内でラグビー
 もう一枚は、カラーの作品。様々な国の代表を表現してるってとこかな。
丸の内でラグビー
 このイベント、いったん終わってますが、丸の内では、これからも様々なイベントが企画されているそうです。

 開幕まであと一年、盛り上げていきたいよね。

 ところでこの日、もう少し早く行っていれば、2015年ラグビーワールドカップのメンバーの出席するイベントが見られたんですよね...残念。
丸の内でラグビー

1年後...2018/08/16 07:05

 いよいよですね~。

 1年後の9月20日、アジアで最初のラグビーワールドカップが東京スタジアムで開幕します。てことで、丸の内の丸ビルのマルキューブで「丸の内ラグビーパーク」なるイベントが開催されてます。丸の内で行われている参加型スポーツイベント「MARUNOUCHI SPORTS FES 2018」のコンテンツの一つ。
1年後...
 やっぱり、ラグビー好きとしてはうれしいですね。マルキューブ内にゴールポスト。
1年後...
 ミニボールのゴールキックゲームかな?ちなみに、平日だったのでイベントは行われてなくて、ボールとゴールポストが置かれているだけでした。
1年後...
 柱の装飾として前回大会の名場面?の大きな写真が展示されてました。まずは、サモア戦での日本代表のリーチ・マイケル選手。
1年後...
 フランス戦で、ラインアウトのボールをキャッチするオールブラックスことニュージーランド代表のNo.8のキアラン・リード選手。
1年後...
 イングランド戦でのオーストラリア代表のカートリー・ビール選手。
1年後...
 そして、前回大会優勝のオールブラックス。優勝カップのウェブ・エリス・カップを持っているのはキャプテンのリッチー・マコウ選手ですね。リッチー選手カッコよかったし、フランカーこうあるべきってプレー見せてくれてたよね。
1年後...
 入り口真上の巨大バナーには、歴史的勝利と言わしめた南アフリカ戦での日本代表の五郎丸選手。当時、ゴールキックを狙う前のルーチンのポーズが「五郎丸ポーズ」として流行りましたよね。
1年後...
 カンタベリー社製のワールドカップ仕様のアパレル商品も展示されてました。
1年後...
 2019ワールドカップのロゴTシャツ。数量限定で、即完売といううわさが...。
1年後...
 歴代のJAPANのジャージ。左から1999年、2003年、2007年、2011年、2015年です。ちなみに、自分は2007年と2015年のレプリカジャージを持ってます。2枚とも、選手のサインでいっぱいなのが自慢かな。
1年後...
 いつも正面ばかりなので、背中側も撮ってみた。1999年と2007年のものだけ背番号が、何でかな?
1年後...
 ワラビーズとSUNWOLVESのジャージも展示されていました。
1年後...
 ワラビーズのジャージは、今年の6月16日にメルボルンで行われた、アイルランドとのテストマッチのもの。三菱地所がスポンサーになってるってことなのかな?
1年後...
 ワラビーズとアイルランドは3試合行い、ワラビーズの1勝2敗という結果でした。ちなみに、16日の試合は、21対26でアイルランドが勝利しました。
1年後...
 国代表ではありませんが、三菱地所はSUPER RUGBYのSUNWOLVESのスポンサーでもあります。
1年後...
 こちらは、5月19日に香港の旺角大球場(モンコックスタジアム)で行われたSTOEMERS戦でのボールとジャージ。
1年後...
 試合終了のホーンが鳴った後のSUNWOLVESの攻撃と、試合を決めたパーカー選手のドロップゴール、本当にしびれました。

 で、来年も楽しみだけど、この間も書いたけどまずはTOP LEAGUEだな。

リポビタンDチャレンジカップ2018 第2戦 JAPAN vs GEORGIA2018/06/25 07:02

 1勝1敗で終わったITALY戦、6月のウインドウマンスの最終戦は、ここまで4勝1敗で勝ち越しているGEORGIA戦。やっぱり、勝って終わって、11月のウインドウマンスに繋げたいですよね。
リポビタンDチャレンジカップ2018 第2戦 JAPAN vs GEORGIA
 この日の先発は以下。
 1 稲垣啓太(パナソニック/SUNWOLVES)
 2 堀江翔太(パナソニック/SUNWOLVES)
 3 具智元(ホンダ/SUNWOLVES)
 4 アニセサムエラ(キヤノン)
 5 真壁伸弥(サントリー/SUNWOLVES)
 6 リーチマイケル(東芝/SUNWOLVES)
 7 布巻峻介(パナソニック/SUNWOLVES)
 8 アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコミュニケーション/REBELS)
 9 流大(サントリー/SUNWOLVES)
 10 田村優(キヤノン/SUNWOLVES)
 11 山田章仁(パナソニック/SUNWOLVES)
 12 立川理道(クボタ/SUNWOLVES)
 13 ラファエレティモシー(コカコーラ/SUNWOLVES)
 14 レメキロマノラヴァ(ホンダ/SUNWOLVES)
 15 野口竜司(パナソニック/SUNWOLVES)
 16 庭井祐輔(キヤノン/SUNWOLVES)
 17 石原慎太郎(サントリー/SUNWOLVES)
 18 浅原拓真(東芝/SUNWOLVES)
 19 ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ/SUNWOLVES)
 20 姫野和樹(トヨタ自動車/SUNWOLVES)
 21 西川征克(サントリー/SUNWOLVES)
 22 田中史朗(パナソニック/SUNWOLVES)
 23 松田力也(パナソニック)
 やっぱりフォワード勝負になるって見てるのね、この布陣。個人的には、布巻選手のタックルとボールへの働きかけに期待かな、あと、故障開けの立川選手と、久しぶりの先発の山田選手だね。出場すれば初キャップの西川選手も頑張って欲しいですね。GEORGIAはSUNWOLVESのブレグヴァゼ選手と堀江選手のマッチアップも楽しみです。
リポビタンDチャレンジカップ2018 第2戦 JAPAN vs GEORGIA
 雨の豊田スタジアム、これは、やっぱりフォワード勝負って感じになりますかね...。序盤からJAPANの出足がよかったですね。開始3分の田村選手のペナルティゴールに繋がる連続攻撃、前に出る意識が出ていた良い攻撃でした。

 GEORGIAはキックを多用してJAPANの裏を突く攻撃、確実に陣地を稼ぐという地味ながら良い作戦、しかも、徹底してこれを繰り返してました。これで、JAPANは自陣からなかなか出られない時間帯が続いてしまいました。
 JAPANはマイボールのハイパントをなかなか確保できなかったのですが、14分、FBの野口選手の蹴ったパントを山田選手と2人で追って、GEORGIAのミスを誘いました。これで、ペナルティーゴールを狙ったのですが若干距離が足りず、でも、この後もJAPANのテンポのある攻撃はよかったです。
 でも、この日の田村選手のゴールキック、いまひとつでした。勝負のあやにならなければよいのですが...。
リポビタンDチャレンジカップ2018 第2戦 JAPAN vs GEORGIA
 GEORGIAはJAPANの早い攻撃に徐々に対応できなくなってきました。ラインオフサイドが増えてきました。さらに、シンビンで一人少なかったフォワードは前半にもかかわらず、徐々に足が止まってきました。そういう意味では、JAPANのフィットネスは以前に比べると明らかに向上してますね。
 ということで、前半は9対0でJAPANリードで折り返しました。

 後半立ち上がりもJAPANの方が仕掛けが早かったですね。JAPANは、故障開けの立川選手が良かったですね。ボールキャリーのとき相手に捕まってからの前進は、相変わらずでした。彼がセンターで戻ってきてJAPANのバックスに勢いが出たような気がします。キックも蹴れるので攻撃のバリエーションも広がりますよね。
 そして、スクラムも負けてませんでした。相手ボールのスクラムにプレッシャーをかけてGEORGIAのミスを誘発して、最後はフォローしていたファンデルヴァルト選手がトライをあげました。この一連のプレーよかったですね。
リポビタンDチャレンジカップ2018 第2戦 JAPAN vs GEORGIA
 この後も、ラファエレの絶妙なタッチキックからのGEORGIAボールのラインアウトからプレッシャーをかけてボールを奪い、最後はレメキ選手が5人を抜いてトライをあげました。GEORGIAの選手は、明らかに動きが悪くなってましたね。前半調子の悪かった田村選手のゴールキックも決まって、この時点で23対0、JAPANが圧倒してましたね。
リポビタンDチャレンジカップ2018 第2戦 JAPAN vs GEORGIA
 JAPANは31歳にして初キャップの西川選手が活躍してました。よくボールに絡んでましたしタックルもよかったですね。まぁ、勢いはJAPANでした。姫野選手のトライ、山田選手と二人でかけた最後のプレッシャーもムチャクチャ勢いありましたよね。このあとも、JAPANゴール前で西川選手がタックル、姫野選手がジャッカルでピンチを凌いだシーンもよかったです。
リポビタンDチャレンジカップ2018 第2戦 JAPAN vs GEORGIA
 28対0、GEORGIA相手に完封勝利です。

 JAPAN強くなってるんじゃないですか?次は秋のウインドウマンス、ここでもいいプレーをみせて、来年に繋げたいですね。

 それにしても、初キャップの西川選手目立ってたなぁ...バックロー激戦区だな。