なんで?2022/01/28 07:40

 夜、ベルちゃんのケージに白い塊が...
なんで?
 普段は背中が見えてるので「深緑」なのに「白」。どうしたのかと覗いてみたら、ご覧の格好になってました。どうやってひっくり返ったんだろう?何をしたらここまで見事にひっくり返れるのかな...?
 しばらく、このままの格好で、短い前脚だけバタバタしててまったく起き上がれる気配がなかったので起こしてあげた。
なんで?
 その後は、何事もなかったようにすまし顔でいつもの姿勢に...。
なんで?
 一体何があったのかな?

2回目2022/01/27 07:39

 大阪万博のピンバッチ買った。
2回目
 2025年、あと3年後ですね。
2回目
 1970年の大阪万博も行ったので、3年後の万博も行くと55年ぶりで2回の大阪万博を観たことになるな...。

 ん~、これなんだか楽しみだな。

 ちなみに、1回目の大阪万博は、無茶苦茶暑かったのと、人がたくさんいて長時間並んだことしか覚えてないけどね。パビリオン見たはずなんだけど、まったく覚えてない、ただただ暑かった...。

やっぱ、ライブが良いよね...2022/01/26 07:59

 水曜日だから...

やっぱ、ライブが良いよね...
 新しい歌唱担当の詩羽さんの5回目のライブ(本人がそう言ってたからね)、やっと、その第二期水曜日のカンパネラのライブを観ることができました(配信ライブは観たけどね、やっぱ、現場で生で観ないとねぇ)。そういえば、最後に観た場所もやっぱり、ここ恵比寿のLIQUID ROOMでした、しかももう3年前、いや、ホント待ちに待ったですね。
やっぱ、ライブが良いよね...
 今回は、ファンク、ヒップホップバンドのSANABAGUN.との「lounge about」なる2マンライブ。SANABAGUN.を観るのは初めてだったけど、カッコよかったですな。リズム隊はジャズ、ギターはメタル、キーボードはおしゃれなAORって感じ、で、それが上手く融合していてサウンドもカッコいい。ラッパ隊の演奏もカッコよかったね。で、ボーカルの高岩さんの太くて張りのある歌がこれまたいい感じ、これに岩間さんのラップが絡んで、おしゃれでカッコよかったですね。まぁ、自分の趣味とはちょっと離れてたんだけどね...おしゃれでカッコいいものは、それだけでいいもんです。
やっぱ、ライブが良いよね...
 で、この日は、水曜日のカンパネラが最初の登場でした。
 正面のステージに現れると思ったら、歌が始まると「こっちだよ~」の声とともに、ステージ左手の通路に詩羽さん登場、1曲目は「オードリー」。詩羽さんの声はよく通るよね、とっても聞き易い、でもって、踊りもカワイイんだな。次の「アラジン」では、箒を持ってダンス、アラジンって掃除の歌だからね。引き続き、「シャクシィン」、あの高速ラップをものの見事に自分のものにしてました。で、次の「ディアブロ」では、フロアのみんなと一緒にハンドサインで競演。ん~、準備期間もそれなりにあったんだろうけど、9月の第二期スタートの発表からこの短期間で、第一期の曲を自分のものにしてるあたり只者じゃないし、詩羽さんを探し出したケンモチさんとDir.Fの見る目も普通じゃないね。まぁ、コムアイさんを発掘したのもこの二人だからね。
 このあと、立て続けに新曲を披露。昨年10月にリリースされた「バッキンガム」、渋谷のモヤイ像をイメージした曲(きっと、タイトルはモヤイかな)、大きな招き猫と一緒に歌う「招き猫?」、最後は蓄音機を発明した「エジソン?」。モヤイ「MOYAI」とモアイ「MOAI」の言葉遊びはさすがのケンモチさんです。新譜のリリースも待ち遠しいですな。おなじみの「桃太郎」「一休さん」ときて、最後は新曲の「アリス」で、11曲45分のステージが終了、楽しかったけど、あっという間でしたね。

 第二期水曜日のカンパネ、期待できますね、早く新譜をリリースして欲しいし、次はワンマンライブですね。ホント、これからが楽しみだ。
 
 ところで、歌と歌の間に、ペットボトルの水をストローで飲む姿もかわいかった。

エースコック 一度は食べたい名店の味 我武者羅 背脂生姜醤油ラーメン2022/01/25 07:22

エースコック 一度は食べたい名店の味 我武者羅 背脂生姜醤油ラーメン
 我武者羅さんも行ったこと無いですねぇ。ホームページのメニュー写真を見ると、澄んだしょうゆ味のスープがとっても美味しそうです。ここのところ、エースコックさんのカップ麺いい感じだからね、この一杯も期待しちゃいますね。
エースコック 一度は食べたい名店の味 我武者羅 背脂生姜醤油ラーメン
 フタを開けるとこんな感じ。スープ関係が別添えなのでスッキリした感じ。
エースコック 一度は食べたい名店の味 我武者羅 背脂生姜醤油ラーメン
 お湯を入れて3分で出来上がり。
エースコック 一度は食べたい名店の味 我武者羅 背脂生姜醤油ラーメン
 これに、液体スープと調味油と後入れかやくを入れます。ところで、エースコックさん、この手の別添えの子袋、カップの中に入ってるんだけど、これどうにかならないのかなぁ。粉末スープが小袋に付いてるの嫌なんだよね...まぁ、拭けばすむ話なんだけどね。
エースコック 一度は食べたい名店の味 我武者羅 背脂生姜醤油ラーメン
 液体スープには背脂が入っていて(写真の真ん中辺り)、後入れかやくは白い粉状のものです。ところで、この後入れかやく一体なんだろう?しょうがかと思って食べてみたんだけど、芳ばしい香りがするんだけどほぼ無味なんだよね...。
エースコック 一度は食べたい名店の味 我武者羅 背脂生姜醤油ラーメン
 背脂ってうたってるので濁った豚骨スープかと思っていたら、ホームページの写真同様澄んだ醤油スープでした。
エースコック 一度は食べたい名店の味 我武者羅 背脂生姜醤油ラーメン
 しょうがの香りも按配よくて背脂が入っているけど、こってりギトギトした感じでもなく、あっさりしたしょうゆスープは自分好みの味でした。フライ麺も嫌な油っぽさもなくて美味しくいただけました。先日のでびっと監修の煮干し醤油ラーメンと同じく定番にしても良いと思えた一杯でした(賛否あるんだろうけどね)。

 幡ヶ谷あたりは行く機会がないよなぁ...。

2022リーグワン 第3節 埼玉パナソニックワイルドナイツ vs 横浜キヤノンイーグルス2022/01/24 07:35

 トップリーグ最後のチャンピオン(てことは、昨季のチャンピオンってことなんだけどね)の埼玉パナソニックワイルドナイツの今季初戦、対するは、今季開幕2連勝で、前節は、強豪コベルコ神戸スティーラーズをダブルスコア以上の差をつけて勝利した今季絶好調の横浜キヤノンイーグルス。
 今季のイーグルスは、ラグビー関係のSNS等でかなり評価が高くてディフェンディんグチャンピオンにどんな闘いをするのか楽しみにしてました。

 キックオフから、イーグルスが躍動してましたね。ポゼッションだけでいったら圧倒してたんじゃないかなぁ...。コリー・ヒル選手、アニセ サムエラ選手の両ロックの力強い縦突進もよかったし、コーバス・ファンダイク選手、マフィ選手の運動量で接点でのいやらしいプレーもよかったんですけどね。特にマフィ選手は無茶苦茶ジャッカル決めてましたからね。ワイルドナイツの現役ワラビーズのマリカ・コロインベテ選手を何度も餌食にしてましたしね。でも、ワイルドナイツの鉄壁の守りを崩すことは出来ませんでした(といっても、ゴール前のペナルティゴール決めてますけどね。得点はこれだけだったけど...。)。いや、ワイルドナイツのディフェンス、エグすぎでしょ。中途半端にボールを運んでもすぐタックルの餌食にしてましたからね。
 前半は、両チームのフィジカルが凄く、拮抗した時間がものすごく長くて、しかも、巧手の切り替えも激しくてプレーも切れないので、前半だけでスタミナ勝負の様相をみせてましたからね。もう、80分このフィジカルを維持できたチームが勝つって感じのプレーの応酬でした。14分までにそれぞれ1本ずつペナルティゴールで得点してから、36分のワイルドナイツのライリー選手のトライまで、得点なしで、真っ向からのガチンコ勝負でしたから。そのライリー選手のトライもギリギリのプレーの中で、一瞬のチャンスを逃さなかったから取れたトライでしたからね。ということで、10対3とロースコアで折り返し。
2022リーグワン 第3節 埼玉パナソニックワイルドナイツ vs 横浜キヤノンイーグルス
 後半、ワイルドナイツが爆発しました。というか、後半になってもフィジカルが落ちない、選手が孤立することなく、湧き出るようなフォローの連続のワイルドナイツが地力を見せ付け始めました。イーグルスも応戦してるんですけどね、ワイルドナイツのフィジカルは完璧で、イーグルスを凌駕してました。
 後半11分にフロントロー3人にロックとバックローそれぞれ1人、計5人を投入してからワイルドナイツがさらにギアを上げてきました。前半と打って変わってポゼッションは圧倒的にワイルドナイツ。終わってみれば、イーグルスは後半無得点、ワイルドナイツは、2トライ、2コンバージョン、1ペナルティゴールで、17点。結局、27対3と大差でワイルドナイツが勝利を収めました。
2022リーグワン 第3節 埼玉パナソニックワイルドナイツ vs 横浜キヤノンイーグルス
 なんか、無茶苦茶、接戦って感じだったんだけどね。ワイルドナイツ強すぎだわ。サンゴリアスとはまた違った強さがありますな。攻撃力のサンゴリアスに、守備力のサンゴリアスって感じかな。この2チームはカンファレンスが違うので、リーグ戦での対戦は2月26日の交流戦の1試合のみ。この試合、面白そうだな...。

 それにしても、コロインベテ選手のプレーは凄いや、ランのスピードもさることながら、ボールコントロールも凄いの一言。ワイルドナイツは、イングランド代表のロックのジョージ・クルーズ選手に、ウェールズ代表のセンターのハドレー・パークス選手とTier1の国代表選手が手を抜かないでプレーしてるところが強さの秘訣かもしれません。それだけ、周りの選手のレベルも高いってことですよね。あと、スクラムで押し勝ったり、ジャッカルを決めても雄叫びやガッツポーズをとるようなことがなくて、飄々としてるところもいいところだね。

 ということで、今のところ、サンゴリアスとワイルドナイツが頭一つ抜けた感じかな。