BOHEMIAN RHAPSODY / QUEEN / ORIGINAL SOUNDTRACK2018/10/31 07:02

 11月9日に公開されるQUEEN(フレディ・マーキュリー)の伝記映画のオリジナルサウンドトラックを買った。
 オリジナルサウンドトラックなんて買うの何十年ぶりだろう...小学生のころ以来かな。

 丁度、中学生ですね、QUEEN人気あったなぁ。不良っぽくてカッチョいいAEROSMITHと、エンターテイメント性が高くて、例のメイクと火を吹いたり、血を吐いたりするパフォーマンスが凄かったKISS、この3バンドが僕らのヒーローでした。ストレートなロックのAEROSMITHとKISSと違って、オペラぽいコーラスが入ってたりQUEENはどこか音楽性が高いというか、ロックなのに高尚な感じでしたね。ちょっと大人って感じかな。アメリカとイギリスの違いもあったのかもね。
BOHEMIAN RHAPSODY / QUEEN / ORIGINAL SOUND TRACK
 当時、フィルムコンサートなるものがあって、学校の友達と中野サンプラザまで何度か見に行った。今みたいにMTVがある時代じゃなかったので、そういう場所でアーティストたちのPVを見てたんだよね。で、当時のお小遣いでは3バンド全部のレコードは買えなくて、その頃組んでたバンド仲間で、それぞれ分けて買ってた。自分はKISSだったな、でギターの2人がQUEENとAEROSMITHだった。あと、QUEENの曲は難しくて、コピーする気もおきなかったですね。

 衝撃的だったのは、KILLER QUEENとBOHEMIAN RHAPSODYだな。KKILLER QUEENのコーラスでかっこいいなと思ったら、翌年リリースされたBOHEMIAN RHAPSODYで完璧にもっていかれた。アカペラ、バラード、オペラ、ハードロック、バラードと目まぐるしい展開、プログレッシブロックとも違ったQUEENの世界がそこにあった。カッコよかったなぁ、特にオペラ部分はちょっと振るえたね。自分が好きなのは、エンディングの銅鑼の音、あの音のためにこの荘厳な楽曲があるといっても過言じゃないと思う。

 ということで、映画はバンド結成から1985年のLIVE AIDまでの活躍を描いてるそうで早く見てみたい。だって、彼ら、僕らのヒーローだったんだから。

01 20th Century Fox Fanfare by Queen
 お馴染みの20世紀フォックスのファンファーレ、当たり前だけどサウンドはQUEENそのもの、ブライアンさんのギターだね。ブライアンさんとロジャーさんでこの映画のために録音したそうな。
02 Somebody To Love
 日本のタイトルは「愛にすべてを」でしたね。この曲もコーラスが印象的でした。5枚目のアルバム「華麗なるレース/A Day at the Races」に収録でシングルカットもされました。
03 Doing All Right...revisited
 QUEENの前身バンドでブライアンさんとロジャーさんが参加していたSMILEの曲。ボーカルは元メンバーのティム・スタッフェルさん。このアルバムのために再録したそうな。QUEENの前からこういうちょっとプログレっぽい曲を作ってたんですね。
04 Keep Yourself Alive (Live at The Rainbow)
 イントロのギターのリフ、コピーしたな。とにかくカッコいい。
05 Killer Queen
 この曲をはじめて聞いた時の衝撃は忘れない。コーラス、ギターのオブリガード、ソロ、とにかくカッコ良いの一言。
06 Fat Bottomed Girls (Live in Paris)
 1979年のアルバム「JAZZ」に収録の曲。やっぱり、QUEENのコーラスはカッコいい。
07 Bohemian Rhapsody
 映画のタイトルになっている曲。組曲のような構成、柔と豪の対比もカッコいい。
BOHEMIAN RHAPSODY / QUEEN / ORIGINAL SOUND TRACK
08 Now I'm Here (Live at The Hammersmith Odeon)
 当時「誘惑のロックンロール」って邦題だった。
09 Crazy Little Thing Called Love
 エルビス・プレスリー好きのフレディさんの趣味バリバリの曲。当時、この路線に行ったことちょっとビックリした。ところで「愛という名の欲望」って邦題、凄すぎじゃない?
10 Love Of My Life (Live at Rock in Rio Festival)
 観客が歌う冒頭部分がいいな。リオのライブは確か30万人の観客動員があったんだよね。
11 We Will Rock You (Movie Mix)
 前半がスタジオバージョンで、後半がライブバージョンになってる映画オリジナルのミックス。6枚目のアルバム「世界に捧ぐ」の1曲目だよね、針を落としたとたんにこの足踏みと手拍子(日本語だとカッコ悪いな)が聞こえた時は衝撃的だったな...ってここまで書いてて、彼らには何度も驚かされてきたんだなって気づいた。
12 Another One Bites The Dust
 ベースのジョンさんの作品、ディスコを意識した曲だね。自分はこの曲のベースとギターのカッティングが好き。ロジャーさんは気に入らなかったみたいだけどね。アメリカで一番ヒットした曲らしい。
そうそう、この曲の邦題「地獄に道づれ」も凄いよね。
13 I Want To Break Free
 この曲もジョンさんの曲。こういう、ビートが全面に出た、ちょっとシンプルな曲が好きなんだね。「自由への旅立ち」って邦題はいいやね。
14 Under Pressure
 デビッド・ボウイさんとのデュエット。二人とも亡くなられちゃいましたね...。この曲もベースラインがカッコいい。
15 Who Wants To Live Forever
 オーケストラの演奏が美しい曲。この曲を聴いてると、QUEENの作曲の才能は凄いなと思う。ホント、美しすぎる。
BOHEMIAN RHAPSODY / QUEEN / ORIGINAL SOUND TRACK
16 Bohemian Rhapsody (Live Aid)
 ここからの5曲は、1985年のライブエイドのステージからの演奏。ちなみに、映像もYOITUBEで探せば見られますよ。
17 Radio Ga Ga (Live Aid)
 レディ・ガガさんがこの曲名から芸名を取ったのは有名な話ですね。曲中のハンドクラップ(手拍子じゃなくてこう書くとカッコいい)を何万という聴衆が一斉にやる光景がカッコいいというか、QUEENならではって感じです。
18 Ay-Oh (Live Aid)
 このコールアンドレスポンスもQUEENならではというか、フレディさんならではですね
19 Hammer To Fall (Live Aid)
 この曲のイントロのギターとソロが好き。ストレートなハードロックです。
20 We Are The Champions (Live Aid)
 言わずと知れたヒット曲。その後のスポーツの大会では、チャンピオンが決まるとかならずこの曲が使われるようになりました。
21 Don't Stop Me Now...revisited
 疾走感のあるカッコいい曲、エンディングのバラードっぽくなるとこが好き。
22 The Show Must Go On
 フレディさん生前最後のアルバム、この曲の入ったアルバム買いましたよ、そしてこの曲で泣きましたよ。「ショーは続く」ですからね。そうなんです、まだ、続いてるんです(泣。
BOHEMIAN RHAPSODY / QUEEN / ORIGINAL SOUND TRACK
 てことで、早く映画みたい。

 Amazonの購入特典はジャケットと同じデザインのステッカーでした。
BOHEMIAN RHAPSODY / QUEEN / ORIGINAL SOUND TRACK
 もったいなくて貼れない...。

RUN / tofubeats2018/10/06 07:03

 届いたよ。

 前作リリース後、今年の夏にはリミックスとインストゥルメンタル盤も配信でリリースされたけど、アルバム新作としては1年半ぶり。この間、テレビドラマの主題歌やサウンドトラックを担当されたり、映画にも主題歌を提供したり、忙しく活躍されてました。インタビュー読んだら、週1回はDJもやられてるんですね。
RUN / tofubeats
 アルバムのタイトルは「RUN」。
 先行でMVが公開されてたけど、POPな感じでいいよね。実は、前作は自分の中では、結構変わった感があって、正直もうちょっと「POSITIVE」みたいにPOPなとこを期待してたんだけどね...POPなとこを期待してただけで、前作も好きですよ、tofuさんも自信作っって言ってますからね。
RUN / tofubeats
 そうそう、イメージで言うと「FANTASY CLUB」はで「RUN」はかな。
RUN / tofubeats
01. RUN 
 アルバムに先行してMVが公開された、2分弱と短い曲。カッコいい、自分にはムッチャ、POP。ご本人はPOPって一言で片付けられると心外かもしれないけどね...自分はPOPだと思う。 
02. skit 
 「ふめつのこころ」に繋がる短いバース。 
03. ふめつのこころ 
 テレビドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL 2018-」の主題歌。原作は少年ジャンプに掲載されていた桂正和先生の作品。tofuさんのあまりエフェクトのかかっていないボーカルが温かい感じでいい、ビデオから実体化した女の子と男の子の恋物語、二人の想いを包み込んでる感じが出てると思います。
  愛はきっとふめつのこころ
  君をずっと見守っているからね
  何度だって繰り返しして
  ふめつのこころはLOVE LOVE LOVE
 この歌詞、いいなぁ。 
04. MOONLIGHT 
 ファンキーなギターとドラムとベースが印象的な軽快なダンスミュージック。DJの曲だからね...。 最後、転調して80年代風のAORっぽくなるとこがすき。
05. YOU MAKE ME ACID 
 80年代のディスコでかかってそうなインストゥルメンタル。前作で言うとWHAT YOU GOTWYG(REPRISE)みたいな感じかな。「YOU MAKE ME ACID」の繰り返しがいい感じ。 
06. RETURN TO SENDER 
 シンセベースとリズムボックスの紡ぎだすリズムの上に、カッコいいキーボードがのっかる軽快なイメージの曲。80年代ののテクノポップって感じかな。 
07. BULLET TRN 
 この曲もテクノポップ、おしゃれな電気グルーヴって感じかな...ん~、テクノデリックのYMOかな。
 ピアノの入り方が、80年代フュージョンぽくていいんだけど、結局、テクノに戻っちゃうのね。曲のタイトル「新幹線」まんまの疾走感あふれる曲。 
08. NEWTOWN 
 歌入りのテクノ、ハウスかな?新しい街(ニュータウンか?)に住もうとする二人の旅立ちの歌ってことなんかな?
 09. SOMETIMES 
 一転、スローなバラード。この曲もエフェクトのかかってないtofuさんのボーカルがいい感じ。ちょっと、ひねった感じのバラード、カッコいい。
10. DEAD WAX 
 ピアノの弾き語りって感じのメランコリックな曲。
  音楽が終わってしまった
  余韻だけがある
  友達も帰ってしまった
  自分だけがいる
  この歌詞、いいなぁ。そして、ベースとコーラスがカッコいいのだ。
11. RIVER 
 東出昌大さん主演の映画「寝ても覚めても」の主題歌。この曲もピアノがいい感じで使われてます。CDに入っていた制作日誌によると、映画の鍵になってるのが淀川で、ブルーバックスの「川はどうしてできるのか」を読んでこの曲の歌詞を考えたらしい...ん~、ブルーバックスから恋愛の歌って、才能のある方は違うのね。
 それにしても、いい歌だ。
12. ふめつのこころ SLOWDOWN 
 今回は、ピアノ多用してるなぁ。ふめつのこころのスローバラードバージョンかと思ったら別の曲ですな。歌詞も違うし、メロディやコーラスをサンプリングしてる部分はあるけどね。今回はピアノが効果的に使われてると思う。
RUN / tofubeats
 おまけは、RIVERのリミックス。ファンキーなテクノポップって感じ、ちょっとボーカルの感じが達郎っぽいところがいいんじゃない。

 前作も自信作って言うtofuさんには申し訳ないけど、自分は、このアルバムで無茶苦茶ステップアップしてると思う。本当にムチャクチャに!カッコいい。tofuさんの紡ぎだす新しいPOPは最高だ。

EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH2018/07/16 07:04

 急に昔の曲が聴きたくなってCDラックから引っ張り出してきた。
EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH
 今から、32年前、1986年にリリースされたダイヤモンド・デイブことDAVID LEE ROTHさんのファーストソロフルアルバム(このCDの前にミニアルバムリリースしてるからね)「EAT 'EM AND SMILE」。当時、ヴァン・ヘイレンのフロントマンとして活躍していたDAVEさん、1984年のアルバム「1984」から「JUMP」や「HAVANA」などのシングルヒットを生み出してノリに乗っててこれからっていうときの突然の脱退で、驚いたのを覚えています。
EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH
 そして、リリースされたのがこのアルバム、のっけから、DAVEさんと会話するギターという、なんかすげーテクニックのミュージシャンを引き連れて帰ってきたのね~って感じでした。当時は、そんなバックのミュージシャンの方たちのこと、自分はまったく知識がなく、米国のヘビーメタル、ハードロックシーンには上手なプレイヤーがいるのね、なんて思ってましたが、改めてよく考えると上手いはずですよね、ギターがSteve Vaiさん、ベースがBilly Sheehanさん、ドラムがGregg Bisonetteさんですからね。
EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH
 収録曲は10曲で、演奏時間は30分程度とちょっと短いですが、中身は濃いですよ。
01. Yankee Rose
 この曲のイントロのギター、今だから分かるVaiさんの凄さって感じですね。Zapp師匠のところで、人の会話の採譜をさせられたのが生きたって感じですね。
 ゴキゲンなハードロックです。
02. Shy Boy
 高速リフのBillyさんの曲。今でも、Mr.BIGでも演奏されているみたいですね。
03. I'm Easy
 一転変わって、ブギウギのリズムのオールディーズ風の曲。ホーンセクションも入っていい感じにロックしてる曲です。
04. Ladies' Nite in Buffalo?
 ミディアムテンポの曲。この曲、ヴァン・ヘイレンが演っててもおかしくないな。Vaiさんのリフがカッコいい。
05. Goin' Crazy!
 ギターの印象的なリフと、軽快なアゴゴ(カウベルかな?)のリズムが印象的な曲。ちょっと、「JUMP」っぽいとこあるかも...。
06. Tobacco Road
 この曲はクリエイション(知らないか...)が演奏していたので知ってたのですが、ブルースなのにハードロックしてます。Vaiさんのソロがウニウニいっててカッコいい。
07. Elephant Gun
 この曲も高速リフの曲。ツーバスの連打が気持ちいいし、Vaiさんのギターが暴れまくってます。Billyさんの早弾きソロもカッコいいです。
08. Big Trouble
 ヴァン・ヘイレンを髣髴させるハードロックです。この曲聴くと、何で、Daveさん分かれちゃったのかなぁ?って思います。ギターソロ、カッコよすぎます。
09. Bump and Grind
 この曲もヴァン・ヘイレンがやっててもおかしくないな。それにしても、Vaiさんのソロはいい感じですな。
10. That's Life
 女性コーラスにホーンセクションと、オールディーズっぽいアレンジの曲。次のアルバムでも似たような曲調の曲を演ってるから、Daveさんこの手の曲好きなんだろうな。

 このアルバムの次の「Skyscraper」も名曲ぞろいの良いアルバム、そういえば、何でCDないんだろう?持ってたと思うんだけど...。

 ところで、今回、このブログを書くために、Daveさんのことググって公式ページをみたら軽快にダンスするDaveさんのお姿が...現在63歳、その体のキレに驚いた...。

 そういえば7月7日(日本だと8日ね)に、Billy Sheehanさんのインスタに「32年前の今日リリースした。まるで昨日のことみたいだ」って投稿があったよ。
EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH
 奇遇だね...。

誕生 / CHATMONCHY2018/07/11 06:04

 昨日も書いたけど、解散(お二人は完結というとるらしい)するんですね。10年前、夜中にN○Kをボ~っと見てなかったら三人に出会わなかったんだよね。知らない間に泣きながら(正しくは、泣きそうになりながらだよ)TV見てたオジサンがそこにいた。彼女たちの歌を聴きながら、そんな頃があったなぁって...。
誕生 / CHATMONCHY
 そんな彼女たちも二人になり、「変身」をつくり、その後、仲間たちとアルバム「共鳴」を作り本作に至った...打ち込みの曲で始まる本作、でも、歌も歌詞もチャットモンチーだった。
誕生 / CHATMONCHY
1. CHATMONCHY MECHA
 チャットモンチー風テクノポップ、
2. たったさっきから3000年までの話 / Until the year 3000
 ギターの無い、キーボード主体の楽曲、でも、歌はやっぱりえっちゃん節全開でチャットだった。
3. the key
 うって変わって、ディストーションの効いた重いリフで始まる曲。シンプルな音をつむいだ曲。この曲も間違いなくチャットの曲だな。えっちゃんのエキセントリックなギターソロがムッチャカッコいい。
誕生 / CHATMONCHY
4. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん / Cooking La La
 えっちゃんの歌は間違いなくチャットなんだけど、サウンドはテクノ。DJみそしるとMCごはんさんのMCとスクラッチがそう感じさせるんだね。カワイイPOPな感じが良い曲。MCごはんさんのMCのコールに応えるえっちゃんのレスポンスがカワイイ。
5. 裸足の街のスター / A Star from the Barefoot Town
 ギターバンドの良い感じが出てるね、この曲のえっちゃんの歌はHIP-HOPっぽい、曲調も初期のRIPのバラードっぽいな。こんなに良い曲を紡げるのにこのアルバムが最後かと思うと泣けてくるな...。
6. 砂鉄 / Iron Sand
 旧メンバーのクミコンこと高橋久美子さん作詞の曲。サウンドは新しいのに、曲のイメージは初期のチャットを感じさせるのはなぜなんだろう...泣ける。
7. びろうど / Velvet
 何で、こんなカワイイ曲が書けるんだろう...えっちゃんの息子さんの歌が入っているからだけじゃないな。
 それにしても、打ち込みを担当しているあっこびんこと福岡さんの才能も凄いな。このアルバムはえっちゃんの歌と、あっこびんのサウンドで出来上がってるんだな。
誕生 / CHATMONCHY
 このアルバム、初回限定のブック付きを買った方がいいと思う。二人の”『誕生』によせて”というタイトルのエッセイ?必読。あっこびんのエッセイ?泣いた。なんか、初めて出会ったときから泣かされっぱなしだ...でも、チャットに出会えたの幸せだったと思う。

 ありがとう、チャットモンチー。

 そうそう、水曜日のカンパネラと同様にタワーレコードの店頭を撮ってきた。
誕生 / CHATMONCHY
 確かに、ラストアルバムにして始まりの一枚だわ...。

ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ2018/07/10 07:02

 自分のお気に入りの女子ミュージシャンの新譜届いた。最近ノリに乗ってる水曜日のカンパネラと、これで最後のチャットモンチー。チャットモンチーは10年くらい前だったかな、テレビでライブを見たのが最初だったんだよね...あっという間だったなぁ。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
 ということで、まずは、水曜日のカンパネラの最新EP「ガラパゴス」、前作から1年4ヶ月、でも、シングルをリリースしたり、CMに出たりしてたので、あまり間があいたような気がしませんな。それにしても、相変わらず変わったジャケだ、オレンジのケースの真ん中にプリクラ1枚だもんな...。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
 1曲目からメローな感じな曲で始まります...
1. かぐや姫 / The Bamboo Princess
 先日、TBSのA-Studioで斉藤ネコさんのオーケストラのバックで歌ってたバージョンかっこよかったな...。静かでメローな感じの楽曲、語るようなコムアイさんのボーカルも良いですな。
2. 南方熊楠 / Minamikata Kumagusu
 南方熊楠さんといえば粘菌の研究者。粘菌だけじゃなくてコケやシダも研究対象だったみたいね。ということで、歌詞にも「コケ あいの 聞かれると シダ あいの 聞かれると」ってコケとシダが出てくる。軽快なリズムが良い感じの曲。
3. ピカソ / Picasso
 昨年の夏にリリースされた曲。やっぱりおしゃれですな、このEPにぴったりかも。
4. メロス / Melos
 これの曲も、昨年の夏でしたね。この曲の軽快なボッサのリズム好き。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
5. マトリョーシカ / Matryoshka
 フランス人アーティストのMoodoidさんとの競作。ふわふわとした不思議なイメージの曲。Moodoidさんのフランス語がおしゃれ。
6. 見ざる聞かざる言わざる / Three Mystic Apes
 ちょっとノリのいい曲。ベッキーさんが出演しているイヤホンのコマーシャルソングでしたね。
7. 愛しいものたちへ / The Sand Castle
 今回は、しっとりとした感じの曲が多いかも...でも、自分、ケンモチさんのギター好きだからね。「ヒカシュー」改め「名無しの権兵衛」見たいなね。ちなみに作詞作曲はオオルタイチさん、トライアスロンに収録されている「ユタ」を作った人ですな。
8. キイロのうた / A Cat Called Yellow
 コムアイさん出演の映画「猫は抱くもの」の劇中歌。これも、しっとりバラード。
 最近の水曜日のカンパネラは、ノリノリの面白い歌を歌う人たちじゃなくてアーティストとして一皮向けた感じだね(ちょっと、上目線か...)。コムアイさんの歌もさることながら、ケンモチさんの楽曲がいいんだよな...この組み合わせが続く限り聴き続けると思う。

 ということで、おまけのプリクラ。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
 店舗によって何パターンかあるみたいだね...ちなみに、これはAmazonのでした。ちなみに、ここで見られるよ。

 タワーレコード行ったらこんな感じでディスプレイされてた。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
 なんか、オレンジでも売ってるみたいだ...。