超絶技巧2021/02/26 07:07

 明後日の28日までだから絶対観に行ったほうがいいよ。

 東京駅の丸の内側にあるKITTEの地下1階の 東京シティアイパフォーマンスゾーンで行われているCULTURE TRIP『Tokyo City i museum vol.3』~超絶技巧アーティストが魅せる美の世界~を観に行ってきた。超絶技巧を持ったアーティスト7人の作品を一気に観ることが出来るまたとないチャンス。もともと、ダンボール作家のオドンガー大佐ことオダカマサキさんの作品を見たかったんだけど、我流切紙人こと川﨑利昭さんの作品も気になってたんだよね。
超絶技巧
 てことで、昨日の仕事帰りに行ってきた。
超絶技巧
 まずは、動物墨絵師佐藤周作さんの作品。リアルな動物が描かれてるんだけど、墨絵とは思えない繊細さ。いや、この細かさは凄すぎる、しかも墨の濃淡だけでここまで表現できるのホント凄いと思う。
超絶技巧
 続いて、ボールペンアートのNorikoさんこと足立典子さんの作品。ボールペンで描いたの?...これ。彼女の作品も、繊細だし、印刷物って言われても分からない。この作品に限らず、ここの写真じゃなくて、実際の絵を目で観てもらいたいですね。
超絶技巧
 続いて、金魚切り絵作家雅人さんの作品。自分、この作品Twitterで見てた...。きっと、オドンガー大佐がリツイートしたんだな。
超絶技巧
 丸くてカワイらしいコマンドー金魚、タイトル確認するの忘れちゃった。
超絶技巧
 「対ピラニア戦用戦闘部隊金魚ローニン」と題された作品、浪人傘がカッコいい。刀の切れ味もよさそうだよね。
超絶技巧
 この作品も凄いと思う。細密色鉛筆画家の前田ゆりさんの作品。
超絶技巧
 この細かさ、そしてこの色彩。一体何なんだろう!?Twitterみたら、製作過程の分かる画像が貼ってあったけど、その細かさに驚くばかり。
超絶技巧
 レジン絵画作家智明葵さんの作品。レジン樹脂のパーツで造型と絵画を造られてるんだけど、この美しさは...。羽も凄いんだけど、体の毛並み(この角度では見られないけど...)も凄かった、っていうか美しかった。
超絶技巧
 この白クジャクも綺麗の一言でした。
超絶技巧
 で、ダンボール作家のオダカマサキさんの作品。
超絶技巧
 これ、オダカさんの本を買って自分も作ったけど、ホント作るの大変だよ。手や指が死んだ...。
 こんなにカッコよく作れればつらさも気にならないんだけどね...。
超絶技巧
 クトゥルーは何度みても凄いな。これ、ダンボールだって信じられないよな...。
超絶技巧
 で、実物を観てみたかった我流切紙人の川﨑利昭さんの作品。海藻とか、恐竜の骨とか題材もマニアックなんだよね。
超絶技巧
 そして、綺麗なんだわ...。
超絶技巧
 このギンガクラゲにアオミノウミウシ、綺麗でしょ、しかもこの細かさ。なんて、じっくり眺めてたら、ご本人が在廊されていて、お声を掛けていただいてお話しすることができました。
超絶技巧
 ハサミで切って作るって事だけなんだそうです(いや、ご本人曰くですよ)カッターでは早く細かく切れないのでハサミのほうが良いそうです。水族館で展示用に依頼があったので海のものをモチーフにして作っているそうです。自分も学生の頃、生物の勉強をしていたので海の生き物、好きなんですよね。もちろん、動物だけじゃなくて植物もね。で、我流さんの作品、実物と見まがうくらいそっくり。
超絶技巧
 で、生物以外に恐竜の骨格も作られてます。これ、トレーシングペーパーを切って、着色して、樹脂で固めてるんだそうです。本物の骨格標本のようです。ちなみに、動物の骨格標本とバッティングするので、恐竜をモチーフにされてるっておっしゃってました。
超絶技巧
 ワレカラなんて、マニアックだよね...。
超絶技巧
 で、超絶なのはこれ。1cmに満たない小さなサソリ。虫眼鏡で見ても良く分からないそうですって、一体どうやって作ったの!?
超絶技巧
 って聞いたら、紙とハサミで実際に見せてくれました。ものの数秒で、サソリをハサミで切り出して、これを60回くらい折って作るんですよって...いや、虫眼鏡でよく見えないものを60回ってどういうしてるん??
超絶技巧
 ピントが合ってないけど、これを切るのあっという間でした。いや、マジ、この方達凄すぎでしょ。
超絶技巧
 たくさん写真撮ったのに半分くらいピンボケ...ん~、もう一回、観に行こうかなぁ...。ちなみに、今日と明日は19時まで、最終日の日曜日は18時までなので...いや、これホント観に行ったほうがいいやつですよ。

 川﨑さんデザインのオパビニア帽子。
2021022623
 これも、一見の価値がありますよ。

動画、作ってみた2021/02/19 07:20

 無茶苦茶アナログな感じでGIF動画作ってみた。
動画、作ってみた
 デジカメを箱に乗っけて、フリーハンドでウルトラマンを動かして、コマ撮りして、
光線はウインドウズのアクセサリのペイントでマウスで描いて、Windows Liveムービーメーカーで動画にして、最後、WEBのフリーソフトでGIF動画にした。

 これ、面白いかも。

 次はこれ研究してみようかな。

シュワッチ!!2021/02/18 07:30

 映画待ち遠しいですねぇ...。

 先月末トレイラーが公開されて、いよいよ今年の夏公開のシンウルトラマンの情報が出てきました。ご存知のようにシンゴジラの庵野総監督が脚本で、シン・ゴジラの監督で特技監督、そして平成ガメラの特技監督の樋口監督の作品。

 そんな中、今月の頭に出演(?)する怪獣のネロンガガボラのソフビ、そしてウルトラマンソフビフィギュアが発売になりました。
シュワッチ!!
 本当はね、その2匹の怪獣買おうと思って店まで行ったんだけどね、店頭で商品を見てたら気が変わった。ということで、ウルトラマンウルトラアクションフィギュアを買っちゃった。
シュワッチ!!
 ネロンガガボラ、もう少しディテールが良かったら(公開されているCG画像に、もうちょっと近ければってことね)買っちゃたんだけどね、ちょっと、思ったのと違った。
シュワッチ!!
 シンウルトラマン、おなじみのカラータイマー無いんだよね。これは、かなり前から話題になってて、もともとのウルトラマンのデザインを描いた成田亨さんのデザインを踏襲してるってことなんだそうな。このカラータイマー、例の3分間しか闘えないって言う演出のために後で付けられたんだって。ちなみに、カラータイマーだけじゃなくて、目の覗き穴、背中のファスナーを隠す背びれ状のもの(これ分かるかなぁ...)も無いんだそう、この二つはスーツじゃなくてCGだからできるってことなんだろうけどね。
シュワッチ!!
 どう、この感じ。
 ちなみにこの体型は、ウルトラマンのスーツアクターだった古谷敏さんの体型をモデルにしてるらしい。ちなみに、その古谷さん、ウルトラマンではスーツアクターだったけど、次のウルトラセブンでは、ウルトラ警備隊のアマギ隊員役で出演されてたって話しも有名ですね。ちなみに、ウルトラQのケムール人と海底原人ラゴンのスーツにも入ってたんだって。
シュワッチ!!
 こんなポーズも撮れちゃうのだ。これ、指先も伸びたら完璧だったね。
シュワッチ!!
 ということで、シン・ゴジラとシン・ウルトラマンの競演...なんちゃってね。
シュワッチ!!
 こんな、ポーズもとれちゃうのだ。
シュワッチ!!
 シン・ゴジラにスペシウム光線、効くのかな...。
シュワッチ!!
 映画、待ち遠しいな。

ネズミとカメ2021/02/01 07:29

 映画も観たかったのに...。

 気が付いたときにはすでに時遅し、観に行くタイミングを逸してしまいました。てことで秋葉原で行われていた「ネズラ展」に滑り込みで行ってきた。
 ネズラって何よって、自分も知らなかったんだけど、東宝ゴジラでヒットを飛ばす中、1963年に大映が対抗して企画された怪獣映画が「大群獣ネズラ」。ネズミが巨大化して街中を暴れまわるっていう内容なんだけど、この映画の撮影に本物のネズミを使ったために、思うように動いてくれなかったり(まぁ、当たり前といえば当たり前だね...)ノミやシラミが大量発生して(まぁ、当時の公衆衛生事情から考えるとこれも当たり前といえば当たり前だね...)撮影が続かずお蔵入りになった曰くつきの映画なんですね。
ネズミとカメ
 で、今回、その顛末を映画化したのが「ネズラ1964」。観に行きたかったんだけどね、1月16日から一週間という短い上映期間のため観に行けませんでいた。まぁ、そのうちどこかで観られると思うので、映画を観る前に、先週末まで開催されていた「ネズラ1964」の撮影に使われたプロップが展示されている「ネズラ展」を見てきたってわけ。
 会場の入り口に三尺のネズミのぬいぐるみ。実際の撮影では、生きたネズミとの繋がりが難しかったそうです。
ネズミとカメ
 当時のスチル写真を元に再現された高速道路のミニチュアセット。
ネズミとカメ
 遠近法で、高速道路が長く見えるように、手前の自動車の大きさと奥の自動車の大きさを変えているそうです。
ネズミとカメ
 これが上のセットを企画するためのミニチュア模型。このミニチュアでセットのバランスを検討したそうです。ミニチュアのセットを作るためのミニチュアってことですね。
ネズミとカメ
 これもスチール写真を元に再現したアパートの模型。
ネズミとカメ
 アパートの屋根にこのサイズのネズミがいたらさすがに怖いね。
ネズミとカメ
 ちなみに、1963年当時、フランキー堺さん主演の映画「末は博士か大臣か」の宣伝看板を使ってセットを作ったそうですが、今回そこまで再現しています。フランキー堺さん、若い人は知らないよね...。
ネズミとカメ
 イメージカットのみのシーンの再現用のミニチュア。国鉄の車両の再現だそうです。
ネズミとカメ
 イメージカットだと、ネズラに襲われる車両から人が逃げてるシーンになってるんですけどね。
ネズミとカメ
 当時も戦車のミニチュア使われていたそうです。これは、米国のシャーマン戦車ですね。そういえば、小学生のときにTAMIYAのプラモデル作ったな...。
ネズミとカメ
 これは破壊されたビルのミニチュアですね。壊れやすいようにノコギリなどで切り込みを入れておくそうです。
ネズミとカメ
 1963年当時の撮影時の写真です。こんな感じで実際のネズミを使って撮影してたんですね。
ネズミとカメ
 こちらは、「ネズラ1964」の美術担当の浅井さんのコンセプトアート。一番手前がマンモスネズラです。
ネズミとカメ
 wikiによると、マンモスネズラって、ネズラ対策の怪獣なんですね。これ、映画が完成してたら受けたと思うんだけどなぁ...。この画は、マンモスネズラをデザインした米山さんが描いた初期デザイン画です。
ネズミとカメ
 その米山さんが作成したマンモスネズラの雛形。これ、カッコいいよね。
ネズミとカメ
 こちらは、美術担当の浅井さんの作成した雛形。米沢さんの雛形のほうがスリムだね。
ネズミとカメ
 こちらは、製作中のギニョール。自分がお邪魔したときにもラテックスかな?を盛る作業されてました。これで、映画作って欲しいよね。
ネズミとカメ
 「ネズラ1964」のポスター。
ネズミとカメ
 美術担当の浅井さんのコンセプトアート。この画カッコいい。
ネズミとカメ
 「To LOVEる -とらぶる-」の矢吹健太朗さんの直筆色紙。これは、超貴重品じゃないかな?
ネズミとカメ
 「ネズラ1964」のチラシ。上のコンセプトアートを元にしています。
ネズミとカメ
 観に行きたかったなぁ...やっぱ、映画館で観ないとねぇ。
ネズミとカメ
 ということで、この映画がなければガメラは生まれなかったじゃないかなぁ...で、この映画が公開されてたら、生まれて無かったかも...そう考えると面白いよね。

 ちなみに、YOUTUBEに監督の横川さんと美術の浅井さん、特殊美術の石井さんのコメントつきの会場の様子が見られるので興味のある方はご覧ください。

デバダダン作ってみた 8 完成!!2021/01/24 07:31

 彩色が終わったので、アゴを本体に接着。接着には、TAMIYAのエポキシ接着剤を用意しました。これだと、瞬間接着剤にありがちな白化現象が起こらないそうです。今回、顔部分のシールド状の部分がクリアなので、打って付けですよね。ちなみに、A、Bの2液を同量混合して使います。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 アゴを付けた状態です。シールド部分には、クリアのグリーンの塗料を塗ってあります。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 横から見ると、ネコみたい...。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 口の端部分に黒を入れちゃったからかも...でも、SSSS.グリッドマンの公式サイトのデバダダンのデザイン画を見ると、色、入ってるんだよね。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 背中。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 ということで、最後の仕上げにつや消しのトップコートを一吹きしました。Mr.Hobbyさんのスプレータイプのトップコートつや消しです。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 トップコートを吹いたところ。上の画像と比較すると、目や、手足のテカリが少し納まってるのが分かると思います。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 つや消しなので、かなり落ち着いた感じになりました。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 やっぱりネコっぽいな。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 背中の板、白くしすぎたかな...薄いグレーにすればよかったかな。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 シールドを接着しました。クリアグリーン、もうちょっと薄いと思ってたけど、実際付けてみると濃かったですね。目の色が黒くなっちゃいました...。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 本当は目が赤く見えないとそれっぽくないですよね。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 まぁ、初めてだからね...次回はもう少し研究してみたいと思います。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 後ろもね、影を付けてもよかったかも...。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 ということで、Amazonでディスプレイケース買って飾ってみた。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 こうすると、ちょっといい感じになるよね。
デバダダン作ってみた 8 完成!!
 造型製作も面白いけど、ガレージキットも作るの面白いかも。塗料の臭いが家族に不評だったけど、また、作ってみたいと思います。