リポビタンDチャレンジカップ2024 JAPAN vs ENGLAND2024/06/25 07:14

 国立競技場に行ってきた。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 新生エディージャパンの最初の対戦相手は奇しくもエディーさんが2015から2022までヘッドコーチを務めたENGLAND。しかも、現在のENGLANDのヘッドコーチのボーズウィックさんは2015年のワールドカップでSOUTH AFRICAを破った当時のエディージャパンのフォワードコーチでした。なにか、因縁めいたものも感じまずが、一方で、日本のラグビーが世界から注目されているってことも感じますよね。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 ということで、第二期(になるんだよね...)のエディージャパンがランキング5位のENGLANDにどう対峙するかを楽しみにスタジアムに向かいました。
 今回のJAPANのメンバーは以下()内、所属チーム、出身校とキャップ数。
 01 茂原 隆由(静岡ブルーレヴズ/中央大学 0)
 02 原田 衛(ブレイブルーパス東京/慶應義塾大学 0)
 03 竹内 柊平(浦安D-Rocks/九州共立大学 3)
 04 Sanaila WAQA(花園ライナーズ/ヘイスティングスボーイズ高校 2)
 05 Warner DEARNS(ブレイブルーパス東京/流通経済大学付属柏高校 6)
 06 リーチ マイケル- captain(ブレイブルーパス東京/東海大学 84)
 07 Tiennan COSTLEY(コベルコ神戸スティーラーズ/IPU環太平洋大学 0)
 08 Faulua MAKISI(スピアーズ船橋・東京ベイ/天理大学 5)
 09 齋藤 直人(東京サンゴリアス/早稲田大学 19)
 10 李 承信(コベルコ神戸スティーラーズ/大阪朝鮮高級学校 11)
 11 根塚 洸雅(スピアーズ船橋・東京ベイ/法政大学 1)
 12 長田 智希(埼玉ワイルドナイツ/早稲田大学 7)
 13 Samisoni TUA(浦安D-Rocks/摂南大学 0)
 14 Jone NAIKABULA(ブレイブルーパス東京/摂南大学 8)
 15 矢崎 由高(早稲田大学/桐蔭学園高校 0)
 Replacements
 16 坂手 淳史(埼玉ワイルドナイツ/帝京大学 41)
 17 三浦 昌悟(トヨタヴェルブリッツ/東海大学 9)
 18 為房 慶次朗(スピアーズ船橋・東京ベイ/ 明治大学 0)
 19 サウマキ アマナキ(コベルコ神戸スティーラーズ/トゥポウカレッジ 3)
 20 山本 凱(東京サンゴリアス/慶應義塾大学 0)
 21 藤原 忍(スピアーズ船橋・東京ベイ/天理大学 0)
 22 松田 力也(埼玉ワイルドナイツ/帝京大学 37)
 23 山沢 拓也(埼玉ワイルドナイツ/筑波大学 6)
 エディーさん次のワールドカップを見据えてかなり大胆な布陣で来ましたな。23人中初キャップが8人、一桁が9人と経験の浅いメンバーの多いチームをENGLANDにぶつけてきました。あと3年で経験を積ませるっていうことなんだろうけど、ENGLAND相手にマジ思い切ったメンバー起用だと思います。ちなみに、総キャップ数は254。まぁ、リーグワンも各国の代表選手が多数参加していたり普段の試合も強度が高いと思うし、チームにそういった選手がいることによって練習から充実したものを期待できるからね。ということで、自分は、フッカーの原田選手、COSTLEY選手、控えの山本選手、藤原選手のプレーに期待しながら観戦しました。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 ENGLANDのメンバーは以下()内、所属チームとキャップ数。
 01 Bevan Rodd(セール・シャークス 5)
 02 Jamie George - captain(サラセンズ 90)◎
 03 Dan Cole(レスター・タイガース 112)
 04 Maro Itoje - vice-captain(サラセンズ 81)◎
   ラグビー経験者役者の岡田さんの好きな選手ってことは有名ですね。
   目の付け所が玄人すぎだな。
 05 George Martin(レスター・タイガース 12)◎
 06 Chandler Cunningham-South(ハレクインズ 4)
 07 Sam Underhill(バース 35)
 08 Ben Earl - vice-captain(サラセンズ 30)◎
 09 Alex Mitchell(ノーサンプトン・セインツ 16)◎
 10 Marcus Smith(ハレクインズ 32)◎
 11 Tommy Freeman(ノーサンプトン・セインツ 8)
 12 Ollie Lawrence(バース 24)◎
 13 Henry Slade - vice-captain(エクセター・チーフス 62)
 14 Immanuel Feyi-Waboso(エクセター・チーフス 3)
 15 George Furbank(ノーサンプトン・セインツ 9)
 Replacements
 16 Theo Dan(サラセンズ 12)◎
 17 Joe Marler - vice-captain(ハレクインズ 92)◎
   ワールドカップのヘディングは忘れてませんよ。
 18 Will Stuart(バース 38)◎
 19 Charlie Ewels(バース 30)
 20 Tom Curry(セール・シャークス 50)
 21 Harry Randall(ブリストル・ベアーズ 6)
 22 Fin Smith(ノーサンプトン・セインツ 2)
 23 Tom Roebuck(セール・シャークス 0)
 総キャップ数753、JAPANの約3倍だからなぁ...ENGLANDは6NATIONSで毎年キャプ数稼げるからねぇ。計画はあるみたいだけど、JAPANもそういった国際的な定期戦で経験を積みたいですよね。今回、Smith選手と山沢選手のマッチアップを期待したんだけどなぁ...2022年のトゥイッケナム・スタジアムの対戦のリベンジを期待したんだけどね...。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 今回、エディーさんが掲げているJAPANの超速ラグビー、ラックからの早い球出しや、ペナルティーからのクイックスタートと果敢に仕掛けていたと思います。でもなぁ、まだこれからって、感じでしたね。立ち上がりの10分、後半のフレッシュレッグが入った20分過ぎからの10分くらいは機能してたんですけどね...80分継続するのはまだまだこれからって感じでした。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 とはいえ、確かにこの日の早い展開は観ていて面白かったですよね。前半は取りきれなかったけど、後半のラインアウトからの山本選手のゲインから繋がった根塚選手のトライと、ディアンズ選手の体格でカバーできたちょっとラッキーなゲインから生まれた山沢選手のトライは、観ていてワクワクしましたね(この時の山沢選手と藤原選手の反応にはしびれました)。特に山沢選手のランのコースどりなんてさすがって感じでしたもんね。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 あと、セットプレーもスクラムは、多少苦戦してましたが、ラインアウトは完璧だったのは良かったと思います。あと、モールのディフェンスね。モールのゴール前のディフェンスと、アタックが早いことは良いんだけど、ボールをもっとダイナミックに動かせたら良かったんじゃないかなぁ...。まぁ、それだけ、ENGLANDのプレッシャーが凄かったってことなのかもね。あと、エディーさんのゲームプランの指示もあったのかも。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 最後は、ディフェンスだね。一発で仕留められなかったり、差し込まれて前に出られたりと、今一つ力強さが感じられなくてズルズルと後退させられてる印象でした。ディフェンスは手直しの必要がありますよね。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 一方、ENGLANDはやっぱり強かった。敵陣に入れば必ず点をとって帰れる強さと上手さがありましたね。前半のSlade選手へのSmith選手のキックパスなんて、さすがの一言でした。敵陣に入っても得点に繋げられないJAPANと、必ず点を取るENGLAND、結果、この差がそのまま試合の結果になったって感じです。Smith選手のトライに繋がったラインアウトからのサインプレーもさすがでした。やっぱりプレーの精度という面でも、当たり前だけど一枚も二枚も上手でした。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 ということで、結果はJAPANが2トライにペナルティゴールの17点、ENGLANDが8トライの52点と大差をつけられての敗戦でした。まぁ、若い新生JAPANには良い経験になったんじゃないかなぁ、通用する部分はあったけど、届かない部分の方がまだまだあるということで、それを埋めていくのがこれからのJAPANの目標ってことですからね。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 超速ラグビーの進化に期待してますよ。ところで、挨拶の号令をディアンズ選手がかけてたけど、もうリーダー格ってことで期待されてるってことなんかな?3年後に向けてそういうところも始動してるってことなんだよね。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 何度も書くけど、ENGLANDはやっぱり強かった。上手いし正確だしね。11月に予定されている彼らの本拠地トゥイッケナム・スタジアムでの試合で、どこまでその差を埋められるかJAPANの成長が楽しみです。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 この日、新しい応援のコールが披露されてました。これ、会場の一体感が熟成されて良かったと思います。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 お馴染みの歴代ジャージ。
リポビタンDチャレンジカップ2024 日本代表vsイングランド代表
 7枚中、持っているのは4枚。次も入手できるように健康に気を付けたいと思います(笑。

アリ2024/06/24 07:50

 近所を歩いていたら、足元に動く小さな点が...。

 よく見たら、体の大きなアリを中心に4匹のアリが取り囲むように歩いてました。
アリ
 なんか、カワイかったのでしばらく行方を追ってみた。
アリ
 サイズ的に女王アリと働きアリって感じじゃなかったけど、大きなアリを小さなアリが守るように歩いてたんだよね。

 捕まえて同定したわけじゃないのでアリの種類もわからなかったんだけどね~。

 なんか、仲良く歩いてたのがカワイくて...。

Whisky A Go Go, 1968 / Frank Zappa & The Mothers of Invention2024/06/23 07:45

 先日書きこんだ、ZAPPA師匠の新譜の音源をダウンロードしました。

 56年前の今日、6月23日(火)にWHISKY A GO GOで行われた3セット約3時間のステージの様子を収めたアルバムです。ZAPPA師匠はもともとこのライブ音源をリリースする考えがあったようですね。
Whisky A Go Go, 1968 / Frank Zappa & The Mothers of Invention
 ちなみに、これまでの作品にもこの時の演奏が収録されていて、10曲目のMemories Of El Monte、11曲目のOh, In The Sky、24曲目のThe Dukeは、ドキュメンタリー映画のサウンドトラック、19曲目のMeowYou Can't Do That On Stage Anymore Vol. 5、20曲目のGod Bless AmericaMeat Lightでも聴くことができます。
 この時のメンバーは、
  ZAPPA—guitar, vocals
  Ray Collinsーvocals, percussion
  Ian Underwoodーalto sax
  Bunk Gardnerーtenor sax, flute
  Don Prestonーkeyboards, gong
  Motorhead Sherwoodーbaritone sax, percussion
  Roy Estradaーbass, vocals
  Art Trippーdrum set, percussion
  Jimmy Carl Blackーdrum set, percussion
 の総勢9人。前も書いたけど、Rayさんはこの後このバンドを離れて、多少の追加はあるものの、1969年にRoyさんがこの後バンドに参加するLowell GeorgeさんとLittle Featを結成するためにバンドを離れ、ドラムスにAynsley Dunbarさんが参加するまでの間のZAPPA師匠を支えたメンバーになります。

 01 Whisky Improvisation: Episode I
 いきなりパーカッションで始まるあたり、ZAPPA師匠の趣味丸出しって感じですな。で、オシャレな曲につなげるんだもんね...このバンド、ただのロックバンドじゃないってことだよね。
 02 America Drinks & Goes Home
 03 Help, I’m A Rock / Transylvania Boogie
 この曲くらいから、ロックバンドの本領発揮って感じかな...それにしても、ここまで目立つのってやっぱパーカッションだもんね。ドンさんのシンセも目立ってるけど、メロディというよりパーカッションだもんね。
 04 My Boyfriend’s Back
 懐かしのドゥーワップっぽい曲。
 05 Bust His Head
 そして、続いては、ちょっとおしゃれでJAZZYな雰囲気で始まって最後はリズム&ブルースだね。
 06 Tiny Sick Tears Jam
 曲が切れ目なく続くんで、どこで終わって、どこで始まるかわかんないな...ZAPPA師匠のギターがおしゃれな曲。最後はブラスセクションのアバンギャルドなアンサンブルに...。
 07 “The Purpose Of This Evening…”
 08 Whisky Improvisation: Episode II
 09 Status Back Baby
 この辺りからちょっと歌もので本気出すって感じかな。
 10 Memories Of El Monte
 そして本格的なドゥーワップ、ZAPPA師匠の好き(ドゥーワップから現代音楽まで)がてんこ盛りのステージだよね。聴いてる客はついてこれてるんかな?
 11 Oh, In The Sky
 この曲もね...。
 12 Valerie
 この曲もだ。
 ここまでがCD1枚目。
 13 “Fun & Merriment”
 14 Hungry Freaks, Daddy
 この曲もZAPPA師匠のギターはロックしてるね。
 15 King Kong – Part 1
 16 King Kong – Part 2
 お馴染みのKing Kongですね。いや、この曲はやっぱカッコいいや。
 17 Octandre
  Varèseさんの曲です。この当時からこういった曲も演奏していたんですねぇ。原曲から考えるとかなりアヴァンギャルドな音ですけどね。 
 18 Whisky Improvisation: Episode III
 19 Meow
 この曲もアヴァンギャルドな現代音楽だね。
 20 God Bless America
 アメリカ愛国歌をこんなおふざけな感じで演っていいのかなぁ...。
 21 Presentation Of Wings
 22 Plastic People
 23 Della’s Preamble
 24 The Duke – Take 1
 25 The Duke – Take 2
 26 Khaki Sack
 この前2曲のアンサンブルは凄いっていうかカッコいい。Bunkさんのテナーサックスソロも炸裂って感じでムッチャカッコいいし、Donさんのキーボードソロもカッコいい。ZAPPA師匠のギターソロもいい感じだね。
 ここまでがCD2枚目。
 27 The Whip
 28 Whisky Chouflée
 この2曲のインストゥルメンタルはカッコいいぞ。ステージの最後にこんな曲を持ってくるのちょっと反則だな。ステージ後半の怒涛のインプロビゼーション、凄すぎる。後半のブギもいい感じだね。
 29 Brown Shoes Don’t Make It
 30 Brown Shoes Shuffle
 お馴染みの曲ですね、アンコールってとこかな。Shuffleのギターソロ相変わらずカッコいいね。
 Bonus Vintage Mixes
 31 The Whip (FZ Mix)
 27曲目の曲を1970年にZAPPA師匠がミックスしたもの。曲の序盤、かなり大胆に音に強弱をつけてます、パーカッションが前に出ていて、結構、攻撃的な感じだよね。後半のインプロビゼーションパートは、メロディ楽器の音が目立つミックスになってます。ライブ音源もきちんと曲に仕上げるのさすがZAPPA師匠って感じです。
 32 Hungry Freaks, Daddy (FZ Mono Mix)
 1969年にZAPPA師匠がモノラルミックスしたものです。この曲もリズム隊が目立ってていいと思いますよ、自分はね。

 ということで、ただのロック屋さんじゃないよのステージですね。ちなみに、映像もYOUTUBEに上がっているので、是非。で、次こそは80年代ってことでお願いしますよ、Ahmetさん、Joeさん。

ステーキ丼?2024/06/22 07:41

 先日、取引先に行った帰り、同僚に「最近このお店流行ってるみたいですよ」って言われたステーキとカレーの店センタービーフでステーキライスを食べた。おまけにトッピングカレーを付けてね。
ステーキ丼?
 お店の中、ちょっとニンニクだったけど、美味しかったですよ。確かに、若者がたくさんいたし、このボリュームのステーキ丼を安価にたべられるの若者に受けるのもわかる気がする。
ステーキ丼?
 最近、小食になったのでSサイズで十分だったけどね。シンプルだけど美味しかったですよ。

 そういえば、店舗の外観を撮ってくるの忘れちゃったなぁ。

DONUT LOVER?2024/06/21 07:58

 最近、どんだけドーナツ好きなんって感じに最近なってる。

 ちょっと、時間ができて小腹がすいたときについつい寄っちゃうんだよね...クリスピー・クリーム・ドーナツ、きっと、なんか入ってんぞ...。
DONUT LOVER?
 ということで、春のお花モチーフドーナツのリトルフラワー。基本のオリジナル・グレーズドをホワイトチョコでコーティング。お花もチョコですね。ホワイトチョコそんなに好ききじゃないけど美味しかったですよ。
DONUT LOVER?
 そして、国際フォーラム店限定のクリスピー・クリーム・プレミアム 東京 トリプル ストロベリー。表面はストロベリーのナパージュ(ナパージュって知らなかったけど、ケーキとかで表面に塗るゼリーみたいなものなんね)、ストロベリークリームのホイップにいちごの果肉といちごづくしの一品。これは、ぜいたくで美味しかったですね~、季節限定なので、今、食べられないのが残念だす。
DONUT LOVER?
 現在販売されている季節限定商品はチーズづくし。チーズ タルトとこれも国際フォーラム店限定のクリスピー・クリーム・プレミアム 東京 マンゴーチーズケーキ & リリコ(名前長すぎだな)。マンゴーチーズ&リリコイは、リリコイ=パッションフルーツの酸味がいい感じでアクセントになってて美味しかったですね。これは、リピートありです。
DONUT LOVER?
 ティラミスクリームはマスカルポーネクリームが入った名前まんまのドーナツでした。
DONUT LOVER?
 チーズづくしの最後は、レモン レアチーズケーキ。白いのは、ホワイトチョコでコーティングされたチョコレートあんドーナツのチョコクリームですな。おまけのオリジナル・グレーズドもあるのでちょっと贅沢(量的にね)。
DONUT LOVER?
 レモン レアチーズケーキもクリームチーズ入りのクリームの入ったドーナツをレモンのナパージュ(ここでもナパージュですな)でコーティング。甘さと酸味のバランスが良かったですよ。
DONUT LOVER?
 でも、一番おいしいかったのはクリスピー・クリーム・プレミアム 東京 マンゴーチーズケーキ & リリコイでしたね。

 それにしてもドーナツ好きなんじゃ!だな...。