来てけつかるべき新世界2020/10/07 07:29

 先月の中ごろ、ヨーロッパ企画さんのYOUTUBE LIVEの『第35回公演「来てけつかるべき新世界」をみて話す』を見て買っちゃいました...プロモーションにうまく乗せられちゃった。メンバー(中川晴樹さん、土佐和成さん、藤谷理子さん)のサイン入りってところにも、後押しされちゃったんだけどね。
来てけつかるべき新世界
 今回は、大阪の新世界を舞台にした近未来もの。自分は新世界に行ったこと無いんだけど、こんなイメージなのかな?昔ながらの路地裏の商店街って感じを舞台に、ドローン(第1話)、ロボット(第2話)、AI(第3話)、VR(第4話)、最後は意識とネット世界の融合というトランセンデンスの世界(第5話)と、近未来に来るであろうテクノロジーをテーマにしたお話。ヨーロッパ企画さんの劇は、タイムマシンドロステと時間をテーマにした作品しか見ていないので、むっちゃ新鮮でした。というか時間ものだけじゃないのよね、当たり前だけど...。もちろん、新世界が舞台なので、通天閣、将棋、串かつ、ビリケンさん、そして、おっさんと大阪がてんこ盛りでした。
 
 時間もののようなトリッキーな仕込みは無いけど、伏線の張り方とか絶妙ですね、さすがヨーロッパ企画さんです。とにかく面白いの一言、しかも、ちょっと人情話もあったりして、ただのコメディーじゃなかった。
来てけつかるべき新世界
 DVDのおまけ映像も充実してます。新大阪をメンバーで訪れるエピソード0もただのドキュメンタリーじゃなくて作品に繋がる演出がされてたし、第3.5話では自動運転の世界をテーマにした小品、とにかくサービス精神旺盛です。トークショーも面白いんだけど、特に音楽を担当されているキセルさんの、上田さんの脚本を先読みして音を納品するって話が面白かったな。

 ん~、ヨーロッパ企画さん、やっぱ面白い、これまでの公演の映像も追いかけちゃいそうだな...。

『京都妖気保安協会』ケース4「鴨川ミッドサマードリーム」2020/09/27 07:08

 こんな時期だからね...本来であれば、劇場で観劇なんだけどな...。

 昨日、ヨーロッパ企画さんが7月から取り組んでいたYOUTUBEでの生配信劇『京都妖気保安協会』(ケース1「嵐電トランスファー」、 ケース2「西陣ピクセルシャドー」、 ケース3「貴船スターシップ」)の最終回?のケース4「鴨川ミッドサマードリーム」を有料配信で観た。この夏、映画「ドロステのはてで僕ら」以降、ちょっと、ヨーロッパ企画さんにはまっちゃってます。過去のDVDも買ったしね...。
『京都妖気保安協会』ケース4「鴨川ミッドサマードリーム」
 YOUTUBEの無料配信は約30分と短編だけど、今回は約75分と長編。お話としてはパラレルワールドが軸になっていて、ヨーロッパ企画さんといえばの早着替えで一人二役で大忙し、これ、やっててこんがら無いなって...皆さんプロだけどやっぱりさすがですね。しかも、今回は生配信でやり直しがきかないってことで、観ているほうもちょっとドキドキしながら観てました。
 もう単純に面白かったですね、3000円の有料配信だけど価格以上の価値がありました。10月4日(日)まで、チケットぴあさんのPIA LIVE STREAMか、イープラスさんのstreaming+で有料配信が継続しているので、まだ観ていない方は是非観てみてね。

 コロナウイルスのせいで、観劇、ライブ鑑賞、スポーツ観戦と人が集まるイベントの実施方法が変わってきてますな。この生配信のあとのトークで、「これまでの"空間の共有"じゃ無くて、今回のは"時間の共有"だね」って話が出てたけど、ホント、そのとおりだね。こういう時期だからってことじゃなくても、このネットによる生配信、新しい形として定着すると面白いんじゃないかなぁ...。

 今回は、宣伝みたいになっちゃったけど、だまされたと思って是非観てみてね。

サマータイムマシン・ブルースとワンスモア2020/07/24 07:13

 「ドロステのはてで僕ら」を観たあとで、ヨーロッパ企画さんのことをいろいろ調べてて、一昨年に「サマータイムマシン・ブルース」の再演と、その続編の「サマータイムマシン・ワンスモア」の公演があって、それを収めたDVDがあったのを発見。 「サマータイムマシン・ブルース」は、自分にとってヨーロッパ企画さんの原点の作品なので、即、買っちゃいました(ところで、ポチしたあとにBlu-rayもあったのに気が付いた...Blu-rayにすればよかった...)。
サマータイムマシーン・ブルースとワンスモア
 「サマータイムマシン・ブルース」は、映画だと場面が変わるのですが、公演はどうなってるのかなと思ったら、舞台は固定なんですね。で、その中で現在と過去(といっても一日前ですけどね...細かくいうと学校の建つ前の沼だった時代もあるんだけど)を衣装変え(早着替え)で表現するっていうの発想が面白いですよね。
 自分は映画から入ったので、その面白さのまんまの舞台だったので楽しく見られました。で、このDVD、舞台の様子を観ながら、おまけで出演者のコメントを聞くことができて、過去の公演のエピソードなんかの話が聞けるのですが面白かったですね。まぁ、ちょっと、内輪受けって感じのところもありましたけどね。

 パワーアップしてました「サマータイムマシン・ワンスモア」。
 登場人物が増えているってこともあるけど、設定も、時間の移動も複雑で、合わせて笑いのポイントも...17年の歳月は伊達じゃないですね。とにかく笑わせてもらいました。
 田村くんの家族の秘密とか、いろいろ種明かし的なこともあったし、最後に振り出しに戻る展開もね、とにかくてんこ盛りの内容でした。ん~、生の舞台見たかったなぁ、DVDで観られたから良いって言えばいいんだけど、ホント、生で観たかった...。ところで観た後によくよく考えたら、木暮さんのウナギの研究、3年前に戻ったということは、その間、二人いることになるんだけど、それって矛盾にならないのかな??最終的につじつまが合ったからいいってことだね。
 おまけのコメントも「ワンスモア」の方が製作裏話的で面白かったですね。
サマータイムマシーン・ブルースとワンスモア
 172分に及ぶ特典として、公演のメイキングやトークショー、札幌公演のドキュメンタリーが入ってるんだけど、舞台裏が見られるのはDVDのよさですねぇ、本当に楽しめました。

 この間も書いたけど、生の公演見てみたいですねぇ...。

品川で男子2019/11/15 07:07

 品川プリンスホテルクラブeXに行って来た。

 昨年末に天王洲で観たサンリオさん原作でネルケプランニングさん製作のミュージカルの新作「ミラクル☆ステージ サンリオ男子 ~ ハーモニーの魔法 ~」を観にいってきた。もちろん今回もお仕事がらみ。お仕事がらみではあったけど、今回も面白かったですよ、しっかり楽しませてもらいました。隣で見ていた女の子も「面白かった~」って言ってたもんね。
品川で男子
 前回は関西サンリオ男子が、東京サンリオ男子とピューロランドに行くって話しでしたが、今回の舞台は大分のハーモニーランドに東京、関西、九州のサンリオ男子が集まるって話。ハーモニーランドの自虐ネタだったり、流行のYoutuberだったり、そしてそれらの細かいエピソードの伏線の張り方だったり、前回以上の面白さでしたね。それぞれの男子のキャラも立ってて、それも面白かったですね。
品川で男子
 ネルケさんの舞台は本当に良くできていると思う(ちょっと、上から目線過ぎるかなぁ...)、こりゃ、ファンがはまるのもわかるなぁ、しかも、今回は円形劇場でキャストとの距離も無茶苦茶近くてたまりませんわな。
 今回のお土産は、キャストのブロマイドでした。自分が頂いたのは、マイメロ推しの水野祐くんでした。この写真はさすがに見せられないなぁ。

 ということで、2.5次元侮りがたしってことは今回も一緒でした。

 当日券もあるみたいで、あさっての17日までなので、興味のある人はぜひどうぞ、観て損しないと思いますよ~って、宣伝みたいだな...。

天王洲で男子2018/12/16 07:07

 天王洲アイルに行ってきた。
天王洲で男子
 サンリオさん原作で、ネルケプランニングさん製作のミュージカル、ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』を観劇。今回もお仕事がらみだったんですけどね、面白かったですよ。ネルケさんといえば、昨年もサンリオさんがらみのミュージカルを観にいきましたが、今回の2.5次元ミュージカルも良くできてましたね。
天王洲で男子
 「サンリオ男子」といえば、サンリオキャラクターが好きな高校生の話。イケメン×サンリオキャラクターってことで、今回も、前回同様、会場内は99.9%が若い女性。男性はいかにも仕事がらみって感じのオジサンだけでしたね。まぁ、自分もそうですけどねwww。
天王洲で男子
 ストーリーは、東京のサンリオ男子のところに、大阪のサンリオ男子がたずねてきて、そこに、サンリオピューロランドでのエピソードも絡んでくるってもの。で、メンバーの漫才だったり細かい小ネタが満載で面白い舞台でした。
天王洲で男子
 ライブだけあって、セリフをかんだりしたときのアドリブもいい感じで、和気あいあいとしたチームの仲の良さが感じられて観ていて好感持てました
天王洲で男子
 隣で観ていたこのペンライトを点けるタイミングが絶妙だったので、「何回くらい観てるの?」って聞いたら「5回」だって、で、「いっぱい観てるんだね」って言ったら、「もっと、観てる人いっぱいいると思いますよ」だって。
 サンリオさんもネルケさんも、そういうファンの方に支えられてるんだね。
天王洲で男子
 来場記念で、サンリオ男子のマンガを描いている杏堂まいさんのマンガが配られてました。この小冊子のエピソードが舞台のエピソードと繋がってました。ん~、芸が細かいな。
天王洲で男子
 2.5次元2回目だけど、面白いな~、また、何か面白そうなのあったら観にいきたいな。

 それにしても、劇の中でもネタになってたけど、自分、周りから見たらリアルサンリオおじさんだったな...。