プレシーズンマッチ リコーブラックラムズ vs クボタスピアーズ2020/11/12 07:42

 先週末、今度はリコーブラックラムズとクボタスピアーズのオープン戦をInstaライブで観戦。コロナ禍でグランドには観に行けないので(一般の観客は観戦不可ってことですね)、先日のクボタvsキヤノン戦のようにチームが発信してくれると嬉しいですね。
プレシーズンマッチ リコーブラックラムズ vs クボタスピアーズ
 リコーもクボタもどっちも好きなチームなんだけど、やっぱ、リコーの応援。
プレシーズンマッチ リコーブラックラムズ vs クボタスピアーズ
 ということで、立ち上がりからリコーがいい感じでアタック。あっという間にクボタゴール前に迫って、バックスにボールを展開。クボタの甘いディフェンスもあって、まずは、慶應大卒のルーキー栗原選手のトライ。
 5-0、リコーが先制。

 このあと、クボタがリコーゴール前に、立ち上がりにトライとられてスイッチ入った感じでしたね。リコーもよく守ってたのですが、前に出るクボタに勢いがあって、反則を繰り返してました。ここでの規律、ディフェンス時のすばやいリロードが必要ですね。で、12分、ペナルティからクボタの早稲田大卒のルーキーSOの岸岡選手がゴールへパントキック、これを同じく明治大卒のルーキー山崎選手がキャッチしてトライ。
 ゴールも成功して5-7とクボタが逆転。
プレシーズンマッチ リコーブラックラムズ vs クボタスピアーズ
 ここからしばらくは均衡していましたが、21分、ペナルティーのラインアウトから山内選手が抜け出して大きくゲイン、これをフォローしたヴァカヤリア選手がトライ。
 10-7、再びリコーリード。

 この後、再びクボタがリコーゴール前に。ここでのディシプリンがリコーの課題かな。リコーは自陣ゴール前でのペナルティーのラインアウトからのモールでコラプシングの反則、最後はボールをまわされてクボタのハウェラ選手がトライ。
 10-12とクボタが逆転。

 でも、この日は、クボタよりリコーの方がコンビネーションがよかったかも、35分にはラインアウトからバックスが裏に抜け出て木上選手がゴールポスト真下にトライ。
 17-12と再びリコーリード。
 その5分後には、スクラムを押し込んで前に出てラインの裏からフォローした松橋選手が抜け出してトライ。
 24-12、この時点で流れはリコー、で、ここでハーフタイム。リコーはファカタヴァ兄弟、松橋選手のバックローの動きがよかったですね。
プレシーズンマッチ リコーブラックラムズ vs クボタスピアーズ
 後半立ち上がりもリコーのバックローの動きが良かったですね。No.8に入ってたのは、本来HOのファネル選手かな?要所でいい動きしてました。
 ただ、細かいミスが多いのと、両チームともアタックで当たるときの姿勢が高すぎるし、ちょっと、プレーが雑だったかな。
 で、後半はアマナキ大洋選手祭りでした。18分のトライは彼の個人プレーでした。
 29-12、大量リードの流れかな...。
プレシーズンマッチ リコーブラックラムズ vs クボタスピアーズ
 リコーは前半もそうだったけど、後半もゴール前の防御に課題がありますな。25分、クボタ末永選手のトライの時のリコーのタックル甘かったですもんね。
 29-17、クボタ追加点も流れはやっぱ、リコーかな。
 36分フルバックに入っていた新加入のルーカス選手が大きくゲインして、フォローしたアマナキ大洋選手につないでトライ。
 36-17
 ルーカス選手はランがいいですね、何度も裏に抜けて大きくゲインしてましたからね。ただ、他の選手のフォローが甘いかな、チームに合流してから日が浅いので、フォローの部分のコンビネーションはこれからってことですね。

 最後はやっぱりアマナキ大洋選手、ここも個人技でトライ。
 41-17 リコーの完勝。 

 とはいえ、試合終盤は両チームともプレーが雑でした。シーズン開始まであと2ヶ月、ここからプレー精度を上げて仕上げていって欲しいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック