トーフビーツの難聴日記2022/06/06 07:32

 先日リリースされた久しぶりの新作CDと、同時発売されたtofubeatsさんの「トーフビーツの難聴日記」を読んだ。

 2018年の「RUN」リリース直後に患った突発性難聴の日々から、コロナウイルスの蔓延によって少なくなったDJやLIVEの日々、EPdj newtownのCD、最新アルバムリリースまでの日々を綴った一冊です。
トーフビーツの難聴日記
 これまでも、アルバムのライナーノーツに想いを綴られてたんですけどね、こうして4年分をまとめて読むと面白いというか、同時期に同じエピソード(コロナウイルスのこととか、地震とか、tofuさんのテレビ(日テレのスッキリですね)出演とか)を体験しているので、後半になればなるほど親近感が沸きましたね。

 「あとがき」まで入れると堂々301ページ、何気にエピソード盛りだくさんで、アルバムやらお仕事の裏話も盛り込まれていて、あの曲はそんな感じだったのねとか、あの場面の裏にはそんなことがあったのねってファンには嬉しい一冊でした。ということで、過去のCDのライナーノーツも読み返してみよっと。

 日記といえば、江口先生の「正直日記」以来だったけど、やっぱおもしろいやね。

金色の...2022/05/20 07:44

 先日も書いたけど、金色のガッシュ!!の新作がリリースされているってことなので、Kindleで読んだ。

 まずは、王様となったガッシュと続編の間を埋めるエピソードが描かれた「20周年ありがとうなのだ!ブック」から。
 外伝「」は、王様となって清麿とわかれ魔物の国で暮らすガッシュと清麿のきずなのお話。これ、涙なくては読めないのだ...やっぱ、ガッシュはこうじゃなくちゃね。このエピソードの他、紙の完全版の裏表紙集に旧コミックの扉絵集、雷句先生のQ&Aなどが収録されてます。
金色の...
 そして、新作の続編は、今現在Page1からPage3までがリリースされてます。
金色の...
 魔物に変わる新しい敵が現れるってこと、清麿が大学の教授になっていること(そりゃ成長するわな)までで、ガッシュはまだ出てきていませんし、まだまだ、序盤も序盤(敵の素性も明らかになっていませんからね)ということで、これからの展開が楽しみです。
 金色のガッシュ!!は、旧コミックスを全巻持っているのですが、電子版で完全版を読み返してみようかなと思ってます。あと、やっぱカラーで読みたいよなぁ...ということで、Fireタブレット買っちゃおうかなぁ...。

既視感2022/03/31 07:30

 今月25日に発売になった星のカービィの新作のポスター...なんかどっかで見たことがあるなって思っていたら...
既視感
 東京幻想さんの作品でした。
既視感
 ね、イメージ似てるでしょ。
既視感
 アイデアそのまんまって感じもあるねぇ...。

RECORD展行ってきた2022/03/21 07:02

 大好きなイラストレーター(マンガ家)の江口寿史先生の展示会に行って来た。

 3月16日から、31日まで、渋谷のBunkamura Galleryで行われている「江口寿史 RECORD展」。2年前に出版された、先生がこれまで手がけたレコード(CD)のジャケットのイラストをまとめたRECORDという画集に収録されているイラストと、直筆のイラスト(下絵)が展示されてます。
RECORD展行ってきた
 この展示会、地方で開催されていて、東京ではやらないのかなぁって思ってたんだけど、やっと東京に来てくれました。先生のファンとしては、これは観に行くしかないよね。
 それにしても、先生の作品はカッコいいよね。それに、女の子もカワイイしね。
RECORD展行ってきた
 先生の展示会にお邪魔するのは3回目、1回目はイラスト集「KING OF POP」の出版記念、2回目は画集「Step」の出版記念でした。
RECORD展行ってきた
 会場内は写真が撮れないので、会場外にある看板のイラストを撮ってきました。まずは、lyrical schoolのdate courseのジャケット。
RECORD展行ってきた
 Shiggy Jr.さんのLISTEN TO THE MUSIC
RECORD展行ってきた
 RYUTistさんの日曜日のサマートレイン
RECORD展行ってきた
 そして、ひばりくん。先生の描く女の子(ひばりくんは男の子だけどね)は、やっぱカワイイよね。
RECORD展行ってきた
 お土産に、ポストカードのフライヤーを頂いてきました。東京の次ぎは大阪でもやるんですね。
RECORD展行ってきた
 ちなみに、入場無料なんだけど展示即売会ってことなんだよね。先生が在廊していて、購入金額に応じてサインがもらえるってことなので、画集のRECORDとTシャツを買いました。
 もちろん、今回もサインもしていただきましたよ。
RECORD展行ってきた
 Tシャツはこれ、胸に女の子とRECORDのロゴ、袖にはKOTOBUKI RECORDSのロゴが入ってます。
RECORD展行ってきた
 これにも、背中にサインしてもらいました。
RECORD展行ってきた
 「名前が入ってるから、外で着れないね~」って係りの方が言ってたけど、外でも着ますよ。気がついても、名前呼ばないでねwww。

そして、バトンは渡された2021/11/30 07:58

 永野芽郁さん主演の映画が話題になってる原作小説、実は映画化の話しが出る前から、ちょっと気になってたので読んでみた(あと、永野芽郁さんがおきにいりってこともあるんだけどね)。
そして、バトンは渡された
 映画の宣伝のおかげでなんとなく設定が分かってたんだけど、実の親と離れて継母との生活、そして、さらには継父との生活、7回も家族の形が変わると普通であれば生活が荒れるって思うんだけどね...この小説は登場人物がみんな良い人で、主人公をとりまく設定自体とんでもなくハチャメチャなのに、淡々と普通の女の子の生活と家族とのやり取りが語られるってなんか凄い。
 読み進めるうちに結末が想像できちゃって、なおかつ、想像通りの結末だったんだけど、なぜか気持ちを揺さぶられちゃいました。なんでなんかなぁ...登場人物がみんな良い人だから?主人公が良い子だから?エピソードが普通だから?設定がぶっ飛んでる分、その普通が際立ってるのかな...。

 瀬尾まいこさんの作品、初めて読んだけど他の作品も読んでみようかな。あと、映画も観ないと...一人で観たら泣いちゃうかもな...。