トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節2018/10/22 07:04

 秩父宮に行って来た。

 今季は、この節までの結果で、カンファレンスの順位が決定し、各カンファレンス上位4チームが、1~8位決定トーナメント、下位チームが、9~16位決定トーナメントに進むことになります。ちなみに前節までで、レッドカンファレンスは、神戸製鋼コベルコスティーラーズ、トヨタ自動車ヴェルブリッツ、サントリーサンゴリアス、ホワイトカンファレンスは、パナソニックワイルドナイツ、ヤマハ発動機ジュビロ、リコーブラックラムズ、クボタスピアーズが、1~8位決定トーナメントの進出を決めています。

 1試合目は、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスと宗像サニックスブルースの試合。NTTコミュニケーションズは、1~8位決定トーナメントに進むためには負けられない試合、しかもできればボーナスポイントも取っておきたいところ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 NTTコムはなぁ...いまひとつでしたねぇ。攻めてもノッコン、チャンスで抜けてもフォローが遅くてノットリリース、中々、リズム作れませんでした。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 一方、サニックスはスタンドオフのジェイソン・エメリー選手、センターのアンドレ・エスターハイゼン選手を軸にスピードのある攻撃でNTTコムのゴール前にボールを運びます。エスターハイゼン選手は南アフリカ代表にも選ばれてノリノリな感じ。ウイングのアンドリュー・エブリンハム選手のスピードもよかったです。守っては、マオリオールブラックスのダン・プライヤー選手が仕事してました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 残念だったのは、セットプレーが良くなかったこと、スクラムでやられっぱなしだったのでリズムが作れませんした。コムはバックスのコンビネーションが悪かったけど、フォワードの頑張りに助けられました。スクラムで圧倒してたのでペナルティーも蹴り出さずに、ほぼすべてでスクラムを選択、こうなるとサニックスは厳しいですね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 結果、NTTコム5トライ、サニックス2トライで試合終了。サニックスのトライはボールを回して回してのトライで、見ていて面白かった。フォワードを強くすれば、もっと面白いチームになると思うな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 31対12
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 NTTコムはもっと楽に勝てたのに、自ら難しくしちゃってました。試合中、静かなんだよね、もっと、声出してコミュニケーション取った方が良いと思うんだけどなぁ。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 そういう意味でルーキーの石井勇輝選手は積極的に声を出してたし、ディフェンスも攻撃の時も体幹の強さを見せてましたね。タッチ際で捕まった時に、内に向かって脚をかいていて、タッチラインを意識してましたからね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 勝ったけどNTTコムは猛省だな。サニックスのラグビー、攻撃は面白かった。
先週の秩父宮トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節

 2試合目は、日野レッドドルフィンズとサントリーサンゴリアスの試合。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 日野は今季初昇格で、自分は初めての公式戦観戦なので期待してたんですけどね。相手がサントリーだとやっぱり厳しいのかなぁ...。ボールを回してもなかなか前に進めない、ガツっと縦に抜けるとか、ディフェンスを綺麗にスイープするとかね、そういうプレーがみられるとよかったんですけどね。何度か、真壁選手のジャッカルでチャンスの芽を潰されてました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 とはいえ、サントリーも以前の爆発的な強さはないですね。2人目のよりが遅いのが一番かなぁ...前後半それぞれ4トライあげたけど、以前のサントリーならもっと楽にとれたのにってプレーが多かったですね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 サントリーは久しぶりの松井選手のスピードがよかったですね。昨年、足の骨を4ヶ所骨折、1年以上のブランクだったけど、今季初出場、この試合の先制トライをあげました。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 この日、秩父宮FMにゲストで出演されてたサントリーOBの今泉さんが言ってたけど、サントリーのプレー、正直、雑でしたね。以前はこんなんじゃなかったのになぁ...。あと、攻撃を続けて最後に反則で終わりっていう場面も多かったな。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 日野も補強したわりには、どうなのかなぁ。前半と後半それぞれトライまで行ったプレーはよかったけど、それ以外はどうもなぁ。規律の部分もいまいちで、反則多かったもんね。これまた、今泉さんが言ってたけど、基本的な体力が不足してるんじゃないかと。そういわれてみればね...。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 12対50

 サントリー圧勝だったんだけど、試合としてはまったりとして、ちょっと面白くなかったですね。日野は、基本的な部分から見直しって感じかなぁ。サントリーも強かった時のフィロソフィを今一度チームに復活させて欲しいですね。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 ところで、リコーブラックラムズ、ヤマハ発動機にあと4点まで迫ったんですね。先週同様、上位チームから勝ち星あげたかったですけどね、でも、今季の強さ本物だな。

さて、今日の結果で1~8位決定トーナメントは、神戸製鋼コベルコスティーラーズとリコーブラックラムズ、サントリーサンゴリアスとクボタスピアーズ、トヨタ自動車ヴルブリッツとパナソニックワイルドナイツ、NTTコミュニケーションズシャイニングアークスとヤマハ発動機ジュビロという組み合わせにまりました。合わせて9~16位決定トーナメントは、NECグリーンロケッツとコカ・コーラレッドスパークス、豊田自動織機シャトルズとキヤノンイーグルス、日野レッドドルフィンズと東芝ブレイブルーパス、宗像サニックスブルースとHONDA Heatという組み合わせになりました。トーナメントは12月の頭から、今から楽しみです。

 SUNWOLVESの2人。
トップリーグ 2018-2019 リーグ戦 第7節
 試合後、しばらく2人で話をしてました。この日は、ジェイソン・エメリー選手キレキレだったし、ブリッツ選手は外国人選手対策には不可欠、来季のSUNWOLVESでも活躍期待してますよ。

成田でSUNWOLVES2018/08/08 06:02

 先日の上海への出張、久しぶりに成田空港から出発。

 で、第2ターミナルのサテライトに向かって連絡通路を歩いていたら...
成田でSUNWOLVES
 SUNWOLVESの選手の皆さんのパネルが展示されてました。題して「赤い闘球~EXCITING RUGBY~」。

 スクラムから球出しする流大キャプテン。
成田でSUNWOLVES
 ゴールキックを蹴る中村亮土選手。
成田でSUNWOLVES
 ラファエレ ティモシー選手。相手がBRUNBIESなので、開幕戦かな?この試合、勝てた試合だったよね。
成田でSUNWOLVES
 シーズン終了して今季は、3勝13敗。来季も応援しちゃうよ。

 でも、その前にTOP LEAGUEだね。

SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS2018/07/01 07:05

 ウインドウマンス明けで油断してた...BS日テレで放送があったのね。

 シンガポールでのBULLSとの試合、ホームゲームってことで勝利したいですね。というか、SUPER RUGBYの参加自体はJAPANの強化に繋がってるけど、リーグに胸を張って残るためには、残り試合負けるわけには行かないって感じですよね。
 
 ということで、この日のSUNWOLVESのラインアップは、
 1. クレイグ・ミラー 
 2. ジャバ・ブレグバゼ 
 3. 浅原 拓真 
 4. ジェームス・ムーア 
 5. ヘル ウヴェ 
 6. ヴィリー・ブリッツ 
 7. 布巻 峻介 
 8. 徳永 祥尭 
 9. 内田 啓介 
 10. ヘイデン・パーカー 
 11. 山田 章仁 
 12. マイケル・リトル 
 13. ジェイソン・エメリー 
 14. セミシ・マシレワ 
 15. ゲラード・ファンデンヒーファー 
 16. 庭井 祐輔 
 17. 石原 慎太郎 
 18. ヘンカス・ファン・ヴィック 
 19. グラント・ハッティング 
 20. ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ 
 21. 田中 史朗 
 22. 松田 力也  
 23. 中村 亮土
 ゲラード・ファンデンヒーファー選手に頑張ってもらいたいなぁ。

 SUNWOLVES、立ち上がりから良い動きでしたね。やっぱり、リトル選手だな、パーカー選手のトライにつながる攻撃で、2回も大きくゲインしましたからね。前に出ているときのフォロー良い感じでしたね。この日センターのエメリー選手の動きも良かったんじゃないの。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 それにしても、BULLSのフォワードでかくて強い、フォワードの縦攻撃は脅威だな...。そのままぶつかってくるだけで、前に出れちゃうもんね。モールも重そうだもんな。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 前半15分過ぎまでSUNWOLVESも良く攻めていたと思います。ラインアウトも前のオプションを使って、徳永選手からブレグヴァゼ選手、ブレグヴァゼ選手から内田選手に戻してのトライ、良い形でしたね。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 でもこの後の、BULLSが凄かったですね。コンビネーションはイマイチながらも、前に出る勢いというか圧が凄い。クリエル選手のチャージからのトライ、蹴ったファンデンヒーファー選手も絶対、前にボール行ってるって思ってたよね。クリエル選手の2トライ目もね...ファンデンヒーファー選手のラインアウトのクイックスローを内田選手が後ろにそらしたところを走りこんできたクリエル選手がゴールポスト真下にトライ。これ、ミスはミスだけど、やっぱり、プレッシャーをかけていたクリエル選手のナイスプレーでした。
 前半終了間際のSUNWOLVESゴール前のBULLSの攻撃を阻止できたのは大きかったんだけどな...意図してボールを出さなかったのかもしれないけど、パーカー選手のキック、これのカウンターから最後はポーラード選手にトライを決められちゃいました。これ、出しておいたほうが良かったんじゃないかなぁ...。
 ということで、14対21で折り返し。

 後半、シンビンで一人少ないSUNWOLVESに対し、プレッシャーをかけるBULLS、ペナルティーゴールで突き放しにかかります。この後、SUNWOLVESが追いかけるように、ラインアウトからの攻撃でファンデンヒーファー選手がトライ。
 フォローしている山田選手がうれしそうな顔してますね~。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 この後、BULLSがトライを返して突き放しますが、すぐに、ブリッツ選手がトライを決めて点差を詰めます。それにしても、高温多湿のシンガポール、両チームとも疲れがでてるかんじでしたね。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 後半残り20分で、6点差を追いかけるSUNWOLVES、ここからの攻防が面白かった...厚いフォローで、最後はリトル選手がトライを決めて1点リードの逆転。この日のリトル選手は攻守に渡って良いプレーを見せてくれてました。自分の中のこの日のMOMは、リトル選手でした。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 この後、SUNWOLVESゴール前の攻防で、トライは防いだものの、ペナルティーで再度逆転されてしまいました。
 でも、この日のSUNWOLVESは、最後までフィットネスが落ちてませんでした。最後は、ボスアヤコ選手がタックルされながらもすぐに立ち上がりゴールポスト真下にトライ、これで再逆転。最後はこの点差を守りきって勝利しました。
SUPER RUGBY ROUND17 SUNWOLVES vs BULLS
 42対37。

 3勝目やったね~。ウインドウマンス中も、きっときつい練習してたんだと思います。それにしても、スタッツみたら、SUNWOLVESのタックルは104でタックルミスは8、一方のBULLSは64の18、SUNWOLVESはどんだけ激しいディフェンスをしてんだってことですな。個人スタッツ見たら、ブレグバゼ選手のタックル数が10でチーム1、これって大きいよね。
 いや~ムッチャ面白いゲームだった。残り2試合、WARATAHSとREDSのオーストラリア勢、この勢いで頑張って欲しいですね。

SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS2018/05/26 07:15

 香港の旺角大球場(モンコックスタジアム)で行われたSTORMERSの試合、テレビで観戦しました。旺角大球場(モンコックスタジアム)といえば、香港に住んでたときにHONG KONG代表とKAZAKHSTANの試合見に行ったなぁ...あれからもう6年もたったんだね...。

 前週、秩父宮でREDSに快勝したSUNWOLVES、真夏の気候の香港で、冬の南アフリカから来るSTORMERSを、前週の勢いをもっての返り討ちに期待。気温32℃、湿度70%、まぁ、暑いという意味では、SUNWOLVESも大変だと思うけど、相手は真冬の南アフリカから来るからね、どっちかというと有利だよね。

 松島選手や山田選手も復帰し、福岡選手も先発なので、久しぶりの純日本産バックスリー、スピードスターたちがどんなプレーを見せてくれるのかが見もの。先発のフロントローも純日本産の石原選手、堀江選手、浅原選手の3人、それ以外に先発選手として、リーチ選手、田中選手、ラファエレ選手と総勢9人、控えには、ヘル選手、徳永選手、流選手、田村選手とJAPAN戦士が名を連ねて、6月のウィンドーマンスのJAPANの前哨戦も兼ねた感じのラインアップでした。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 SUNWOLVESのキックオフで試合開始。5分過ぎまでSTORMERS陣で試合してたんですけどね、カウンターからSTORMERSのレイズ選手にトライを決められてしまいました。このプレー紙一重でした、TMOでトライの判定になったけど、本当にギリギリだったもんね。

 SUNWOLVESは、この日もディフェンスが良かったです。STORMERSの攻撃を前でしっかり止めてました。そして、やっぱり松島選手のキック処理、いいですねぇ、捕まっても簡単には倒れない、これ、STORMERSはいやですよね、キックが効果的に使えないですからね。

 21分にミスからカウンターで相手にトライを取られた直後の攻撃、ラックのボールをピックした田中選手が抜けて最後はパーカー選手がトライ。取られたあとにすぐ取り返せたのは良かったです。その後もSTORMERSのフィジカルを全面に出した攻撃をしつこいディフェンスで凌いだところしびれましたね。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 前半30分すぎ、SUNWOLVESのディフェンスが甘くなったところをついて執念でトライを獲ってくるあたりSTORMERS凄いというか、SUPER RUGBYってやっぱり凄いです。SUNWOLVESも、このあとパーカー選手がペナルティゴールを決めて、前半は10対17で折り返し。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 SUNWOLVESは後半押し込まれてましたが、STORMERS陣での時間が徐々に長くなってきました。STORMERSは暑さのせいか動きが悪くなってきたし、ミスも目立ってきました。後半最初に得点したのはSUNWOLVES、テンポの良い攻撃で、最後は献身的にフォローしていたロックのハッティング選手がゴールポスト真下にトライしました。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 SUNWOLVESは、フレッシュレッグスのメンバーが良い動きを見せてくれてました。ロックのヘル選手は、なんどもラックでボールに絡んで相手からノットリリースを奪ってましたし、フルバックの位置に入ったエメリー選手も、再三、良いタックルをみせてました。

 後半残り10分以降の我慢比べ、しびれました。残り5分の時点でのSTORMERSのマレー選手のハーフウェイライン後ろからのペナルティーゴール、その後の攻防からのパーカー選手のペナルティーゴール、これで同点。
 パーカー選手が同点にした直後、試合終了のホーンが鳴ってどちらかがミスしたら試合終了という局面で、どちらも、勝利を目指して最後まであきらめず攻撃を継続。STORMERSが攻撃を継続する中、ヘンカスファン・ヴィック選手が密集からボールを奪い攻守が入れ替わり、最後は、パーカー選手がドロップゴールで試合を決めました。
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 相手選手が反則ギリギリで飛び出してきたので、利き足の左足ではなく右足でキックしたパーカー選手、さすがです。

 SUNWOLVES、本当にチームとしてまとまってきたと思います。最後のペナルティーゴールの前、笛でプレーが切れたときに膝をつく選手がいる中、ハッティング選手が声を掛けていたところ、チームとして良い感じになっているところを観たように思いました。

 26対23、ここにきての連勝、残り5試合も頑張って欲しいです。

 ところで、パーカー選手がドロップゴールを決めたゴールの裏に...
SUPER RUGBY ROUND14 SUNWOLVES vs STORMERS
 ラガマルくん...香港まで行ってたのね。

 ところで、昨日行われたROUND15-REVELSとの再戦は、残念ながら勝利を収めることができませんでした、40対13完敗ですね。ハイライトしか見ていませんが、ディフェンスのコミュニケーションの問題かなぁ...パワーがあるから、組織でディフェンスしないと抜かれちゃうよね...。それにしてもナキ凄いなぁ、スタッツ見たらメーター116ってチームでダントツ、ウイングより多いってどうよっ?

先週の秩父宮2018/05/19 07:04

 秩父宮に到着したREDSの皆さん。
先週の秩父宮
 ジョージ・スミス選手は、最後にバスから降りてきました。シーズン後いろいろとあリましたからね、いろんな思いがあっての秩父宮ですよね。この日は相変わらずのしつこいいやなプレーを見せてくれましたが、チームとしては結果が残せませんでした。年齢的に、もう日本のチームに戻ってくることもないよな...。
先週の秩父宮
 SUNWOLVESのノンメンバーの皆さん、前からレメキ選手、ブリッツ選手、真壁選手です。ブリッツ選手キャプテンですからね、この日のピッチにいたかったんじゃないかなぁ。真壁選手のFMでの話、面白かったですよ。
先週の秩父宮
 この日は、国内最終戦ということで、ドラマ「スクール・ウォーズ」の主役の山下真司さんのトークイベントがありました。自分は、ドラマ見ていなくて、お笑いの方がセリフをネタにしていたり、なつかしのテレビ番組特集くらいでしか知らないのですが、山下さんの熱、伝わってきました、「信は力なり」なんですね。ちなみに、会社のラグビー部の同期と後輩が、当時、ラグビー選手のエキストラで番組に出てたんだって。
先週の秩父宮
 この日の試合の必勝を祈願して目を入れた達磨を持った山下さんと、「スクール・ウォーズ」の主題歌「HERO」を歌った麻倉未稀さん。被ってるのはこの日来場者に配布されたヘッドキャップ「AOYAMA RED 狼 ヘッキャ」ですね。山下さん、さすが俳優さんだけあって、場慣れしてるし話も面白かったです。
先週の秩父宮
 ゴールキックのときにビジョンに掲示されてた...ラガマルくんのゴールキック時の注意のお願い。最近、ラガマルくんの進出具合が激しいな。確か非公認だったと思うんだけど、公認になったのかな?
先週の秩父宮
 この日は、ラガマルくんバージョンだけでなく、こんなご案内が...下のイラストが微妙に選手に似てる。周りの観客が、真ん中はリーチ選手で他は誰だ?って、口々に言ってた。確かに、誰なんだろう?
先週の秩父宮
 今年も昨年同様、試合後に関係者とファンの記念撮影がありました。
先週の秩父宮
 今年も、その裏側をお届けします。ちなみに、表からの写真はこちら
先週の秩父宮
 撮影が終わった後の選手の皆さん、とってもうれしそうでした。
先週の秩父宮
 この日は試合前イベントでDJを行ってたDJ KOOさん、試合後、勝利を祝ってということで、DJで会場を盛り上げてました。ご本人も、高校生のときにラグビー部だったということで、ラグビーお好きなんですね。楽しそうにDJされてました。「今日は美味しいお酒飲める」...「俺、飲めないけど」なんてネタっぽい、コメントもありました。
先週の秩父宮
 ファンサービス中の徳永選手。徳永選手もSUNWOLVESで急成長の攻守ともにいい動きのバックローです。姫野選手とともに、今一番乗ってるんじゃないかな。
先週の秩父宮
 ヘンカス・ファン・ヴィック選手、こうみえて、まだ26歳ですからね。頭のてっぺんがすれて剥けちゃってました。
先週の秩父宮
 庭井選手。この日は、リザーブでの出場でした。
先週の秩父宮
 ピッチに立っていたかったと思います。ブリッツ選手、ファンの前の笑顔、試合のときの顔と全然違いますよね。
先週の秩父宮
 昨年から、JAPAN、トヨタでのキャプテンと成長したんじゃないかな。この日もいいプレー連発でしたからね。これからのJAPANを背負って立つ選手ですね。
先週の秩父宮
 ヘイデン・パーカー選手、彼のゴールキック、ってましたね。今季のトップリーグ、神戸製鋼で活躍してくれそうですね。そういえば、神戸製鋼の山中選手が「ほんまにえぐいわ!これで蹴らんですむな!笑」ってTwitterでつぶやいてましたなwww。
先週の秩父宮
 SUNWOLVES、今季はこれで、生は見納めかと思うとさびしいですな...。