戦利品2022/08/11 07:53

 先日のライブの戦利品。

 買うかどうか迷ったんだけど、結局買っちゃいました。
戦利品
 これは、買ったわけじゃなくていただいたお名刺。Twitterみたら、3種類あるみたいです。これで、いただいた名刺は2枚目になりますwww。
戦利品
 Tシャツ、胸の「neon」のロゴだけかと思ったら、背面の下側に詩羽さんのカワイいイラストが入ってました。ツインテールがポイントですね。
戦利品
 サブスクで購入済みだから買うつもり無かったんだけどね...結局買っちゃいました。やっぱ、フィジカルなメディアで持ってたいもんね。
戦利品
 CDの盤面はこんな感じ。アルバムタイトルの「ネオン」のイメージなんだよね。だから、この色のTシャツもあったんだ。
戦利品
 ん~、黒も良かったけど、この蛍光グリーンのTシャツも良かったかも...。

 ということで、いまだに余韻を楽しんでる。

eRIe / Frank Zappa2022/07/01 07:53

 届きました。
eRIe / Frank Zappa
 今回は、国内のAmazonで輸入盤が20,556円、国内盤が21,450円だったので、米国のAmazonから個人輸入しました。価格は本体がUS$126.25、輸送費がUS$12.13だったので、合計でUS$138.38、今のレートで換算して19,118円でしたので、ちょっとだけ安く買ったことになります...とはいえ、今、タワーレコードの通販見たら17,811円になってました...残念!。ちなみに発送は、予定通り18日で、25日には手元に着たので約1週間で届いたことになります。
eRIe / Frank Zappa
 今回のアルバムはCD6枚組みで、1974年5月のEdinboro State CollegeとNotre Dame UniversityのConvocation Center、1974年11月のGannon Auditorium(ここが、アルバムタイトルになっているペンシルベニア州のERIEの会場ですね)、1976年11月のモントリオールのForum、Erie County Fieldhouse(ここもERIEですね)、トレドのSports Arenaのライブが収録されています。
eRIe / Frank Zappa
 それぞれのパーソネルですが、1974年5月は以下のメンバー、
 FZ—lead guitar, vocals
 Jeff Simmons—guitar, harmonica, vocals
 George Duke—keyboards, synthesizer, vocals
 Don Preston—synthesizer
 Napoleon Murphy Brock—tenor sax, flute, vocals
 Bruce Fowler—trombone, vocals
 Walt Fowler—trumpet
 Tom Fowler—bass
 Ralph Humphrey—drums, percussion
 Chester Thompson—drums, percussion
 このメンバーのJAZZっぽいアプローチは聴き所のひとつだと思います。
1974年11月は、
 FZ—guitar, vocals
 George Duke—keyboards, synthesizer, vocals
 Napoleon Murphy Brock—tenor sax, flute, vocals
 Ruth Underwood—percussion
 Tom Fowler—bass
 Chester Thompson—drums, percussion
1976年11月は、
 FZ—lead guitar, vocals
 Bianca Odin—keyboards, vocals
 Ray White—guitar, vocals
 Eddie Jobson—keyboards, violin
 Patrick O'Hearn—bass, vocals
 Terry Bozzio—drums, vocals
となっていて、Roxy期からIN NY期への過渡期となります。そういえば、1976年2月には来日公演があったんですよね。で、今回、Philly '76と同じく、Bianca Odinさんが参加した貴重な音源が収録されてます。自分としては、やっぱ、Terryさんのドラムが聴き所かな?
eRIe / Frank Zappa
 ちなみに、今回のジャケットは、LPサイズのハードカバーのブックレットになってます。ん~、場所とるから普通のCDサイズのボックスセットでいいんですけどね...まぁ、ライナーの写真と文章が読みやすいってメリットはありますけど...。LPサイズのボックスセットは、THE HOT RATS SESSION以来かな...。
eRIe / Frank Zappa
 収録曲は以下(LIVE会場別にくくってあります)。
 LIVE FROM EDINBORO, PA – MAY 8, 1974
 01 “Someone Has Just Asked Me…”
 02 Cosmik Debris
 03 Pygmy Twylyte
 04 The Idiot Bastard Son
 05 Cheepnis
 06 Inca Roads
 07 Montana
 08 Dupree’s Paradise
(Intro)
 (ここまでが、CD1)
 09 Dupree’s Paradise
 10 It Can’t Happen Here
 11 Hungry Freaks, Daddy
 12 You’re Probably Wondering Why I’m Here
 13 How Could I Be Such A Fool
 14 I Ain’t Got No Heart
 15 I’m Not Satisfied
 16 Wowie Zowie
 17 Let’s Make The Water Turn Black
 18 Harry, You’re A Beast
 19 The Orange County Lumber Truck
 20 Oh No
 21. Son Of Orange County
 22 More Trouble Every Day
 23 Camarillo Brillo
 (ここまでが、CD2)

 LIVE FROM SOUTH BEND, IN – MAY 12, 1974
 01 Montana
 02 Get Down

 LIVE FROM ERIE, PA – NOVEMBER 12, 1974 (3-14)
 01 Tush Tush Tush (A Token Of My Extreme)
 02 Stink-Foot
 03 RDZNL
 04 Village Of The Sun
 05 Echindna’s Ar
f (Of You)
 06 Don’t You Ever Wash That Thing?
 07 Penguin In Bondage
 08 T’Mershi Duween
 09 The Dog Breath Variations
 10 Uncle Meat
 11 Building A Girl
 12 Dinah-Moe Humm
 (ここまでが、CD3)
 13 I’m Not Satisfied
 14 Montana
 15 Dupree’s Paradise
(Intro)
 16 Dupree’s Paradise
 17 Don’t Eat The Yellow Snow
 18 Tush Tush Tush
(End Vamp)
 19 Oh No
 20 Son Of Orange County
 21 More Trouble Every Day
 (ここまでが、CD4)

 LIVE FROM ERIE, PA – NOVEMBER 12, 1976
 01 The Purple Lagoon
 02 Stink-Foot
 03 The Poodle Lecture
 04 Dirty Love
 05 Wind Up Workin’ In A Gas Station
 06 Tryin’ To Grow A Chin
 07 The Torture Never Stops
 08 Pound For A Brown
 09 You Didn’t Try To Call Me
 10 Rudy Wants To Buy Yez A Drink
 11 Would You Go All The Way? 

 (ここまでが、CD5)
 12 Black Napkins
 13 Terry’s Erie ’76 Solo
 14 Patrick’s Erie ’76 Solo
 15 Wonderful Wino
 16 The Purple Lagoon
(Outro)
 17 Stranded In The Jungle
 18 Dinah-Moe Humm
 19 The Purple Lagoon
(Outro)
 20 Camarillo Brillo
 21 Muffin Man
 22 The Purple Lagoon
(Outro)
 (ここまでが、CD6)

 LIVE FROM TOLEDO, OH – NOVEMBER 13, 1976
 01 City Of Tiny Lites
 (これも、CD5)
 02 Black Napkins
 03 The Purple Lagoon
(Outro)
 (これも、CD6)

 LIVE FROM MONTREAL, QC, CANADA – NOVEMBER 10, 1976
 01 You Didn’t Try To Call Me
 (これも、CD6)
eRIe / Frank Zappa
 ということで、全72曲、全部聞くのに7時間程度はかかるかと...相変わらずのボリュームですな。

SOFTLY / 山下達郎2022/06/27 07:46

 買うかどうか迷ったんだけど...。

 期限切れ間際のポイントがあったので今回はタワレコで購入。達郎さん仕様のパッケージで送られてきました。
SOFTLY / 山下達郎
 前作から11年ぶりの新作
SOFTLY / 山下達郎
 とはいえ、その間、曲を作られていなかった訳ではなく、アニバーサリーアルバムをリリースしたり、下記の収録曲をご覧いただければお分かりのように、精力的にタイアップで曲を作られてました。15曲中12曲がドラマや映画、キャンペーンのテーマソングやCM曲となってます。そういえば、これ聴いたことあるなって曲ばかり。で、前回も書いたけど、いろんなところでいろんな方が評されてると思うし、ご本人のコメントも出てくると思いますので、今回も語りません、達郎さんですからね、いいに決まってますよ。
 01 フェニックス [2021 Version]
  NHK・SDGsキャンペーン「未来へ17アクション」テーマソング
 03 ミライのテーマ
  映画「未来のミライ」オープニングテーマ
 04 RECIPE (レシピ)
  TBS日曜劇場「グランメゾン東京」主題歌
 05 CHEER UP! THE SUMMER
  フジテレビ系木曜22時連続ドラマ「営業部長 吉良奈津子」主題歌
 06 人力飛行機
 07 うたのきしゃ
  映画「未来のミライ」エンディングテーマ
 08 SHINING FROM THE INSIDE
  エステティックTBC/ソシエ エステティック TV-CMソング
 09 LEHUA, MY LOVE
  「JAL HAWAII Style yourself」篇CMソング
 10 OPPRESSION BLUES (弾圧のブルース)
 11 コンポジション
  NHKドラマ10「第二楽章」主題歌
 12 YOU (ユー)
  朝日生命「あんしん介護」TV-CM曲
 13 ANGEL OF THE LIGHT
  Nikon企業CM曲
 14 光と君へのレクイエム 
  映画「陽だまりの彼女」主題歌
 15 REBORN (リボーン)
  映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」主題歌 
SOFTLY / 山下達郎
 今回、ジャケットのこの肖像画、テルマエロマエのヤマザキマリさんなんですね。ちなみに、特典のポストカードもライナーの中の画もヤマザキマリさんでした。そういえば、この達郎さん、ルシウス感あるね。

 で、初回盤のおまけCDは、昨年12月に行われたアコースティックライブの音でした。収録曲は以下。
SOFTLY / 山下達郎
「The Latest Acoustic Live」~Recorded Live, 2021/12/03 at Tokyo FM Hall, Tokyo~
 01 ターナーの汽罐車
  伊藤さんの8ビートのベースがカッコいいです。
 02 ポケット・ミュージック
 03 あまく危険な香り
 04 PAPER DOLL
  難波さんのエレピカッコよすぎます。
 05 パレード
 06 BELLA NOTTE
 07 HAVE YOURSELF A MERRY LITTLE CHRISTMAS
 自分世代にはIt's A Poppin' Timeを思い出すんじゃないかなぁ...それにしても、歌、やっぱ上手いですねぇ...。

 おまけのポストカードはこれね。これも、ヤマザキさんの画ですね。
SOFTLY / 山下達郎
 ところで、達郎さんといえば、やっぱり青山純さん、伊藤広規さんのリズム隊が聞けなくなったのがね...RIDE ON TIMEからのファンとしてはやっぱりさびしいですね。

KMNZ 1st ONEMAN LIVE 『REPEZEN KMNSTREET』 / KMNZ2022/06/16 07:00

 届きました。
KMNZ 1st ONEMAN LIVE 『REPEZEN KMNSTREET』 / KMNZ
 先日、注文したKMNZのワンマンライブのCD。
KMNZ 1st ONEMAN LIVE 『REPEZEN KMNSTREET』 / KMNZ
 これまで、セットリストで作ったプレイリストを楽しんでたけど、このCDでLIVEの余韻を楽しめます。
KMNZ 1st ONEMAN LIVE 『REPEZEN KMNSTREET』 / KMNZ
 ちなみに、収録されているのはライブで歌った以下の全1曲。
 01 OPENING
 02 Beat & Beast(Guest: エハラミオリ)
 03 R U GAME?(Guest: Neko Hacker)
 やっぱ、セラさんのギター、カッコいい。
 早く、ワンマンライブやってくれないかなぁ...。
 04 Glory Days(Guest: Neko Hacker)
 この曲のギターもカッコよすぎる。
 声出しちゃいけないって言ってるのに、思わず観客を煽っちゃうかっさんが素敵過ぎる...。
 05 タンタカタンタンタンタンメン
 曲始まりのLIZさんのMC、カワイイがすぎる。あと、曲間の掛け声もね。
 06 AWAKEN
 07 kick it!!!!(feat. KMNZ)(Guest: Batsu)
 08 NEEDY
 09 水星 feat. オノマトペ大臣
(Guest: YACA IN DA HOUSE)
 ここで、tofuさんの曲がくるとは、ファンとしては嬉しいね。
 10 JOURNEY
 11 TOKONATSU STYLE
 ここまでが1枚目。
KMNZ 1st ONEMAN LIVE 『REPEZEN KMNSTREET』 / KMNZ
 12 DAYDREAM
 13 SKOOL
 14 DEF / RAG
 15 今夜はブギー・バック
 16 RECOAT
 in the blue ahirtsさんの曲は、やっぱいいですな。
 17 VR feat. KMNHZ
 18 GALAXY
 19 PRACTICE
 20 Augmentation
 21 VR 
 ただただ、泣くな...。
 で、上の10曲が2枚目に...。まぁ、正直、歌がよれちゃうとこもあるけど、それもライブならではだからね。
 今度はライブ、生で観に行かないとな。
KMNZ 1st ONEMAN LIVE 『REPEZEN KMNSTREET』 / KMNZ
 DVDだと観る時間がなかなかつくれないけど、音だったら通勤中でも楽しめるからね。って、やっぱり、DVDも買えばよかったかなぁ...ネコハカさんの勇姿も観れるしなぁ...失敗したかも...。

REFLECTION / tofubeats2022/05/29 07:54

 フルアルバムとしては前作の「RUN」から4年ぶり、tofubeatsさんの新作「REFLECTION」届きました。

 初回限定盤を早期予約したので、24cm×24cmサイズのメガジャケと、特典のおまけCD付。Amazonからテープでメガジャケに固定されて送られてきましたって、ちょっと乱暴じゃね?
REFLECTION / tofubeats
 並べるとこんな感じですね。
REFLECTION / tofubeats
 で、初回限定盤なので、これまでtofuさんがリリースしたアルバムやシングルのジャケットデザインを手がけた山根慶丈さんのイラストポストカードも付いてました。勿体なくてポストカードとしては使えないなぁ...額装して壁に飾ろうかな。
REFLECTION / tofubeats
 ということで、収録されているのは既出の「SMILE」、「CITY2CITY」を含む16曲。おまけのCDに収録されてるのは、「朝が来るまで終わる事の無いダンスを」の最新リミックスとスモールビジネス映画祭スペシャル短編映画「ムカチノカチカ」の主題歌「自由」の2曲。「ムカチノカチカ」10分と短い映画だけど、むっちゃ良いのでぜひ観てみてね。
REFLECTION / tofubeats
 すでにMVが公開されている曲もあってタイトルにリンクを貼っておくので、そちらもぜひ観てね。
01 Mirror
 「鏡の中には見えない心が映る...」、リリックのセンスが光る1曲です。環境音っぽいノイズとエレピの静かな調べ、ゆったりとしたおしゃれな曲です。
 一転、コロコロと跳ねるリズム。軽快なリズムに、祭りのあとの寂しさ、むなしさを歌ったようなリリック、このアンバランスな感じが自分は好き。
 ところで、今回、曲間がほとんど無くてDJでも聴いているような感覚になりますね。
03 Let Me Be
 PEAK TIMEの終わりのフレーズのまま次の曲に...。「Let Me Be」のフレーズの繰り返しと、エレピのコードの音が効果的な曲。
04 Emotional Bias
 シンセの音を積み上げたリズム重視な感じのインスト。tofuさんぽいといえばぽいかな、
05 SMILE
 全曲から切れ目無く始まります、やっぱり、このアルバム、DJを意識してるのかなぁ...。曲の感想はこちらで。
06 don't like u feat. Neibiss
 Neibissさんのアップ、いいですねぇ。初期のRIPの曲みたい、音を思いっきりマイナスした感じのかっこいい曲。
07 恋とミサイル feat. UG Noodle
 ボサノヴァじゃん...むっちゃおしゃれな大人の雰囲気。ウインドの音がいい感じの本格的なボッサですよ。
08 Afterimage
 おしゃれな環境音楽って感じかな。ゆったりとした音の流れと、ビートを刻む音との対比が面白い。
09 Solitaire
 インタールード的な意味合いなんかな。前の曲と同じ趣向(ビートの上にゆったりとした音を重ねる)の曲なんだけど、イメージは全然違ってる。これ、引き出しがすごいな。
10 VIBRATION feat. Kotetsu Shoichiro
 ラジオのDJ風の曲紹介で始まる曲。いかにもtofuさんらしいラップがいい感じの曲。タイトルがVIBRATIONだもんね、文字のイメージどおりの曲ですよ。Kotetsu Shoichiroのラップとtofuさんのラップの対比もいい感じです。
11 Not for you
 「あなたは自分の姿を見たことがありますか?」っていう意味深な一言で始まります。これまた、軽快なリズムにゆったりとした音の乗った曲。
 前にも書いたけどドライブにぴったりな曲。ドライブ好きみたいだからね...tofuさん。
13 SOMEBODY TORE MY P
 TBEPにも収録されてる曲で、80年代ころのテクノっぽい。「私のPを誰かが引き裂いた」って...”P"って何って思ってたら、絵の題名から来てるんですね。
14 Okay!
 この曲もテクノですね。このCDまるまる1枚、DJフロアでそのままいけますな。
15 REFLECTION feat. 中村佳穂
 この今日も、高速リズムの上にゆったりとした音が乗ってて、さらに、中村佳穂さんのボーカルが合わさって、不思議な雰囲気をかもし出してます。MVも不思議な感じですね。
16 Mirai
 ゆったりとしたテクノのイントロから、中盤にtofuさんの歌が始まって曲調が変わる不思議な曲。2つの曲をマッシュアップした感じですね。
 で、何度も書くけど、このまま通しでDJフロアで聴きたいと思わせる1枚です。

 おまけのCDの2曲。
01 朝が来るまで終わる事の無いダンスを(2022mix)
 ファーストセカンドフルアルバムに収録されているおなじみの曲。80年代のJ-POP風の味付けになってます。
02 自由
 とにかく、短編映画「ムカチノカチカ」観てもらいたいですね、映画のメッセージとリンクしてるんですよ。

 26日の夜、配信でリリースイベントあったけど(最高でしたけどね)、ライブハウスでやらないのかなぁ...7年前のPOSITIVEのリリパ以降、行けてないからなぁ...DJイベントだとなかなかいけないので、ライブを観に行きたいなぁ。