トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目2017/09/26 07:02

 熊谷陸上競技場に行ってきた。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 なんか、熊谷の前日の金曜日は、いつも出張だな...。東芝と神戸製鋼の試合見たかったなぁ...前回もおんなじこと言ってたなー。
 ということで、この日の1試合目は、クボタスピアーズとサントリーサンゴリアス、2試合目は、トヨタ自動車ヴェルブリッツとパナソニックワイルドナイツの試合。今季好調のトヨタ、パナソニック相手にどんな試合を見せてくれるか楽しみです。

 クボタ...試合序盤は良かったんですよ...スピードのあるアタックで果敢にサントリー陣に攻め込んで...。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 開始8分に先制したのは、この日フランカーで出場していたクボタのグラント・ハッティング選手、その巨体(201cm、112kg)からは想像できないスピードで何度も良いアタックを見せてましたし、献身的にフォローしていました。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 ここまでは良かったんですけどね...。やっぱり、サントリーの方が一枚も二枚も上手でした。この日も、スピードがあって人に強いバックスリーが球を持つと、止められない。特に松島選手が、相変わらずキレキレで、そのバネと体幹の強さを遺憾なく発揮してましたね。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 一方、クボタは、タックルが甘くて(サントリーの選手が上手いのかな??)、サントリーの選手に簡単に走られてしまってました。この日も、やっぱり、サントリーのスピードについていけなくて、おいていかれることが多くて、オフサイドなどの反則を繰り返しちゃてました。前半6、後半8、あわせて14、サントリー相手にこの反則数だと厳しいですよね。サントリーも前半は5個でしたが、後半は修正して1個、この違いがこの日の試合を決めたといっても過言ではありませんね。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 トライ数で言うと、サントリーは前半5個、後半3個でしたが、明らかに後半の方が出来が良かったですもんね。後半はクボタに何もさせなかったという感じでしたね。クボタは、耐えるだけで反則を繰り返すという悪循環、厳しい試合でした。クボタのキャプテン立川選手は接点でさすがのプレーを何度もみせていたのですが、チームとしてそれを生かすことが最後までできませんでした。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 54対17、サントリーの圧勝でした。この日、サントリーのマット・ギタウ選手は、SOで先発していたのですが、やっぱり自由に動けるセンターの方がいいんじゃ無いかなぁ...。

 第2試合は、今季は初戦のヤマハ戦を落としたものの、ここまで3連勝と好調を維持しているトヨタ自動車と、全勝をキープしているパナソニックの試合。前半はいい勝負だったんですけどね...。後半20分の時点では、6点差までトヨタが追い詰めていて勢いもあったんですけどね。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 山田選手のこの日2本目のトライ以降、トヨタはいいところがなかったですね。布巻選手の技ありのゴロキックに反応した山田選手がトヨタゴールで押さえてトライしてから、パナソニックの一方的な試合になってしまいました。山田選手はこの日3トライのハットトリック。大活躍でしたね、やっぱりこの方のトライを獲る臭覚は凄いの一言です。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 サントリーと同様に、パナソニックもバックスリーの充実具合が半端ありません。福岡選手のスピードは異次元のスピードです、正直、見ていても良く分からない。トヨタの元南アフリカ代表で17キャップ、セブンズ代表でもあって、“ポケットロケット”と呼ばれていたジオ・アプロン選手の走りも凄かったですけど、そのアプロン選手もかすむくらい福岡選手の走りは凄いと思います。2020年の東京オリンピックが終わったら(セブンズ代表を狙っているってことですかな?)、引退して医学の道に進むらしいけど、そのとき28歳、なんかもったいないですね...。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 トヨタは、同じくセブンズ代表のジェイミー・ヘンリー選手も持ち前のスピードでアタック、ディフェンスともに頑張っていたのですが力及ばずでした。ライオネル・クロニエ選手と、ベリック・バーンズ選手のキックの応酬も緊張感があって面白かったですね。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 後半30分に交代出場した山沢選手のダメ押しのトライ。自陣ゴール前からの切り替えしで、最後のフィニッシュを山沢選手が決めたのですが、もう少しで、トヨタの選手の手が自分の脚にかかりそうなところを、脚からスライディングすることで避けてトライするという技ありのトライ。ん~、トヨタも決して悪くなかったんですけどね、パナソニックが凄すぎるというか、強すぎました。
トップリーグ 2017-2018 第5節 2日目
 43対16、トヨタの選手たちも、何でこんなに点差が開いちゃったのかって感じだと思います。それくらい、パナソニックがゲームをコントロールしていて、ここというところでトライを獲ってた試合でした。

 次元が違ったって感じかな...。

 10月21日に同じ熊谷で行われるパナソニックとサントリーの試合が楽しみになってきたぞ。

昆虫こわい2017/09/25 07:03

 やっぱ、生き物好きだなぁ。

 九州大学の丸山宗利先生のご自分が研究されている昆虫の採集記。現代版「ファーブル昆虫記」みたいな感じですね。サバクトビバッタの前野ウルド浩太郎さんの「バッタを倒しにアフリカへ」に引き続いて生き物つながりってことですな。
昆虫こわい
 丸山先生は、アリと共生する好蟻性昆虫のハネカクシの研究をされています。ハネカクシって名前は知っていたのですが、写真を見るのは初めてだったかも。カブトムシなどと同じ甲虫の仲間なのに、姿かたちはアリかハサミムシのよう。しかも、すべて同じルーツではなく、様々な種類のものが別々に同じような形態に変化していったという収斂進化をしているってこと興味深かったですね。有名な収斂進化ってオーストラリアの有袋類(カンガルーとかお腹に袋のある生き物ね)の形態が、オーストラリア以外の地域の生物と同じような形態に進化しているっていうやつです。例えば、フクロオオカミとか、フクロモモンガとか...それ以外にも、モグラの前足と、昆虫のケラの前足が似てるとかですね。あと、アリと共生しているっていうと、アリマキとアリの関係が有名ですが、ハネカクシ以外にハエなどたくさんいるんですね。また、それぞれに研究している学者がいるっていうのも面白かったです。
 丸山先生、ハネカクシ以外にも奇妙な形の角を持ったツノゼミの研究もされてます。ツノゼミ、不思議な生き物ですよね。どう考えてもあの角、意味があるように思えないもんなぁ...。ツノゼミってカメムシ目の昆虫で、セミやヨコバイに近い近い昆虫。姿かたちはセミに似てるのですが、不思議な形の角を持っていて、実物を見てみたい昆虫の一つです。世界に3200種類もいるってのに、日本には16種類しかいないってのも、みてみたい心を揺さぶりますな。
 
 ということで、自分は生き物好きなので(大学で勉強してましたからね)、楽しく読めました。とはいえ、フィールドはね、丸山先生みたいにはできないよなぁ...。だから、切り刻む系の勉強してたんだけどね。

 丸山先生の他の本も読んでみようかな...と。

もっと盛り上がって欲しいなぁ~2017/09/24 07:05

 有楽町の国際フォーラムにおいてあった。
もっと盛り上がって欲しいなぁ~
 2019年日本で行われるラグビーワールドカップの宣伝の巨大ラグビーボール。この撮り方だと、大きさ伝わらないなぁ。後ろに立っている人と比べてもらえれば
、かろうじて大きさ伝わるかな?自分の背丈(180cm)よりはるかに大きかったですよ。

 ちなみに、ひっそりと置かれていて、気がついているのは自分くらいだった。ワールドカップ、もっと盛り上がらないかなぁ。オリンピックはちょいちょい、話題になるけど、ラグビーワールドカップはあまり話題になって無いもんなぁ...。

WanteD! WanteD! / Mrs. GREEN APPLE2017/09/23 07:04

 買っちゃった。
WanteD! WanteD! / Mrs. GREEN APPLE
 Mrs. GREEN APPLEさんの最新シングル「WanteD! WanteD!」。テレビドラマのオープニング曲になってましたね。それにしても不思議な声ですな、キーが高いだけでなくてパワーがある、引き込まれるって言うのかな。高温の安定感が凄いんだな。そしてPOPなメロディ。
WanteD! WanteD! / Mrs. GREEN APPLE
 初回限定盤の付属のDVD、「WanteD! WanteD!」のPVとそのメイキング、そして、先日、自分も見に行った「MGA MEET YOU TOUR」 at 東京国際フォーラム のライブ映像が収録されてます。ん~、このライブ映像、見たかったんだよね。単独で発売になっても、買おうと思ってたので、かなりうれしいかも。
 収録曲は、「Lion」、「おもちゃの兵隊」、「鯨の唄」、「サママ・フェスティバル!」、「StaRt」の5曲。「鯨の唄」のライブ映像、涙ものものです。
 これは、やっぱり初回限定盤買わなくちゃだね。

 さて、CDの収録曲は、
 01.WanteD! WanteD!
 フジテレビ系ドラマ「僕たちがやりました」のオープニング曲、軽い感じのPOPな曲です。2:19からのこの感じは何なんだろう!?このおもちゃ箱をひっくり返したようなバースは、大森さんの才能、やっぱ凄いと思う。
 02.On My Mind
 日本テレビで放送されていたアニメ「ナナマル サンバツ」のオープニング曲、WanteD!とはまた違ったPOPなスピード感のある曲。
 03.光のうた
 大森さんの声を生かしたバラード。曲を作る才能も凄いけど、やっぱりこの声だな。POPで縦ノリの曲もいいけど、バラードもいいんだな。

 国際フォーラムのライブビデオの発売は無いってことだよな...。

罠だ...2017/09/22 07:04

 近所のファミマ覘いたら罠が張ってあった...。

 けものフレンズのキャンペーン、決められた商品を含んで500円以上買うとプレゼントキャンペーンに応募ができて、決められた商品を3つ買うとフレンズたちのチャームがもらえるってやつ。
罠だ...
 もらえるチャームがこれ。アライさんとフェネックいないのが残念。ちなみにラインアップは、サーバルちゃん、ライオン、ワシミミズク、アフリカオオコノハズク、アルパカ・スリ、ヘラジカの6種類。
罠だ...
 で、もらったのは、もちろん、サーバルちゃん。でも、自分の知ってるサーバルちゃんと顔が違う...。まぁ、いいか。
罠だ...
 500円以上買ったので、プレゼントキャンペーンも応募しました。ブランケット欲しいから、もう一回500円以上買わなければ...。
罠だ...
 これ、罠以外のなにものでもないな...。