REFLECTION / tofubeats2022/05/29 07:54

 フルアルバムとしては前作の「RUN」から4年ぶり、tofubeatsさんの新作「REFLECTION」届きました。

 初回限定盤を早期予約したので、24cm×24cmサイズのメガジャケと、特典のおまけCD付。Amazonからテープでメガジャケに固定されて送られてきましたって、ちょっと乱暴じゃね?
REFLECTION / tofubeats
 並べるとこんな感じですね。
REFLECTION / tofubeats
 で、初回限定盤なので、これまでtofuさんがリリースしたアルバムやシングルのジャケットデザインを手がけた山根慶丈さんのイラストポストカードも付いてました。勿体なくてポストカードとしては使えないなぁ...額装して壁に飾ろうかな。
REFLECTION / tofubeats
 ということで、収録されているのは既出の「SMILE」、「CITY2CITY」を含む16曲。おまけのCDに収録されてるのは、「朝が来るまで終わる事の無いダンスを」の最新リミックスとスモールビジネス映画祭スペシャル短編映画「ムカチノカチカ」の主題歌「自由」の2曲。「ムカチノカチカ」10分と短い映画だけど、むっちゃ良いのでぜひ観てみてね。
REFLECTION / tofubeats
 すでにMVが公開されている曲もあってタイトルにリンクを貼っておくので、そちらもぜひ観てね。
01 Mirror
 「鏡の中には見えない心が映る...」、リリックのセンスが光る1曲です。環境音っぽいノイズとエレピの静かな調べ、ゆったりとしたおしゃれな曲です。
 一転、コロコロと跳ねるリズム。軽快なリズムに、祭りのあとの寂しさ、むなしさを歌ったようなリリック、このアンバランスな感じが自分は好き。
 ところで、今回、曲間がほとんど無くてDJでも聴いているような感覚になりますね。
03 Let Me Be
 PEAK TIMEの終わりのフレーズのまま次の曲に...。「Let Me Be」のフレーズの繰り返しと、エレピのコードの音が効果的な曲。
04 Emotional Bias
 シンセの音を積み上げたリズム重視な感じのインスト。tofuさんぽいといえばぽいかな、
05 SMILE
 全曲から切れ目無く始まります、やっぱり、このアルバム、DJを意識してるのかなぁ...。曲の感想はこちらで。
06 don't like u feat. Neibiss
 Neibissさんのアップ、いいですねぇ。初期のRIPの曲みたい、音を思いっきりマイナスした感じのかっこいい曲。
07 恋とミサイル feat. UG Noodle
 ボサノヴァじゃん...むっちゃおしゃれな大人の雰囲気。ウインドの音がいい感じの本格的なボッサですよ。
08 Afterimage
 おしゃれな環境音楽って感じかな。ゆったりとした音の流れと、ビートを刻む音との対比が面白い。
09 Solitaire
 インタールード的な意味合いなんかな。前の曲と同じ趣向(ビートの上にゆったりとした音を重ねる)の曲なんだけど、イメージは全然違ってる。これ、引き出しがすごいな。
10 VIBRATION feat. Kotetsu Shoichiro
 ラジオのDJ風の曲紹介で始まる曲。いかにもtofuさんらしいラップがいい感じの曲。タイトルがVIBRATIONだもんね、文字のイメージどおりの曲ですよ。Kotetsu Shoichiroのラップとtofuさんのラップの対比もいい感じです。
11 Not for you
 「あなたは自分の姿を見たことがありますか?」っていう意味深な一言で始まります。これまた、軽快なリズムにゆったりとした音の乗った曲。
 前にも書いたけどドライブにぴったりな曲。ドライブ好きみたいだからね...tofuさん。
13 SOMEBODY TORE MY P
 TBEPにも収録されてる曲で、80年代ころのテクノっぽい。「私のPを誰かが引き裂いた」って...”P"って何って思ってたら、絵の題名から来てるんですね。
14 Okay!
 この曲もテクノですね。このCDまるまる1枚、DJフロアでそのままいけますな。
15 REFLECTION feat. 中村佳穂
 この今日も、高速リズムの上にゆったりとした音が乗ってて、さらに、中村佳穂さんのボーカルが合わさって、不思議な雰囲気をかもし出してます。MVも不思議な感じですね。
16 Mirai
 ゆったりとしたテクノのイントロから、中盤にtofuさんの歌が始まって曲調が変わる不思議な曲。2つの曲をマッシュアップした感じですね。
 で、何度も書くけど、このまま通しでDJフロアで聴きたいと思わせる1枚です。

 おまけのCDの2曲。
01 朝が来るまで終わる事の無いダンスを(2022mix)
 ファーストセカンドフルアルバムに収録されているおなじみの曲。80年代のJ-POP風の味付けになってます。
02 自由
 とにかく、短編映画「ムカチノカチカ」観てもらいたいですね、映画のメッセージとリンクしてるんですよ。

 26日の夜、配信でリリースイベントあったけど(最高でしたけどね)、ライブハウスでやらないのかなぁ...7年前のPOSITIVEのリリパ以降、行けてないからなぁ...DJイベントだとなかなかいけないので、ライブを観に行きたいなぁ。

やっぱり、水曜日だからね2022/04/13 07:24

 水曜日だから...

 渋谷のclubasiaへ行ってきた。あの辺りって、オジさん(もう、おじいさんかな?)にとっては、ちょっとAwayなんだけどね、勇気を持っていってきた。

 水曜日のカンパネラのリリースパーティ”Let's Party2”。1回目のLet' Partyは抽選ではずれちゃって行けなかったので、チケットを手に入れた時は嬉しかったですね。で、詩羽さんの第2期のライブは2回目、前回は2マンだったので、ワンマンでどんなパフォーマンスを魅せてくれるのかちょっと楽しみ。ところで、リリパってことは、「招き猫」と「エジソン」のってことなんかな...。
やっぱり、水曜日だからね
 今回も、ステージからではなくて、2階への階段の窓から登場。自分、その窓の真下に立ってたので、バッチリその姿を見ることができました。前回同様、小さな声で「こっちだよ~」って言ってたのがかわいかったですね。「ナポレオン」のイントロが流れる中、観客の間を通ってステージへ、このときも小さな声で「ちょっと通してね」って言ってたのがかわいかった。
 ところで、会場のせいか、ミックスのせいか分からないけど、低音域が強すぎて歌がいまひとつ聴こえづらかった...これ、自分の耳のせいかな?中音域以上は綺麗に聞こえたんだけどね。
やっぱり、水曜日だからね
 続いて「アリス」「シャクシャイン」と2曲続けて歌ったあと、MCへ。ステージ暑いって言いながらペットボトルの水を飲むのもねかわいいかったですね。よく考えると、一人で歌だけで観客を魅了するのって凄いし、昨年の10月に主演交替の発表があってから半年で、ここまでできちゃうの凄いなって思う。
 ところで、1期の曲もいいけど、やっぱ、2期の曲が詩羽さんに合ってるのかな。キャッチーな「ディアブロ」や「桃太郎」、メロディアスでPOPな「メロス」、「一休さん」はいい感じだったけど、ちょっとひねった感じの「ナポレオン」「ツイッギー」はね、ちょっと難しかったかな...2期の「アリス」「バッキンガム」「モヤイ」「エジソン」「招き猫」は、完璧に自分のものにしてるもんね。この日も新曲2曲、「織姫」と「卑弥呼(タイトル言えないって言ってたけど、歌詞から想像すると卑弥呼だよね)」を披露。「織姫」は、今月リリースされるそうなので、今から楽しみだね。
 で、演出も1期同様「ツイッギー」で観客の真ん中で歌ったり、はしごに登って「メロス」を歌ったり、「桃太郎」で巨大透明ボールに入ったりしてたけど、次ぎは、詩羽さんのオリジナルの仕掛けを観てみたいなっと思っちゃいました。ちょっと、辛口かもだけど、詩羽さんに期待してるからなんですよ~。あと、詩羽さんの高音域の伸びの有る声もいい感じで、自分は好きだしね。

 ということで、新曲のリリースもいいけれど、アルバムのリリースも待ってますよ。

 この日のセトリは以下。
 02 アリス
 06 モヤイ
 07 織姫(新曲)
 08 卑弥呼?(新曲)
 10 メロス
 12 桃太郎
 14 招き猫
 1時間ちょいの短いステージだったけど、楽しかったですよ。次ぎは、もう少し大きな箱で、1時間半くらいのステージを期待。あっ、そうそう、昨年の発表から半年、結構、精力的にステージをこなしたり、多くのメディアへ露出をしてるので、ちょっと、一休みするのもいいんじゃないかな。

 お名刺(ステッカーですよ)頂いちゃいました。これ、写真のパターンが何種類かあるみたいですね。
やっぱり、水曜日だからね
 これ、もらったとき「スーツだぁ」って詩羽さんに言われちゃいました。そういえば、スーツ着たサラリーマン風の方は自分をいれて2、3人位しかいなかったかな...で、おそらく、そんな中でも自分が最年長だと思うのね...。

やっぱ、ライブが良いよね...2022/01/26 07:59

 水曜日だから...

やっぱ、ライブが良いよね...
 新しい歌唱担当の詩羽さんの5回目のライブ(本人がそう言ってたからね)、やっと、その第二期水曜日のカンパネラのライブを観ることができました(配信ライブは観たけどね、やっぱ、現場で生で観ないとねぇ)。そういえば、最後に観た場所もやっぱり、ここ恵比寿のLIQUID ROOMでした、しかももう3年前、いや、ホント待ちに待ったですね。
やっぱ、ライブが良いよね...
 今回は、ファンク、ヒップホップバンドのSANABAGUN.との「lounge about」なる2マンライブ。SANABAGUN.を観るのは初めてだったけど、カッコよかったですな。リズム隊はジャズ、ギターはメタル、キーボードはおしゃれなAORって感じ、で、それが上手く融合していてサウンドもカッコいい。ラッパ隊の演奏もカッコよかったね。で、ボーカルの高岩さんの太くて張りのある歌がこれまたいい感じ、これに岩間さんのラップが絡んで、おしゃれでカッコよかったですね。まぁ、自分の趣味とはちょっと離れてたんだけどね...おしゃれでカッコいいものは、それだけでいいもんです。
やっぱ、ライブが良いよね...
 で、この日は、水曜日のカンパネラが最初の登場でした。
 正面のステージに現れると思ったら、歌が始まると「こっちだよ~」の声とともに、ステージ左手の通路に詩羽さん登場、1曲目は「オードリー」。詩羽さんの声はよく通るよね、とっても聞き易い、でもって、踊りもカワイイんだな。次の「アラジン」では、箒を持ってダンス、アラジンって掃除の歌だからね。引き続き、「シャクシィン」、あの高速ラップをものの見事に自分のものにしてました。で、次の「ディアブロ」では、フロアのみんなと一緒にハンドサインで競演。ん~、準備期間もそれなりにあったんだろうけど、9月の第二期スタートの発表からこの短期間で、第一期の曲を自分のものにしてるあたり只者じゃないし、詩羽さんを探し出したケンモチさんとDir.Fの見る目も普通じゃないね。まぁ、コムアイさんを発掘したのもこの二人だからね。
 このあと、立て続けに新曲を披露。昨年10月にリリースされた「バッキンガム」、渋谷のモヤイ像をイメージした曲(きっと、タイトルはモヤイかな)、大きな招き猫と一緒に歌う「招き猫?」、最後は蓄音機を発明した「エジソン?」。モヤイ「MOYAI」とモアイ「MOAI」の言葉遊びはさすがのケンモチさんです。新譜のリリースも待ち遠しいですな。おなじみの「桃太郎」「一休さん」ときて、最後は新曲の「アリス」で、11曲45分のステージが終了、楽しかったけど、あっという間でしたね。

 第二期水曜日のカンパネ、期待できますね、早く新譜をリリースして欲しいし、次はワンマンライブですね。ホント、これからが楽しみだ。
 
 ところで、歌と歌の間に、ペットボトルの水をストローで飲む姿もかわいかった。

ワンマン2021/12/24 07:40

 今年最後のライブは、KMNZさんのワンマンライブ「KMNZ 1st ONEMAN LIVE REPEZEN KMNSTREET」でした。彼女達の記念すべき1stワンマンライブだったので、会場に行きたかったんだけど、仕事のスケジュールもあってオンラインでの参加でした。
ワンマン
 Neko Hackerさんとのコラボ曲、Glory Daysのインストのイントロが流れ始めていよいよかって気分が盛り上がったところで、オープニング映像がスタート、この映像がムッチャカッコ良かった。のっけから、KMNZの二人、KMNZCREWの皆さんたち、すべての作り手の思い、意気込みが伝わってきた。もちろん、これまでのKMNZに関わってきたすべての人たち、KMNZHZの思いもね。これは頭から期待が膨らみます。
 シルエットで登場した二人のボイパ?で始まるOPENINGでライブがスタート。バーチャルのライブって初めてだったので、どんな感じなのかって思ってたんだけど、ステージのスクリーン上の二人はイキイキとしていてまさにリアルで、もってかれちゃいましたね。
ワンマン
 二人のバックの映像もカッコよかったので、カッコいい×カッコいい×カワイイ×楽しいで、あっという間の2時間でした。
ワンマン
 ゲストも豪華で、エハラミオリさんから始まって、KMNZの二人に出会うきっかけを作ってくれたNeko Hackerさんの登場。R U GAME?は、ノリノリだし、Glory Daysはまさに名曲。春のNeko Hackerさんのバーチャルライブ以来の競演、マジ、感涙ものだった。BatsuさんとのKick it!!!カッコよかったし、ワニのYACAさんがバーチャルで登場するとは思わなかった。
 途中、システムトラブルがあったけど、それもライブならではのこと、そんなことも楽しい体験でしたね。
ワンマン
 セットリストは以下、最新曲までKMNZの三年間のすべてが詰まった21曲でした。
01 OPENING 
02 Beat & Beast feat. エハラミオリ
 この曲のあとのMCで、LITAさんが「すごいわ。満たされてる。心が一杯。」って、そのあとのLIZさんの「息、3パーセントくらいしか吸えない。」のコメント、いや、満たされてるのはこっちですよ、ホント、最高の思い出でしたよ。
03 R U GAME? feat. Neko Hacker
04 Glory Days feat. Neko Hacker
 この二人に出会わなかったら、KMNZにも出会わなかったんだよね...それも、感慨深いなぁ。
05 タンタカタンタンタンタンメン Lizソロ
06 AWAKEN
07 Kick it!!! feat. Batsu
08 NEEDY
09 水星 feat. YACA IN DA HOUSE Litaソロ
 この曲、来ると思わなかった...こんなところでも繋がるのね、音楽って素敵。そして、まさかのバーチャルYACAさん登場、正面顔のYACAさん初めてみた...あと、口の稼動域小さい...。
10 JOURNEY
11 TOKONATSU STYLE
 と、ここでシステムトラブル、こういうのもライブならではだもんね。オンライン組みは、トイレタイムってことですな。
12 DAYDREAM
 で、ここでほんとの休憩ね。
13 SKOOL(新曲)
 後半戦のスタートは新曲でした。この新曲もカッコいい、YACAさんのサウンドいい感じじゃない?これ、買いだな。
14 DEF/RAG
15 今夜はブギー・バック
 大人な2曲、ブギー・バックは、マジ名曲だな。
16 RECOAT
 この曲、in the blue shirtさんなんですね...ここも、繋がっちゃったな。
17 VR
 過去の映像を編集した背景映像に泣く...それにしても良い曲だ
18 GALAXY
 背景のKMNZのイラストがカワイイ、この曲もいいね。
encore
19 PRACTICE(新曲)
 スローだけど、ノリの良い感じの曲、この曲も買いだな。
20 Augmentation
21 VR-Virtual Reality
 ホント、楽しませてもらいました。それにしても、会場のKMNZHZ楽しそうだったなぁ...次ぎのワンマンは、絶対会場に行くっ!

Guitar × Ballet2021/10/16 07:46

 昨日、久しぶりのライブ鑑賞。
 2019年年末のichikoroさんのライブ以来だからほぼ2年ぶり。コロナウイルスが無ければ、2020年の春にはNeko Hackerさんのワンマンライブを観に行ってたのにねぇ...。
Guitar × Ballet
 ということで、緊急事態宣言明けの初ライブは、奇しくも前回最後に観たライブにも出演されていたichikaさんのライブ、しかもバレエとのコラボレーション。タイトルは、”The Session Eclipse - Melodies for Ballet, Ballet for Melodies -”、ichikaさんと、2014年のローザンヌ国際バレエコンクールで第1位の二山治雄さん、サポートドラマーとして青山英樹さんというラインアップ。タイトルのEclipseとは「日食」とか「月食」の「蝕」のこと、太陽と月のように、27歳のichikaさんと24歳二山さん、二人の若い才能の融合、化学反応を期待して会場へ...。ちなみに、サポートドラマーの青山さんは、山下達郎さんやMISIAさんのバンドのドラマーとして活躍されていた青山純さんの息子さんですね。若い頃にあこがれて聞いていたプレイヤーの息子さんの演奏を観ることになるとは感慨深いものがありますな。
Guitar × Ballet
 ライブは3部構成で、1部はichikaさんがメイン。ichika_Nito名義のi miss youなどの楽曲を中心にいつものichikaさんワールド全開、会場がこれまでのものより大きくてPAもよかったので迫力が違いましたね(青山原宿新宿と来て今回の会場、ichikaさん確実にステップアップしてるね)。で、青山さんがドラムス、二山さんがバレエでサポート、前から思ってたけどichikaさんの曲、ドラムスはやっぱ生演奏が合うと思うんだよね。
 2部は二山さんがメイン。しなやかな中に迫力を感じさせる二山さんのバレエよかったですね。ichikaさんはハープも弾いたんだけど、これは初披露ってことですな。残念だったのは、客席からだとステージを見上げる形になるので、低い位置のパフォーマンスが見られなかったことですね。もっと、広いステージで踊る二山さんを見たかったなぁ...。
 休憩を挟んで最後は、冒頭にichikaさんと青山さんの即興によるパフォーマンス。これがカッコよかったなぁ、ディストーションの効いたギターとドラムスの怒涛の3連、Among the Sleepのようなハードな曲。そうそう、当時もドラムは生で入れて欲しいって書いたんだけど、このDuo、無茶苦茶カッコよかったし、後半、二山さんも参加して3人での即興の競演がホントにカッコよかった。で、最後は、ichikaさん書下ろしのタンゴで二山さんとのDuoでした。これもよかったなぁ...帰ってすぐこのブログ書いてるので「カッコよかった」ばかりで語彙力が無くなってる...。
 ということで、楽しくてあっという間の1時間半でした。
Guitar × Ballet
 終演後、3人でマイクを持ってコメントを話してたんだけど、次また3人で演りたいって話しになってたので、次もあったら絶対に観に行きますよ。それにしても、ichikaさん、やっぱり緊張してるんだね、コメントが相変わらずぎこちなかった...。

 ちなみに、このライブ、22日まで有料でストリーミング配信しているので、興味のある方は是非観てみてね。損はしないと思うよ。

 ということで、次はichikaさんが参加してるDiosさんのライブも観てみたいし、行けなかったNeko Hackerさんのワンマンライブも絶対観に行きたいな。