CD届いたよ2021/04/18 07:36

 1週間くらい前に、KMNZのCD届いたよ~。
CD届いたよ
 音自体は、ダウンロードで先に聴いてるからね、でも、フィジカルのCDあるの嬉しいやね。で、おまけのステッカーも付いてた、そうか、おまけつきだったんだね~。
CD届いたよ
 CDの裏面はこんな感じ。海外に行ってきたーって感じでいいよね。
CD届いたよ
 で、音を聴いてるので、ビニールをはがすのどうしようか迷ったんだけど、ライナーノーツを見てみたくて開けちゃった。
 歌詞が書かれてるだけなんだけど、中の写真がカッコよかった。開けて正解だったな。
CD届いたよ
 ということで、いつでもKMNZと世界旅行に...。

KMNROUND / KMNZ2021/04/13 07:36

 先月、KMNZさんの2ndアルバム「KMNROUND」のCDを予約した。

 CDの配送は今月中旬から下旬の予定だったんだけど、KMNCREWさんから、予約購入者特典でMP3音源を事前ダウンロードできるってメールがあったので、早速、ダウンロード。なんか、こういうサービス、ちょっと嬉しいやね、最近はCDから直接聴くって感じじゃなくて、デジタル音源にしてスマホで聴くからデジタルで最初からもらえるといいよね。で、フィジカルのCDはそれでそれで持っている意味があるからね。
KMNROUND / KMNZ
 今回のアルバムのテーマは、上のアルバムジャケットのイラストを見てもわかるように「世界旅行」、バーチャル世界旅行ってことね。ということで、ラテンにサンバにケルトと様々な曲調の楽曲が詰まってます。
01 DEPARTURES (by Batsu)
 プロローグですな。これから旅が始まるってことですね。
02 JOURNEY (by YACA IN DA HOUSE)
「どんな旅しよう、あの街に行こう」で始まる旅立ちを感じさせる曲。YACAさんのトラックは優しい、二人のラップも優しく聴こえる。知らない街での出会いとか、新しい発見を感じさせる曲だね。
03 TOKONATSU STYLE (by ザ・おめでたズ)
 タイトル通り、ちょっと夏を感じさせるご機嫌なサウンド。RIPさんの「楽園ベイベー」みたいなイメージの曲だね、リスペクトってかんじかな?ってことで、ラテンフレーバー満載の曲。
 ザ・おめでたズさんのラップもいい感じじゃない。
04 AWAKEN (by Aiobahn)
 一転、土着的なリズムで始まる曲。LITAさんの歌声がカッコいい、。ちょっと、ラテンぽくもあるけど、東南アジアやアフリカンな感じもある。トラックは韓国のAiobahnさんの作品、いろんな国の音楽がミックスされている感じで、ちょっと異世界な感じ。
05 LETTER (by Zukio)
 今度は、ボサノヴァ?ん~、おしゃれだな。二人のボーカルもアンニュイな、力の抜けた感じでいいんじゃない?
06 DAYDREAM (by 宮橋)
 で、これはサンバですな。軽快な感じのトラックに二人の元気なラップが乗る曲。この曲も気持ちいい。
07 AND (by Batsu)
 最後はケルトだね。この北方ヨーロッパの土着感、嫌いじゃない。二人の力の抜けたラップもちょうどいいな。

 ということで、聴いてて気持ちのいい曲が詰まったアルバムです。二人のセンスもあると思うけど、スタッフさんの想いやセンスも伝わってくるアルバムだね。いまから、次の作品が楽しみ...(気が早いか)

ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa2021/03/13 07:41

 予約していたZAPPA師匠の映画のサウンドトラックCDが届いた。
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
 今回は、Amazonで国内で購入、Amazonでも普通に買えましたね。予約したとき3,021円だったので、米国じゃな無くて国内にしたんだけど、今、見たら5,389円だった??ちなみに、米国のオフィシャルショップで買うとUS$39.98、今回は、Amazonで正解でしたね。
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
 内容としては、既発のアルバムから映画で使用している曲と、ライブ音源、アリス・クーパーさんやGTO'sのように映画に出てくるミュージシャンの曲、この映画用に作られたBGM(いわゆる映画のサウンドトラックね)で構成されてます。サウンドトラック以外は、ほぼほぼ映画の構成と同じ順番で並んでいます。収録曲は以下。
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
DISC 1
01 Anyway The Wind Blows (from Freak Out!)
02 You’re Probably Wondering Why I’m Here (from Freak Out!)
03 Everytime I See You (The Heartbreakers)
04 Motherly Love (from Freak Out!)
05 Memories Of El Monte (Live from the Whisky A Go-Go – June 23, 1968)
06 Oh! In The Sky (Live from the Whisky A Go-Go – June 23, 1968)
07 The Duke (Live from the Whisky A Go-Go – June 23, 1968)
08 How Could I Be Such A Fool? (from Mystery Disc)
09 “The Reason We Have Stayed Together…”
10 Black Beauty (from Mystery Disc)
11 Absolutely Free (from We’re Only In It For The Money)
12 You Didn’t Try To Call Me (Basic Tracks) (from The MOFO Project/Object)
13 Agency Man (from Mystery Disc)
14 Oh No (from Weasels Ripped My Flesh)
15 Mother People (from We’re Only In It For The Money)
16 Stravinsky: The Firebird Suite: Finale – Orchestre de l’Opéra Bastille & Myung Whun Chung
17 FZ on Varèse
18 Varèse: Ionisation – Chicago Symphony Orchestra & Pierre Boulez
19 The Captain’s Fat Theresa Shoes (GTO's)
20 No Longer Umpire (Alice Cooper)
21 Road Ladies (from Chunga’s Revenge)
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
DISC 2
01 Call Any Vegetable
(Excerpts) (Live at Fillmore West – November 6, 1970)
02 Happy Together (Live at Fillmore West – November 6, 1970)
03 Scumbag (Live at Fillmore East, NYC, 1971) (from Playground Psychotics)
04 Your Mouth (from Waka/Jawaka)
05 Cheepnis (Live at the Roxy, 12/10/73, Show 1) (from The Roxy Performances)
06 Apostrophe' (Live in Los Angeles, Rehearsal Hall – June 21, 1974)
07 Muffin Man (Live at The Palladium, NYC, 1977) (from Baby Snakes – The Compleat Soundtrack)
08 Dancin’ Fool (Live on “Saturday Night Live” – October 21, 1978)
09 Mo's Vacation (Live in Munich 1978)
10 The Black Page #1 (Piano Version) (from Zappa In New York 40th Anniversary Deluxe Edition)
11 Sofa (from Zappa In New York 40th Anniversary Deluxe Edition)
12 Fembot In A Wet T-shirt (from Joe's Garage – Act I)
13 Valley Girl (from Ship Arriving Too Late To Save A Drowning Witch)
14 The Meek Shall Inherit Nothing (Live at The Pier, NYC – 1984)
15 H.R. 2911 (from Frank Zappa Meets The Mothers Of Prevention)
16 G-Spot Tornado (from The Yellow Shark)
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
DISC 3
01 Frank’s Library
02 Edgewood Arsenal
03 Frank’s Parents
04 The Blackouts
05 Greeting Cards
06 Studio Z
07 Frank Goes To Jail
08 Musically Difficult
09 The Parts Are Complicated
10 Murray Roman’s TV Show
11 Frank Put His Foot Down
12 Laurel Canyon
13 The Manson Family
14 Are We Going To Get Paid
15 Steve Vai’s Perspective
16 Frank Could Be Hardcore
17 Bruce Bickford’s Zappa Head
18 If I’m Alive
19 Keep This Guy Under Check
20 Frank’s Business Perspective
21 Fake It
22 Don’t Have Any Friends
23 Hi, I’m Moon
24 Frank Addresses Congress
25 Turn Off That Zappa Music
26 Frank Getting Sick
 ※ Original score from the film "ZAPPA" composed by John Frizzell with Nick Cimity and David Stal
27 Envelopes (1983 Original Vinyl Mix)
28 Overture (Live in Frankfurt, Germany – September 19, 1992)
29 Get Whitey (from The Yellow Shark)
30 Nap Time (from Everything Is Healing Nicely)
31 Watermelon In Easter Hay (Live, 1978) (from Frank Zappa Plays The Music Of Frank Zappa – A Memorial Tribute)
ZAPPA - ORIGINAL MOTION PICTURE SOUNDTRACK / Frank Zappa
 まぁ、既発の音源がほとんどなんだけど、記録映画(ドキュメンタリー)だと思えば、これでいいのかな。映画を観てから聴けば映画のシーンが蘇るって感じかな。
 映画の2時間って時間を考えると詰め込みだったような気もするけど、面白かったからね。

 ところで、次はどんな音源が掘り起こされて出てくるのかな?

2020年のアルバム2020/12/31 07:04

 昨年と同様に今年入手したアルバム(今年もシングルもあるけどね)を並べてみた。

 今年は全部で51枚。
 こうしてみると、今年はNeko Hackerさんがらみのアルバムが多いかな(Mergemeltを入れて11枚、KMNZichikoroを入れると13枚、1/4がNeko Hackerさんがらみだね)。実は、今年の頭に、仕事がらみでかっさんとセラさんとお会いして「お二人の活躍を応援してますよ」って伝えたんだけど(そもそも、彼らの楽曲が気に入って会社の展示会にお呼びしたんですけどね...)、どんどん活躍の場を広げられていて嬉しい限りです。年明けには、アニメのオープニング曲も担当が決まってますしね。

 同じく応援している、ichikaさんも活躍されてます(そういえば、Neko Hackerさんはichikaさんから繋がったんだよね)。YOUTUBEチャンネルのフォロワーが約90万人って凄いんじゃないかな(目指せ!100万人!)。日本より、日本以外のほうが人気あるんじゃない?って感じだよね。InstaもTwitterも英語のコメントの方が多いもんね。もっと、露出があってもいいんじゃないかなぁ...。あと、フルアルバムの新譜も早く聞きたいよね。

 ZAPPA師匠も安定のリリース。年3枚ってペースは変わらないよね。完成したドキュメンタリー映画の日本語版も早く観たいし、予約したサウンドトラックアルバムも待ち遠しい。

 あと、アメリカのGuitar Worldが発表した今年のギターアルバムベスト20に自分の買ったアルバムが4枚入ってました。19位にCovetさんのTechnicolor、9位にIntervalsさんのCircadian、5位にPliniさんの Impulse Voices、そして堂々の1位にKiko LoureiroさんのOpen Source。応援しているミュージシャンが評価されるのって嬉しいやね。このアルバム本当にいいからみんな聴いてみてね。

 来年もたくさんのいい曲を聴きたいなぁ。
2020年のアルバム
2020年のアルバム
2020年のアルバム
2020年のアルバム
2020年のアルバム
2020年のアルバム
 さて、今年も今日で終わり。今年は変な一年だったので、来年は面白くて楽しい一年にしたいよね。

Isekai Travel / Neko Hacker2020/11/05 07:17

 Neko Hacerさんから郵便届いた。

 今年の春もM3で販売された新婦EPを通販で買ったけど、秋のM3も新譜EPが発売になったのに、参加できなかったので今回も通販で購入。
Isekai Travel / Neko Hacker
 最近、精力的に活動されてる(個人的に、そう思ってるんだけどね...)Neko Hackerさんの4曲入りEP。
Isekai Travel / Neko Hacker
 Neko Hackerさんのジャンル、Kawaii Future Rockっていうだけあって、カッコかわいい楽曲の上に女性のゲストボーカルが乗るってパターンだったんだけど(そもそも、女性に歌を歌ってもらいたくて始めたって話もあるけどね)、今回は、かっさんの歌も入ってる。これがいいんだな。かっさん、やっぱ歌うまいよな。かっさん、もともとField Of Forestっていう、プログレメタル?バンドのボーカルで、歌うまいボーカルだなあって思って聴いてたんだけど、Neko Hackerさんになって歌聴けなくてちょっと寂しかったんだけど、この、デュエットのスタイル、ムッチャいいと思う。
 ファーストアルバムに収録されてるErasedって曲を、かっさんがカラオケで歌ってるTwitterだったかなを見たんだけど、女性のキーをそのまま歌ってるの、それカッチョよかったんだよね。ということで、かっさんのボーカルも聴きたかったのでうれしいな。
Isekai Travel / Neko Hacker
01 I Don't Care feat. ななひら
 イントロのセラさんの重低音のギターのリフがカッコいい...そこからKawaii Future Rockが始まるギャップが好き。ななひらさんとかっさんのデュエットがいいじゃないって、これもはや夫婦漫才の粋だな。Chocolate Adventureもそうだけど、ななひらさんの声はカワイくて好きだな。
02 Fly High feat. mochari
 この曲もセラさんのギターがカッコいい、Twitterで7弦ギター買ったって言ってて、このEPで弾き倒してるって言ってただけある。疾走感のある正統派Rock。この曲もかっさんのコーラスがいい感じで効いてる。「Step by Step」のコーラス(合いの手?)もいい感じだね。
03 Listen feat. をとは
 全曲と一転、スローなをとはちゃんの歌うバラード、この曲のデュエットもいいなぁ、やさしい感じで包み込まれる感じ。セラさんの泣きのギターソロも最高にいい感じ。
04 Isekai Market feat. ななひら & mochari & をとは
 またまた、Kawaii Future Rock全開な曲。今回のゲストボーカルの皆さんで歌うカワイイ曲。ラテンのリズムがいい感じ、アニメ映画のエンディングでもはまるんじゃないかなぁ。この曲のセラさんのソロもカッコいい。
Isekai Travel / Neko Hacker
 今回も、デジタル配信もあったので、こっちも早速ダウンロードしたよ。
Isekai Travel / Neko Hacker
 で、Neko Hackerさん無償で楽曲をダウンロードできるようにしてるので、歌ってみたとか、弾いてみたとかしたい方は、ダウンロードしてSNSにアップしてみてね。ちなみに、自分は音痴なのでやらないけどねwww。

 いや、ホント、いいから聴いてみてね。