成田でSUNWOLVES2018/08/08 06:02

 先日の上海への出張、久しぶりに成田空港から出発。

 で、第2ターミナルのサテライトに向かって連絡通路を歩いていたら...
成田でSUNWOLVES
 SUNWOLVESの選手の皆さんのパネルが展示されてました。題して「赤い闘球~EXCITING RUGBY~」。

 スクラムから球出しする流大キャプテン。
成田でSUNWOLVES
 ゴールキックを蹴る中村亮土選手。
成田でSUNWOLVES
 ラファエレ ティモシー選手。相手がBRUNBIESなので、開幕戦かな?この試合、勝てた試合だったよね。
成田でSUNWOLVES
 シーズン終了して今季は、3勝13敗。来季も応援しちゃうよ。

 でも、その前にTOP LEAGUEだね。

SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS2018/07/01 07:05

 ウインドウマンス明けで油断してた...BS日テレで放送があったのね。

 シンガポールでのBULLSとの試合、ホームゲームってことで勝利したいですね。というか、SUPER RUGBYの参加自体はJAPANの強化に繋がってるけど、リーグに胸を張って残るためには、残り試合負けるわけには行かないって感じですよね。
 
 ということで、この日のSUNWOLVESのラインアップは、
 1. クレイグ・ミラー 
 2. ジャバ・ブレグバゼ 
 3. 浅原 拓真 
 4. ジェームス・ムーア 
 5. ヘル ウヴェ 
 6. ヴィリー・ブリッツ 
 7. 布巻 峻介 
 8. 徳永 祥尭 
 9. 内田 啓介 
 10. ヘイデン・パーカー 
 11. 山田 章仁 
 12. マイケル・リトル 
 13. ジェイソン・エメリー 
 14. セミシ・マシレワ 
 15. ゲラード・ファンデンヒーファー 
 16. 庭井 祐輔 
 17. 石原 慎太郎 
 18. ヘンカス・ファン・ヴィック 
 19. グラント・ハッティング 
 20. ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ 
 21. 田中 史朗 
 22. 松田 力也  
 23. 中村 亮土
 ゲラード・ファンデンヒーファー選手に頑張ってもらいたいなぁ。

 SUNWOLVES、立ち上がりから良い動きでしたね。やっぱり、リトル選手だな、パーカー選手のトライにつながる攻撃で、2回も大きくゲインしましたからね。前に出ているときのフォロー良い感じでしたね。この日センターのエメリー選手の動きも良かったんじゃないの。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 それにしても、BULLSのフォワードでかくて強い、フォワードの縦攻撃は脅威だな...。そのままぶつかってくるだけで、前に出れちゃうもんね。モールも重そうだもんな。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 前半15分過ぎまでSUNWOLVESも良く攻めていたと思います。ラインアウトも前のオプションを使って、徳永選手からブレグヴァゼ選手、ブレグヴァゼ選手から内田選手に戻してのトライ、良い形でしたね。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 でもこの後の、BULLSが凄かったですね。コンビネーションはイマイチながらも、前に出る勢いというか圧が凄い。クリエル選手のチャージからのトライ、蹴ったファンデンヒーファー選手も絶対、前にボール行ってるって思ってたよね。クリエル選手の2トライ目もね...ファンデンヒーファー選手のラインアウトのクイックスローを内田選手が後ろにそらしたところを走りこんできたクリエル選手がゴールポスト真下にトライ。これ、ミスはミスだけど、やっぱり、プレッシャーをかけていたクリエル選手のナイスプレーでした。
 前半終了間際のSUNWOLVESゴール前のBULLSの攻撃を阻止できたのは大きかったんだけどな...意図してボールを出さなかったのかもしれないけど、パーカー選手のキック、これのカウンターから最後はポーラード選手にトライを決められちゃいました。これ、出しておいたほうが良かったんじゃないかなぁ...。
 ということで、14対21で折り返し。

 後半、シンビンで一人少ないSUNWOLVESに対し、プレッシャーをかけるBULLS、ペナルティーゴールで突き放しにかかります。この後、SUNWOLVESが追いかけるように、ラインアウトからの攻撃でファンデンヒーファー選手がトライ。
 フォローしている山田選手がうれしそうな顔してますね~。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 この後、BULLSがトライを返して突き放しますが、すぐに、ブリッツ選手がトライを決めて点差を詰めます。それにしても、高温多湿のシンガポール、両チームとも疲れがでてるかんじでしたね。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 後半残り20分で、6点差を追いかけるSUNWOLVES、ここからの攻防が面白かった...厚いフォローで、最後はリトル選手がトライを決めて1点リードの逆転。この日のリトル選手は攻守に渡って良いプレーを見せてくれてました。自分の中のこの日のMOMは、リトル選手でした。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 この後、SUNWOLVESゴール前の攻防で、トライは防いだものの、ペナルティーで再度逆転されてしまいました。
 でも、この日のSUNWOLVESは、最後までフィットネスが落ちてませんでした。最後は、ボスアヤコ選手がタックルされながらもすぐに立ち上がりゴールポスト真下にトライ、これで再逆転。最後はこの点差を守りきって勝利しました。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 42対37。

 3勝目やったね~。ウインドウマンス中も、きっときつい練習してたんだと思います。それにしても、スタッツみたら、SUNWOLVESのタックルは104でタックルミスは8、一方のBULLSは64の18、SUNWOLVESはどんだけ激しいディフェンスをしてんだってことですな。個人スタッツ見たら、ブレグバゼ選手のタックル数が10でチーム1、これって大きいよね。
 いや~ムッチャ面白いゲームだった。残り2試合、WARATAHSとREDSのオーストラリア勢、この勢いで頑張って欲しいですね。

SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS2018/05/26 07:15

 香港の旺角大球場(モンコックスタジアム)で行われたSTORMERSの試合、テレビで観戦しました。旺角大球場(モンコックスタジアム)といえば、香港に住んでたときにHONG KONG代表とKAZAKHSTANの試合見に行ったなぁ...あれからもう6年もたったんだね...。

 前週、秩父宮でREDSに快勝したSUNWOLVES、真夏の気候の香港で、冬の南アフリカから来るSTORMERSを、前週の勢いをもっての返り討ちに期待。気温32℃、湿度70%、まぁ、暑いという意味では、SUNWOLVESも大変だと思うけど、相手は真冬の南アフリカから来るからね、どっちかというと有利だよね。

 松島選手や山田選手も復帰し、福岡選手も先発なので、久しぶりの純日本産バックスリー、スピードスターたちがどんなプレーを見せてくれるのかが見もの。先発のフロントローも純日本産の石原選手、堀江選手、浅原選手の3人、それ以外に先発選手として、リーチ選手、田中選手、ラファエレ選手と総勢9人、控えには、ヘル選手、徳永選手、流選手、田村選手とJAPAN戦士が名を連ねて、6月のウィンドーマンスのJAPANの前哨戦も兼ねた感じのラインアップでした。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 SUNWOLVESのキックオフで試合開始。5分過ぎまでSTORMERS陣で試合してたんですけどね、カウンターからSTORMERSのレイズ選手にトライを決められてしまいました。このプレー紙一重でした、TMOでトライの判定になったけど、本当にギリギリだったもんね。

 SUNWOLVESは、この日もディフェンスが良かったです。STORMERSの攻撃を前でしっかり止めてました。そして、やっぱり松島選手のキック処理、いいですねぇ、捕まっても簡単には倒れない、これ、STORMERSはいやですよね、キックが効果的に使えないですからね。

 21分にミスからカウンターで相手にトライを取られた直後の攻撃、ラックのボールをピックした田中選手が抜けて最後はパーカー選手がトライ。取られたあとにすぐ取り返せたのは良かったです。その後もSTORMERSのフィジカルを全面に出した攻撃をしつこいディフェンスで凌いだところしびれましたね。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 前半30分すぎ、SUNWOLVESのディフェンスが甘くなったところをついて執念でトライを獲ってくるあたりSTORMERS凄いというか、SUPER RUGBYってやっぱり凄いです。SUNWOLVESも、このあとパーカー選手がペナルティゴールを決めて、前半は10対17で折り返し。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 SUNWOLVESは後半押し込まれてましたが、STORMERS陣での時間が徐々に長くなってきました。STORMERSは暑さのせいか動きが悪くなってきたし、ミスも目立ってきました。後半最初に得点したのはSUNWOLVES、テンポの良い攻撃で、最後は献身的にフォローしていたロックのハッティング選手がゴールポスト真下にトライしました。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 SUNWOLVESは、フレッシュレッグスのメンバーが良い動きを見せてくれてました。ロックのヘル選手は、なんどもラックでボールに絡んで相手からノットリリースを奪ってましたし、フルバックの位置に入ったエメリー選手も、再三、良いタックルをみせてました。

 後半残り10分以降の我慢比べ、しびれました。残り5分の時点でのSTORMERSのマレー選手のハーフウェイライン後ろからのペナルティーゴール、その後の攻防からのパーカー選手のペナルティーゴール、これで同点。
 パーカー選手が同点にした直後、試合終了のホーンが鳴ってどちらかがミスしたら試合終了という局面で、どちらも、勝利を目指して最後まであきらめず攻撃を継続。STORMERSが攻撃を継続する中、ヘンカスファン・ヴィック選手が密集からボールを奪い攻守が入れ替わり、最後は、パーカー選手がドロップゴールで試合を決めました。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 相手選手が反則ギリギリで飛び出してきたので、利き足の左足ではなく右足でキックしたパーカー選手、さすがです。

 SUNWOLVES、本当にチームとしてまとまってきたと思います。最後のペナルティーゴールの前、笛でプレーが切れたときに膝をつく選手がいる中、ハッティング選手が声を掛けていたところ、チームとして良い感じになっているところを観たように思いました。

 26対23、ここにきての連勝、残り5試合も頑張って欲しいです。

 ところで、パーカー選手がドロップゴールを決めたゴールの裏に...
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 ラガマルくん...香港まで行ってたのね。

 ところで、昨日行われたROUND15-REVELSとの再戦は、残念ながら勝利を収めることができませんでした、40対13完敗ですね。ハイライトしか見ていませんが、ディフェンスのコミュニケーションの問題かなぁ...パワーがあるから、組織でディフェンスしないと抜かれちゃうよね...。それにしてもナキ凄いなぁ、スタッツ見たらメーター116ってチームでダントツ、ウイングより多いってどうよっ?

先週の秩父宮2018/05/19 07:04

 秩父宮に到着したREDSの皆さん。
先週の秩父宮
 ジョージ・スミス選手は、最後にバスから降りてきました。シーズン後いろいろとあリましたからね、いろんな思いがあっての秩父宮ですよね。この日は相変わらずのしつこいいやなプレーを見せてくれましたが、チームとしては結果が残せませんでした。年齢的に、もう日本のチームに戻ってくることもないよな...。
先週の秩父宮
 SUNWOLVESのノンメンバーの皆さん、前からレメキ選手、ブリッツ選手、真壁選手です。ブリッツ選手キャプテンですからね、この日のピッチにいたかったんじゃないかなぁ。真壁選手のFMでの話、面白かったですよ。
先週の秩父宮
 この日は、国内最終戦ということで、ドラマ「スクール・ウォーズ」の主役の山下真司さんのトークイベントがありました。自分は、ドラマ見ていなくて、お笑いの方がセリフをネタにしていたり、なつかしのテレビ番組特集くらいでしか知らないのですが、山下さんの熱、伝わってきました、「信は力なり」なんですね。ちなみに、会社のラグビー部の同期と後輩が、当時、ラグビー選手のエキストラで番組に出てたんだって。
先週の秩父宮
 この日の試合の必勝を祈願して目を入れた達磨を持った山下さんと、「スクール・ウォーズ」の主題歌「HERO」を歌った麻倉未稀さん。被ってるのはこの日来場者に配布されたヘッドキャップ「AOYAMA RED 狼 ヘッキャ」ですね。山下さん、さすが俳優さんだけあって、場慣れしてるし話も面白かったです。
先週の秩父宮
 ゴールキックのときにビジョンに掲示されてた...ラガマルくんのゴールキック時の注意のお願い。最近、ラガマルくんの進出具合が激しいな。確か非公認だったと思うんだけど、公認になったのかな?
先週の秩父宮
 この日は、ラガマルくんバージョンだけでなく、こんなご案内が...下のイラストが微妙に選手に似てる。周りの観客が、真ん中はリーチ選手で他は誰だ?って、口々に言ってた。確かに、誰なんだろう?
先週の秩父宮
 今年も昨年同様、試合後に関係者とファンの記念撮影がありました。
先週の秩父宮
 今年も、その裏側をお届けします。ちなみに、表からの写真はこちら
先週の秩父宮
 撮影が終わった後の選手の皆さん、とってもうれしそうでした。
先週の秩父宮
 この日は試合前イベントでDJを行ってたDJ KOOさん、試合後、勝利を祝ってということで、DJで会場を盛り上げてました。ご本人も、高校生のときにラグビー部だったということで、ラグビーお好きなんですね。楽しそうにDJされてました。「今日は美味しいお酒飲める」...「俺、飲めないけど」なんてネタっぽい、コメントもありました。
先週の秩父宮
 ファンサービス中の徳永選手。徳永選手もSUNWOLVESで急成長の攻守ともにいい動きのバックローです。姫野選手とともに、今一番乗ってるんじゃないかな。
先週の秩父宮
 ヘンカス・ファン・ヴィック選手、こうみえて、まだ26歳ですからね。頭のてっぺんがすれて剥けちゃってました。
先週の秩父宮
 庭井選手。この日は、リザーブでの出場でした。
先週の秩父宮
 ピッチに立っていたかったと思います。ブリッツ選手、ファンの前の笑顔、試合のときの顔と全然違いますよね。
先週の秩父宮
 昨年から、JAPAN、トヨタでのキャプテンと成長したんじゃないかな。この日もいいプレー連発でしたからね。これからのJAPANを背負って立つ選手ですね。
先週の秩父宮
 ヘイデン・パーカー選手、彼のゴールキック、ってましたね。今季のトップリーグ、神戸製鋼で活躍してくれそうですね。そういえば、神戸製鋼の山中選手が「ほんまにえぐいわ!これで蹴らんですむな!笑」ってTwitterでつぶやいてましたなwww。
先週の秩父宮
 SUNWOLVES、今季はこれで、生は見納めかと思うとさびしいですな...。

SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS2018/05/14 07:04

 やったー!勝ったー!
 
 やっぱり勝つと気持ちいいよね、これまでも、BRUMBIES戦BLUES戦と勝てた試合を落としてきてましたが、この日のSUNWOLVESは一味違いましたね。まぁ、とにかく1勝、残り6試合、できれば昨年の勝ち数より多く買って欲しいですね。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 ということで、秩父宮に行ってきた。
 今季4勝5敗のREDS、得失点差が-71点と今季いまひとつ。BYE WEEK開けのSUNWOLVESがどこまで仕上げているかに勝利がかかっています。ここまで、ディフェンスもアタックもあともう少し、なんですよね、フィジカルがここについてくれば精度が上がっていい勝負できると思うんですよね...なんて、結局、勝っちゃったから良くなったってことなんですね。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 SUNWOLVESは序盤からペナルティーゴールでコツコツと得点を積み上げていく作戦。それに、パーカー選手がしっかりと応えてました。この日のパーカー選手は絶好調、2015-2016シーズンの順位決定トーナメントのときのスーパーブーツが戻ってきたって感じですね。あの時もたしか、成功率100%、毎試合、パーカー選手のゴールキックのときにドキドキワクワクしていたのを思い出してしまいました。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 最初のトライはREDSでした。SUNWOLVESのペナルティから、タッチキック⇒ラインアウト⇒モール⇒トライというパターン。REDSはモールが良かったです、ゴール前で組まれたら、ちょっと防ぎようのない感じでした。SUNWOLVESの失点のパターンは、このペナルティーからゴールに迫られてゴリゴリいかれるというのが圧倒的に多いですね。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 そうは言っても、この日のSUNWOLVESは、これまで、秩父宮で見たSUNWOLVESとちょっと違いましたね。まず、圧倒的にディフェンスがいい。ラインの形成のスピードも速くて、前で止めるというのが意識されていたようにみえました。一方のREDSは、アタックの切れが悪かったですね。アタックラインの形成が遅くて、バックスに大きく回してボールを動かす意識がみられませんでした。フォワードでゴリゴリ行くつもりだったのかも知れませんが、SUNWOLVESにしっかり適応されてました。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 FMでゲスト出演していた真壁選手が「この日のREDSのアタックは怖くない」って行ってましたけど、確かにやられる感なかったですね。ちなみに、秩父宮FM、現役選手がゲストに来ると面白いですね、プレーの選択や、戦術のことを選手目線で解説してくれて本当に面白いです。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 SUNWOLVESは、弱みだったラインアウトも、本職のハッティング選手が出場するようになって安定しました。さらに、ハッティング選手はフィールドプレーでも大活躍、SUNWOLVES最初のトライも、密集から出たボールをハッティング選手からミラー選手にパス、最後はパスのあとフォローしていたハッティング選手にボールが返ってフィニッシュしました。このプレー以外にも要所でいいプレーを魅せてくれてたので、今週もTeam of the Weekに選ばれるかも...。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 SUNWOLVESのフォワードはあと、姫野選手かな、やっぱり人に強いし、運動量も半端じゃなかったですね。圧巻は、前半のパーカー選手のトライまでの一連の攻撃。流選手からの飛ばしパス、普通だったらディフェンスの餌食ってタイミングだったんだけど、オーストラリア代表のフェアウアイ=サウティア選手のタックルを受け流してボールを継続して、最後はパーカー選手がフィニッシュ。タックルしたフェアウアイ=サウティア選手の方が傷んじゃってましたからね。このプレー以外にもポイントでボールに絡んだりと大活躍でした。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 バックスは、この日もリトル選手が目立ってました。ポイントで捕まっても、必ず何歩か前に出る、前に出すぎて孤立しそうなタイミングでもボールが生きて出てくる。ここまでは、そのままボールを失うこともあったのですが、これって、もしかしたらチームとしてプレーがまとまってきて、それぞれのプレーが生かせるようになってきたってことなのかも...そういう意味で、準備期間がもう少し長ければって思いますね。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 そうそう、バックスリーも躍動してました。この日、ハットトリックのサウマキ選手は、足が速いだけじゃなくて人にも強い。フィニッシュのときに相手選手に絡まれても決めてましたからね。マシレワ選手も前半で交替してしまいましたが、この日はフルバックで、最後尾で的確にキック処理してましたし、カウンター時のスピードも良かったです。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 久しぶりの出場のエメリー選手もインターセプトからトライをとりましたし、本当にバックスリーが躍動してました。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 福岡選手のスピードは異次元です。FMで稲垣選手が「忍者くん」って言ってましたけど、本当にそうですね、稲垣選手曰く、体が地面に対して斜めになってるって言ってたけど、確かにね...。この日はトライはなかったけど、何度もその快速を飛ばして、チャンスを作ってました。パーカー選手のトライも、そもそもは彼の走りからチャンスができたものですもんね。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 REDSは、残念ながら集中と規律が試合終盤まで維持することができなくて、崩壊しちゃったって感じですね。チームが若いってこともあったのと、気温も高かったですしね。昨年のBLUES戦もそうだったけど、この時期、この暑さは南半球のチームには厳しいのかな...。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 一方、SUNWOLVESは試合終了のホーンが鳴ったあとも、果敢にアタックを継続して、サウマキ選手のハットトリックが生まれました。この日のSUNWOLVESのプレーが開幕戦からできてたら、もっといい戦績を残せたんじゃないかなぁ。
SUPER RUGBY ROUND13 SUNWOLVES vs REDS
 63対28、快勝です、これを待ってたんですよ~。

 来週は香港でSTORMERS戦、あとはオーストラリア勢の4試合と南アフリカのBULES戦、残り6試合、この日の試合の勢いで頑張って欲しいです。