EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH2018/07/16 07:04

 急に昔の曲が聴きたくなってCDラックから引っ張り出してきた。
EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH
 今から、32年前、1986年にリリースされたダイヤモンド・デイブことDAVID LEE ROTHさんのファーストソロフルアルバム(このCDの前にミニアルバムリリースしてるからね)「EAT 'EM AND SMILE」。当時、ヴァン・ヘイレンのフロントマンとして活躍していたDAVEさん、1984年のアルバム「1984」から「JUMP」や「HAVANA」などのシングルヒットを生み出してノリに乗っててこれからっていうときの突然の脱退で、驚いたのを覚えています。
EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH
 そして、リリースされたのがこのアルバム、のっけから、DAVEさんと会話するギターという、なんかすげーテクニックのミュージシャンを引き連れて帰ってきたのね~って感じでした。当時は、そんなバックのミュージシャンの方たちのこと、自分はまったく知識がなく、米国のヘビーメタル、ハードロックシーンには上手なプレイヤーがいるのね、なんて思ってましたが、改めてよく考えると上手いはずですよね、ギターがSteve Vaiさん、ベースがBilly Sheehanさん、ドラムがGregg Bisonetteさんですからね。
EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH
 収録曲は10曲で、演奏時間は30分程度とちょっと短いですが、中身は濃いですよ。
01. Yankee Rose
 この曲のイントロのギター、今だから分かるVaiさんの凄さって感じですね。Zapp師匠のところで、人の会話の採譜をさせられたのが生きたって感じですね。
 ゴキゲンなハードロックです。
02. Shy Boy
 高速リフのBillyさんの曲。今でも、Mr.BIGでも演奏されているみたいですね。
03. I'm Easy
 一転変わって、ブギウギのリズムのオールディーズ風の曲。ホーンセクションも入っていい感じにロックしてる曲です。
04. Ladies' Nite in Buffalo?
 ミディアムテンポの曲。この曲、ヴァン・ヘイレンが演っててもおかしくないな。Vaiさんのリフがカッコいい。
05. Goin' Crazy!
 ギターの印象的なリフと、軽快なアゴゴ(カウベルかな?)のリズムが印象的な曲。ちょっと、「JUMP」っぽいとこあるかも...。
06. Tobacco Road
 この曲はクリエイション(知らないか...)が演奏していたので知ってたのですが、ブルースなのにハードロックしてます。Vaiさんのソロがウニウニいっててカッコいい。
07. Elephant Gun
 この曲も高速リフの曲。ツーバスの連打が気持ちいいし、Vaiさんのギターが暴れまくってます。Billyさんの早弾きソロもカッコいいです。
08. Big Trouble
 ヴァン・ヘイレンを髣髴させるハードロックです。この曲聴くと、何で、Daveさん分かれちゃったのかなぁ?って思います。ギターソロ、カッコよすぎます。
09. Bump and Grind
 この曲もヴァン・ヘイレンがやっててもおかしくないな。それにしても、Vaiさんのソロはいい感じですな。
10. That's Life
 女性コーラスにホーンセクションと、オールディーズっぽいアレンジの曲。次のアルバムでも似たような曲調の曲を演ってるから、Daveさんこの手の曲好きなんだろうな。

 このアルバムの次の「Skyscraper」も名曲ぞろいの良いアルバム、そういえば、何でCDないんだろう?持ってたと思うんだけど...。

 ところで、今回、このブログを書くために、Daveさんのことググって公式ページをみたら軽快にダンスするDaveさんのお姿が...現在63歳、その体のキレに驚いた...。

 そういえば7月7日(日本だと8日ね)に、Billy Sheehanさんのインスタに「32年前の今日リリースした。まるで昨日のことみたいだ」って投稿があったよ。
EAT 'EM AND SMILE / DAVID LEE ROTH
 奇遇だね...。

誕生 / CHATMONCHY2018/07/11 06:04

 昨日も書いたけど、解散(お二人は完結というとるらしい)するんですね。10年前、夜中にN○Kをボ~っと見てなかったら三人に出会わなかったんだよね。知らない間に泣きながら(正しくは、泣きそうになりながらだよ)TV見てたオジサンがそこにいた。彼女たちの歌を聴きながら、そんな頃があったなぁって...。
誕生 / CHATMONCHY
 そんな彼女たちも二人になり、「変身」をつくり、その後、仲間たちとアルバム「共鳴」を作り本作に至った...打ち込みの曲で始まる本作、でも、歌も歌詞もチャットモンチーだった。
誕生 / CHATMONCHY
1. CHATMONCHY MECHA
 チャットモンチー風テクノポップ、
2. たったさっきから3000年までの話 / Until the year 3000
 ギターの無い、キーボード主体の楽曲、でも、歌はやっぱりえっちゃん節全開でチャットだった。
3. the key
 うって変わって、ディストーションの効いた重いリフで始まる曲。シンプルな音をつむいだ曲。この曲も間違いなくチャットの曲だな。えっちゃんのエキセントリックなギターソロがムッチャカッコいい。
誕生 / CHATMONCHY
4. クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん / Cooking La La
 えっちゃんの歌は間違いなくチャットなんだけど、サウンドはテクノ。DJみそしるとMCごはんさんのMCとスクラッチがそう感じさせるんだね。カワイイPOPな感じが良い曲。MCごはんさんのMCのコールに応えるえっちゃんのレスポンスがカワイイ。
5. 裸足の街のスター / A Star from the Barefoot Town
 ギターバンドの良い感じが出てるね、この曲のえっちゃんの歌はHIP-HOPっぽい、曲調も初期のRIPのバラードっぽいな。こんなに良い曲を紡げるのにこのアルバムが最後かと思うと泣けてくるな...。
6. 砂鉄 / Iron Sand
 旧メンバーのクミコンこと高橋久美子さん作詞の曲。サウンドは新しいのに、曲のイメージは初期のチャットを感じさせるのはなぜなんだろう...泣ける。
7. びろうど / Velvet
 何で、こんなカワイイ曲が書けるんだろう...えっちゃんの息子さんの歌が入っているからだけじゃないな。
 それにしても、打ち込みを担当しているあっこびんこと福岡さんの才能も凄いな。このアルバムはえっちゃんの歌と、あっこびんのサウンドで出来上がってるんだな。
誕生 / CHATMONCHY
 このアルバム、初回限定のブック付きを買った方がいいと思う。二人の”『誕生』によせて”というタイトルのエッセイ?必読。あっこびんのエッセイ?泣いた。なんか、初めて出会ったときから泣かされっぱなしだ...でも、チャットに出会えたの幸せだったと思う。

 ありがとう、チャットモンチー。

 そうそう、水曜日のカンパネラと同様にタワーレコードの店頭を撮ってきた。
誕生 / CHATMONCHY
 確かに、ラストアルバムにして始まりの一枚だわ...。

ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ2018/07/10 07:02

 自分のお気に入りの女子ミュージシャンの新譜届いた。最近ノリに乗ってる水曜日のカンパネラと、これで最後のチャットモンチー。チャットモンチーは10年くらい前だったかな、テレビでライブを見たのが最初だったんだよね...あっという間だったなぁ。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
 ということで、まずは、水曜日のカンパネラの最新EP「ガラパゴス」、前作から1年4ヶ月、でも、シングルをリリースしたり、CMに出たりしてたので、あまり間があいたような気がしませんな。それにしても、相変わらず変わったジャケだ、オレンジのケースの真ん中にプリクラ1枚だもんな...。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
 1曲目からメローな感じな曲で始まります...
1. かぐや姫 / The Bamboo Princess
 先日、TBSのA-Studioで斉藤ネコさんのオーケストラのバックで歌ってたバージョンかっこよかったな...。静かでメローな感じの楽曲、語るようなコムアイさんのボーカルも良いですな。
2. 南方熊楠 / Minamikata Kumagusu
 南方熊楠さんといえば粘菌の研究者。粘菌だけじゃなくてコケやシダも研究対象だったみたいね。ということで、歌詞にも「コケ あいの 聞かれると シダ あいの 聞かれると」ってコケとシダが出てくる。軽快なリズムが良い感じの曲。
3. ピカソ / Picasso
 昨年の夏にリリースされた曲。やっぱりおしゃれですな、このEPにぴったりかも。
4. メロス / Melos
 これの曲も、昨年の夏でしたね。この曲の軽快なボッサのリズム好き。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
5. マトリョーシカ / Matryoshka
 フランス人アーティストのMoodoidさんとの競作。ふわふわとした不思議なイメージの曲。Moodoidさんのフランス語がおしゃれ。
6. 見ざる聞かざる言わざる / Three Mystic Apes
 ちょっとノリのいい曲。ベッキーさんが出演しているイヤホンのコマーシャルソングでしたね。
7. 愛しいものたちへ / The Sand Castle
 今回は、しっとりとした感じの曲が多いかも...でも、自分、ケンモチさんのギター好きだからね。「ヒカシュー」改め「名無しの権兵衛」見たいなね。ちなみに作詞作曲はオオルタイチさん、トライアスロンに収録されている「ユタ」を作った人ですな。
8. キイロのうた / A Cat Called Yellow
 コムアイさん出演の映画「猫は抱くもの」の劇中歌。これも、しっとりバラード。
 最近の水曜日のカンパネラは、ノリノリの面白い歌を歌う人たちじゃなくてアーティストとして一皮向けた感じだね(ちょっと、上目線か...)。コムアイさんの歌もさることながら、ケンモチさんの楽曲がいいんだよな...この組み合わせが続く限り聴き続けると思う。

 ということで、おまけのプリクラ。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
 店舗によって何パターンかあるみたいだね...ちなみに、これはAmazonのでした。ちなみに、ここで見られるよ。

 タワーレコード行ったらこんな感じでディスプレイされてた。
ガラパゴス / 水曜日のカンパネラ
 なんか、オレンジでも売ってるみたいだ...。

THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS2018/03/12 07:17

 先月の頭、ZAPPAさんの公式ホームページで発表になった。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 1974年にリリースされた「ROXY & ELSEWHERE」に収録されているROXYでの演奏の完全版。このアルバムが発売されたのはもう44年前になるんですね...。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 このROXYでの演奏は映像があって、3年前にはその映像がDVD「ROXY THE MOVIE」として発売され、その1年前の2014年には、1973年12月9日と10日の演奏から13曲をピックアップした「ROXY by PROXY」が発売されました。そんなこんなで、もう、これ以上は出てこないかなと思ってたんですよね。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 ということで、注文してから約1ヶ月、やっと届きました。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 BOX入りのCD7枚セット、キラキラの綺麗なボックスでした。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 収録されているのは。1973年12月9日の2つのステージと10日の2つのステージ、10日のリハーサル、12月12日のボリックスタジオでのレコーディングセッション、12月8日のサウンドチェックと映像用の撮影、そして初リリース作品の「That Arrogant Dick Nixon」の計84曲、合計時間は7時間55分58秒。
THE ROXY PERFORMANCE / ZAPPA/MOTHERS
 昨年末にリリースされた「HALLOWEEN 77」といい、これでもかって感じで、このボックスセットも単なるライブCDセットというよりオーディオドキュメンタリーですな。
 ZAPPA師匠の膨大なステージの音源、何年か前に大山甲日さんが1ステージごとにCD化されて年数回のリリースでも、生きている間には全部聴くことができないって言ってたけど、この勢いでリリースされたら聴けるかも知れないな...。

 ということで、まだ、1枚も聴けてないので感想はまた後日。

TOKYO WANDERER / 渡辺香津美 with ストリングス2017/10/31 07:05

 先日のLIVEに間に合ってればなぁ...。

 前作はジャンルの異なるギタリストとのデュオだった渡辺香津美さんの今度のアルバムは、ストリングスとの共演。オーケストラとの共演は「ロマネスク」や「Dear Tokyo」の2枚のアルバムがありましたが、ストリングスは初めてじゃないかな?
 で、ストリングスって聞いていたので、弦楽四重奏との室内音楽みたいな感じかなと思ってたら、総勢10名の重厚な音で圧倒されちゃいました。バイオリン5、ビオラ2、チェロ2、コントラバス1、管楽器のいない小さなオーケストラですな。ギターもアコースティックギターではなくエレキのフルアコでした。ストリングスチームのリーダーの奥村愛さんのこと、存じ上げなかったのですが、中学生のころから活躍されてたんですね。で、公式ホームページでお顔を拝見してその美しさにびっくり。天はニ物を与えちゃうのね~。そして、レコーディングに参加したグループの皆さんもみんな若くて、またまたびっくり。
TOKYO WANDERER / 渡辺香津美 with ストリングス
 「TOKYO WANDERER」のタイトルどおりジャケットには、東京の名所がずらり、でも、どうせなら下に映ってるマンホールの蓋、東京都のイチョウマークのものにすればよかったのにね。
TOKYO WANDERER / 渡辺香津美 with ストリングス
 収録されている曲は、以下の11曲。ロックからジャズまでスタンダードな曲がたくさんあって、聴きやすいと思います。ワインでも飲みながらゆったりとおしゃれに聴きたいですね...って、あまりお酒飲めないけどwww。

 01 哀愁のヨーロッパ / Europe
 ストリングスにフルアコ、ベタな選曲だけど、やっぱり、この曲いいですね~。こういうアレンジというか編成にピッタリなんじゃないかなぁ。
 02 バードランド / Burdland
 ウェザー・リポートの名曲、ベースのジャコ・パストリアスさんのハーモニクス奏法が当時センセーショナルでした。ほぼ原曲に近いアレンジで、明るく弾けた感じがいいですね。
 03 フラメンコ・レッド / Flamenco Red
 香津美さんのパートナー谷川公子さん作曲の曲。映画音楽のような趣のある曲です。香津美さんのギターよりストリングスが主張していますね。
 04 マイ・フェイヴァリット・シングス / My Favorite 
 JR東海のコマーシャルでも知られてる、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の楽曲。いろんな人がカバーしてますよね。ジャズの人だとサックス奏者のジョン・コルトレーンさんのカバーが有名ですね。
 05 君の瞳に恋してる
 フォー・シーズンズの名曲、ボーイズ・タウン・ギャングさんのカバーでも有名ですよね。自分、この曲も好きです。フランキー・ヴァリさんのハイトーンボイスがいいんだよね。
 06 これからの人生 / What Are You Doing The Rest of Your Life
 映画の主題歌としてミッシェル・ルグランさんの作った曲。この曲もいろんな方がカバーしてるスタンダードナンバー。この曲は聴いたことあるって感じかな。香津美さんのギターソロがおしゃれなナンバーになってます。
 07 ハヴァナ / Havana
 ん~、この曲いろんなCDに入ってるけど、こんなに明るくて弾んだ感じのアレンジで来るとは思わなかった...ちょっと、中華風も入ってるよね。6曲目までは、正統派のアレンジだったので面白いですね。
 08 スリー・ヴューズ・オブ・ア・シークレット / Three Views Of A Secret
 やっぱり、この曲は美しい。天才ベーシスト、ジャコ・パストリアスさんの曲、初めてジャコさんのソロアルバムで聴いたときに感動しましたね。実家にレコードあるけど、CD買っちゃおうかなぁ。「Word Of Mouse」は名盤、この曲にが終わって次の「Liberty City」のイントロに入るところもカッコいいんだよね。
 09 スペイン / Spain
 この曲も名曲だよね、チック・コリアさんの曲。先日の沖仁さんとのアンコールでも演ってました。いろんな人が演奏してるけど、自分は1990年のライブ・アンダー・ザ・スカイでアル・ジャロウさんがボーカルで歌ってるのが好き。YOUTUBEで観られるので是非探してみてください、ガッドさんのドラムもカッコいいですよ。
 10 ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス / While My Guitar Gently Weeps
 ビートルズの名曲。もともと美しいこの曲がさらに憂いを帯びて、涙出ちゃいそうです。
 11 花ごよみ~七つの水仙 / Hanagoyomi ~ Seven Daffodils
 香津美さんのオリジナル曲のイントロからブラザース・フォーのハーモニーが美しい曲「七つの水仙」に...歌うのは、「時には母のない子のように」のカルメン・マキさん。マキさんといえば、自分はOZの「閉ざされた町」や「私は風」が好きでした。自分の子供の頃から現役で歌い続けてるの凄いなぁ。

 ということで、ジャズ好きな人だけでなく、いろんな人に聴いてもらいたい1枚です。