Isekai Travel / Neko Hacker2020/11/05 07:17

 Neko Hacerさんから郵便届いた。

 今年の春もM3で販売された新婦EPを通販で買ったけど、秋のM3も新譜EPが発売になったのに、参加できなかったので今回も通販で購入。
Isekai Travel / Neko Hacker
 最近、精力的に活動されてる(個人的に、そう思ってるんだけどね...)Neko Hackerさんの4曲入りEP。
Isekai Travel / Neko Hacker
 Neko Hackerさんのジャンル、Kawaii Future Rockっていうだけあって、カッコかわいい楽曲の上に女性のゲストボーカルが乗るってパターンだったんだけど(そもそも、女性に歌を歌ってもらいたくて始めたって話もあるけどね)、今回は、かっさんの歌も入ってる。これがいいんだな。かっさん、やっぱ歌うまいよな。かっさん、もともとField Of Forestっていう、プログレメタル?バンドのボーカルで、歌うまいボーカルだなあって思って聴いてたんだけど、Neko Hackerさんになって歌聴けなくてちょっと寂しかったんだけど、この、デュエットのスタイル、ムッチャいいと思う。
 ファーストアルバムに収録されてるErasedって曲を、かっさんがカラオケで歌ってるTwitterだったかなを見たんだけど、女性のキーをそのまま歌ってるの、それカッチョよかったんだよね。ということで、かっさんのボーカルも聴きたかったのでうれしいな。
Isekai Travel / Neko Hacker
01 I Don't Care feat. ななひら
 イントロのセラさんの重低音のギターのリフがカッコいい...そこからKawaii Future Rockが始まるギャップが好き。ななひらさんとかっさんのデュエットがいいじゃないって、これもはや夫婦漫才の粋だな。Chocolate Adventureもそうだけど、ななひらさんの声はカワイくて好きだな。
02 Fly High feat. mochari
 この曲もセラさんのギターがカッコいい、Twitterで7弦ギター買ったって言ってて、このEPで弾き倒してるって言ってただけある。疾走感のある正統派Rock。この曲もかっさんのコーラスがいい感じで効いてる。「Step by Step」のコーラス(合いの手?)もいい感じだね。
03 Listen feat. をとは
 全曲と一転、スローなをとはちゃんの歌うバラード、この曲のデュエットもいいなぁ、やさしい感じで包み込まれる感じ。セラさんの泣きのギターソロも最高にいい感じ。
04 Isekai Market feat. ななひら & mochari & をとは
 またまた、Kawaii Future Rock全開な曲。今回のゲストボーカルの皆さんで歌うカワイイ曲。ラテンのリズムがいい感じ、アニメ映画のエンディングでもはまるんじゃないかなぁ。この曲のセラさんのソロもカッコいい。
Isekai Travel / Neko Hacker
 今回も、デジタル配信もあったので、こっちも早速ダウンロードしたよ。
Isekai Travel / Neko Hacker
 で、Neko Hackerさん無償で楽曲をダウンロードできるようにしてるので、歌ってみたとか、弾いてみたとかしたい方は、ダウンロードしてSNSにアップしてみてね。ちなみに、自分は音痴なのでやらないけどねwww。

 いや、ホント、いいから聴いてみてね。

HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA2020/10/14 07:59

 届きましたよ。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 ZAPPA師匠の新譜、HALLOWEEN 81BOXセット。昨年のHALLOWEEN 73と、3年前のHALLOWEEN 77は、ハロウィンに間に合わなかったけど、今年は間に合いましたよ。でもね、コロナウイルスのせいでパーティーも出来ないよね...今年は、まぁ、出来ても自分は参加しないけどね。
 77年版はBABY SNAKEのZAPPA師匠、73年版はフランケンシュタインでしたが、今年はドラキュラでした。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 収録は77年と同じ、ニューヨークのThe Palladium。調べたら、77年から81年まで5年連続でここでハロウィンコンサートをやってたんですね。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 ドラキュラになったZAPPA師匠。今回、パッケージのイラストも凝ってます。絵では反転しちゃってるけど、81年リリースのShut Up 'N Play Yer GuitarでZAPPA師匠が弾いている、赤サンバーストでピックガードが黒いLES PAUL CUSTOMがいるのが、ちょっとにくいよね。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 メンバーはこの8人、ZAPPA師匠はフランキュラ伯爵(COUNT FRANKULA)なんですね。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 BOXセットの内容は、6枚のCDとコスチュームなんだけど、1981年10月31日にの2ステージと11月1日のステージ、3ステージ分が収録されていて、78の初出しの曲が入ってます。キーボード、ボーカル、サックスのROBERT MARTIN=BOBBY MARTINさんが初参加って書いてありますね。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 蓋を開けると、フランキュラ伯爵のお面、これ、インパクトありますな。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 フランキュラ伯爵だからね、マント(ケープ)もセットされてます。今回は、ビニールじゃなくて布製でした。だんだん、豪華になっていくね。でも、来年もHALLOWEENコンサート出すんだったら、もう、音源だけでいい。もう、置いておくところが無い...。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 CDとライナーノーツはいつものようにこんな感じでセットされてます。ね、レスポールあるでしょ。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 CDとライナーノーツを取ると、クモの巣。こういう、細かいところにこだわるの好きだな。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 CDが入っているスリーブもフランキュラ伯爵。収録曲は以下の86曲。DISC1と2が10月31日の8時から、DISC3とDISC4が10月31日の12時から(12時なんですな...真夜中やん)、DISC5とDISC6に11月1日のショーが収録されてます。2枚で、1ステージ分ってことですね。

DISC 1 10/31/81 – 8pm Show
01 Chunga's Revenge
02 "The Finest Night Of The Year"
03 You Are What You Is – Take 1(TTNS)
04 You Are What You Is – Take 2(TTNS)
05 Mudd Club(TTNS)
06 The Meek Shall Inherit Nothing(TTNS)
07 Dumb All Over(TTNS)
08 Heavenly Bank Account(TTNS)
09 Suicide Chump(TTNS)
10 Jumbo Go Away(TTNS)
11 Envelopes
12 Drowning Witch
13 What's New In Baltimore?
14 Moggio
15 We're Turning Again
16 Alien Orifice
(TTNS)

DISC 2 10/31/81 – 8pm Show – Continued
01 Teen-age Prostitute(TTNS)
02 Flakes(TTNS)(TDRS)
03 Broken Hearts Are For Assholes(TTNS)
04 The Blue Light
05 Tinsel Town Rebellion
06 Yo Mama
07 Bobby Brown Goes Down
08 City Of Tiny Lites(TTNS)
09 "We're Not Gonna Stand For It!"
10 Strictly Genteel(TTNS)
11 Dancin' Fool
12 Whipping Post

DISC 3 10/31/81 – 12am Show
01 Black Napkins(TTNS)
02 "A Historical Event"
03 Montana(TTNS)
04 Easy Meat(TTNS)(TDRS)
05 Society Pages
06 I'm A Beautiful Guy
07 Beauty Knows No Pain(TTNS)
08 Charlie's Enormous Mouth(TTNS)
09 Fine Girl(TTNS)
10 Teen-age Wind(TTNS)
11 Harder Than Your Husband(TTNS)
12 Bamboozled By Love(TTNS)
13 Sinister Footwear II
14 Stevie's Spanking(TTNS)(TDRS)
15 Commercial Break

DISC 4 10/31/81 – 12am Show – Continued
01 Cocaine Decisions(TDRS)
02 Nig Biz(TDRS)
03 Doreen
04 Goblin Girl
05 The Black Page #2
06 Tryin' To Grow A Chin
07 Strictly Genteel(TTNS)
08 The Torture Never Stops(TTNS)
09 "The Real Show Keeps Going"
10 Joe's Garage
11 Why Does It Hurt When I Pee?
12 The Illinois Enema Bandit (TTNS)
13 "The Halloween Tradition"
14 King Kong
15 Auld Lang Syne

DISC 5 11/01/81
01 Zoot Allures
02 "The Last Of Our Halloween Shows"
03 I'm The Slime
04 Pound For A Brown
05 Dave & Al
06 Cosmik Debris
07 Montana
08 Easy Meat
09 Dumb All Over
10 Heavenly Bank Account
11 Suicide Chump
12 Jumbo Go Away
13 Envelopes
14 Drowning Witch

DISC 6 11/01/81 – Continued
01 What's New In Baltimore?
02 Moggio
03 We're Turning Again
04 Alien Orifice
05 Teen-age Prostitute
06 Sinister Footwear II
07 Stevie's Spanking
08 Cocaine Decisions
09 Nig Biz
10 Goblin Girl
11 The Black Page #2
12 Whipping Post
13 Broken Hearts Are For Assholes
14 The Torture Never Stops
 
 1981年というと、Tinsel Town RebellionとYou Are What You Isがリリースされた年、新曲と古い曲がバランスよく配置されてます。当時まだ、リリースされてないEnvelopesDrowning WitchWhat's New In Baltimore?MoggioWe're Turning AgainAlien Orificeなんかが演奏されてます。しかも、この時点で出来上がってます、このメンバーの演奏技術ハンパないです。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 ライナーノーツには、ZAPPA師匠の好きな作曲家、Edgard Varèseさんのコメントがかかれてます、”The Present-day comporser refuses to die” 「現代の作曲家は死ぬことを拒否する」ってなんかね...。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 写真が当時のメンバー、1981年の初頭、Vinnie Colaiutaさんが、ベースのJeff BerlinさんにそそのかされてZAPPA師匠の下を去って、若手のベーシストとドラマーが参加しました。ベースのScott Thunesさんと、ドラムスのChad Wackermanさん、二人とも当時21歳、このあと1988年のツアーまでZAPPA師匠を支えることになります。そういえば、超絶ギターのSteve Vaiさんもこの二人と同い年でした。残りのメンバーは、ギターとボーカルでRay Whiteさん、キーボードのTommy Marsさん、パーカッションのEd Mannさん、そして、上にも書いたけど、このステージから参加したキーボードとサックスとボーカルのBobby Martinさん、ZAPPA師匠の晩年を支えるメンバーが集まったって感じですね。
HALLOWEEN 81 / FRANK ZAPPA
 それにしても、このメンバー何度もいうけど最高です。難しい曲も簡単に演奏しちゃうんですからね。ということで、聴いたほうがいいやつです。

 ところで、今回も直接米国から買ったんだけど、今見たらAmazonのほうが安かった...。あと、ダウンロードも出来るので、マスク要らないって人はこっちでもいいかもね。

 とここまで書いて思い出した。このときの演奏ってDVDのThe Torture Never StopsThe Dub Room Specialに収録されているのと同じだよね、ってことは、完璧な初出しじゃないな、ということで、DVDに収録されているのに、上の曲名の後ろに(TTNS)と(TDRS)って入れておいた。

届いた!2020/07/18 07:05

 先日書いたように、今回は早かったです。米国で6月26日発売で、手元に届いたのが今月の1日なので5日で届いたってことになります。これまで、ZAPPA直営のBarking Pumpkin Record、米国のAmazonで買ってたけど、Hifi24/7さん仕事が速くて丁寧だわ。
届いた!
 ということで、コンパクトなボックスに入ったCD4枚組み。
届いた!
 ここのところ、大きなボックスセットで届くことが多かったのでちょっと拍子抜け、そういえば、Orchestral Favorites 40th Anniversaryはコンパクトだったか...。
届いた!
 セット内容はこんな感じ、ポートレートでアレンジされたスリーブにCDが入っていて、ライナーノーツのブックレットに缶バッジがおまけで入ってました。
届いた!
 収録曲は以下のような感じなんだけど、1枚目がスタジオ収録、2枚目と3枚目がライブ音源、4枚目がZAPPA師匠がカセットテープに収録していた音源とのことでした。

Disc 1 – Trident Studios, London, England June 21-22, 1970
01. Red Tubular Lighter
02. Lola Steponsky
03. Trident Chatter
04. Sharleena (Roy Thomas Baker Mix)
05. Item 1
06. Wonderful Wino (FZ Vocal)
07. “Enormous Cadenza”
08. Envelopes
09. Red Tubular Lighter (Unedited Master)
10. Wonderful Wino (Basic Tracks, Alt. Take)
11. Giraffe - Take 4
12. Wonderful Wino (FZ Vocal, Alt. Solo)

Disc 2 – Live Highlights Part 1 – “Piknik” VPRO June 18, 1970 / Pepperland September 26, 1970
01. Introducing…The Mothers (Live on “Piknik” June 18, 1970)
02. Wonderful Wino (Live on “Piknik” June 18, 1970)
03. Concentration Moon (Live on “Piknik” June 18, 1970)
04. Mom & Dad (Live on “Piknik” June 18, 1970)
05. The Air (Live on “Piknik” June 18, 1970)
06. Dog Breath (Live on “Piknik” June 18, 1970)
07. Mother People (Live on “Piknik” June 18, 1970)
08. You Didn’t Try To Call Me (Live on “Piknik” June 18, 1970)
09. Agon (Live on “Piknik” June 18, 1970)
10. Call Any Vegetable (Live on “Piknik” June 18, 1970)
11. King Kong Pt. I (Live on “Piknik” June 18, 1970)
12. Igor’s Boogie (Live on “Piknik” June 18, 1970)
13. King Kong Pt. II (Live on “Piknik” June 18, 1970)
14. What Kind Of Girl Do You Think We Are? (Live at Pepperland September 26, 1970)
15. Bwana Dik (Live at Pepperland September 26, 1970)
16. Daddy, Daddy, Daddy (Live at Pepperland September 26, 1970)
17. Do You Like My New Car? (Live at Pepperland September 26, 1970)
18. Happy Together (Live at Pepperland September 26, 1970)

Disc 3 – Live Highlights Part 2 – Hybrid Concert: Santa Monica August 21, 1970 / Spokane September 17, 1970
01. “Welcome To El Monte Legion Stadium!” (Live)
02. Agon (Live)
03. Call Any Vegetable (Live)
04. Pound For A Brown (Live) 
05. Sleeping In A Jar (Live) 
06. Sharleena (Live) 
07. The Air (Live) 
08. Dog Breath (Live) 
09. Mother People (Live) 
10. You Didn’t Try To Call Me (Live) 
11. King Kong Pt. I (Live)
12. Igor’s Boogie (Live) 
13. King Kong Pt. II (Live) 
14. “Eat It Yourself…” (Live) 
15. Trouble Every Day (Live) 
16. “A Series Of Musical Episodes” (Live) 
17. Road Ladies (Live) 
18. “The Holiday Inn Motel Chain” (Live) 
19. What Will This Morning Bring Me This Evening? (Live) 
20. What Kind Of Girl Do You Think We Are? (Live) 

Disc 4 – Live Highlights Part 3 – FZ Tour Tape Recordings
01. “What’s The Deal, Dick?” 
02. Another M.O.I. Anti-Smut Loyalty Oath (Live) 
03. Paladin Routine #1 (Live) 
04. Portuguese Fenders (Live) 
05. The Sanzini Brothers (Live) 
06. Guitar Build ’70 (Live) 
07. Would You Go All The Way? (Live) 
08. Easy Meat (Live) 
09. “Who Did It?” 
10. Turn It Down! (Live)
11. A Chance Encounter In Cincinnati 
12. Pound For A Brown (Live) 
13. Sleeping In A Jar (Live) 
14. Beloit Sword Trick (Live) 
15. Kong Solos Pt. I (Live) 
16. Igor’s Boogie (Live) 
17. Kong Solos Pt. II (Live) 
18. Gris Gris (Live) 
19. Paladin Routine #2 (Live) 
20. King Kong - Outro (Live) 

 ということで、CD聴いて、ブックレット読んだらまた、コメントを書きたいと思います。

EXOTICA'90 / Martin Denny2020/06/05 07:11

 数日前、高橋幸宏さんがTwitterでこんな呟きを...
EXOTICA'90 / Martin Denny
 そういえば、昔買ったCDにこの曲入ってたなと...で、探しました。30年前に買ったマーティン・デニーさんの企画アルバムのEXOTICA'90。日本とハワイで録音された日本制作のアルバム、プロデューサーはヤン富田さん。YMOがデビューアルバムでマーティンさんのFIRECRACKERを収録したのが1978年、その12年後の企画盤ってことですね。このときマーティンさん79歳、このアルバムの前のリリースが1982年だから、8年ぶりの新譜リリースってことになります。とはいってもメインで活躍されてたのは主に50年代から60年代ですからね、自分もYMOで聴くまで存じ上げなかったんですよね。
EXOTICA'90 / Martin Denny
 マーティンさん、自分はハワイの方だとばっかり思ってたのですが、出身はニューヨークで、ロスで育ったんですね...その後、ハワイでバンドを始めて、南国の楽園の雰囲気のEXOTICAってジャンルを生んで活躍されました。
 で、日本企画盤ということでこのアルバム、日本のマーティンさん信者の方々がたくさん参加されてます。といっても手拍子とか、歌?コーラスですけどね。プロデューサーのヤン富田さんはじめ、ジャケットの絵を描いている河村要助さん、あがた森魚さん、近田春夫さん、いとうせいこうさん、中西俊夫さん、小西康陽さん、桑原茂一さんなど多数。YMOの細野晴臣さんも参加したかったそうですが、スケジュールが合わなかったそうです。
EXOTICA'90 / Martin Denny
 収録曲は以下の17曲。
 01 TOKYO MELODY
 02 BURMA TRAIN
 03 BLUE PARADAISE
 04 SAKE ROCK
 05 YELLOW BIRD
 06 CHOTTO MATTE KUDASAI
 07 JUNGLE FLOWER
 08 JUNGLE RIVER BOAT
 09 ROSE, ROSE, I LOVE YOU
 10 MAYUMI
 11 QUIET VILLAGE
 12 HAPPY TALK
 13 SAMBA DE CARNIVAL
 14 JUNE (WHEN LOVE WAS YOUNG)
 15 FIRECRACKERS
 16 FROM MAUI WITH LOVE
 17 RETURN TO PARADISE

 まぁ、昔のハワイのイメージってこんなだったなぁって思わせる曲と、おしゃれな曲が入り交じった不思議な音楽空間を味わえます。幸宏さんが呟かれてたQUIET VILLAGEはおしゃれな曲です。60年代の映画音楽って感じかなー。FIRECRACKERは、どっちかというとおちゃらけた感じですかね、中国雑技団って感じもあるな...。

 昔買った、CDも面白いのあるかもな...また、掘り起こしてみよっと。

Pre-Order2020/05/15 07:04

 今月7日、Twitterに1970年のThe Mothersの音源が6月26日にリリースされるって告知が...。
Pre-Order
 1970年、ドラムスがAynsley Dunbar、キーボードにGeorge Duke、Ian Underwoodが管楽器とキーボード、 ベースにJeff Simmons、そしてボーカルにタートルズのFlo & EddieことHoward KaylanとMark VolmanというメンバーになったThe Mothersの6月21日、22日ロンドンはトライデントスタジオで録音された音源と、6月18日のオランダのテレビ番組VPRO、8月21日のSanta Monica、9月17日のSpokane、9月26日のPortlandのPepperlandでのライブ、あとZappa師匠のテープレコーダーで録音した音源が4枚のCDに収録されてるそうです。詳細は、ZAPPA.COMのページを読んでね。
 1970年のThe Mothersって以前はあんまり好きじゃなかったんだけど、最近になって、やっと良さがわかってきた...。Aynsleyさんのドラムがねちょっと好きじゃ無かったってのがあるんだけど、良く聴きこむと、あの重いバタバタした音がいい感じなんじゃないかと、そして、好き嫌いのわかれるFlo & Eddieのボーカルも、自分は嫌いじゃないですよ。

 ということで、Pre-Orderの申し込みが始まってるってので申し込んだ。
Pre-Order
 ここしばらく、ZAPPA Recordsの直販じゃなくて米国のAmazon.comで買ってたんだけど、どうやら通販の仕組みが整理できたみたい、Hifi24/7っていう会社と契約したみたいですね。この会社、いろんなミュージシャンのメディアや雑貨の通販を扱ってるみたいです。
Pre-Order
 CDセットがUS$59.95(約6,395円)、送料US$33.30(約3,552)の合計US$93.25(約9,948円)、予約した時に、日本のAmazonにはまだ掲載されてなかったし、米国のAmazonではMP3音源しか掲載されてなかったので、まぁこんなもんかなと...。

 6月26日発売、今回はどのくらいで着くかなぁ。

 そうそう、CDの4枚目に収録されていてYoutube でも聴けるPortuguese Fendersの音源のダウンロードがおまけで付いてきたので、それ聴いて到着を待ってます...。