4回目 and more...2021/04/29 07:18

 荷物届いた...。パッケージが破けてたので心配したけど、とりあえず、中までは響いてませんでした。ホント、頼むよクロネコさん。
4回目 and more...
 ということで、届いたのは、昨年3回、映画館で観たヨーロッパ企画さんの映画「ドロステのはてで僕ら」のBlu-ray。これで、4回でも100回でも何回でも観れちゃうね。
4回目 and more...
 パッケージはフライヤーと同じデザインなんだけど、コピーが違うね。フライヤーは「パズル的な構造」「群像による長回し」「時間のパズル、カフェで極まる。」「秒単位でテレビ画面と絡み続ける役者たち」だったけど、Blu-rayのパッケージには、【カフェで起こった時空のミルフィーユ】【時間に蹴られろ。】【ヨーロッパ企画がおくるエクストリーム時間SF】のコピー。「時間に蹴られろ」はこの映画を端的に表現してるよね。
 ちなみに、本編と、出演者の皆さんによる3種類のオーディオコメンタリーまではDVDと同じ、Blu-rayだけの特典としては、この映画の原型ともいえる短編「ハウリング」、酒井善史さん、諏訪雅さん、中川晴樹さん、本多力さんによるコメンタリー付きの「メイキング「ドロステのはてで僕ら」はこうして作られた 完全版!」と、5本の予告映像を含む68分の特典映像、あと、オリジナルサウンドトラックCD、舞台裏を暴露する「ドロステ辞典」なるブックレットが付いてます。
4回目 and more...
 そして今回、購入先着特典としてジャケットの別ポーズの写真の大型ポストカードに...
4回目 and more...
 出演者の皆さんの直筆のサイン、自分ミーハーだからこういうの嫌いじゃない。
4回目 and more...
 なんか、最近の情報では、海外の映画祭でも好評らしいので、ヨーロッパ企画の世界侵略も着々と進行してるみたいです...。

 ということで、緊急事態宣言下のゴールデンウィークはこのBlu-rayを楽しみます。

Live st Montreux Jazz Festival / Naoya Matsuoka & Wesing2020/05/18 09:29

 最近、Amazonやら、楽天やら、お届けものが多いな...
Live st Montreux Jazz Festival / Naoya Matsuoka & Wesing
 この日届いたのはこのBlu-ray Disc。
Live st Montreux Jazz Festival / Naoya Matsuoka & Wesing
 1980年、バンド仲間がこれコピーしようぜって2枚組みのアルバムを持ってきた。それが、このMontreux Jazz Festivalでの松岡直也&Weingのライブの模様を収録したアルバム。このアルバムに影響されてラテン音楽にバンドの舵を切った自分達にとって、記念すべき1枚となりました。その後、バンドを解散するまでの4年余り、このアルバムに収録されている曲をバンドのレパートリーとして数え切れないくらい演奏しました..ということで、思いで深いアルバムで、自分にとっては、青春の1ページを構成するアルバムの1枚です。
 で、このライブから40年、松岡さんが亡くなられて6年を経て当時の映像がリリースされました。これ、手にしないわけにいかないよね...。
Live st Montreux Jazz Festival / Naoya Matsuoka & Wesing
 1980年7月19日、スイスのCasino Montreuxで演奏された曲は、当時リリースされたばかりのSONからの曲を中心に構成されてました。メンバーは、バンドリーダーでピアノの松岡直也さんを筆頭に、ギターは当時マライアのメンバーだった土方隆之さん、ベースはこの後、松岡さんといえばベースはこの方の高橋ゲタ夫さん、ちなみに、このライブの前に高中さんのバンドで長髪に下駄っていういでたちでベースを弾いていたんですが、その後、その長髪をばっさり切って、テクノポップの流行に乗ってImitationというバンドにも在籍してました。もちろん、Orquesta Del Solにもね。で、その当時弾いていたベースがオベーションのマグナムベース、このベース今見ないよね...。ドラムスはザ・プレイヤーズに在籍していた渡嘉敷祐一さん。Wesingといえば、村上”ポンタ”秀一さんなんだけど、この頃、やんごとなき理由で参加できなかったと記憶してます。パーカッションは、ペッカーさんとマーティン・ウィルウェバーさん、このお二人もOrquesta Del Solに参加されてました。トランペットに武田和三さんと中沢健二さん、そういえば、当時のバンドメンバーに中沢さんのボーヤだったやつがいたな...。トロンボーンは粉川忠範さん、アルトサックスに山下達郎さんのバックでも吹いていた土岐英史さん。テナーサックスにギターの土方さんと同じくマライアに参加していた清水靖晃さんという11名。当時の日本のJAZZ、FUSION音楽シーンで活躍されていたそうそうたるメンバーですね。

 ビデオは、MCによるメンバー紹介から始まります。ほぼ、ライブ丸々収録されているって感じです。
 収録曲は以下の11曲
01 Theme(Stormy Weather)
 ( )にあるように、アルバムTHE WIND WHISPERSに収録されているStormy Weatherという曲のイントロのホーンのテーマ部分ですね。
02 Desafio
 WesingのファーストアルバムMAJORCAに収録されている曲。アルバムよりライブのほうが疾走感があってカッコいいです。ちなみに、DesafioってChallengeって意味のスペイン語です。
03 Penny Market
 このときの新曲です。土方さんのギターのメロディが美しい明るい曲です。この曲バンドで演ってたんだけど、自分の好きな曲でした。
04 Noche Corriend
 この曲から4曲は、SONに収録されている曲。この曲もスピード感あふれる曲で、ホーンのテーマのユニゾンがムチャクチャカッコよくて、清水さんのテナーサックスソロと土方さんのギターソロ、ロックしていてカッコいい。それにしても、テナーサックスソロのバックのベースのラインやっぱおかしいな...。
05 Mistica Latina
 ミドルテンポの曲。ギターのテーマがカッコいい。そんでもって、前の曲同様、清水さんのテナーサックスソロがカッコいいのだ。
06 Rap Out (Oye Baila Mi Son)
 パーカッションとドラムスのリズムで始まる、ヘビーな曲。この曲もギターとサックスがフューチャーされてます。松岡さんの魂のピアノソロ、土岐さんと清水さんのソロの応酬もカッコいい。
07 Adria
 アルバムでは、パイプオルガンがテーマを奏でる荘厳な曲なのですが、ライブでは、オリジナルの倍くらいのスピードでホーンがテーマを演奏します。ソロも確かアルバムではギターソロの後はオルガンソロでしたが、ここでは土岐さんのアルトサックスソロになっています。この曲もバンドで演奏してましたね、エンディングのホーンの高速ユニゾンがカッコいいのよ...難しかったけど。
08 Fall Forever
 ハーモニカのトゥーツ・シールマンさんとの競演アルバムKALEIDOSCOPEからの曲。もちろんトゥーツさんがスペシャルゲストで参加しています。松岡さんのピアノとトゥーツさんのデュオによるイントロから、全員が入ってのサンバのリズムに乗ってトゥーツさんがハーモニカを吹きまくるって曲ですね。もちろん、松岡さんもソロを弾いてます。この曲、自分が持ってるCDには入ってないんですよね...。ちなみに、ライナーノーツには当時、リハーサルなしのぶっつけ本番とのことだったんだけど、トゥーツさんとの息もぴったりでしたね。
09 Dried Flower & Dried Love
 この曲もトゥーツさんとの競演。ギターがテーマをとる曲なんだけど、ソロの途中からギターの音が出なくなっちゃうんだよね、それをすかさず松岡さんがフォローしてた。ちなみに、ホーンのメンバーは皆心配そうな顔してましたね。当時、アルバムに収録する際にオーバーダビングするかって話になったそうなんだけど、松岡さんがライブの臨場感を伝えるためにそのままでいくって判断したんだそう、それもカッコいいよね。
10 Fisherman's Break
 アルバムSONからの曲、この曲もトゥーツさんが参加しています。ゆったりとしたホーンのテーマのメロディが、綺麗で気持ちのいい曲です。テーマの後のブレイク部分のパーカッションとドラムスの絡みもカッコいい。
11 Que Pasa Amigo
 アンコールで、コンガのモンゴ・サンタマリアさんがゲスト参加の曲。ファーストアルバムに収録佐荒れている曲。モントゥーノのリズムがカッコいいムチャクチャラテンの曲です。モンゴさん最後、勢いあまって一音余計に叩いちゃったとずっと思っていましたが違いました...最後締めたんですね。

 あれから、40年経ってこの映像が見られるなんて本当に涙ものです。そうそう、KYLYNとか、カクトウギセッションのライブ映像なんて見られないかなぁ...。

仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX2018/04/18 07:16

 昨年の11月に息子に頼まれて予約していた、「仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX」が届いた。
 ボックスのデザイン、カッコ良すぎでしょ。
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX
 表が主人公たちで裏が敵役で分かれてます。
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX
 2月から新宿のバルト9で期間限定上映をしてたスピンオフ映画3本のセットです。先日、仮面ライダーダイナーに行ったときも、息子たちは「仮面ライダーゲンムVSレーザー」を観た後だったんですね~。ということで、右から「仮面ライダーブレイブ&スナイプ」「仮面ライダーパラドクスwithポッピー」「仮面ライダーゲンムVSレーザー」、自分はまだ見せてもらってないので、今度、お休みの日にゆっくり観賞したいと思います。
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX
 ちなみに、息子が買ったのは「ゴッドマキシマムマイティXガシャット」が付属しているセット。
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX
 「ゲンムVSレーザー」に出てくるガシャットで、映画の中でゲンムが仮面ライダーゲンム ゴッドマキシマムゲーマー レベルビリオンに変身するときに使うやつ。レベルビリオンですからね...1,000,000,000てことは、レベル10億!もう、どこまで行くのやら。
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX
 DXマキシマムマイティXガシャットとベースが同じなので...
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX
 DXハイパームテキガシャットがつけられるって言って、息子が遊んでた。映画で出てきたのって聞いたら、「出てくるわけないじゃん」だって。そういう意味でも早くBlu-ray観なくちゃ。
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX
 で、今回、早期購入特典として、アクリルキーホルダー付いてきた。
仮面ライダーエグゼイド トリロジー アナザー・エンディング コンプリートBOX
 これ、ムッチャ、カッコいい~。

八角宇宙 / 水曜日のカンパネラ2017/08/09 07:07

 水曜日だから...
八角宇宙 / 水曜日のカンパネラ
 やっと観れました、水曜日のカンパネラのBlu-ray「八角宇宙」。先日、珍しくお酒を飲んだ翌日、寝苦しくてムッチャ早起きしたので、日が昇る前の早朝に...。
 そうなんだよね~、この瞬間、同じ空間に自分もいたんだよね~。そうそう、こんなこと言ってたよね、そして、あんな仕種だったね、なんか、あの時の楽しかった思いが蘇ってきました。まぁ、演ってる本人が、ムチャクチャ楽しそうなんだから、楽しく無いわけないよね...ホント、いい顔してるよな。
八角宇宙 / 水曜日のカンパネラ
 「アマノウズメ」のときの観客のスマホのライトに包まれた会場、あの時も感動だったけど、あの時の感動が蘇った。とにかく、丸々24曲、あの時の瞬間のすべてが、この1枚に納められてます。記録映像としてもLIVE映像としても申し分ない1枚です。会場にいた人はもちろんのこと、いけなかった人にも、ぜひ見てもらいたいなぁ...水曜日のカンパネラの魅力が詰まってて、まるでおもちゃ箱か宝石箱のような素敵な一枚です。
 やっぱり「ドラキュラ」の途中の「この3人で水曜日のカンパネラです」の一言にグっときちゃた。

 そうそう、おまけのメイキングも面白いよ。

宇宙、届いた2017/07/30 07:03

 水曜日じゃないけど、予約していたBlu-ray、届いた。
宇宙、届いた
宇宙、届いた
 このパッケージの中にそのときの宇宙が丸々(24曲)詰まってます。
宇宙、届いた
 でも、まだ観れて無いんだよね...。
宇宙、届いた
 おまけは、この透明ステッカー。もったいなくて貼れない...。
宇宙、届いた
 ところで、ムッチャ楽しみなんだけど、いつ観れるかなぁ...最近、忙しいんだよね...。