第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝2020/01/12 07:04

 新しい国立競技場に行ってきた。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 もちろん、大学ラグビー選手権の決勝を観るために...。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 早稲田大学と明治大学の決勝戦は23年ぶり。23年前は、32対22で明治大学に軍配が上がりました。早稲田大学は、元早稲田大学の監督で、現日本ラグビーフットボール協会のコーチングディレクターの中竹竜二さん、明治大学は、現明治大学監督の田中澄憲さん、バックスコーチの伊藤宏明さん、ノーサイドゲームに出演されていた斎藤祐也さん、自分の応援しているリコーブラックラムズの現監督の神鳥裕之さんが出場されてました、そう思うと時の流れを感じちゃいますね。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 すばらしい試合でした、とにかく、その一言に尽きます。学生なので、細かく言えば粗いところもあったと思いますが、不用意な反則も少なくノッコンやスローフォワードのような細かいミスも少なくて、締まったよい試合でした。大学生の試合でここまでの精度の試合をみられると日本のラグビー界もまだまだ捨てたもんじゃないなと感じましたね。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 新しくなった競技場、満員の観客(公式発表で57,345人でした)、日本のトップ3のレフリー(レフリーは久保さん、アシスタントレフリーは麻生さん、戸田さん)、そして伝統校同士の対戦、こんなに恵まれた環境でラグビーができる46人の選手たちは本当に幸せだと思います。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 前半は早稲田大学のゲームでした。明治大学も早稲田大学陣内に入ることは入るのですが、早稲田大学の堅いディフェンスに阻まれて前に進むことができませんでした。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 一方の早稲田大学は、面白いように攻撃が決まり、12分のNo.8の丸尾選手のトライから始まり、26分の長田選手、34分の森島選手のラインアウトモールからのトライ、39分の相良選手のトライと4本のトライを上げ、12月1日の早明戦で一方的にやられた明治大学に対し、31対0と大量リードで折り返しました。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 明治大学も決して悪くなかったと思います。ミスも少なかったですし、しっかり体を当ててタックルも行ってたんですけどね...早稲田大学のほうが一枚上手でした。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 明治大学のアタックを正確なタックルでしとめ、思うように攻撃をさせていませんでした。準決勝で活躍していたロックの箸本選手も思うように動けてませんでしたからね。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 かなり、明治大学を研究してきたんだと思います。スクラムも序盤は苦戦していましたが、修正して押し負けなくなりましたし、ラインアウトはほぼノーミスでした。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 そういえば、25分頃の2回の早稲田大学のSOの岸岡選手のハーフウェイライン付近からのドロップゴールはすごかった。入れば得点となるのはもちろんですが、国立競技場はインゴールが狭いので、陣地を取るキックではゴールラインを割ると蹴った地点でのスクラムでのリスタートですが、ドロップゴールの場合は22m地点での相手ボールのドロップアウトで、相手陣内でリスタートできる可能性が高いのでそれを狙っていたとすると、岸岡選手はやっぱ非凡な才能を持っていると思います。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 31対0、このまま、早稲田大学が楽に勝利すると思ったのですが...。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 やっぱり、決勝までコマを進めるチームは違います、後半は明治大学の試合でした。開始3分で明治大学ウイングの山村選手のライン際を縦に走りぬけてのトライ、見事でした。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 前半と後半で明治大学はまったく違うチームになってました。縦に走りこんでボールを運ぶ、シンプルに攻撃を組み立てていたと思います。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 10分には、早稲田大学のウイングの古賀選手にトライを返されてしまいましたが、その6分後には箸本選手がゴールポスト真下にトライ、そのあとの、山沢選手の動きがすばらしかったですね。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 早稲田大学の岸岡選手と同じく、明治大学のSOの山沢選手もラグビーIQが高いと思います。追い上げるために時間をかけないようにするために、ドロップゴールでコンバージョンを決めました。そして、その6分後には自らトライ、これもドロップゴールでコンバージョンを決めています。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 このあと、明治大学は29分に山﨑選手、40分には雲山選手が、早稲田大学もウイングの桑山選手がトライを決め、10点差まで明治大学が詰め寄りました。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 ホーンが鳴った後、1トライ1ゴールでも3点差でゲームをひっくり返すことができない明治大学が、あきらめずにボールをつないで攻撃を続けていたのが印象的でした。最後はノッコンで試合終了となってしまいましたが、最後までゲームをきらないで継続する明治大学の選手の姿は感動すら覚えました。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 ペナルティも少なかったのもよかったですね、ペナルティキックになった反則は、前半は明治大学の3個、後半は早稲田大学の4個と一試合通して7個と少なかったですし、軽い反則のノッコンなどのハンドリングミスも少なかったと思います。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 45対35で早稲田大学の勝利でしたが、明治大学もすばらしいラグビーを見せてくれたと思います。令和最初で、新しい国立競技場での最初の試合として最高の試合でした。
第56回全国大学ラグビー選手権大会 決勝
 さて、今日はこれから、秩父宮にトップリーグの開幕戦を見に行ってきます。第1節から東芝ブレイブルーパスとサントリーサンゴリアスの試合、開幕からワクワクがとまりませんな。

送られてきた2019/12/20 07:16

 先週の日曜日、いつもラグビーを一緒に見に行く友人から送られてきた。

 熊谷ラグビー場で行われたラグビー大学選手権の3回戦の写真。1枚目は、帝京大学と流通経済大学の試合。ニュースでみた方もいると思いますが、帝京大学が13季ぶりに年内で敗退しました。昨季、天理大学に敗れてから今季も、早稲田大学、明治大学、慶応義塾大学に敗れてトーナメントもどうかなと思ってたんですけどね...、一方、流通経済大学は、先日の東海大学との試合では後半に失速したものの、前半は圧倒してましたからね。で、先日の試合では後半から出場して、気を吐いていたイノケ・ブルア選手が、この日も大活躍だったそうです。友人曰く、負けたとしてもMOMはイノケ選手だったとのこと。イノケ選手、これからが楽しみだな。
 39対43で勝利した流通経済大学は、明日、花園ラグビー場で昨季準優勝の天理大学と対戦します。
送られてきた
 もう一枚送られてきたのは、京都産業大学と日本大学の試合。日本大学は、6大会ぶりの選手権出場、昨季はリーグ戦5位でしたが、今季は流通経済大学、大東文化大学、法政大学に勝利し2位、自分が現役のころは、強かったので古豪復活ってことですね。京都産業大学は大西監督最後の年なので、勝ちたかったと思いますが、残念ながら、1トライ、5点差で敗れてしまいました。
 日大は、早稲田大学と花園ラグビー場で対戦します、がんばってもらいたいなぁ。
 京都産業大学は、自分世代の日本代表の元木ヘッドコーチ、田倉フォワードコーチ、そして2015年のワールドカップの日本代表だった伊藤フォワードコーチにがんばって、来季はリーグの上位を狙ってもらいたいです。
送られてきた
 で、その友人から試合後しばらくしてからこんな写真が送られてきた。
送られてきた
 桶川の美少女像。
送られてきた
 テレビで見たことあるけど、ほんとにあるんだね。

2019大学ラグビー 明治大学vs早稲田大学2019/12/03 07:05

 チケット買えませんでしたからね...この試合も録画観戦しました。

 伝統の一戦、明治大学と早稲田大学の対抗戦グループの優勝をかけた全勝対決、今年の明治大学は調子がいいですからね...明治大学優勢っていう感じかな。
 注目は明治大学のスタンドオフの山沢選手、早稲田大学のスクラムハーフの齋藤選手、スタンドオフの岸岡選手、両校の司令塔陣のマッチアップですね。

 前半10分ころまでの早稲田大学の攻撃は良かったですね。速い球出しとグラウンド全体を使った攻撃、早稲田大学らしい良い攻撃で、早稲田大学はシンプルに陣地を取っていくという意識が徹底されてました。明治大学も出足の早いディフェンスで良く守ってました。
 前半13分頃のファーストスクラムで明治大学フォワードの強さが出たかな...これ、スクラム組みなおしすぎだったと思いますけどね...。結局、早稲田大学のコラプシングの反則でゴール前での明治大学ボールでのラインアウト、ここから、フォワードがシンプルに体を当てて前に。最後は、ロックの箸本選手が最初のトライをあげました。山沢選手のゴールも決まって7対0と、まずは明治大学がリードしました。
2019大学ラグビー 明治大学vs早稲田大学
 ここから、明治の動きが少し良くなったと思います。19分の自陣22mライン付近からの明治大学の山沢選手のラン、良かったです。まぁ、詰めてたのが早稲田大学のハーフの齋藤選手一人だったというのもあるし、最後はキックがタッチに出てしまったのですが、40mくらいは走られて早稲田陣22mライン付近までボールを運びましたからね。このあと、早稲田大学がゴール前までボールを運び、5mスクラムからのボールをダイレクトに受けた岸岡選手がトライをあげ、ゴールも決まって7対7と早稲田大学が同点にしました。
2019大学ラグビー 明治大学vs早稲田大学
 でも、やっぱり明治大学のほうが押してたかな...早稲田大学は受けちゃってたような気がします。解説をされていた日本代表の明治大学OBの田村選手が「迫力のある攻撃」って行ってましたが、確かにいいアタックでした。最後は、早稲田大学のオフサイドで明治大学が追加点をあげました。10対7、明治大学の「前へ」のシンプルな攻撃は良かったです。とはいえ、このとき解説の山中選手と田村選手ともに、両校ともポイントからの球出しが遅いって指摘してましたけど、確かにね...両チームとも前半は、まだ堅さが取れなかったってことなのかな。

 後半立ち上がりから仕掛けたのは明治大学。前半同様シンプルに、まっすぐ前に縦にボールを動かして、最後はキャプテンの武井選手がトライを決めました。17対7、明治大学が点差を広げます。
2019大学ラグビー 明治大学vs早稲田大学
 それにしても明治大学のアタックはいいですね、早稲田大学は止めているけど、受けちゃってるって感じがでてました。このトライのあと、すぐに早稲田ゴール前のラインアウトからのモールで最後はまた、武井選手がトライを決めてゴールも決まって24対7となりました。
2019大学ラグビー 明治大学vs早稲田大学
 明治はフォワードがいいですね、キャプテンの武井選手もいいプレーヤーですが、No.8の板選手、両ロックの箸本選手、片倉選手の動きがよかったです。特に箸本選手は、ランもパスも接点でのプレーもいい仕事してました。これからの成長が楽しみな選手です。明治大学のアタックは面白いなぁ...フィールドを広く使って攻撃してたし、縦にも力強く走ってましたからね。ということで、このあとの追加点もラインアウトからのモール攻撃でプロップの安選手がトライラインを超えました、31対7。
2019大学ラグビー 明治大学vs早稲田大学
 早稲田大学もいいディフェンスをしてたんですけどね...細かいところで、明治大学を押さえ切れず、ロスタイムに明治大学ウイングの山村選手の個人技で追加得点となるトライを決められてしまいました、36対7。
2019大学ラグビー 明治大学vs早稲田大学
 早稲田大学は後半無得点、明治大学のワンサイドゲームになりました...というか明治大学強い。
2019大学ラグビー 明治大学vs早稲田大学
 ということで、大学選手権も楽しみだ、明治大学の2連覇ってことになるかな...決勝は新国立競技場だからな...この試合、行きたいなぁ...。

2019大学ラグビー 早稲田大学vs慶応義塾大学2019/11/30 07:05

 雨の中の伝統の一戦、今年は、ワールドカップイヤーなので秩父宮に行こうかなと考えてたんだけど、急な用事ができてしまったので録画での観戦。

 結果は知ってたんだけどね。もっと点差が開くのかと思ったけど、伝統の一戦はやっぱ違うんでしょうね...。
 両チームともタックルが良かったと思います。特に慶應の出足の早いタックルが早稲田の攻撃をしっかり止めていました。
2019大学ラグビー 早稲田大学vs慶応義塾大学
 そんなこんなで、早稲田スタンドオフの岸岡選手のキックもいまひとつ、いつものスッキリするキックが、なかなか見られませんでした。アタックはね、トライを決めたウイングの古賀選手につながるパスは、2回とも綺麗なパスでいい攻撃だったんですけどね。
2019大学ラグビー 早稲田大学vs慶応義塾大学
 後半最初の岸岡選手のトライは、綺麗な攻撃だったよね。パスしてフォロー、ラグビーの基本だよね。
2019大学ラグビー 早稲田大学vs慶応義塾大学
 雨でボールが滑るっていうのもあったと思いますが、両チームともノッコンが多かったと思います。あと、ラインアウトかな両チームともマイボールのラインアウトの精度が良くなかった。慶應はラインアウトが決まっていれば得点のチャンスがもっと多かったんじゃないかなぁ。
2019大学ラグビー 早稲田大学vs慶応義塾大学
 前半の20分からの10分間くらいの早稲田陣内での攻防を慶應がものにできていれば、試合もわからなかったと思います。後半の15分からの慶應の攻撃も良かったんですけどね...十数回にも及ぶフェースを重ねる攻撃、これが取れていればね。後半35分過ぎの早稲田ペナルティからの慶應の28フェーズに及ぶ攻撃も、最後は取り切れなかったのがね...もったいなかった。
 慶應は、1年生のスタンドオフ中楠選手のプレーが良かったと思います。思い切りのいいキック、人に強いアタック、キックの精度がいまひとつなので、これが向上すれば面白い選手になると思います。あと、1年生の慶應の外国人選手の二人、No.8のマプスア選手とセンターのエノサ選手もこれからが楽しみです。マプアス選手は、パワーを生かしたプレーで何度も突進してました。まぁ、行き過ぎて孤立することが多かったので、ここをチームとして修正することができれば彼のプレーも生きてくるし、慶應としては大きな武器になるんじゃないかなぁ。
2019大学ラグビー 早稲田大学vs慶応義塾大学
 17対10、だからぁ、もう少し点差開くと思ったんですよ。これが、伝統の一戦ということなんかな?

 ところで、NHKさんのカメラ、雨の水滴で見づらかったんだけど、こんなもんなんかな。特に、フィールドのハンディと、南スタンドの屋根の上のカメラはひどかったな。
2019大学ラグビー 早稲田大学vs慶応義塾大学
 これじゃ、ちゃんと見えないジャン。

 さて、明日は、この試合の翌日に帝京大学を倒した明治大学と、早稲田大学の優勝をかけた全勝対決、この試合も楽しみだね。

2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学2019/11/22 12:06

 秩父宮に行って来た。

 トップリーグが来年1月開幕ってことで、、やっぱりラグビー見たくなって大学ラグビーを観に秩父宮へ...。
 この日は、ここまで全勝の東海大学と、今季好調の日本大学に土をつけられて4勝1敗の流通経済大学の試合。用事を済ませて秩父宮にキックオフから10分遅れで着いたら、なんと、開始10分で流通経済大学が2トライ2ゴールで14点のリード!?、東海大学がリードしているか、得点は0対0って思ってたのにまさかの展開。

 到着したときには、流通経済大学ゴール前で東海大学ボールのスクラム。これは、得点チャンスなんじゃないかってそのままゴール裏で見てたんだけど...。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 流通経済大学の堅いディフェンスに東海大学は取り切ることができず、チャンスをものにすることができませんでした。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 このあとも、一進一退。というか、どちらもディフェンスが良くて、オープンにボールを回しても取り切れないって感じでしたね。東海大学はミスも多かったと思います。
 前半23分、流通経済大学のペナルティから、東海大学がゴール前でマイボールのラインアウト。モールは圧倒的に東海大学が押していて、フランカーの河野選手がトライ。フォワードは、2人の外国人選手を擁する流通経済大学が有利だと思ったんだけど、東海大学がスクラム、ラインアウト、モールと圧倒してました。流通経済大学の外国人選手は、フィールドプレーでは活躍してたんだけどね...。この時点で、5対14と流通経済大学がリード。
 このあと、35分に流通経済大学のロック、タマ・カペネ選手がラックのボールを拾ってそのままゴールラインを駆け抜けトライ、ゴールも決まって5対21と流通経済大学がリードを広げました。
 東海大学は、ちょっとした隙をつかれてトライをとられちゃってました。後半、巻き返して欲しいですね。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 後半は、東海大学の試合でした。ポゼッションもボール保持も圧倒してました。流通経済大学は東海大学陣へほとんど入ることができませんでした。流通経済大学は、後半交代出場したウイングのイノケ・ブルア選手が何度か力強いランで前進してたんですけどね...東海大学のディフェンスが良かったです。足元への低いタックルと、ボールに働きかけるタックルのダブルタックル、東海大学の強みだと思います。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 東海大学は何度も、ボールを回してたんだけど、これを取りきれなかったのがね...ボールを回したときのオプションがもう少しあったらよかったのかも。流通経済大学もラインのディフェンスは良かったと思います。ただ、東海大学の攻撃のスピードに徐々に付いていけなくなってラインオフサイドやポイントでのオーバーザトップの反則が目立つようになって来ました。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 逆に東海大学は面白いように前に出られるようになってきました。特に、後半交代出場のフッカーの前本選手が目立ってました。このときもポイントからのボールをピックして、縦に20m以上、走り抜けました。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 しかも、ディフェンスの選手を2回ほど弾き飛ばしてね。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 で、後半10分には、ペナルティからのラインアウトで、東海大学がオールを押し込み、最後はその前本選手がトライ。フォワードは東海大学が圧倒してました。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 キックも決まって12対21と、東海大学が徐々に点差を詰めていきます。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 このあとも、有利に試合を進める東海大学、ライン攻撃から綺麗に撮りきるということはありませんでしたが、フォワードを前面に出して後半30分、後半40分に、やはり、ペナルティからのラインアウトでモールを押し込んでトライ。2本とも後半交代出場したレキマ・ナサミラ選手がボールを押さえました。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 結局、後半を無得点に抑えた東海大学が、21対26と逆転勝利を収めました。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 東海大学、今日はモール攻撃縛りだったのかなぁ...。
 もっと、ボールを大きく動かしたトライを見たかったですね。フォワードは強いけどね...。対抗戦の上位チームの試合を見ていないのでなんともいえないけど、頂上を狙うにはもっと、攻撃のバリエーションと圧倒的なフィジカルの強みが出せないとね...。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 後半、ガソリン切れかな...。前半圧倒していたのに残念です。この日の流通経済大学はラインアウトも良くなかったもんなぁ、ここがもう少しきちんと取れていたら、少し試合の流れも変わっていたかも知れないな。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学

 流通経済大学のある龍ヶ崎市のマスコット「まいりゅう」くんが応援に来てました。
2019大学ラグビー 東海大学vs流通経済大学
 ところで「まいりゅう」くんの公式ホームページ、いきなり「「まいりゅう」の着ぐるみ貸し出し再開のお知らせ」はだめなんじゃないかなぁ...こういう場合、普通は「まいりゅう」くんは「まいりゅう」くんであって、中の人はいないはずなんだけどなぁ。