先週の秩父宮2017/05/31 07:05

 先週末も、試合開始は14:15、指定席券持ってるからそんなに早く行かなくてもよかったのに...この券をもらうために9時半には秩父宮にいました。この参加券の配布が10:15スタート(この日は、10分ほど早く始まりましたけどね)ファンクラブの優先入場が12:00、約2時間、時間を潰すのが大変なんですけど、何とかならんかなぁ...。
先週の秩父宮
 前回は、レーンで参加する選手が決まっていて、ファンがそのレーンを選べたのですが、今回は、レーンがあらかじめ指定されているのと、レーンに入る選手は直前にくじ引きで決めるようになってました。でも、そのほうが、バラつきがでなくて公平だし、効率もいいよね。
 ということで、最近、身体のオーバーホールで入院していた木津選手と梶川選手。木津選手は秩父宮FMでゲスト参加していたのですが、試合に集中していたようで、関西人の面白さが出せてませんでしたね~、ご本人、不本意だったんじゃないかな~。
先週の秩父宮
 と言うことで、自分の参加したAレーンは、三上選手と笹倉選手でした。やっぱり、自分小さく見えるな...。お2人とも、物腰が柔らかい好青年でしたよ。
先週の秩父宮
 ウルフミーティングの後、正面入り口側をブラブラしていたら友人と話をしていた布巻選手を発見。すかさす、写真を一緒に撮ってもらいました。いかつい、恐持ての顔ですが、この方も物腰柔らかでしたね。
先週の秩父宮
 ウルビーもブラブラ。
先週の秩父宮
 SUNWOLVESグッズ販売テントには、オオカミメイクの堀江選手と矢富選手。このメイク怖すぎる...。堀江選手、故障明けの前節の試合でまた怪我。大丈夫かなぁ...ちょっと、心配です。
先週の秩父宮
 無料で、亀田の柿の種ならぬ「勝ちの種」配ってました。もったいなくて食べられない...。
先週の秩父宮
 前から2人目の「鉄人」大野選手。来年は40歳、この日も高いワークレートで、相変わらずの運動量を見せてくれてました。まだまだ、現役続行してもらいたいです。
先週の秩父宮
 豊富な運動量で、まさしくチーターのように走り回っていたCHEETAHSフランカーのテボホ・モホジェ選手。南アフリカ代表キャップを15持っています。この6月も召集されてます。そういえば、握手したけど、やっぱり、手、デカかった。
先週の秩父宮
 この日もキレキレでした、松島選手。いたずらっ子の顔してるけどね、丁寧にファンサービスされてました。
先週の秩父宮
 と言うことで、ジャージのサイン、一気に増えました。
先週の秩父宮
 前回、書いてもらった三選手も入れて、左上から、小倉選手、カーク選手、山本選手、矢田部選手、タウランギ選手、小川選手、山地選手、三上選手、布巻選手、矢富選手、松島選手、笹倉選手、立川選手、堀江選手、大野選手。三上選手と笹倉選手は入れ子になってるかも...。

SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS2017/05/28 07:02

 秩父宮に行ってきた。

 約1ヵ月半ぶりのSUNWOLVESの試合、前回勝ってるだけに今回も期待が高まります。このときの勝利以来、ニュージーランド遠征では勝てませんでしたからね...それにしても、SUPER RUGBYの壁、なかなかに高いですね。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 相手は、第3節で7点差で惜敗したCHEETAHS。CHEETAHSも、SUNWOLVES同様、勝ち星に恵まれず、今季2勝10敗で現在9連敗中。しかもこの日は、ニュージーランドツアーの最終試合ということで、疲労も蓄積しているはず。そして、冬のニュージーランドから、一転、夏の暑さの日本。ということで、SUNWOLVESが俄然有利。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 ってことだったんですけどねぇ...結果は、7対47で大敗。ここまで点差が開くとは、思いもしませんでした。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 SUNWOLVES、序盤から自陣に釘付けでした。なかなか、敵陣に入ることができない。バックスリーのキックが上手く機能していないと言うか、CHEETAHSのクレイトン・ブロメキース選手のキック処理とキックが良かったです。183cm、87kgと決して大きな選手ではありませんが、キックがとにかくいい。伸びのあるキックで、SUNWOLVESの攻撃の芽をしっかり摘んでました。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 SUNWOLVESのアタックも決して悪くないのですが、CHEETAHSのディフェンスが上を行ってました。とにかく厚い。タックルに入った後も、ほとんど寝ている選手がいない。とにかく、リロードの早さが半端じゃない。CHEETAHS、スター選手も少ないし、ニュージーランドの選手のようにラグビーが「上手い」って訳でもない、基本に忠実なプレーを如何に行うかと言うところフォーカスしていることが見て取れました。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 基本に忠実なのは、ディフェンスだけじゃなくて、オフェンスも同じ。ひとたび、チャンスと見ると、フォワードの選手までものすごいスピードでフォローをしてくる。何度も1対多の局面を作り出してトライを量産してました。結局、SUNWOLVESの1トライに対し、7トライ。前回は、4トライずつで互角だったのに、力の差を見せ付けられてしまった感じです。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 CHEETAHS、しかも運動量が落ちなかったんですよね...疲労がたまっている、とか、暑さに負けるなんていってたのは誰!?チャンスのときに、休んでいる選手はほとんどいない、ディフェンスもアタックも、常に「走る」と言う基本に忠実なプレーを見せてました。それにしても、以前に町田にブルー・ブルズが来たときの試合でも感じたんですが、南アフリカのラグビーの強さはそこにあるのかもしれませんね。運動量といえば、CHEETAHSの両フランカーの運動量、仕事量は凄いの一言でした...、この2人、CHEETAHSの数少ない南アフリカ代表選手でした。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 SUNWOLVESも、相変わらず鋭いステップを見せていた松島選手や、力強いアタックを見せてくれた松橋選手。ディフェンスで、とにかく止めまくっていたイラウア選手、バックスのアタックをダブルタックルで止めていた両センターの立川選手、カーペンター選手と局面でいいプレーをみせてくれてたんですけどね...。総合力で負けちゃったって感じでした。試合終盤に足が止まってたのもSUNWOLVESだったし、試合残り10分で3トライとられちゃったのも、前節のSHARKS戦と同じ展開でしたしね...ほんの、ちょっとのことだと思うんですよね。CHEETAHS、そんなに強く感じなかったし、こんなに点差が開くような相手に見えなかったもんなぁ。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 SUNWOLVES、疲労困憊って感じでしたね...次節は、6月のウインドウマンス明けの7月2日、南アフリカでのLIONS戦になります。そういえば、JAPANのスコッドいつ決まるのかなぁ?
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 一方、CHEETAHS、うれしそうでした。9連敗からの1勝ですからね、うれしくないわけが無いよね。最後のトライのコンバージョンキックは、7月からフランスリーグに移籍が決まっていて、この日がCHEETAHSの試合が最後だったロックのフランソワ・エイス選手が蹴って決めたので、お祭り騒ぎでした。本当は、そんな雰囲気にしたくなかったんですけどね。SUNWOLVES、力不足でした。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs CHEETHAS
 次回の秩父宮は、最終節のBLUES戦。ニュージーランドカンファレンスでは最下位だけど、勝つの簡単じゃないだろうなぁ...。まずは、6月の代表戦でいい試合、見たいよね。 

Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea2017/04/30 07:09

 外苑の銀杏並木...緑が目にまぶしいくらいに成長してました。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 ということで、秩父宮に行ってきた。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 KOREA戦、昨年は横浜のニッパツ三ツ沢競技場でしたね。先週の韓国での初戦は、47対29でJAPANが勝ちました。といっても、5つもKOREAにトライされ、KOREAの選手に「1対1で圧力を感じなかった」とインタビューで言われてしまうような不甲斐ない内容でした。タックルの成功率が71%、ということで、先週の練習では、ジョセフ監督自ら選手にタックル指導をしたそうです。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 先週の試合から、先発を8人入れ替えた昨日のメンバー、2019年の日本開催のワールドカップを考えると、このメンバーが中心になるので厳しい試合をして欲しいですよね。この日の世界ランキングでJAPANは11位、KOREAは28位なので、零封するくらいの試合をみせてほしいです。
 01 石原慎太郎 サントリーサンゴリアス
 02 坂手淳史 パナソニックワイルドナイツ
 03 須藤元樹 サントリーサンゴリアス
 04 谷田部洸太郎 パナソニックワイルドナイツ
 05 アニセサムエラ キヤノンイーグルス
 06 マルジーン・イラウア 東芝ブレイブルーパス
 07 小澤直輝 サントリーサンゴリアス
 08 松橋周平 リコーブラックラムズ
 09 流大 サントリーサンゴリアス
 10 小倉順平 NTTコミュニケーションシャイニングアークス
 11 山田章仁 パナソニックワイルドナイツ
 12 松田力也 パナソニックワイルドナイツ
 13 山中亮平 神戸製鋼コベルコスティーラーズ
 14 アマナキ・ロトアヘア
 15 野口竜司 東海大学
 16 日野剛志 ヤマハ発動機ジュビロ
 17 三浦昌悟 東海大学
 18 知念雄 東芝ブレイブルーパス
 19 小瀧尚弘 東芝ブレイブルーパス
 20 徳永祥尭 東芝ブレイブルーパス
 21 茂野海人 NECグリーンロケッツ
 22 山沢拓也 パナソニックワイルドナイツ
 23 中村亮土 サントリーサンゴリアス
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 結果は、前半3分のサムエラ選手のトライから始まり、前半は5本、後半は7本、計12本のトライでJAPANが圧勝。前後半に1本ずつKOREAにトライをとられてしまったのが残念でした。というか、前後半ともに、KOREAに攻め込まれる時間帯があり、かつ、密集周辺の内側を簡単に抜かれることが何度もあって、確かに良くはなっているのかもしれませんが、見ていてスッキリしないところがありました。前に出るディフェンスでプレッシャーをかけてボールを奪うこともあったのですが、一人目が止められないでボールを生かされてしまうことが何度もありました。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 KOREAはアタックでもオフロードパスを多用し、JAPANのディフェンスを翻弄してましたね。KOREAも監督がニュージーランド代表のジョン・ウォルターズになったことで、以前と攻撃が変わったように感じました。オフロードパスもその一つだと思います。エディJAPANのときに日本人は身体が小さいので、ギリギリのところでパスを繋いでいく、キックでボールを相手に渡さないという戦略だったように、韓国もタックルされたときに耐えるというのではなく、ボールを繋ぐということに注力していたように見えました。
 JAPANもいいアタックしてたんですけどね、最後のパスが繋がればトライという場面が何度もありましたね...タックルとハンドリングの精度を上げるのが今後の課題かな...。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 山中選手は良かったですね。先日のSUNWOLVESのBULLS戦でも、タックルもアタックも良かったのですが、昨日も目立ってました。自分の山中選手のイメージ、いい格好しいって感じでよくなかったのですが、泥臭いがむしゃらなプレーをみせてくれるようになりました。下の写真でも、こぼれ球を最後まで追いかけていたのは、その山中選手でした。次のワールドカップでは、リーダーになりうる選手の一人だと思います。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 この日、トライ3本と大活躍のアマナキ・ロトアヘア選手。体躯を生かした力強いプレーで攻守ともに活躍してました。昨日、自分はJAPANのジャージの下にブラックラムズのTシャツを着ていたのですが、これを着て応援したかいがありました。HONG KONG戦はいつものようにHONG KONGのジャージを着ていくつもりだったのですが、来週もアマナキ選手が出場するようだったらこのTシャツを着ていくことにします。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 山沢選手はやっぱりいいですね。パスのタイミング、キックの飛距離や精度、そしてランと、天才としか言いようが無いです(ほめすぎかな?)。とにかく、前が見えている、というか周りが良く見えているってことなんでしょうね。山沢選手も、2019年は中心選手となりえる一人ですね。それにしても、JAPANは控えの選手も充実しています。後半10分以降の入れ替えでも、ペースがほとんど変わらず、むしろ、勢いが増したといってもいいかもしれません。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 今週末のHONG KONG戦は、もう一段階上のプレーを見せてほしいです。特にタックルですね。まだ姿勢も高いし、手だけで行っているところもありましたからね。とはいえ、昨日は勝って良かったです、アジアチャンピオンシップ連覇に向けて頑張って欲しいです。あっ、そうそう、得点はJAPAN 80点、KOREA 10点でした。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 SUNWOLVESのパブリックビューイングに参加するためにメインスタンド側に移動したので、ロッカールームに戻る選手たちを写真に撮りました。
 左から山沢選手、サムエラ選手、ロトアへア選手。ブラックラムズのTシャツ、ロトアヘア選手気がついてくれたかなぁ。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 前を行く山中選手、本当にいい選手になったと思います。2年間の資格停止がなかったらもっと早く活躍できてたよね...でも、その2年間を埋める活躍を期待しています。その後ろは小瀧選手、激しく厳しいプレーを期待しています。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 左から、いつもにこやかな坂手選手と、この日、何度も良いアタックを魅せてくれた野口選手。野口選手のランニングはいいです、何度もロングゲインしてましたし、つかまっても、すぐには倒れないところが良かったですね。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 押忍の谷田部選手。相変わらず、いいタックルを魅せてくれてました。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 山沢選手、黒い。体質なのかも知れませんが、どんどん黒くなるね...。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 ということで、上に書いたようにこの日は代表戦の後に、SUNWOLVES対CHIEFSのパブリックビューイングに参加。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 さすがに、CHIEFS強い。SUNWOLVES、アタックで仕掛けるんだけど、なかなかその固い防御網を崩すことはできませんでした。それでも、最後は7点差までつめることができて、試合には負けましたが、勝ち点1を得ることができました。田村選手の2本のペナルティーキックが決まっていたら試合の流れが変わっていたかも知れ無いと思うと残念でなりません。
Asia Rugby Championship 2017 - Japan vs Korea
 SUNWOLVES、確実に力を付けていると思います、なにせこの試合、スタッツだけ見るとトライ数は別にしてほぼ互角、後は最後の詰め、ニュージーランドのチームのディフェンスをぶち破れるアタックが欲しいところです。

 SUNWOLVESはこの後、アルゼンチンに移動してJAGUARES、その翌週にシンガポールでSHARKESの2試合を行い帰国します。次の試合は、5月27日の秩父宮でのCHEETAHS戦、しっかり応援しますよ。

先週の秩父宮2017/04/15 07:09

 先週、キックオフ時間は14時15分で指定席だったけど、10時には秩父宮にいました。目的はこれ、ファンクラブ会員限定のイベント「ウルフミーティング」への参加。整理券配布が10時半ってことで10時...てことは、試合開始3時間前ですよ...ん~、なんだかね。
先週の秩父宮
 で、めでたく入手しましたが、10時に着いて98人目。自分も含め、みんな好きねぇ...。
先週の秩父宮
 ということで、クラブハウス横に設置されたテントで選手の皆さんと写真撮影。
先週の秩父宮
 一番上の写真にあるように、3つのレーンに分かれて、どれか1つのグループを選ぶってシステムになってました。どれか一つ選ばなきゃならないので、自分はキャプテンのカーク選手のいるレーンを選択。で、列に並んでいる間に、横から隣のレーンの選手をパチリ。奥から、大野選手、トゥポウ選手、三村選手、宇佐美選手、立川選手。大野選手、三村選手、宇佐美選手は、なかなか試合に出られませんね。三村選手のジャッカル見てみたいんですけどね...。そういえば、宇佐美選手は、先日、キヤノンからパナソニックへの移籍を発表しましたね。
先週の秩父宮
 キャプテンのカーク選手のグループは満開のサクラの下。日本の春は、やっぱりサクラだよね~。左から、タウランギ選手、小川選手、カーク選手。握手もしたんだけど、カーク選手の手、でかくて、厚かった...。ところで、タウランギ選手は頭に大きなこぶができてたけど、大丈夫かなぁ?
先週の秩父宮
 「ウルフミーティング」のあと、正面入口側に行ったら、SUNWOLVESグッズ販売テントとテイジンのテントの間にSUNWOLVESの選手がいました。てことで、ここでも一緒に写真を撮りました。左から内田選手、茂野選手、浅原選手。やっぱり、内田選手は男前ですな。茂野選手、笑顔が可愛い。浅原選手もいい笑顔でした。
先週の秩父宮
 今年、SUNWOLVESのメンバーになったマスコットのウルビー。以外に身が軽かったな、片手側転やってた...。
先週の秩父宮
 初勝利、試合に出場していた選手以外に、ノンメンバーも揃ってファンに挨拶。こんな光景見たの始めてかも。田中選手、うれしそうでした。
先週の秩父宮
 木津選手のうれしそうな笑顔が良かった。後ろのビジョンに写ってるBULLSのキャプテンのストラウス選手がさびしげに見えますな...。
先週の秩父宮
 山本選手、山路選手、伊藤選手のフロントーのムッチャうれしそうな笑顔が印象的でした。山路選手、有名校出身じゃなくて、トップリーグ昇格前のキヤノンに入社してここまで来た雑草のような選手。そんなこんなも、この笑顔に出てるんじゃないかなぁ。
先週の秩父宮
 控えからの出場だったけど、やっぱり田村選手はすばらしい。後半、テンポ上がったもんね。それにしても、いつも怖い顔してるな...。
先週の秩父宮
 ということで、「ウルフミーティング」のときに背中にサインしてもらった。上がカーク選手、右が小川選手、左がタウランギ選手。新しいジャージには、サインもらうのよそうと思ってたんだけど、やっぱりサインしてもらっちゃった。ところで、タウランギ選手、なんて書いてあるかさっぱり分からん。
先週の秩父宮
 ファンクラブ限定のくじもやってて、これあたった。SUNWOLVES仕様の扇子。新しいの欲しかったから丁度良かったかも。これにもサインもらえばよかった...。
先週の秩父宮
 秩父宮もサクラが満開。カンタベリーのテントの後ろにも満開のサクラ。
先週の秩父宮
 「ウルフミーティング」やってたテントの横にもサクラの樹。
先週の秩父宮
 やっぱりサクラ、いいよね、JAPANのエンブレムもサクラだしね~。

SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS2017/04/09 07:05

 やったね~!
 今季、SUNWOLVES初勝利です!!1点差だけど、南アのBULLSに勝ちました。ヒュ~ッ、気持ちよかった~!!!
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 ということで、秩父宮に行ってきた。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 南アツアーが終わり、もう一つのホームのシンガポールでのSTORMERS戦からBYE WEEKをはさんでの秩父宮での試合。日本にいるファンからすると6週間ぶりの生SUNWOLVES。ここまで5連敗、何とかここで1勝して欲しいところだったんですよ~。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 練習後に固まりになってロッカールームに戻るSUNWOLVES、一昨年のワールドカップから恒例になりました。これいいですよね~、思わず拍手しちゃいますよね。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 そして、ロッカールームからピッチに飛び出してくるSUNWOLVES。炎も恒例になりましたっ!!
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 序盤からSUNWOLVESが果敢に攻めてました。最初に得点したのはSUNWOLVES、田中選手の早い球出しで、テンポ良く攻め、クリップス選手のキックに反応したラファエレ選手のポイントから、最後は、今日SUPER RUGBY初キャップのボスアヤコ選手がトライ。この攻撃、ほんとに良い攻撃でした...このリズムで試合を進めれば楽勝だったんですけどね...。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 SUPER RUGBY、甘くないですね。BULLSに、この後すぐラインアウトから、縦に抜け出したセンターのバーガー・オデンダール選手にトライを返されてしまいました。ディフェンスにいっていたのが、ラインアウトに参加しなかったフォワードの選手(松橋選手?と庭井選手?)でミスマッチだったといっても、簡単に取られすぎでした。それにしても、オデンダール選手、187cm、98kgってプログラムに書いてあったけど、見た目は走れるプロップ。このプレー以外にも随所に良いプレーがあって、SUNWOLVESにとって嫌なプレーヤーでしたね。南アのキャップは持っていませんが、獲得するのは時間の問題だと思います。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 昨日の試合、田中選手、稲垣選手、松島選手、田村選手、木津選手と一昨年のワールドカップ戦士が久しぶりに出場しました。やっぱり、彼らの働きは違います。特に、松島選手は自分の中では昨日の試合のマン・オブ・サ・マッチでした。まぁ、トライに繋がってしまうミスや、後半ゴール前まで持ち込んで福岡選手にパスすれば、あわやトライってチャンスを自ら潰しちゃうミスもあったけどね(あっ、このプレーで、相手がイエローカードをもらうペナルティーを犯したのでプラマイゼロかな...)。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 BULLSのキックに確実に反応し、難しいジャンプでのキャッチもしっかりとボールをキープ。走れば、必ずゲインしてました。特に凄いのは、相手に捕まってからの動き。つかまってもすぐには倒れず、必ず、前にポイントを進めてました。体重87kgと決して大きくないのに、BULLSの大男たちを何人も引きずってました。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 スタッツをみたら、メーターが120と両チームをあわせてもダントツ。昨日ノンメンバーだった立川選手をはじめ、主力が揃ったときのSUNWOLVESを早くみたいって感じちゃいました。それにしても、松島選手はファンタジスタだね~。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 てことで、松島選手の写真でGIF画像作ってみました。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 そうそう、復帰組みとしては、やっぱり田村選手ですね。JAPANではセンターで出ることが多かったのですが、田村選手のSOはやっぱり凄い。フィールドが良く見えているってことなんでしょうね。彼が出場するとラインの動きが一気に変わりました。残念だけど、クリップス選手はまだ彼の域に達して無いと思います。彼以外のSOがどこまで成長できるかが、SUNWOLVESのこれからにかかってると思います。
 福岡選手もキックのチェイスで良い走りをしてたんですけどね。昨日は、その快足を披露することは余りありませんでした。本当は、その快速見たかったんですけどね。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 フォワードはスクラムは良かったです、大きくて重いBULLSのフォワードに負けてませんでしたからね。昨季にくらべると、本当にスクラムは進化したと思います。課題は、ラインアウトとモールですね。昨日のラインアウト成功率は66.7%これの精度を上げないと勝利を重ねるのは難しいと思います。あと、モール、モールは今のルールでは防ぎようが無いですね...何か良いモール対策無いもんですかねぇ...。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 BULLSのラインアウト、これですからね、頭2つ分くらい上に行ってます。良く見ると、JAPANは腿、BULLSは脹脛をサポーターが支えてる。これじゃあ勝てないよなぁ...。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 それにしてもBULLS大きかったなぁ。どのポジションもSUNWOLVESの選手より一回りも二回りも大きかったですからね。スピードも速かったです。この日の試合、ポゼッションもBULLSが60%、オフェンスだけ見たらBULLSの圧勝だったんですけどね。SUNWOLVES、良く守ってたってことですな。前後半ともに後半は防戦一方だったけど、良く耐えてましたからね。そうそう、後半20分過ぎ出場で、SUPER RUGBY初キャップの布巻選手の出足鋭いタックルも良かったですし、同じく交代出場の山中選手もディフェンスが光ってました。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 ということで、ミスもあったけど、最終的にディフェンスの勝利って感じでした。特にフォワード第1列のタックルは凄かった、スタッツで見るとリザーブも含めて40回、昨日のSUNWOLVESの全タックルの約1/3、まるで、第3列みたいな働きでした。あと、サポーターの応援かな。ピンチのときも、チャンスのときも聞こえる遠吠え、SUNWOLVESには力になったし、逆にBULLSはやりにくかったんじゃないかな。試合終了4分前のBULLSのブランマー選手がペナルティゴールを失敗したときの遠吠え、嫌だったろうなぁ、というか、そのとき、完全に会場全体を敵に回してたもんね。SUPER RUGBYが来て、日本のラグビー観戦もちょっと、変わってきたって感じがするなぁ。

 試合終了直後のSUNWOLVES、クラブハウス横のサクラが満開で綺麗でした。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 長いことラグビー観戦してるけど、ノンメンバーまで一緒にファンに挨拶してるの見たの初めて。ファンも待ってたけど、彼らが一番待ってたんじゃないかなぁ、この勝利。来週から、また、長い遠征が始まるけど、頑張って欲しいな。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS

 我が家のベランダ側のサクラ、ここ数日の暖かさで一気に花が開きました。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 それにしても、例年より遅いかな。昨年に比べるとやっぱり1週間は遅くなってる。しかも、まだ、蕾がいっぱいあって8分咲きって感じかな。
SUPER RUGBY ROUND7 SUNWOLVES vs BULLS
 今年はもうしばらくサクラの花を楽しめそうです。