Illumination / Field Of Forest2017/08/22 07:03

 10日ほど前にリリースされたField Of Forestという大阪のバンドのミニアルバム「Illumination」をiTunesで買った。
Illumination / Field Of Forest
 何で彼らを知ったかと言うと、ギタリストのichikaさんがTwitterで、ichikaさんが参加している楽曲「Aftermath (feat. ichika)」についての彼らのツイートをリツイートしてたからなんですね。ん~、ややこしいけど、とにかくSNSで知ったってこと。そういえば、ichikaさんも知ったのはSNSだったもんな...そういう意味で、すげぇ時代になったよね。自分が、子供の頃はラジオが新しい曲を聴く唯一のメディアだったけど、それがテレビになって、MTVみたいなMV番組ができて、いまやネット時代でSNSだもんね。で、メジャーで売れる前にこんな感じで、新しいユーザーの耳に届くことがあるってこと、これ、凄いことだよね。そういえば、先日もbandcampでCDを買ったVulfpeckを知ったのもSNSだもんな。
 で、彼らの音ですが、ツインリードギターのハードロック?メタル?ん~なんだろうこの感じ、彼らのWiki見たら「エモ」「スクリーモ」って書いてあった?そんなジャンルあるん?とにかく、疾走感があってカッチョいいのだぁ~。カッチョよけりゃあジャンルなんてどうでもいいのだ~。
 メンバーは5人、ボーカルのkassaaaaaaan 、ギターのseraと8723、ベースのo
hkey、ドラムのchomeって、みんなどう発音するン?

 収録曲は以下の7曲
 01. Illumination
 雑踏の音から始まる、綺麗なギターのアルペジオが印象的な短いインスト。
 02. Affection, Affliction
 疾走感半端無いし、緩急の付け方もカッコいい。
 03. It Is What It Is
 さわやかなイメージの曲だね。アクション冒険系のアニメのオープニングかエンディングに使いたい感じの曲。
 04. Defying Reality
 ここまでの3曲、スピード感すげぇ、でも、クリアなギターの音がとってもメロウ感じ。
 05. Aftermath feat. ichika
 ichikaさん参加の曲。前の曲よりさらにメロウで軽い感じ。2分20秒くらいから始まるichikaさんのソロ?もいい感じです。
 06. Swaying Wish
 前の曲と同じイメージのリプライズって感じの短いインスト。
 07. Achromatic Sky
 最後を飾る曲もさらにスピード感のある曲。そして、これまた緩急の付け方がいい感じ。日本語の歌詞もいいな。

 2015年8月に2ndアルバムを出して以来の本作、その間、LIVE活動はしていなくて、この6月に復活LIVEを行ったらしいので、東京に来ることがあったら、観にいこうと思います。そういえば、ichikaさんも生で見てみたいのよね...彼も関西らしいので...東京来ないかな~。

ピカソ / 水曜日のカンパネラ2017/08/01 01:07

 水曜じゃないけど...

 先週末に発売になったシングル買った。IN THE BOX TOURの前に予習しておきたかったな~。
ピカソ / 水曜日のカンパネラ
 NHKの「J-MELO」のエンディングテーマ、「J-MELO」って海外出張のときにNHKワールドで見たことはあるけど、日本じゃ見たこと無いのよね...。ちなみに、ググッたら、その番組の中で「異性を口説く時に使う言葉」を世界の人々から募集して、送られてきた現地の言葉を、グーグル?を使って再現した音をBメロで使っているそうです。
 それにしても、おしゃれな楽曲ですな。音数は少ないのに厚みがあって、打ち込みなのにアコースティックな感じがいいです。アコギが凄く効いてて、後半に挟み込まれてるソロがまたおしゃれでカッチョいいんだよね。ケンモチさんって、実はこんな感じが好きなんだね、きっと。コムアイさんのボーカルも前に出ていていい感じです。
 5月から3ヶ月連続でリリースされたシングルの最後を飾る楽曲。前の2曲と違ってメロウな感じが自分は好き。フルアルバムがリリースされたのが今年の2月、先日の武道館のBlu-rayも今月に発売になったばかりだから、次のフルアルバムは、まだしばらく無いんだろうなぁ...次いつごろ発売になるんだろうなぁ?

メロス&嬴政 / 水曜日のカンパネラ2017/07/05 06:03

 水曜日だから...

 5月と6月にリリースされた2枚のシングルをiTunesで買った。今月末のIN THE BOX TOURもチケット買ってあるから予習しておかないとね。
メロス&嬴政 / 水曜日のカンパネラ
 メロス
 「走り出せメロス」とそれに続くキーボードのフレーズがカッコいい...。こういう曲をサクッと出してくるところがケンモチさんのいいところというか、水曜日のカンパネラから抜け出せなくなる理由なんだよな...。ドラムのリズムのフレーズとギターのフレーズ、これかっこよすぎますやん、ハードなボサノバでんな。コムアイさんのボーカルも立ってていい感じだよね。短いギターソロもかっこよすぎ...。モンゴルでロケしたMVもカッコいいぞ。

 嬴政(えいせい)
 漫画キングダムとコラボしたリアル脱出ゲームと「ある大戦場からの脱出」の主題歌。ちなみに、キングダムとリアル脱出ゲームも良く分からないので何のこっちゃ何だけどね...ちなみに「嬴政(えいせい)」とは、秦の始皇帝のことですね。あの、万里の長城を作った人ですね、と言いつつ、自分は中国の歴史あまり詳しくないので...。あっ、曲の方は最近の音の感じですね。コムアイさんのボーカルが楽器の一つになってる、とにかく疾走感というかメロスとは違う意味でリズムが印象的でカッコいい曲。作ったケンモチさんいわく、「とってもエモいので爆音で聞くことをお勧めします♪」ですって、ホントそう思いますわ。ちなみに、漢字書けないね。

 そういえば、先日の武道館公演のBlue-ray出るんだよね...それも、買わなくっちゃ。

casket / Among the Sleep2017/06/30 07:03

 先日、Bandcampでアルバムを買ったichikaさんとギタリストのGenさんのユニットAmong the SleepのEP「casket」が先週木曜日にリリースされました。

 てことで早速、今回もBandcampで入手しちゃいました。音もジャケットのイラストも印象的、綺麗な花に囲まれた女性?植物をテーマに絵を描かれてるたなかあずささんの作品。印象的というか幻想的だね。
casket / Among the Sleep
 さて、PLAYボタンをクリックすると、あふれ出すように音の粒が押し寄せてきます。高速アルペジオから始まるCloudbuilt、緩急の付け方に変拍子、新しい音楽だねこりゃ、単なるメロウなメタルじゃないね...。ところで、この曲youtubeでも見ることができます。ベースもギター同様にタッピングで弾きまくってます。
 2曲目も綺麗なコードで始まるGhost、静かなスタートから一転、疾走感のある曲調に、ベードラの
 3曲目は...なんじゃこりゃ?ギターの音なの?キーボードだねこりゃ。そして、これまたハードなポリリズム、ヌーヴォメタル期のクリムゾンみたいだ。そして、ちょっとコミカルなテクノのような曲調に...この曲、プログレだね。曲のタイトルもDreamてことで、夢の出来事みたいなイメージなのかな。「いい夢を」のささやきも効いてる。自分は最後のバースが好き。
 4曲目は、頭からストレートなロック、アルバムタイトル曲のcasket。casketって、宝石なんかを入れる「小箱」って意味もあるけど、「棺」って意味もある。どっちなのかな?
 最後の曲はapril。この曲も疾走感あるね~、若さ爆発って感じ。1分過ぎからのディストーションが効いたソロがカッコいい。

 いいなぁ、ホント、若さ爆発って感じなんだよね~。これからも楽しみだなぁ...ライブ見てみたいなぁ...。

 ところで、ドラムが打ち込みだと思うんだけど、生で入れて欲しいなぁ。

The Beautiful Game / Vulfpeck2017/06/29 07:05

 youtubeで偶然見つけた。

 ミシガン州出身の4人組、Vulfpeck、日本語だとヴァルフペック?バフペック?一応、今年の3月に日本でもCDが発売になっているのですが、とにかく情報が少ない。そういえば、先日アルバムをダウンロードしたichikaさんも情報少なかったけどね...。
 ということで、英語のwikiで調べてみた。2011年に結成されたファンクバンド、これまでに4枚のEPとこのThe Beautiful Gameを含む2枚のアルバムを発表しています。2014年には、spotifyでSleepifyという無音のアルバムを発売して入場無料コンサートの資金にしたり(spotifyの再生回数に応じてミュージシャンにお金を払うという仕組みをつかって、寝てる間も流しっぱなしにしてもらって回数を稼ぐって寸法、無音だったら流しっぱなしにしておいても気にならないもんね)、手作り感覚満載のMVをリリースしたりとアイデアが面白いバンドです。
 メンバーは、 キーボードとドラム、ギター担当でリーダーのJack Strattonさん、ギターとドラムのTheo Katzmanさん、キーボードのWoody Gossさん、ベースのJoe Dartさんの4人で、曲によってゲストミュージシャンが参加しています。このJoeさんのベースが彼らのサウンドを決めてると言っても過言ではありませんな、とっても、ファンキーなのよ。
The Beautiful Game / Vulfpeck
 ということで、bandcampで彼らのアルバムThe Beautiful Gameをダウンロード。軽快なファンクで始まると思いきや、クラリネットの小曲から始まるのよね、いきなりのはぐらかし、やってくれるよね、そして2曲目はムッチャ軽めのファンクチューン、youtubeでは日本語字幕の入ったこの曲のMVも発表してます。なんか、人を食った人たちですな。
 収録曲は以下。
 01. The Sweet Science
 リズムはムチャクチャファンキーなんだけどね、クラリネットがとぼけてていい感じ。
 02. Animal Spirits
 星野源さんが作りそうな曲。youtubeの日本語字幕見てみてね、歌詞がいいのよね。
 03. Dean Town
 16分音符のベースのフレーズがなんかいい、ベースが主役の曲ですね。
 04. Conscious Club
 女性の声がカッコいい、これがSwing Out Sistersっぽい。コンガもいい感じ、それにしてもベースカッコいいな~。
 05. El Chepe
 リズムは16分なんだけど、全体のイメージはゆったりとした不思議な曲。昔の高中さんっぽい。
 06. 1 for 1, DiMaggio
 この曲はThe Jackson 5が歌ってもいい感じじゃない?ときどき、サディスティック・ミカ・バンドっぽい雰囲気になるとこも好き。
 07. Daddy, He Got a Tesla
 初期の高中さんっぽい。アルトサックスが効いてるね~。
 08. Margery, My First Car
 この曲は、ちょっと、テクノっぽい。TOWAさんのアルバムに入ってそう。
 09. Aunt Leslie
 バラードなんだけど、ちょっと変わった雰囲気の曲。
 10. Cory Wong
 ゲストギタリストのCory Wongさんの名前がタイトルになった曲。JackさんとCoryさんのギターがカッチョいい。

 アルバム通して聴いて、自分はなぜか、サディスティック・ミカ・バンドやラテンに走る前の高中さんのソロアルバムに似てるって感じた。なんか、ファンキーで軽いんだけど、とっても、おしゃれでカッコいいって感じ、あっそうそう、Swing Out Sistersも似てるって思ったな。ちなみに、MV見てもらうと分かるけど、Vulfpeckの皆さん、お世辞にもかっこよくなくて、さえない白人の兄ちゃんたちって感じなんだよね~。とはいえ、来日したら観にいきたいな、日本に来ないのかなぁ~。

 ちなみに、ググったら、「ミニマル・ファンク・バンド」って書いてあったんだけど「ミニマル・ファンク」って何?