トップリーグ 2011-2012 第4節2011/11/19 22:24

 雨の中、秩父宮に行ってきました。

 今日は朝から雨だったのですが、御歳70歳の会社のラグビー部の元部長の「雨の中で見るのがラグビーの醍醐味」の一言で行くことになりました。人生半世紀の私は友人と二人で席取りです(大先輩には勝てません)。でも、よく考えたらこの雨の中、バックスタンドの最前列でずぶぬれになりながら観戦するラグビーバカはあんまりいませんよね...。周りは出場チームの応援団の中、単なる、ラグビー好きがポツンと...。

 今日の、第一試合は「NTTコミュニケーションシャイニングアークス」対「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」でした。
 かつて、社会人7連覇の伝統チームと今年トップリーグ2年目の新進のチームの対戦。フォワードにJAPANの選手を擁する神戸製鋼有利かと思っていたのですが...。
 立ち上がりは、神戸製鋼がNTTコム陣内で試合を進めていたのですが、NTTコムは堅いディフェンスでなかなか得点まで持ち込ませません。いやー、NTTコムのディフェンス厳しいです。特に両センター、バックローのタックルは凄かったです。雨のせいもあると思いますが、何度も神戸製鋼のノッコンを誘ってました。それに加え、スクラムとラインアウトのセットプレーで、NTTコムのほうが安定していたように思います。神戸製鋼は東京であまり見れないのですが、スクラムがちょっと自分が思っていたのと違ってましたね...(もう少し、強いと思ってました)。
 試合は、ペナルティで確実に点を取るNTTコムと、トライにこだわる神戸製鋼で勝負が分かれたという感じでしょうか?神戸製鋼がペナルティで、狙えるところできちんと点を重ねていれば、試合はだいぶ違っていたように思います。でも、今日はNTTコムのディフェンスの勝利ですね。後半、30分過ぎからの神戸製鋼の怒涛の攻撃で、反則を繰り返し、2名のシンビンを出しながら1トライは献上したものの、最後の5分余りの時間を13人でしのぎ切りましたからね。
 神戸製鋼もスピードのあるアタックを見せてくれてましたが、セットプレーと試合運びに少し疑問が残りましたね。

 NTTコム最年長33歳の栗原選手はペナルティキック、パントの処理と、年齢を感じさせないプレーでチームを引っ張ってました。試合後、握手してもらいました...単なるミーハー親父ですけど何か。ルーキーの鶴田選手もよかったですね...東海大恐るべしですな。

 NTTコミュニケーションシャイニングアークス 19点 VS 
                        神戸製鋼コベルコスティーラーズ 10点

 第二試合は「サントリーサンゴリアス」対「ヤマハ発動機ジュビロ」です。
 似たようなプレースタイルを持つチーム、元サントリーの清宮監督率いる新生ヤマハがどこまでサントリーを苦しめるか期待して見てました。
 前半は、ヤマハがんばってましたね。均衡した試合で、緊迫感ある良い試合内容でした。両チームともボールを良く動かして、果敢にアタックを繰り返すという感じで、どちらかというと、サントリーが精彩を欠き、ヤマハの勢いに押されているという感じでした。
 後半になり、サントリーが少しずつリズムを取り戻し、ヤマハのペナルティを誘い、ライアン選手のゴールキックで点差を広げていきます。ヤマハもなんとか食らいつきますが、後半少し勢いが落ちて最後はサントリーペースで試合を持っていかれてしまいました。でも、ヤマハは昨年のことを思うと、今年は良いチームになってます。
 この試合、日和佐選手、矢富選手、新旧JAPANのスクラムハーフ対決、どちらも引かず、それぞれの持ち味を出し良い勝負でした。
矢富選手の怪我が心配です。

 サントリーサンゴリアス 26点 VS ヤマハ発動機ジュビロ 13点

 <今日の反省>
 雨の日の観戦、靴は長靴が必須です。
上下は防水作業着で完全防備でしたが、靴はずぶぬれのぐちょぐちょ。何がつらいって、ずぶぬれの靴ぐらい気持の悪いもの無いですよね...。