4回目 and more...2021/04/29 07:18

 荷物届いた...。パッケージが破けてたので心配したけど、とりあえず、中までは響いてませんでした。ホント、頼むよクロネコさん。
4回目 and more...
 ということで、届いたのは、昨年3回、映画館で観たヨーロッパ企画さんの映画「ドロステのはてで僕ら」のBlu-ray。これで、4回でも100回でも何回でも観れちゃうね。
4回目 and more...
 パッケージはフライヤーと同じデザインなんだけど、コピーが違うね。フライヤーは「パズル的な構造」「群像による長回し」「時間のパズル、カフェで極まる。」「秒単位でテレビ画面と絡み続ける役者たち」だったけど、Blu-rayのパッケージには、【カフェで起こった時空のミルフィーユ】【時間に蹴られろ。】【ヨーロッパ企画がおくるエクストリーム時間SF】のコピー。「時間に蹴られろ」はこの映画を端的に表現してるよね。
 ちなみに、本編と、出演者の皆さんによる3種類のオーディオコメンタリーまではDVDと同じ、Blu-rayだけの特典としては、この映画の原型ともいえる短編「ハウリング」、酒井善史さん、諏訪雅さん、中川晴樹さん、本多力さんによるコメンタリー付きの「メイキング「ドロステのはてで僕ら」はこうして作られた 完全版!」と、5本の予告映像を含む68分の特典映像、あと、オリジナルサウンドトラックCD、舞台裏を暴露する「ドロステ辞典」なるブックレットが付いてます。
4回目 and more...
 そして今回、購入先着特典としてジャケットの別ポーズの写真の大型ポストカードに...
4回目 and more...
 出演者の皆さんの直筆のサイン、自分ミーハーだからこういうの嫌いじゃない。
4回目 and more...
 なんか、最近の情報では、海外の映画祭でも好評らしいので、ヨーロッパ企画の世界侵略も着々と進行してるみたいです...。

 ということで、緊急事態宣言下のゴールデンウィークはこのBlu-rayを楽しみます。

ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa2021/03/13 07:41

 予約していたZAPPA師匠の映画のサウンドトラックCDが届いた。
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
 今回は、Amazonで国内で購入、Amazonでも普通に買えましたね。予約したとき3,021円だったので、米国じゃな無くて国内にしたんだけど、今、見たら5,389円だった??ちなみに、米国のオフィシャルショップで買うとUS$39.98、今回は、Amazonで正解でしたね。
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
 内容としては、既発のアルバムから映画で使用している曲と、ライブ音源、アリス・クーパーさんやGTO'sのように映画に出てくるミュージシャンの曲、この映画用に作られたBGM(いわゆる映画のサウンドトラックね)で構成されてます。サウンドトラック以外は、ほぼほぼ映画の構成と同じ順番で並んでいます。収録曲は以下。
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
DISC 1
01 Anyway The Wind Blows (from Freak Out!)
02 You’re Probably Wondering Why I’m Here (from Freak Out!)
03 Everytime I See You (The Heartbreakers)
04 Motherly Love (from Freak Out!)
05 Memories Of El Monte (Live from the Whisky A Go-Go – June 23, 1968)
06 Oh! In The Sky (Live from the Whisky A Go-Go – June 23, 1968)
07 The Duke (Live from the Whisky A Go-Go – June 23, 1968)
08 How Could I Be Such A Fool? (from Mystery Disc)
09 “The Reason We Have Stayed Together…”
10 Black Beauty (from Mystery Disc)
11 Absolutely Free (from We’re Only In It For The Money)
12 You Didn’t Try To Call Me (Basic Tracks) (from The MOFO Project/Object)
13 Agency Man (from Mystery Disc)
14 Oh No (from Weasels Ripped My Flesh)
15 Mother People (from We’re Only In It For The Money)
16 Stravinsky: The Firebird Suite: Finale – Orchestre de l’Opéra Bastille & Myung Whun Chung
17 FZ on Varèse
18 Varèse: Ionisation – Chicago Symphony Orchestra & Pierre Boulez
19 The Captain’s Fat Theresa Shoes (GTO's)
20 No Longer Umpire (Alice Cooper)
21 Road Ladies (from Chunga’s Revenge)
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
DISC 2
01 Call Any Vegetable
(Excerpts) (Live at Fillmore West – November 6, 1970)
02 Happy Together (Live at Fillmore West – November 6, 1970)
03 Scumbag (Live at Fillmore East, NYC, 1971) (from Playground Psychotics)
04 Your Mouth (from Waka/Jawaka)
05 Cheepnis (Live at the Roxy, 12/10/73, Show 1) (from The Roxy Performances)
06 Apostrophe' (Live in Los Angeles, Rehearsal Hall – June 21, 1974)
07 Muffin Man (Live at The Palladium, NYC, 1977) (from Baby Snakes – The Compleat Soundtrack)
08 Dancin’ Fool (Live on “Saturday Night Live” – October 21, 1978)
09 Mo's Vacation (Live in Munich 1978)
10 The Black Page #1 (Piano Version) (from Zappa In New York 40th Anniversary Deluxe Edition)
11 Sofa (from Zappa In New York 40th Anniversary Deluxe Edition)
12 Fembot In A Wet T-shirt (from Joe's Garage – Act I)
13 Valley Girl (from Ship Arriving Too Late To Save A Drowning Witch)
14 The Meek Shall Inherit Nothing (Live at The Pier, NYC – 1984)
15 H.R. 2911 (from Frank Zappa Meets The Mothers Of Prevention)
16 G-Spot Tornado (from The Yellow Shark)
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
DISC 3
01 Frank’s Library
02 Edgewood Arsenal
03 Frank’s Parents
04 The Blackouts
05 Greeting Cards
06 Studio Z
07 Frank Goes To Jail
08 Musically Difficult
09 The Parts Are Complicated
10 Murray Roman’s TV Show
11 Frank Put His Foot Down
12 Laurel Canyon
13 The Manson Family
14 Are We Going To Get Paid
15 Steve Vai’s Perspective
16 Frank Could Be Hardcore
17 Bruce Bickford’s Zappa Head
18 If I’m Alive
19 Keep This Guy Under Check
20 Frank’s Business Perspective
21 Fake It
22 Don’t Have Any Friends
23 Hi, I’m Moon
24 Frank Addresses Congress
25 Turn Off That Zappa Music
26 Frank Getting Sick
 ※ Original score from the film "ZAPPA" composed by John Frizzell with Nick Cimity and David Stal
27 Envelopes (1983 Original Vinyl Mix)
28 Overture (Live in Frankfurt, Germany – September 19, 1992)
29 Get Whitey (from The Yellow Shark)
30 Nap Time (from Everything Is Healing Nicely)
31 Watermelon In Easter Hay (Live, 1978) (from Frank Zappa Plays The Music Of Frank Zappa – A Memorial Tribute)
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
 まぁ、既発の音源がほとんどなんだけど、記録映画(ドキュメンタリー)だと思えば、これでいいのかな。映画を観てから聴けば映画のシーンが蘇るって感じかな。
 映画の2時間って時間を考えると詰め込みだったような気もするけど、面白かったからね。

 ところで、次はどんな音源が掘り起こされて出てくるのかな?

動画、作ってみた2021/02/19 07:20

 無茶苦茶アナログな感じでGIF動画作ってみた。
動画、作ってみた
 デジカメを箱に乗っけて、フリーハンドでウルトラマンを動かして、コマ撮りして、
光線はウインドウズのアクセサリのペイントでマウスで描いて、Windows Liveムービーメーカーで動画にして、最後、WEBのフリーソフトでGIF動画にした。

 これ、面白いかも。

 次はこれ研究してみようかな。

シュワッチ!!2021/02/18 07:30

 映画待ち遠しいですねぇ...。

 先月末トレイラーが公開されて、いよいよ今年の夏公開のシンウルトラマンの情報が出てきました。ご存知のようにシンゴジラの庵野総監督が脚本で、シン・ゴジラの監督で特技監督、そして平成ガメラの特技監督の樋口監督の作品。

 そんな中、今月の頭に出演(?)する怪獣のネロンガガボラのソフビ、そしてウルトラマンソフビフィギュアが発売になりました。
シュワッチ!!
 本当はね、その2匹の怪獣買おうと思って店まで行ったんだけどね、店頭で商品を見てたら気が変わった。ということで、ウルトラマンウルトラアクションフィギュアを買っちゃった。
シュワッチ!!
 ネロンガガボラ、もう少しディテールが良かったら(公開されているCG画像に、もうちょっと近ければってことね)買っちゃたんだけどね、ちょっと、思ったのと違った。
シュワッチ!!
 シンウルトラマン、おなじみのカラータイマー無いんだよね。これは、かなり前から話題になってて、もともとのウルトラマンのデザインを描いた成田亨さんのデザインを踏襲してるってことなんだそうな。このカラータイマー、例の3分間しか闘えないって言う演出のために後で付けられたんだって。ちなみに、カラータイマーだけじゃなくて、目の覗き穴、背中のファスナーを隠す背びれ状のもの(これ分かるかなぁ...)も無いんだそう、この二つはスーツじゃなくてCGだからできるってことなんだろうけどね。
シュワッチ!!
 どう、この感じ。
 ちなみにこの体型は、ウルトラマンのスーツアクターだった古谷敏さんの体型をモデルにしてるらしい。ちなみに、その古谷さん、ウルトラマンではスーツアクターだったけど、次のウルトラセブンでは、ウルトラ警備隊のアマギ隊員役で出演されてたって話しも有名ですね。ちなみに、ウルトラQのケムール人と海底原人ラゴンのスーツにも入ってたんだって。
シュワッチ!!
 こんなポーズも撮れちゃうのだ。これ、指先も伸びたら完璧だったね。
シュワッチ!!
 ということで、シン・ゴジラとシン・ウルトラマンの競演...なんちゃってね。
シュワッチ!!
 こんな、ポーズもとれちゃうのだ。
シュワッチ!!
 シン・ゴジラにスペシウム光線、効くのかな...。
シュワッチ!!
 映画、待ち遠しいな。

ネズミとカメ2021/02/01 07:29

 映画も観たかったのに...。

 気が付いたときにはすでに時遅し、観に行くタイミングを逸してしまいました。てことで秋葉原で行われていた「ネズラ展」に滑り込みで行ってきた。
 ネズラって何よって、自分も知らなかったんだけど、東宝ゴジラでヒットを飛ばす中、1963年に大映が対抗して企画された怪獣映画が「大群獣ネズラ」。ネズミが巨大化して街中を暴れまわるっていう内容なんだけど、この映画の撮影に本物のネズミを使ったために、思うように動いてくれなかったり(まぁ、当たり前といえば当たり前だね...)ノミやシラミが大量発生して(まぁ、当時の公衆衛生事情から考えるとこれも当たり前といえば当たり前だね...)撮影が続かずお蔵入りになった曰くつきの映画なんですね。
ネズミとカメ
 で、今回、その顛末を映画化したのが「ネズラ1964」。観に行きたかったんだけどね、1月16日から一週間という短い上映期間のため観に行けませんでいた。まぁ、そのうちどこかで観られると思うので、映画を観る前に、先週末まで開催されていた「ネズラ1964」の撮影に使われたプロップが展示されている「ネズラ展」を見てきたってわけ。
 会場の入り口に三尺のネズミのぬいぐるみ。実際の撮影では、生きたネズミとの繋がりが難しかったそうです。
ネズミとカメ
 当時のスチル写真を元に再現された高速道路のミニチュアセット。
ネズミとカメ
 遠近法で、高速道路が長く見えるように、手前の自動車の大きさと奥の自動車の大きさを変えているそうです。
ネズミとカメ
 これが上のセットを企画するためのミニチュア模型。このミニチュアでセットのバランスを検討したそうです。ミニチュアのセットを作るためのミニチュアってことですね。
ネズミとカメ
 これもスチール写真を元に再現したアパートの模型。
ネズミとカメ
 アパートの屋根にこのサイズのネズミがいたらさすがに怖いね。
ネズミとカメ
 ちなみに、1963年当時、フランキー堺さん主演の映画「末は博士か大臣か」の宣伝看板を使ってセットを作ったそうですが、今回そこまで再現しています。フランキー堺さん、若い人は知らないよね...。
ネズミとカメ
 イメージカットのみのシーンの再現用のミニチュア。国鉄の車両の再現だそうです。
ネズミとカメ
 イメージカットだと、ネズラに襲われる車両から人が逃げてるシーンになってるんですけどね。
ネズミとカメ
 当時も戦車のミニチュア使われていたそうです。これは、米国のシャーマン戦車ですね。そういえば、小学生のときにTAMIYAのプラモデル作ったな...。
ネズミとカメ
 これは破壊されたビルのミニチュアですね。壊れやすいようにノコギリなどで切り込みを入れておくそうです。
ネズミとカメ
 1963年当時の撮影時の写真です。こんな感じで実際のネズミを使って撮影してたんですね。
ネズミとカメ
 こちらは、「ネズラ1964」の美術担当の浅井さんのコンセプトアート。一番手前がマンモスネズラです。
ネズミとカメ
 wikiによると、マンモスネズラって、ネズラ対策の怪獣なんですね。これ、映画が完成してたら受けたと思うんだけどなぁ...。この画は、マンモスネズラをデザインした米山さんが描いた初期デザイン画です。
ネズミとカメ
 その米山さんが作成したマンモスネズラの雛形。これ、カッコいいよね。
ネズミとカメ
 こちらは、美術担当の浅井さんの作成した雛形。米沢さんの雛形のほうがスリムだね。
ネズミとカメ
 こちらは、製作中のギニョール。自分がお邪魔したときにもラテックスかな?を盛る作業されてました。これで、映画作って欲しいよね。
ネズミとカメ
 「ネズラ1964」のポスター。
ネズミとカメ
 美術担当の浅井さんのコンセプトアート。この画カッコいい。
ネズミとカメ
 「To LOVEる -とらぶる-」の矢吹健太朗さんの直筆色紙。これは、超貴重品じゃないかな?
ネズミとカメ
 「ネズラ1964」のチラシ。上のコンセプトアートを元にしています。
ネズミとカメ
 観に行きたかったなぁ...やっぱ、映画館で観ないとねぇ。
ネズミとカメ
 ということで、この映画がなければガメラは生まれなかったじゃないかなぁ...で、この映画が公開されてたら、生まれて無かったかも...そう考えると面白いよね。

 ちなみに、YOUTUBEに監督の横川さんと美術の浅井さん、特殊美術の石井さんのコメントつきの会場の様子が見られるので興味のある方はご覧ください。