再開2020/07/07 07:14

 退職して時間できたら、まず、平日の人が少ない時に行こうと思っていた動物園と水族館、コロナウイルスの影響で早々に休館に、外出自粛もあったので約3ヶ月(公式Twitterの園長さんのコメントによると116日ぶりだそうです)、やっと、行けることになりました。残念ながら、上野は入園予約が取れなかったので、まずは、葛西臨海水族園に行ってきました。
再開
 もっと、混んでいるかと思いきや、混んでも無く、空いても無くって感じでしたね。
再開
 体温検査をする列、入場券を購入する列には、こんなステッカーで間を空けるようにするようになってました。この足跡、フンボルトペンギンの実物大の足跡なんだそうです。
再開
 ということで、再開初日の6月23日の入場券です。葛西臨海水族園といえばのマグロのデザインのものでした。
再開
 朝方はあいにくの雨だったのですが、ドームに着くころには晴れ間も見えるようになりました。
再開
 ということで、今回は、動画で生き物を録ってきました。
 入り口からエスカレーターで下に降りると、最初の水槽は、サメとエイとイワシの群れの水槽。アカシュモクザメやっぱカッコいいですよね。
再開
 トビエイは海の中をその名のとおりで飛ぶように泳ぎます。
再開
 マグロ水槽の後ろ側の水槽にいるシノノメサカタザメ。エイとサメの中間のようなエイです。名前がサメって付いているのでサメだと思ったらエイなんですね。確かに、口側の感じがエイですよね。で、ググったらその違いは、鰓の位置で体の下にあるのがエイで横にあるのがサメなんだそうです。
再開
 ここから「世界の海」のコーナーに入ります。
 まずは南シナ海、ここの目玉はハタの仲間のタマカイかな。
再開
 ハタの仲間好きだなぁ。
再開
 続いてハワイの海、魚もカラフルですね。
再開
 オーストラリアはグレートバリアリーフ、サンゴの感じやチョウチョウウオの群れがいいですね。
再開
 続いてチリの海、チリの海ってなんかイメージ無いなぁ。大きなフジツボと空になったフジツボの中にいるギンポの仲間の水槽です。フジツボの蔓脚が動いている様子を見ることができます。
再開
 オーストラリアの海、こんな感じなのかな...オレンジ色のホワイトバードボックスフィッシュが目立ちますね。
再開
 インド洋の海、大きなハタゴイソギンチャクにはカクレクマノミのペアがいました。ミスジリュウキュウスズメダイも目だってたな。
再開
 紅海って、こんな、カラフルなイメージ無かったな。
再開
 こちらもインド洋の海、ウツボと、スカンクシュリンプかな。スカンクシュリンプがウツボの体表をクリーニングしてました。
再開
 オーストラリアの海リーフィーシードラゴンって不思議な魚だな。
再開
 バハカルフォルニアの海、バハカルフォルニアってどこ?写真中央のジャイアントホークフィッシュ、死んじゃってるみたいですな。一応、生きてるみたいです。
再開
 地中海、自分の地中海のイメージはもっとカラフルなんだよな...。
再開
 北海、泳いでるのはランプサッカーです。ダンゴウオの仲間なんですね。
再開
 ここどこだったっけ?群れてるのはマトウダイかな?
再開
 南アフリカの海、カラフルなイソギンチャクだ...。
再開
 カリブ海、このカラフルさはイメージどおりかも。
再開
 世界の海の最後は深海、白いのはグソクムシ、赤いのはエビの仲間ですね。
再開
 タカアシガニ、動きが無いなぁ...。
再開
 スポッティドラットフィッシュの群れ。暗くてわかりづらい...。
再開
 世界の海のコーナーを抜けると、葛西臨海水族園の目玉コーナー、マグロの水槽です。5年前に来たときには、マグロの謎の大量死のあとの稚魚を入れたところで、水槽に衝突防止のために黄色のテープが貼ってありました。大きなマグロが泳いでいたので南下嬉しくなっちゃいました。
再開
 5年前と比べると立派になりましたね。
再開
 ということで、続きは明日に...。

東京ワッショイ2020/07/06 07:18

 原田さんの展覧会を見た後、各フロアを順番に見ながら降りていったんだけど、4階で「エンケン商店」なるイベントが行われていました。

 エンケンさんとは遠藤憲司さんのことですね。ちょうど、学生の頃に「東京ワッショイ」や「宇宙防衛軍」がリリースされて、友人に好きなのがいてしょっちゅう聴かされてた。「聴かされてた」って書いたけど、自分は正直嫌いじゃなかったので、「東京ワッショイ」や「哀愁の東京タワー」を口ずさんでた....。

 そんな、エンケンさんの私物のLPや雑貨や古着、ステージ衣装が展示販売されてました。
東京ワッショイ
 あまり、表舞台に出る方ではなかったので、その後の接点は無かったのですが、2017年にがんでお亡くなりになられてたんですね。
東京ワッショイ
 しばらく接点は無かったんだけど、やっぱり思い入れはあるので、なんか懐かしかったですね。氏の怪獣やSF好きなところが、展示品に現れていて面白かったですね。
東京ワッショイ
 氏の音源は持っていなかったのですが、また、聴きたくなってきました。
東京ワッショイ
 iTunesにあったので、今度、入手したいと思います。

 そういえば、「東京ワッショイ」と「宇宙防衛軍」はバックが佐久間さんがいた頃の四人囃子だったはず、自分、四人囃子も好きなんだよね。

ゴジラもマスク2020/07/05 07:27

 新宿まで行ったら、やっぱりここは覗かないとね。
ゴジラもマスク
 今回は、ゴジぱんに出演しているゴロサウルス、ゲゾラ、バラゴンが展示されてました。
ゴジラもマスク
 お尻もカワイイです。特にバラゴンがカワイイかな。
ゴジラもマスク
 コロナウイルス対策ってことで、怪獣の皆さんもマスクをしてました。
ゴジラもマスク
 キンゴジもマスクしながらNintendo Switch。
ゴジラもマスク
 平成ゴジラもマスク。
ゴジラもマスク
 ゴジラはマスクだけど、ジェットジャガーはフェイスシールド。
ゴジラもマスク
 ゴジラ・アースとメカゴジラはオンライン飲み会。ということで、いつもゴジラストアのディスプレイには楽しませてもらってます。
ゴジラもマスク
 この日は、ビジュアルブックのバインダーを買ってきました。前から買おうと思ってたんだけど、これで、収納もバッチリです。
ゴジラもマスク
 6階にこんな絵が展示されてたのね...
ゴジラもマスク
 カマタくん、カワイイ。

オートマタ2020/07/04 07:02

 新宿のビームスジャパンに行ってきた。コロナウイルスで自粛中にTwitterで個展として作品の動画を毎日のようにつぶやかれていた原田和明さんの作品をみるために。

 展覧会のタイトルは「話せば短くなる」、Twitterで見ていた原田さんのオートマタ(西洋からくり人形のこと、詳しく知りたい方は、ググってみてね)作品の実物を見て、かつ、触って自分で動かしてみたかったので嬉しかったですね。
オートマタ
 こんな感じで、壁にオートマタ作品が展示されていて、奥には、ここに展示されていない動画も上映されてました。
オートマタ
 一つ一つの作品を実際に手で触れて、自分で動かすことができるんです。
オートマタ
 これ、凄いですよね。
オートマタ
 とっても、楽しい、ひと時を過ごせました。写真も動画もOKだったので、写真では良さが伝わらないので動画を取ってきたのでおすそ分けします。
 ちなみに、原田さんのInstaで作品が動いているところを観ることができるので、そちらも是非フォローしてくださいな。
オートマタ
 今回のコロナウイルスをやっつけるという趣旨の作品「ウイルススナイパー」。動画ではわかりづらいですが、注射器型の光線銃でコロナウイルスを打ち倒すってもの。緑のボールがウイルスですね。こういった、ユーモアというか発想が原田さんの面白いところですね。
オートマタ
 原田さんは音楽も好きって言うことで、音楽をモチーフにした作品も作られてました。
 ビートルズの「HELP」です。アルバムジャケットの四人のポーズを作品にしたものです。ジャケットを見たこと無い方はこちらをご覧ください。
オートマタ
 ビートルズといえばのローリング・ストーンズ。こちらは、彼らの1966年のシングル「Paint it Black / 黒く塗れ」からインスパイアされた作品。赤いドアは、歌詞の1行目に出てくる「赤いドアを黒く塗りたい」からきてるんだそうです。ちなみに、ドアに描かれている「23」も意味があるそうで、「23エニグマ」でググってみてください(ちなみに、自分は知りませんでした)。
オートマタ
 で、この二つのグループに影響を与えた人といえばのボブ・ディランさん。作品のタイトルは、動きをみたまんまの「Like a Rolling Stone 」。石の動きが面白い。
オートマタ
 こちらは「ジャンゴ・ラインハルト」。いわずと知れたジャズギターの名手ですね。原田さんの説明によると、右足のリズムをとる動きが最高なんだそうです。
オートマタ
 動物ものの作品も多かったですね。この作品は「テディベア / Teddy Bear」。Twitterの説明によると「ウイルス危機が収束する日を首を長くして待っています。」だそうです。
オートマタ
 これの動きは凄いと思います。デコイが上下するだけでなく、卵がポトっと産み落とされる動きが付いてるので...自分の好きな作品です。タイトルは「DECOY / デコイ」です。
オートマタ
 自分がゆっくりレバーをまわしていたら、係りの方が、「もっと、早くまわしたほうが動きが出て面白いですよ」って言われて録ったのがこれ。ご覧になってお分かりのようにタイトルは「へそで茶を沸かす」です。
オートマタ
 それぞれの作品の原田さんの説明も、クスっと笑えるコメントが書かれていて楽しかったです。楽しい作品を観ることができて良かった...。

 会期は、明日の5日までなので...
オートマタ
 興味のある方は、是非、見に行ってください。

おまけ 再び2020/07/03 07:58

 先月中旬、またまた米国からメール送られてきた。
おまけ 再び
 ZAPPA師匠の新譜のPre-Orderのおまけもお知らせ。まぁ、CDの収録されている曲なので、先行ダウンロードみたいなもんだね。

 曲は、ZAPPA師匠が歌ってるWonderful Wino、この曲は、1976年のZoot Alluresでリリースされた曲ですね。その後、Playground Psychotics (1992)には1971年タートルズマザースの演奏で、The Lost Episodes (1996)には1970年のベーシックトラックに、1973年オーバーダビングしたRicky Lancelottiさんがボーカルのバージョン、Carnegie Hall (2011)では1971年10月の演奏、Road Tapes, Venue #3 (2016)では1970年7月のミネアポリスのTyrone Guthrie Theaterでの演奏が収録されてます。

 ホーンのイントロから始まって、ZAPPA師匠のボーカルとギターのオブリガードがカッコいいミドルテンポのロック、Zoot Alluresの演奏よりギター大活躍ですな。師匠のワウワウのギターソロもカッコいいのだ、最後のギターソロ、フィードアウトじゃなくて最後まで聴きたいぞ。 

 なんて思ってたら、26日にCDが発送されて、1日には手元に、これまでこんなに早く手元に来たこと無いな...Hifi24/7やるな。