Whisky A Go Go, 1968 / Frank Zappa & The Mothers of Invention2024/06/23 07:45

 先日書きこんだ、ZAPPA師匠の新譜の音源をダウンロードしました。

 56年前の今日、6月23日(火)にWHISKY A GO GOで行われた3セット約3時間のステージの様子を収めたアルバムです。ZAPPA師匠はもともとこのライブ音源をリリースする考えがあったようですね。
Whisky A Go Go, 1968 / Frank Zappa & The Mothers of Invention
 ちなみに、これまでの作品にもこの時の演奏が収録されていて、10曲目のMemories Of El Monte、11曲目のOh, In The Sky、24曲目のThe Dukeは、ドキュメンタリー映画のサウンドトラック、19曲目のMeowYou Can't Do That On Stage Anymore Vol. 5、20曲目のGod Bless AmericaMeat Lightでも聴くことができます。
 この時のメンバーは、
  ZAPPA—guitar, vocals
  Ray Collinsーvocals, percussion
  Ian Underwoodーalto sax
  Bunk Gardnerーtenor sax, flute
  Don Prestonーkeyboards, gong
  Motorhead Sherwoodーbaritone sax, percussion
  Roy Estradaーbass, vocals
  Art Trippーdrum set, percussion
  Jimmy Carl Blackーdrum set, percussion
 の総勢9人。前も書いたけど、Rayさんはこの後このバンドを離れて、多少の追加はあるものの、1969年にRoyさんがこの後バンドに参加するLowell GeorgeさんとLittle Featを結成するためにバンドを離れ、ドラムスにAynsley Dunbarさんが参加するまでの間のZAPPA師匠を支えたメンバーになります。

 01 Whisky Improvisation: Episode I
 いきなりパーカッションで始まるあたり、ZAPPA師匠の趣味丸出しって感じですな。で、オシャレな曲につなげるんだもんね...このバンド、ただのロックバンドじゃないってことだよね。
 02 America Drinks & Goes Home
 03 Help, I’m A Rock / Transylvania Boogie
 この曲くらいから、ロックバンドの本領発揮って感じかな...それにしても、ここまで目立つのってやっぱパーカッションだもんね。ドンさんのシンセも目立ってるけど、メロディというよりパーカッションだもんね。
 04 My Boyfriend’s Back
 懐かしのドゥーワップっぽい曲。
 05 Bust His Head
 そして、続いては、ちょっとおしゃれでJAZZYな雰囲気で始まって最後はリズム&ブルースだね。
 06 Tiny Sick Tears Jam
 曲が切れ目なく続くんで、どこで終わって、どこで始まるかわかんないな...ZAPPA師匠のギターがおしゃれな曲。最後はブラスセクションのアバンギャルドなアンサンブルに...。
 07 “The Purpose Of This Evening…”
 08 Whisky Improvisation: Episode II
 09 Status Back Baby
 この辺りからちょっと歌もので本気出すって感じかな。
 10 Memories Of El Monte
 そして本格的なドゥーワップ、ZAPPA師匠の好き(ドゥーワップから現代音楽まで)がてんこ盛りのステージだよね。聴いてる客はついてこれてるんかな?
 11 Oh, In The Sky
 この曲もね...。
 12 Valerie
 この曲もだ。
 ここまでがCD1枚目。
 13 “Fun & Merriment”
 14 Hungry Freaks, Daddy
 この曲もZAPPA師匠のギターはロックしてるね。
 15 King Kong – Part 1
 16 King Kong – Part 2
 お馴染みのKing Kongですね。いや、この曲はやっぱカッコいいや。
 17 Octandre
  Varèseさんの曲です。この当時からこういった曲も演奏していたんですねぇ。原曲から考えるとかなりアヴァンギャルドな音ですけどね。 
 18 Whisky Improvisation: Episode III
 19 Meow
 この曲もアヴァンギャルドな現代音楽だね。
 20 God Bless America
 アメリカ愛国歌をこんなおふざけな感じで演っていいのかなぁ...。
 21 Presentation Of Wings
 22 Plastic People
 23 Della’s Preamble
 24 The Duke – Take 1
 25 The Duke – Take 2
 26 Khaki Sack
 この前2曲のアンサンブルは凄いっていうかカッコいい。Bunkさんのテナーサックスソロも炸裂って感じでムッチャカッコいいし、Donさんのキーボードソロもカッコいい。ZAPPA師匠のギターソロもいい感じだね。
 ここまでがCD2枚目。
 27 The Whip
 28 Whisky Chouflée
 この2曲のインストゥルメンタルはカッコいいぞ。ステージの最後にこんな曲を持ってくるのちょっと反則だな。ステージ後半の怒涛のインプロビゼーション、凄すぎる。後半のブギもいい感じだね。
 29 Brown Shoes Don’t Make It
 30 Brown Shoes Shuffle
 お馴染みの曲ですね、アンコールってとこかな。Shuffleのギターソロ相変わらずカッコいいね。
 Bonus Vintage Mixes
 31 The Whip (FZ Mix)
 27曲目の曲を1970年にZAPPA師匠がミックスしたもの。曲の序盤、かなり大胆に音に強弱をつけてます、パーカッションが前に出ていて、結構、攻撃的な感じだよね。後半のインプロビゼーションパートは、メロディ楽器の音が目立つミックスになってます。ライブ音源もきちんと曲に仕上げるのさすがZAPPA師匠って感じです。
 32 Hungry Freaks, Daddy (FZ Mono Mix)
 1969年にZAPPA師匠がモノラルミックスしたものです。この曲もリズム隊が目立ってていいと思いますよ、自分はね。

 ということで、ただのロック屋さんじゃないよのステージですね。ちなみに、映像もYOUTUBEに上がっているので、是非。で、次こそは80年代ってことでお願いしますよ、Ahmetさん、Joeさん。

今回もダウンロードだな...2024/06/11 07:44

 今年一発目のZAPPA師匠の新譜のリリースのお知らせが4月20日にZAPPA.comから送られてきた。前作が1973年のOVER-NIGHT SENSATIONの50周年エディションだったので、80年代の音を期待してたんだけどなぁ...。
 メールをみたら、1968年のWHISKY A GO GOのライブ音源だった...5年もまた遡っちゃった。
今回もダウンロードだな...
 56年前の6月23日にLAのWHISKY A GO GOで行われたステージの音源を3枚のCDに収めたものです。これまでも、Uncle Meatドキュメンタリー映画サウンドトラックに断片的に発表されていた音源を丸々聴けるってことなので、それはそれで、貴重な1枚(CD3枚だけどね)ってことだね。
今回もダウンロードだな...
 ちなみに、メンバーは、ZAPPA師匠に、Ray Collins(vocals, percussion)、Ian Underwood (alto sax)、Bunk Gardner (tenor sax, flute)、Don Preston (keyboards, gong)、Motorhead Sherwood (baritone sax, percussion)、Roy Estrada (bass, vocals)、Art Tripp (drum set, percussion)、Jimmy Carl Black (drum set, percussion)というラインアップ、オリジナルメンバーでボーカルのRayさんがこのライブを最後にバンドを離れたんですよね。アルバムでいうとWe're Only In It For The MoneyCruising With Ruben & The JetsUncle Meatをリリースしていたころですね。

 ということで、今回もCDではなくダウンロードすることにしてAmazonで予約しました。ダウンロードできるのは、今月の21日、あと10日ばかりおとなしく待ってます。

2023年のアルバム2023/12/31 07:46

 今年も例年のようにこの1年に入手したアルバムとシングルを並べてみた。


 そして久しぶりのアルバムリリースでは、大御所のRolling Stonesさんだな、やっぱり。80歳にもなって、なお、このストレートなロックでゴリゴリ来る当たり、もうたまりません。自分が洋楽を聴きだしたきっかけはThe Beatlesなんだけど、同時代のミュージシャンでいったら、Stonesなんだよね。いやマジ、この乗り大好きです。
 あと、お久しぶりの方といえば、元Chatmonchyのaccobinさんですね、この柔らかくて暖かいaccbinワールドは、えっちゃんの創り出すストレートなロックとはまた違った趣があるよね。

 50周年ライブを観にに行ったってこともあるけどユーミンさんのベストアルバムも買っちゃいました。若い頃、それこそレコードの溝がすり減って、カセットテープのテープが伸びちゃうくらい聴いたもんです。当時の学生で聴いたことない方いないって感じだったよね。

 そして、今年はスーパー戦隊だな。まさか、自分がスーパー戦隊のテーマ曲を聴くことになるなんて思ってもなかった。ドンブラザース侮れないな...ちなみに、今放送中のキングオージャーもドンブラザースに負けないくらい面白いと思ってます。

 残念なのはKMNZのLIZさん、せっかく出会ったのに今日でお別れです。次、どうされるのかなぁ...新しいことを始められるのであれば、また応援したいな。 
2023年のアルバム
2023年のアルバム
2023年のアルバム
2023年のアルバム
2023年のアルバム
2023年のアルバム
2023年のアルバム
2023年のアルバム
2023年のアルバム
2023年のアルバム
 さて、来年はどんな出会いがあるのかな...たくさん、楽しみたいよね。

OVER-NITE SENSATION 50th ANNIVERSARY EDITIONS / FRANK ZAPPA2023/11/25 07:10

 1973年にリリースされたOVER-NITE SENSATIONから50年、デモ音源やアウトテイク、当時のライブを集約した50周年エディションがリリースされました。前作がHOT RATSのころの掘り出し音源集だったので、新しいリリースは、周年ものじゃなくて未発表のライブ(もちろん公式のね)だと思ってたんだけどなぁ...。

 ということで、今回、オリジナル音源とアウトテイク、Hollywood PalladiumとデトロイトのCobo Hallでのライブ、Blu-rayオーディオにドルビー5.1ch、当時ZAPPA師匠が凝っていた4チャンネルステレオなど高音質の音源を収録しているってことだったんだけど4枚のCDにBlu-rayで16,500円は、正直ちょっと高いかなって感じて、Amazonでmp3音源ダウンロードにしちゃったんだよね。そもそも、高音質音源を再生できる機材持ち合わせてないし、そろそろ、終活に向かう身としては、なるべくフィジカルな音源は少なめにしておきたいって最近思い出したからなんだけどね...(とか言いながらM3に行っている終活マンなんだけどな)。
 
 ということで、まぁ、音源としては、コマーシャリズムな感じで分かりやすいロックな曲をリリースし始めた時代の師匠ってことで、聴きやすいアルバムだと思います。あと、師匠自ら歌う歌も多いっていうのもあるよね。で、ロキシーにつながる実力派メンバーによるアルバムですからね悪いわけがない。ライブの音もカッコいいですよ。
 収録に参加しているメンバーは、以下の9人。そういえば、I’m The SlimeDirty LoveZomby WoofDinah-Moe HummMontanaには、若かりし頃のTina Turnerさんを擁するThe Ikettesがコーラスで参加しています(このコーラスがまた、黒くてカッコいいんだわ)。あと、Ricky Lancelottiさんが、Fifty-FiftyZomby Woofで歌ってますね(ちなみに、Lancelottiさんハンナ・バーバラのアニメの歌を歌ったりしていたらしいし、シングルもリリースされているようですが、日の目を見ることなく、1980年に薬物過剰摂取で亡くなられたみたいです)。
 The Mothers Of Invention:
 FZ—guitar, vocals
 Jean-Luc Ponty—violin
 George Duke—keyboards, vocals
 Sal Marquez-Trumpet, vocals
 Ian Underwood—alto sax
 Bruce Fowler—trombone
 Ruth Underwood—percussion
 Tom Fowler—bass
 Ralph Humphrey—drums
OVER-NITE SENSATION 50th ANNIVERSARY EDITIONS / FRANK ZAPPA
 アルバムの構成は以下のような感じで、オリジナル音源⇒アウトテイク⇒ライブ音源って感じで並んでます。
Over-Nite Sensation – The Album
 01 Camarillo Brillo
 02 I’m The Slime
 03 Dirty Love
 04 Fifty-Fifty
 05 Zomby Woof
 06 Dinah-Moe Humm
 07 Montana
Bonus Session Masters
 08 Wonderful Wino (Complete Edit)*
 09 Inca Roads (1973 Version, 2023 Mix)* 
 10 RDNZL (1973 Mix)* 
 11 For The Young Sophisticate (Dolby EQ Copy)
 12 I’m The Slime (Single Version)
 13 Montana (Single Edit With Intro)
Bonus Vault Sensations
 14 Inca Roads (Bolic Take-Home Mix)*
 15 RDNZL (Take 2)*
 16 X-Forts (Echidna’s Arf (Of You))*
 17 Camarillo Brillo (Alternate Mix)*
 18 Face Down (I’m The Slime – Demo)*
 19 I’m The Slime (Basic Track Outtake)*
 20 Dirty Love (Session Rehearsal)*
 21 Dirty Love (With Quad Guitar)*
 22 Fifty-Fifty – Pipe Organ Intro Improvisations*
 23 Fifty-Fifty (Basic Tracks, Take 7)*
 24 Dinah-Moe Humm (Session Rehearsal)*
 25 Dinah-Moe Humm (Bolic Take-Home Mix)*
 26 Montana (Bolic Take-Home Mix)*
Live In Hollywood, California, Hollywood Palladium – March 23, 1973
 27 Montana*
 28 Dupree’s Paradise (Intro)*
 29 Dupree’s Paradise*
 30 Cosmik Debris*
 31 “The Dynamic Sal Marquez!”*
 32 Big Swifty*
 33 “…The Successor To Willie The Pimp”*
 34 The Curse Of The Zomboids (I’m The Slime)*
 35 Don’t You Ever Wash That Thing?*
 36 FZ & The Percussion Section*
 37 Palladium Jam – Part 1*
 38 Palladium Jam – Part 2*
Live In Detroit, Michigan, Cobo Hall – May 12, 1973
 39 Cobo Hall ’73 Band Intros And Sound Check*
 40 Exercise #4*
 41 Dog Breath*
 42 The Dog Breath Variations*
 43 Uncle Meat*
 44 Fifty-Fifty*
 45 Inca Roads*
 46 FZ Introduces the Don’t Eat The Yellow Snow Medley*
 47 Don’t Eat The Yellow Snow*
 48 Nanook Rubs It*
 49 St Alfonzo’s Pancake Breakfast*
 50 Father O’Blivion*
 51 St Alfonzo’s Pancake Breakfast (Reprise)*
 52 Join The March*
 53 Cosmik Debris*
 54 Medley: King Kong/Chunga’s Revenge/Son Of Mr Green Genes*

 ん~、次は80年代前半のライブの音源がいいなぁ。

予想が外れた...2023/07/22 07:16

 荷物が届いた...。

 ZAPPA師匠の新作、ここの所、国内盤が発売されるようになったのに、ZAPPA師匠のHPに告知が出たときには国内盤の情報がなかったので、今回は、米国のオフィシャルサイトで購入しました。今回は送料込みでUS$43.14、円安なので日本円で約6,000円、ちなみに、日本盤は税込み5,280円なので、そっちにすればよかったかも...。
予想が外れた...
 自分の予想では、ここの所70年代の音源のリリースが続いたので、そろそろ80年代前半から中ごろの音源かななんて思ってたんだけど、ものの見事に予想が外れました。今回のアルバムは、Hot Ratsリリース後の1970年の2月と3月に録音されたもので、メンバーは、ボーカル、バイオリン、オルガンにDon "Sugarcane" Harrisさん、キーボードとサックスでIan Underwoodさん、ベースにMax Bennettさん、ドラムズがAynsley Dunbarさんという布陣。この布陣で、R&Bとブルース、当時新しかったフュージョン系のサウンドを入れたオリジナル曲、カバー曲、即興曲などを録音したそうです。で、この時の音源を使って、CD1枚と、その時のアウトテイクを集めたCD2枚をセットにしたものが、今回の新作です。Chunga’s Revengeの元となったバージョンや、Sharleenaの初期バージョンが収録されてます。
予想が外れた...
 ということで、収録されているのは以下の25曲。
予想が外れた...
 CD 1: Funky Nothingness – The Album
 01 Funky Nothingness
 ベースとギター2本のブルース?、かなりレイドバックしたいい雰囲気の小曲です。 
 02 Tommy/Vincent Duo I
 ベースとドラムスのデュオ、ところで、TommyとVincentって誰?
 03 Love Will Make Your Mind Go Wild
 フロ&エディ期につながるようなR&Bの曲。Harrisさんのボーカルとバイオリンがいい感じです。
 04 I’m A Rollin’ Stone
 この曲と前の曲はカバーです。この曲もHarrisさんのバイオリンが活躍してます。自分は、Harrisさんのバイオリン好きだな、Pontyさんより好きかも。ZAPPA師匠のギターソロもいい感じだな。後半のインプロビゼーションでのソロの応酬がカッコいい。
 05 Chunga’s Revenge (Basement Version)
 Chungaの初期バージョン、QuAUDIOPHILIAcに収録されてたのと同じ演奏かな?
 06 Basement Jam
 Chungaの続いて演奏されたと思われるインストのインプロビゼーション。こんなセッションをたくさん繰り返してたんでしょうな。
 07 Work With Me Annie / Annie Had A Baby
 この曲もカバー、ブギのリズムの軽快な曲。ゴリゴリのインプロビゼーションとこういったPOPな曲を集めたアルバムを作りたかったんでしょうね、というか、この前後にリリースされてるアルバムはそんな感じだもんね。それにしても音楽的な引出しの多さはスゴイの一言ですな。
 08 Tommy/Vincent Duo II
 ドラムスと、ギターのデュオ、単純にカッコいい。
 09 Sharleena (1970 Record Plant Mix)
 おなじみのSharleena です。軽快でFunkyなイントロから、ゆったりとしたボーカルにつながるギャップが凄すぎ。中盤のバイオリンソロとギターソロがこのバージョンのキモだね。
 10 Khaki Sack
 軽快なインストゥルメンタル。師匠のギターソロもカッコいいけど、Ianさんのオルガンソロもカッコいい。
 11 Twinkle Tits
 wakaにつながるようなインストゥルメンタル。静かで美しい前半に比べて、後半に向けての盛り上がり方が半端ないな。
予想が外れた...
 CD 2: Zappa/Hot Rats ’70 Session Masters and Bonus Nothingness
 01 Chunga’s Revenge (Take 5)
 02 Love Will Make Your Mind Go Wild (Take 4)
 03 Transylvania Boogie (Unedited Master)
 04 Sharleena (Unedited Master)
 05 Work With Me Annie/Annie Had A Baby (Alternate Edit)
 06 Twinkle Tits (Take 1, False Start)
 07 Twinkle Tits (Take 2)
予想が外れた...
 CD 3: Zappa/Hot Rats ’70 Session Masters and Bonus Nothingness
 01 The Clap (Unedited Master-Part I)
 02 The Clap (Unedited Master-Part II)
 03 Tommy/Vincent Duo (Unedited Master)
 04 Chunga’s Revenge (Take 8)
 05 Halos and Arrows
 06 Moldred
 07 Fast Funky Nothingness
予想が外れた...
 まだ、全部聴いてないので、感想は気が向いたら書き込みします。

 ところで、上に書いたように今回、米国から送られてきたんだけど、発売日が6月29日で。手元に届いたのが7月19日でした。
予想が外れた...
 ちょうど20日ですね...。これ、7月4日の独立記念日の休日で1週間はロスしてるよね。出荷が29日で、荷物を受け取ったのが7月8日ですからね。で、4日後には日本に荷物が着いてる(ちなみに、米国を出たのが13日で、日本についたのが14日なので、航空便ですな)。ここから、日本も3連休だったので5日後の19日についたってことですな。両国の祝日のために時間がかかったってことですな。

 ん~、次は国内盤にしようかなぁ...。