今年のサクラ 42020/04/11 07:05

 隅田川に架かる両国橋の袂にある小さな公園のサクラ、満開でした。実は、薬研掘に七味を買いに行った帰りに見つけたんですね。この時期は、いろんなところでサクラが見られていいよね。
今年のサクラ 4
 で、この日は都バスの一日乗車券を買っていたので、家に帰るのに両国からスカイツリー経由でバスを乗り継いで帰りました。ということで、スカイツリーとサクラ。いつもならこの時期は、観光客でいっぱいなんでしょうけどね...平日とはいえ歩いている人はいませんでしたね。
今年のサクラ 4
 ということで、バスの中からの一枚。これも、スカイツリーとサクラ、いい感じですよね。
今年のサクラ 4
 東京駅も人がいなかったな...。
今年のサクラ 4
 お昼の3時ころなんですけどね...コロナウイルスの影響でほとんど人が歩いてませんでした。なかなか、見られない光景だよな...。

Freedom / Yasi Hofer2020/04/12 20:05

 昨年1月にリリースされたドイツの女性ギタリストYasi Hoferさんのアルバム「Freedom」を購入。

 そもそもは、InstagramだったかTwitterでCity of Green Fieldsのビデオを見たのがきっかけ。ギターを引きながら街中を延々と歩くってビデオなんだけど、Yasiさんが颯爽としててカッコいいんだな。
 ググってみたら、天才少女なんだね...子供のころバイオリンを始めて、12歳でエレキギターに転向、14歳でSteve Vaiさんに見いだされて教えを受けるなんて凄いなぁ、そんでもって、15歳でシュトゥットガルト音楽演劇大学で勉強をして、その後、米国のバークレー音楽大学でも音楽を学んだんだってことで、いわゆる天才だね。
 ということで、このアルバム、Vaiさんに影響を受けてるのがわかるサウンドやフレーズ、奏法がたくさん詰まってます。そしてもうひとつ、このアルバム聴いてて、なぜか高中正義さんを思い出した、というか、音とかフレーズとか高中さんっぽい部分が自分には感じられたんだよね。
 それにしても、この容姿でギターが無茶苦茶上手くて、「才色兼備」ってこの人のためにあるって思っちゃうな。アルバムの写真はカッコいいって感じだけど、笑顔がカワイイんだよ~。
Freedom / Yasi Hofer
 収録曲は以下の12曲。
01 City of Green Fields
 この曲、やっぱりいいです。疾走感のある曲でギター弾きまくってます。
02 Rollin' on
 Yasiさんって歌も歌うのね...。
03 Skydiver
 ヘビーなインストゥルメンタル、Vaiさんに影響されてるのがわかる1曲。リズム隊は正統派ロックって感じです。
04 Working Man's Life
 この曲もボーカル入り、スローでヘビーな曲で、ちょっとブルージーな感じ。ギターソロも弾きまくってなくて、情緒のある感じ聴かせるソロですな。
05 Freedom
 アルバムタイトル曲。スローなバラードで、Vaiさんっぽいというかリスペクトな曲。そんでもって、1分50秒くらいから高中さんっぽい音とメロディが聴ける。まさか日本の高中さんを聴いてると思わないので偶然だと思うけど、日本人には馴染みやすい曲かも。後半の盛り上がりも虹伝説のころを彷彿させるな。
06 Midnight Feelings
 一昔前のフュージョンっぽい曲。軽いおしゃれなシャッフルのリズムに乗って、これまた軽いギターのフレーズ。この曲のギターソロも、自分には高中さんっぽく聴こえた。
07 Happy Days
 これも、一昔前のフュージョンっぽい明るい曲。まぁ、タイトルがHappy Daysだからね。この曲も高中さんがやっててもおかしくない感じだ。
08 Now
 この曲もボーカル入り、ちょっと70年代のアメリカンロック?ポップ?みたいな感じの曲。自分には、ちょっと懐かしい感じがした。
09 Perception
 一転、ヘビーな曲。エアロスミスがやっててもおかしくない感じの曲。Steven Taylorさんのボーカルのせたら、まんまエアロじゃん。で、2分くらいからの展開はフュージョンだな、そのあと3分45秒くらいからはまたヘビーなロックに、これってプログレッシブロックじゃん。
10 Downhill
 この曲も高中さんだぁ、虹伝説に紛れてても違和感無い、ラテンパーカッションの入り方もそう感じさせるのかも...。ちなみに、曲自体はめっちゃカッコいいのだ。
11 In Search for Change
 幻想的でスケール感の大きな曲です。この曲もプログレッシブロックだね。そしてやっぱりギターソロが高中さんっぽい。
12 Here I'll Stay
 "Here I'll Stay"を連呼するだけのボーカルにクリアーなトーンのコードカッティングが延々と続くなんとも不思議な曲。ギターソロはやっぱり高中さんっぽい、ドイツと日本、どこか繋がってるんだろうか...。

 ということで、音楽世界の旅は、南米からドイツに来ました...次は、アフリカ大陸かな。

NEW ZEALANDとJAPAN2020/04/13 07:53

 いまだに着てます...。

 今から13年前の2007年5月12日、秩父宮ラグビー場で行われたクラシックオールブラックスとJAPAN XVの親善試合のときに買ったTシャツ。キウイのフィフティーンがカワイくて買ったんだよね。
NEW ZEALANDとJAPAN
 当時、ジョン・カーワンさんがJAPANの監督で、確かそんなつながりでクラシックオールブラックスが来日してJAPAN XVと2試合しました。結果は、1試合目が26対35、2試合目は6対36でクラシックオールブラックスが勝利しました。ちなみに、この年行われたワールドカップの戦跡は、AUSTRALIA 3-91、FIJI 31-35、WALES 18-72、CANADA 12-12と言う結果でした。当時は、CANADAに引き分けたってことで、連敗がストップしたところで喜んでたもんです。

 その当時から考えると、JAPAN強くなりましたね...。

平成仮面ライダーなりきりアイテム大全2020/04/14 07:04

 HOBBY JAPANさんから出版された「平成仮面ライダーなりきりアイテム大全」の上下巻を買った。
 上巻が2,700円(税抜き)、下巻が3,500円(税抜き)と合わせて6,200円、ちょっと高いけど全ページカラーで上巻が111ページ、下巻が143ページのボリューム、これ永久保存版の資料として、ファンとしてはMUST BUYだと思います。
平成仮面ライダーなりきりアイテム大全
 上巻がクウガからディケイドまでの10作品、下巻がWからジオウまでの10作品のバンダイさんから発売されたDXシリーズのなりきりアイテム(変身ベルト、ドライバー、変身アイテムのガジェット、武器)がカラー写真で収録されてます。COMPLETE SELECTION MODIFICATIONのアイテムがあるシリーズは、それも網羅されています。

 現物があるのが一番いいのかも知れないけど、スペースっていう物理的な問題があるからね。この2冊があれば、しばらく楽しめるよね。いや、ホント、持ってて損が無いと思います。

 やっぱ、仮面ライダーカッコいい。

世界中に勇気を2020/04/15 07:03

 外出自粛で家にいるので、Tシャツを着ることが多くなったので、古いTシャツをひっぱり出だしてきた。

 2011年の地震の後の秩父宮で買ったTシャツ。
世界中に勇気を
 あの時と一緒だね、今回は世界中だけど...。コロナウイルスに世界中で立ち向かわなければならないときだもんね。

 Good to Great
世界中に勇気を
 世界中でGREATを目指さないとね。