ZAPPA ’75:Zagreb/Ljubljana / FRANK ZAPPA2022/11/02 07:52

 届きました。
ZAPPA ’75:Zagreb/Ljubljana / FRANK ZAPPA
 前回は米国からだったけど、今回は国内盤を購入しました。国内盤の師匠のCDを買うのはいつ振りだろう...紙ジャケ以来かも...。
ZAPPA ’75:Zagreb/Ljubljana / FRANK ZAPPA
 ということで、1975年11月21日のユーゴスラビアはザグレブ、22日のリュブリャナで行われたライブ音源が収録されたアルバム、今回は2枚組みですね。当時のメンバーは、FZ-Guitar、Andre Lewis-keyboards、Napoleon Murphy Brock-tenor sax and lead vocals、Norma Bell-alto sax, vocals、 Roy Estrada-bass、Terry Bozzio-drumsというラインアップ。Normaさんは、この年の9月から12月までの参加で音源も貴重な方(ちなみに、2008年10月リリースのJoe's Menageも同じラインアップの音源-1975/9/1のCollege Of William & Maryの音源-です)、ZAPPAさんのバンド、女性のメンバーはパーカッションのRuthさん以外は長続きしませんねぇ...。
ZAPPA ’75:Zagreb/Ljubljana / FRANK ZAPPA
 収録曲は以下の27曲、Zagrebでの曲が15、Ljubljanaでの曲が12という構成になってます。
 Disc 1
 01 “Managua”
 02 Stink-Foot
 03 The Poodle Lecture
 04 Dirty Love
 ちょっと、スピードが遅いけどね...ZAPPA師匠のギターソロがムッチャカッコいい、特に入りのところがね。
 05 How Could I Be Such A Fool
 06 I Ain’t Got No Heart
 07 I’m Not Satisfied
 08 Black Napkins
 それぞれのNapoleonさん、Normaさん、ZAPPA師匠のそれぞれのソロが、マジカッコいい。後半のギターとコーラスの絡みもカッコよすぎ!
 09 Advance Romance
 この曲のZAPPA師匠のギターソロ、カッコよすぎる!で、バックのTerryさんの叩くドラムがカッコいいんだわ!
 10 Honey, Don’t You Want A Man Like Me?
 11 The Illinois Enema Bandit
 12 Carolina Hard-Core Ecstasy
 13 Lonely Little Girl
 14 Take Your Clothes Off When You Dance
 このバージョンはカッコいいな。ジャッジーで、おしゃれさ100倍だね。
 15 What’s The Ugliest Part Of Your Body?
 歌ものコーナーの最後を飾るのは、コーラスのハーモニーが綺麗な「君の体の最も醜い場所はどこ?」ってとんでもないタイトルの曲。いや、曲は綺麗なのよね。
 16 Chunga’s Revenge (Part I)
 この曲もおしゃれだし、カッコいい。テナーとアルトサックスソロのバックのドラムス勢いありすぎでしょ。
ZAPPA ’75:Zagreb/Ljubljana / FRANK ZAPPA
 Disc 2
 01 Chunga’s Revenge (Part II)
 ていうか、それぞれのソロもカッコいいけど、この曲の一番の立役者はTerryさんだな。あとZAPPA師匠の静かなのにアバンギャルドなギターソロはいったいなんなん?
ところで、当時の演奏曲順で収録されているらしいんだけど、なんで、この位置に配置したかなぁ...通して聴ける位置にしてくれればいいのに...デジタル音源だと通して聴けるのでそっちも買おうかな...。
 02 Terry’s Zagreb Solo
 Terryさん推しだから、そりゃ5分以上の長尺のドラムソロ入れるよな...。
 03 Zoot Allures
 04 Filthy Habits (Prototype)
 プロトタイプだけに、ZAPPA師匠の探ってる感じのギターソロも面白い。ソロで作曲するってこういうことなのね。
 05 Camarillo Brillo
 06 Muffin Man
 07 I’m The Slime
 08 San Ber’dino
 Bonus Tracks
 09 Wind Up Workin’ In A Gas Station (Prototype)
 ボーカル入ってるのかと思ったらインストだった。ムッチャ、ロックしてる。
 10 Terry’s Ljubljana Solo
 こっちのソロのほうが手数がすごいかも...で、これを6分続ける体力もすごいな。
 11 Zoot Allures
 ☆1975/11/21 at Sportska Dvorama in Zagreb
 ◎1975/11/22 at Hala Tyvoli in Ljubljana
ZAPPA ’75:Zagreb/Ljubljana / FRANK ZAPPA
 このCDの音を聴いてると、ZAPPA師匠がTerryさんを気に入っていたのがわかるような気がします。パワフルなのに繊細、リズムのキープも正確、ロックからレゲエ、ジャズまで何でもこなせる幅の広さ、マジすごいや。

 それにしても、語彙が崩壊してるなぁ...。

 ところで、このCDが届くころに年内のリリースの連絡がありました。今度はWaka/JawakaThe Grand Wazooの未発表音源で、Waka/Wazooなるタイトル...それにしても今年は4作品、CDで20枚(Waka/Wazooは4枚組みで、ボックスセットにはオリジナル音源のBlu-ray Audioが付くらしい)リリースラッシュ終わりませんな...。

eRIe / Frank Zappa2022/07/01 07:53

 届きました。
eRIe / Frank Zappa
 今回は、国内のAmazonで輸入盤が20,556円、国内盤が21,450円だったので、米国のAmazonから個人輸入しました。価格は本体がUS$126.25、輸送費がUS$12.13だったので、合計でUS$138.38、今のレートで換算して19,118円でしたので、ちょっとだけ安く買ったことになります...とはいえ、今、タワーレコードの通販見たら17,811円になってました...残念!。ちなみに発送は、予定通り18日で、25日には手元に着たので約1週間で届いたことになります。
eRIe / Frank Zappa
 今回のアルバムはCD6枚組みで、1974年5月のEdinboro State CollegeとNotre Dame UniversityのConvocation Center、1974年11月のGannon Auditorium(ここが、アルバムタイトルになっているペンシルベニア州のERIEの会場ですね)、1976年11月のモントリオールのForum、Erie County Fieldhouse(ここもERIEですね)、トレドのSports Arenaのライブが収録されています。
eRIe / Frank Zappa
 それぞれのパーソネルですが、1974年5月は以下のメンバー、
 FZ—lead guitar, vocals
 Jeff Simmons—guitar, harmonica, vocals
 George Duke—keyboards, synthesizer, vocals
 Don Preston—synthesizer
 Napoleon Murphy Brock—tenor sax, flute, vocals
 Bruce Fowler—trombone, vocals
 Walt Fowler—trumpet
 Tom Fowler—bass
 Ralph Humphrey—drums, percussion
 Chester Thompson—drums, percussion
 このメンバーのJAZZっぽいアプローチは聴き所のひとつだと思います。
1974年11月は、
 FZ—guitar, vocals
 George Duke—keyboards, synthesizer, vocals
 Napoleon Murphy Brock—tenor sax, flute, vocals
 Ruth Underwood—percussion
 Tom Fowler—bass
 Chester Thompson—drums, percussion
1976年11月は、
 FZ—lead guitar, vocals
 Bianca Odin—keyboards, vocals
 Ray White—guitar, vocals
 Eddie Jobson—keyboards, violin
 Patrick O'Hearn—bass, vocals
 Terry Bozzio—drums, vocals
となっていて、Roxy期からIN NY期への過渡期となります。そういえば、1976年2月には来日公演があったんですよね。で、今回、Philly '76と同じく、Bianca Odinさんが参加した貴重な音源が収録されてます。自分としては、やっぱ、Terryさんのドラムが聴き所かな?
eRIe / Frank Zappa
 ちなみに、今回のジャケットは、LPサイズのハードカバーのブックレットになってます。ん~、場所とるから普通のCDサイズのボックスセットでいいんですけどね...まぁ、ライナーの写真と文章が読みやすいってメリットはありますけど...。LPサイズのボックスセットは、THE HOT RATS SESSION以来かな...。
eRIe / Frank Zappa
 収録曲は以下(LIVE会場別にくくってあります)。
 LIVE FROM EDINBORO, PA – MAY 8, 1974
 01 “Someone Has Just Asked Me…”
 02 Cosmik Debris
 03 Pygmy Twylyte
 04 The Idiot Bastard Son
 05 Cheepnis
 06 Inca Roads
 07 Montana
 08 Dupree’s Paradise
(Intro)
 (ここまでが、CD1)
 09 Dupree’s Paradise
 10 It Can’t Happen Here
 11 Hungry Freaks, Daddy
 12 You’re Probably Wondering Why I’m Here
 13 How Could I Be Such A Fool
 14 I Ain’t Got No Heart
 15 I’m Not Satisfied
 16 Wowie Zowie
 17 Let’s Make The Water Turn Black
 18 Harry, You’re A Beast
 19 The Orange County Lumber Truck
 20 Oh No
 21. Son Of Orange County
 22 More Trouble Every Day
 23 Camarillo Brillo
 (ここまでが、CD2)

 LIVE FROM SOUTH BEND, IN – MAY 12, 1974
 01 Montana
 02 Get Down

 LIVE FROM ERIE, PA – NOVEMBER 12, 1974 (3-14)
 01 Tush Tush Tush (A Token Of My Extreme)
 02 Stink-Foot
 03 RDZNL
 04 Village Of The Sun
 05 Echindna’s Ar
f (Of You)
 06 Don’t You Ever Wash That Thing?
 07 Penguin In Bondage
 08 T’Mershi Duween
 09 The Dog Breath Variations
 10 Uncle Meat
 11 Building A Girl
 12 Dinah-Moe Humm
 (ここまでが、CD3)
 13 I’m Not Satisfied
 14 Montana
 15 Dupree’s Paradise
(Intro)
 16 Dupree’s Paradise
 17 Don’t Eat The Yellow Snow
 18 Tush Tush Tush
(End Vamp)
 19 Oh No
 20 Son Of Orange County
 21 More Trouble Every Day
 (ここまでが、CD4)

 LIVE FROM ERIE, PA – NOVEMBER 12, 1976
 01 The Purple Lagoon
 02 Stink-Foot
 03 The Poodle Lecture
 04 Dirty Love
 05 Wind Up Workin’ In A Gas Station
 06 Tryin’ To Grow A Chin
 07 The Torture Never Stops
 08 Pound For A Brown
 09 You Didn’t Try To Call Me
 10 Rudy Wants To Buy Yez A Drink
 11 Would You Go All The Way? 

 (ここまでが、CD5)
 12 Black Napkins
 13 Terry’s Erie ’76 Solo
 14 Patrick’s Erie ’76 Solo
 15 Wonderful Wino
 16 The Purple Lagoon
(Outro)
 17 Stranded In The Jungle
 18 Dinah-Moe Humm
 19 The Purple Lagoon
(Outro)
 20 Camarillo Brillo
 21 Muffin Man
 22 The Purple Lagoon
(Outro)
 (ここまでが、CD6)

 LIVE FROM TOLEDO, OH – NOVEMBER 13, 1976
 01 City Of Tiny Lites
 (これも、CD5)
 02 Black Napkins
 03 The Purple Lagoon
(Outro)
 (これも、CD6)

 LIVE FROM MONTREAL, QC, CANADA – NOVEMBER 10, 1976
 01 You Didn’t Try To Call Me
 (これも、CD6)
eRIe / Frank Zappa
 ということで、全72曲、全部聞くのに7時間程度はかかるかと...相変わらずのボリュームですな。

ZAPPA2022/05/13 07:59

 映画「ZAPPA」観てきました。
ZAPPA
 映像自体はすでに観ていて、映画館で観る前にも一度観返したけど、映画はやっぱ映画館で観た方がいいよね...大きなスクリーン、音響、やっぱ家で観るのとは全然違う。日本語字幕入りだからね、英語の会話もなんとなくは理解できるけど、やっぱり訳があったほうが入ってくるし細かいニュアンスが伝わるよね。
ZAPPA
 で、やっぱり師匠は凄いや、単なるロックミュージシャンじゃない、音楽についていうと、きっと音楽が溢れてくるんだね。で、仕事人だけでなく、家族への大きな愛だったり、周りの人への心遣いだったり、音楽業界のあり方や政治までありとあらゆることに真剣に取り組んでいたんですね。
ZAPPA
 なんか、奇人的なところが先行してイメージが作られちゃったところがあるけど、こんなにまじめで凄い人いないんじゃないかなぁ。一ミュージシャンじゃなくて「」の人生のドキュメンタリー映画ですよ。
ZAPPA
 とにかく、観てよかったとホントに改めて思った。ここで何度も書いてるけど、いままで毛嫌いしていた人にも観てもらって、師匠の音楽に触れてもらいたいなぁ...。
ZAPPA
 ところで、エンドロールにクラウドファンディングで名前を入れられるっていうのがあったんだけど、自分もこの日、気合を入れて着ていったTシャツだけじゃなくてそっちにも投資すれば良かった...。
ZAPPA
 あと、映画館の装飾すごいよね、スタッフの方の意気込みを感じちゃったな。
ZAPPA
 このアルバムジャケットのコラージュ、カッコよすぎる。

THE MOTHERS 1971 / FRANK ZAPPA2022/05/10 07:54

 1度ならずと2度の発売延期を乗り越えて、先月末やっと手元に届きました。
THE MOTHERS 1971 / FRANK ZAPPA
 今回、国内盤がリリース(中身は輸入盤だけど、国内仕様の翻訳が添付されてる)されるってことで、Amazonでそれを買ったんだけど、米国で3月18日リリースで4月末って遅すぎないかなぁ...。そうこうしてる間に、次の6月発売のCDの先行受注が始まってますからね(ちなみに、このCDはUSのAmazonで個人輸入することにしました)。
THE MOTHERS 1971 / FRANK ZAPPA
 で、今回のCD、堂々8枚組み、1971年のThe MOTHERSの1月、6月、12月のライブが収録されてます。
 Disk1からDisk6の6曲目までの63曲が、6月のFillmore EastでJohn LennonさんとYokoさんと競演したライブですね。メンバーは、
 FZ—guitar & vocals
 Mark Volman—lead vocals
 Howard Kaylan—lead vocals
 Ian Underwood—keyboards, winds & vocals
 Bob Harris—keyboards
 Jim Pons—bass & vocals
 Aynsley Dunbar—drums
これに、ゲスト参加の
 Don Preston—Minimoog
と6日のゲストの
 John Lennon—lead vocals & guitar
 Yoko Ono—vocals & bag
というもの。
THE MOTHERS 1971 / FRANK ZAPPA
 Disk6の7曲目と10曲目がリハーサル音源、8曲目と9曲目はシングルのAB面、11曲目からの10曲とDisk7の4曲目までが6月3日のState Farm Show Arenaでのライブ、5曲目と6曲目が6月1日のWatres Armoryでのライブ。
 7曲目からの3曲と、Disk8の14曲が12月10日のロンドンのRainbow Theatreでのライブ。ちなみに、このRainbow Theatreのライブで、ZAPPA師匠がファンにオーケストラピットに突き落とされて、大怪我をしたのは有名な話で、この事件のせいでフロ&エディ期のThe MOTHERSは解散しちゃうんですね。ちなみに、Disc8の最後の曲の”抱きしめたい”の曲が終わった直後にこのときのが収録されてます。この事故で足に障害が残ったのは知ってましたが、首を打ったことにより声が低くなってしまったのは初めて知りました。
 ちなみに、Rainbow Theatreのライブは、
 FZ—guitar & vocals
 Mark Volman—lead vocals
 Howard Kaylan—lead vocals
 Ian Underwood—keyboards, winds & vocals
 Don Preston—keyboards
 Jim Pons—bass & vocals
 Aynsley Dunbar—drums
というメンバー。
THE MOTHERS 1971 / FRANK ZAPPA
 このライブの一つ前のスイスのモントルーでのライブでの火事が、Deep Purpleさんのスモーク・オン・ザ・ウォーターの元ネタになってるのも有名な話しですね...ちなみに、The MOTHERSはこの火事で機材が燃えちゃって、このロンドンのライブでは借り物の機材で演奏をしたんですよね。それにしても、人の不幸で稼ぐってのはどうなんでしょうねぇ...ライナーノーツのIanさんとAhmetさんのコメントもそんな感じでしたね。
 フロ&エディを擁するThe MOTHERSの活動期は1970年から1971年までの2年間、その後期の演奏なので円熟味増してますね、Disc1のKing Kongの演奏なんて、ムッチャかっこいいですよ。
THE MOTHERS 1971 / FRANK ZAPPA
 収録されている曲は以下。
Disc 1
01 Peaches En Regalia
02 Tears Began To Fall
03 Shove It Right In
04 Status Back Baby
05 Concentration Moon Part I
06 The Sanzini Brothers
(Sodomy Trick)
07 Concentration Moon Part II
08 Mom & Dad
09 Intro To Music For Low Budget Orchestra
10 Billy The Mountain
11 King Kong

Disc 2
01 Peaches En Regalia
02 Tears Began To Fall
03 Shove It Right In
04 Intro To Music For Low Budget Orchestra
05 Billy The Mountain
06 Little House I Used To Live In
07 The Mud Shark
08 What Kind Of Girl Do You Think We Are?
09 Bwana Dik
10 Latex Solar Beef
11 Willie The Pimp

Disc 3
01 Do You Like My New Car?
02 Happy Together
(Gordon/Bonner)1
03 "Any Chord Of Your Choice"
04 King Kong Part I
05 Lonesome Electric Turkey
06 King Kong Part II
07 Fillmore Improvisation
08 Peaches En Regalia
09 Tears Began To Fall
10 Shove It Right In
11 Status Back Baby
12 Concentration Moon Part I
13 The Sanzini Brothers
(Sodomy Trick)
14 Concentration Moon Part II
15 Mom & Dad

Disc 4
01 The Story Of Billy The Mountain
02 Intro To Music For Low Budget Orchestra
03 Billy The Mountain
04 Chunga's Revenge
05 "Herd Of Cattle"
06 Peaches En Regalia
07 Tears Began To Fall
08 Shove It Right In

Disc 5
01 The Story Of Billy The Mountain 
02 Intro To Music For Low Budget Orchestra
03 Billy The Mountain
04 "Conglomerate Assembly"
05 Little House I Used To Live In
06 The Mud Shark
07 What Kind Of Girl Do You Think We Are?
08 Bwana Dik
09 Latex Solar Beef
10 Willie The Pimp
11 Do You Like My New Car?
12 Happy Together
(Gordon/Bonner)

Disc 6
01 Well (Ward)
02 Say Please (Lennon/Ono/FZ)
03 King Kong
04 Aaawk (Lennon/Ono/FZ)
05 Scumbag (Lennon/Ono/Kaylan/FZ)
06 A Small Eternity With Yoko Ono (Lennon/Ono)
 ここまでが、Fillmore Eastでのライブ音源。一部、既出の音源(Fillmore East—June 1971、You Can't Do That On Stage Anymore Vol.6、Playground Psychotics)も含まれてますね。

07 Homemade Radio Spot
ラジオ放送用のジングル。

08 Tears Began To Fall—Single Version
09 Junier Mintz Boogie—Single B-Side
シングルのAB面

10 Homemade Radio Spot Outtakes
ラジオ放送用のジングル。

11 Peaches En Regalia
12 Tears Began To Fall
13 Shove It Right In
14 Status Back Baby
15 Concentration Moon Part I
16 The Sanzini Brothers
(Burning Hoop Trick)
17 Concentration Moon Part II
18 Mom & Dad
19 My Boyfriend's Back
(Feldman/Goldstein/Gottehrer)
20 Tiny Sick Tears (Martinez)

Disc 7
01 Call Any Vegetable
02 The Story Of Billy The Mountain
03 Intro To Music For Low Budget Orchestra
04 Billy The Mountain
ここまでが、State Farm Show Arenaのライブ音源。

05 Willie The Pimp
06 King Kong
(Outro)
この2曲が、Watres Armoryでのライブライブ音源。

07 Zanti Serenade
08 Peaches En Regalia
09 Tears Began To Fall

Disc 8
01 Shove It Right In
02 "Pain In The Ass"
03 Divan: Once Upon A Time
04 Divan: Sofa #1
05 Pound For A Brown Part I
06 Super Grease
07 Pound For A Brown Part II
08 Sleeping In A Jar
09 Wonderful Wino
(FZ/Simmons)
10 Sharleena
11 Cruising For Burgers
12 "That's Your Tough Luck"
13 King Kong
14 I Want To Hold Your Hand (Lennon/McCartney)
 ここまでが、Rainbow Theatreでのライブ音源。こちらも、一部、既出の音源(You Can't Do That On Stage Anymore Vol.1、Vol.3、Playground Psychotics)も含まれてます。それにしても、ZAPPA師匠、ビートルズの ”I Want To Hold Your Hand”なんて曲も演ってたんですね。

 合計、約10時間、これまた聴き応えのあるボックスセットです。次のセットが来るまでに全部聴けるかなぁ...。

前売り券2022/04/18 07:08

 映画の前売り券を買うの何年ぶりだろう...大学生の頃のことだから40年くらい前だろうか。

 クラウドファンディングに参加したZAPPA師匠のドキュメンタリー映画「ZAPPA(タイトルそのままんまやね)」の日本語字幕版が公開になるってことで、前売り券を買ってきた。おまけは20cm×10cmの大きなステッカー。
前売り券
 映画自体はね、すでに昨年クラウドファンディングの返礼でネットで観ることが出来てるので、初見ではないんだけどね。大きなスクリーンで、大音響で、しかも日本語字幕入りで観られるんだったら観ないって選択肢は無いよねぇ。
 それにしても、映画の日本語字幕版が公開されたり、この映画のサウンドトラックや、200Motelsのサウンドトラックマザース1971のライブCDの新譜の国内盤が発売になったり、没後29年で動きがありますね...師匠の音楽が再認識されるといいなぁ。
前売り券
 ということで、今週の金曜日に公開、待ち遠しいなぁ。

 ところで、前売り券に「87」って書いてあったんだけど、87枚目ってこと?前売り券まで買うファンってそんなもんなんかなぁ...。