屋久島2019/08/28 07:04

 屋久島といえば屋久杉、ということで木曜日だったのかな?

 約一年ぶりに水曜日のカンパネラのコムアイさんのライブに先週の木曜日に行ってきた。今回 、ライヴの告知を知ってすぐ手配したので、整理番号が12番。こりゃ最前列行けるじゃんねということで、ウキウキしながら恵比寿のリキッドルームへ。
屋久島
 今回は、今年の4月にリリースされたYAKUSHIMA TREASUREのライブってことで、コムアイさんとオオルタイチさんのユニットのライブ。自分、このフライヤーをみるまで知らなかったんだけど、花道家の上野雄次さんも参加してるんですね。きっと、屋久島がテーマということで、生け花で装飾されてるのかなくらいに思ってたんですけどね...。
屋久島
 定刻より少し遅れて開場、フロアに入ったらなんと、観客席のど真ん中にステージがあって、その回りに椅子がセッティングされてました。で、通常のステージにも椅子がセッティングされてた。
 ん~、あい変わらず、コムアイさんぶっとんでるな。
屋久島
 こんな感じで、フロアのど真ん中に森?が天井からぶら下がってた。これが、上野さんとのコラボってことなのかな...。
屋久島
 最前列の席に座って開演を待っていたら、係りの方が来て、自分の目の前に積まれた土嚢を指差して「ライブの途中で、これを舞台の上にあげるので、少し避けておいてくださいね」って言われた。土嚢をステージの上に?どうすんだ?って考えてたんだけど、その謎は後々解けることに...。
屋久島
 特に特別な演出もなく、コムアイさんとオオルタイチさんが和紙で作られた衣装を来て登場、これも原始の島、屋久島をイメージした衣装なのかな?
屋久島
 YAKUSHIMA TREASUREの曲を中心にステージが始まりました。
屋久島
 YAKUSHIMA TREASUREの曲って、ちょっと前衛というか、いつものPOPな水カンとは違うイメージなんですけどね。
屋久島
 トランスというか、もう過激でエモなパフォーマンスだったんだけど、時おり見られるコムアイさんの表情が、ただただ音楽を楽しんでいる子供のようだった。コムアイさんのなかでは、POPも前衛も楽しむべき音楽ってことなんですね。
屋久島
 で、土嚢の意味がわかりました。
屋久島
 コムアイさんの前に積まれた土、わかりますかね?

 ライヴの中盤に上野さん登場で、土嚢の中身の腐葉土(多分)をステージに盛りだしたんですね。コムアイさん埋まってるwww。このあと、この土に埋もれた機材や、楽器をコムアイさんが掘ってたのがカワイかった。
屋久島
 で、土嚢の土をすべて盛ったあとに、今度は緑の苔(ミズゴケ)らしきものをその上にこんな感じでのせてました。ん~、これって、ひょっとすると島のイメージなのかな!?
屋久島
 出来上がりはこんな感じ。
 ということで、YAKUSHIMA TREASUREに収録の曲に、このステージ用に作ったであろう音、以前オオルタイチさんとコラボした「ユタ」、ガラパゴスに収録されている「愛しいものたちへ」を歌い上げての約1時間半のステージでした。
 よく考えると毎回、何かしら新しい演出で楽しませてくれるよな。今回もステージ中のMCはほとんどなくて、終演後にコムアイさんからこのステージを作り上げてるすべてのスタッフさんを紹介して終了しました。こういうとこがコムアイさんのいいとこだと思う。上野さんもよかったけど、照明の演出もよかったもんね。
 そうそう、そういえば音が良かった。リキッドルームってあまり音がよくないイメージだったんだけど、この日はサラウンドシステムをいれていたそうで、音に包まれてる感が半端なかった、そうまるで本当に屋久島にいるかと錯覚するようにね。で、最前列だったので、コムアイさんの生の声も聞こえて臨場感半端なかったなぁ。
屋久島
 ということで、リキッドルームのフロア中央に屋久島が出来てた。よく考えるとすごい作品だね。
屋久島
 音、演出、照明すべてが素晴らしかった、あっ、土と苔の匂いもね。この場にいられて幸せだったなー。
屋久島
 ん~、約4年間みてるけど、いつも楽しませてくれるなぁ。次も期待しちゃうよね。

 一応、この日のセットリストも乗っけとくね。
 01. オロロピンネ
 02. 地下の祭儀
 03. 島巡り
 04. 殯舟
 05. 東
 06. 屋久の日月節
 07. 愛しいものたちへ
 08. 宮之浦の子守唄
 09. ユタ
 10. パンニャ

リリースイベント2019/07/12 07:29

 原宿ストロボカフェに行ってきた。
リリースイベント
 ichikaさんのアルバム「I」のリリースイベント。リリースライブは、行ったことあるけどイベントは始めて。アルバムのデモ音源とアルバムの音を聴き比べしながらのトークに、プチライブに、サイン&握手会という内容でした、約1時間と短い時間だったけど、楽しかった。
リリースイベント
 ichikaさん、昨年の青山の時に比べたら、あまり緊張していない感じだったけどね...トークは、言葉選んでるというか、滑らかな感じじゃなかったな...(別にディスってる訳じゃありませんよwww)、まぁ、それがいい感じなんですけどね。
リリースイベント
 ところで、デモ音源とアルバムの音の比較面白かった、アッコさんのテンションの話とか、オカモトさんの輩の話とか人柄が聞けて面白かったです。で、確かにichikaさんが言ってたようにこれがこうなるんだ...っていう驚きというか面白さがありましたね。in the morningのオモチャっぽい感じかわいかったし、ボーカルが乗るとこんなに世界が広がるんだって、感動がありましたね。
リリースイベント
 で、デモ音源聴きながらのトークの次は、「I」のトラックをバックにベースの生演奏を3曲。ベースソロの時とは違ったフレーズが聴けて面白かったですね。スラップも本職のベーシストとはまた違った感じで楽しめました。ichikaさんも楽しそうで、「ichikoroの休日課長さんの座を狙う」って言ってた。
リリースイベント
 で、最後はギターソロ、こちらも3曲。普段のデジタルな音ではなく、ローランドのJAZZ-CHORUSからの音をマイクで拾ってPAに通すってセッティングだったので、アンプからの音とPAからの音が相まって、ちょっといつもより柔らかいというか、暖かみのある音でした。この演奏も青山の時よりリラックスしてる感じが伝わってきて良かったですね。
リリースイベント
 ということで、デジタル音源すでに入済みですが、CDを買ってサインもらって、しっかり握手もしてきました。
リリースイベント
 で、この日、青山のときに買ったシカさんTシャツの絵で作ったFES-WATCH Uを着けていったので、自慢しちゃいましたwww。
リリースイベント
 いや~、プチなイベントだったけど楽しかった。あっ、そうそう、コラボして欲しいミュージシャンがいたら紹介して欲しいって言ってたので、何人か紹介したいし、そのミュージシャンにもichikaさんのこと宣伝しちゃおっと。

天王洲で男子2018/12/16 07:07

 天王洲アイルに行ってきた。
天王洲で男子
 サンリオさん原作で、ネルケプランニングさん製作のミュージカル、ミラクル☆ステージ『サンリオ男子』を観劇。今回もお仕事がらみだったんですけどね、面白かったですよ。ネルケさんといえば、昨年もサンリオさんがらみのミュージカルを観にいきましたが、今回の2.5次元ミュージカルも良くできてましたね。
天王洲で男子
 「サンリオ男子」といえば、サンリオキャラクターが好きな高校生の話。イケメン×サンリオキャラクターってことで、今回も、前回同様、会場内は99.9%が若い女性。男性はいかにも仕事がらみって感じのオジサンだけでしたね。まぁ、自分もそうですけどねwww。
天王洲で男子
 ストーリーは、東京のサンリオ男子のところに、大阪のサンリオ男子がたずねてきて、そこに、サンリオピューロランドでのエピソードも絡んでくるってもの。で、メンバーの漫才だったり細かい小ネタが満載で面白い舞台でした。
天王洲で男子
 ライブだけあって、セリフをかんだりしたときのアドリブもいい感じで、和気あいあいとしたチームの仲の良さが感じられて観ていて好感持てました
天王洲で男子
 隣で観ていたこのペンライトを点けるタイミングが絶妙だったので、「何回くらい観てるの?」って聞いたら「5回」だって、で、「いっぱい観てるんだね」って言ったら、「もっと、観てる人いっぱいいると思いますよ」だって。
 サンリオさんもネルケさんも、そういうファンの方に支えられてるんだね。
天王洲で男子
 来場記念で、サンリオ男子のマンガを描いている杏堂まいさんのマンガが配られてました。この小冊子のエピソードが舞台のエピソードと繋がってました。ん~、芸が細かいな。
天王洲で男子
 2.5次元2回目だけど、面白いな~、また、何か面白そうなのあったら観にいきたいな。

 それにしても、劇の中でもネタになってたけど、自分、周りから見たらリアルサンリオおじさんだったな...。

THE MOST HATED / Polyphia2018/12/05 06:03

 先日のLIVEで聴いた曲を聴きたくて以前のアルバムを順に入手することに。

 まずは、昨年の春にリリースされたミニアルバムのTHE MOST HATEDから。最新作に繋がる感じだけど、やっぱり新作の方が出来上がってるね(あたりまえか)。
 テクニカルで技がバシバシだけど、メロディアスなんだよね、日本で受けそうだよなぁ。
THE MOST HATED / Polyphia
 収録曲は以下の7曲。
01 LOUD
 綺麗なメロディで始まる曲、ヘビーなバラードだな。ドラムのタムと、ためのあるリフがカッコいい。Polyphiaってリズム隊も結構良いよなって思わせる曲。ギターはもちろん頭から歌ってる。
02 ICRONIC
 テクニカルなリフで始まって、ヘビーなリズムにメロディを乗っけてる。ハードな部分とソフトな部分の対比がカッコいいぞ。
03 GOOSE
 この曲も複雑なアルペジオで始まって、徐々に盛り上がてく。曲の構成自体はICRONICに通じるかも。
04 40oz
 この曲もテクニカルなリフで始まる曲、ちょっと打ち込み系の音とメロディ、それにしても、この複雑な曲をLIVEでやるんだからね、スゲーや。
05 CROSTY
 綺麗なコードのメロディで始まる曲、こういうのZAPPA師匠もよくやってたよね、この曲も打ち込み系だね。それにしてもPOPだな。
06 THE WORST
 幻想的なイントロで始まる曲、こも曲のアルペジオも複雑。スローバラードだよね、これ。後半の激しく盛り上がるとこがカッコいい。
07 INFERNO
 スピードのある曲、ストレートなメタルって感じかな。ドラムスのベードラのパターンや途中のディストーションのかかったギターのリフがDjentしてる。児のあるばむで唯一のDjentの曲かも。

 ということで、先日のLIVEのセットリスト貼っとく。
  01 intro - G.O.A.T (New Levels New Devils)
  02 OD (New Levels New Devils)
  03 Champagne (Muse)
  04 James Franco (Muse)
  05 Icronic (THE MOST HATED)
  06 Goose (THE MOST HATED)
  07 40oz (THE MOST HATED)
  08 Saucy (New Levels New Devils)
  09 Yas - trap filler (New Levels New Devils)
  10 LIT (retake Lights from Renaissance)
  11 Crush (Renaissance)
  12 LOUD (THE MOST HATED)
  13 Finale (Muse)
 Encore
  14 euphoria (Renaissance)
 やっぱ、RenaissanceMuseも買うかな。

カワイかった、カッコ良かった2018/11/26 07:04

 行くかどうか迷ったけど、行ってよかった、渋谷のTSUTAYA O-EAST。

 この日は、ギターインストバンドのCOVETPOLYPHIAの来日コンサート。
カワイかった、カッコ良かった
 いや~、COVET、カッコカワイかったよ。ギターのYvetteさん、タッピングを駆使した難解な曲を楽しそうに弾く姿が可愛かった。
カワイかった、カッコ良かった
 音がいまひとつクリアじゃなかったのが残念だったな...。それにしても、チームとしていい感じでした。MCが無く、曲がほぼノンストップだったので、Yvetteさんがギターを持ち変えたり、チューニングする間は、ベースのDavidさんとドラムスのForrestさんでで繋いでいっていたところ、チームワークが垣間見れて良かったですよ。
カワイかった、カッコ良かった
 時間が30分と短かったので、ちょっと、不完全燃焼な感じだったなぁ。また、来日したら見たいな。
 観客と何度も記念写真を撮ってたのもカワイかったですね~。あっ、そうそうベースのDavidさんのスカル(骸骨)全身タイツも良かったぞ。
カワイかった、カッコ良かった
 そして、この日のメインはPOLYPHIA。目の前の客がツアーTシャツ着てたのでちょっと、隠し撮り。帰りに買おうと思ったらXL売り切れてた...残念。
カワイかった、カッコ良かった
 POLYPHIAはのっけから盛り上げてましたね~。ベースのClayさんが観客を煽る煽る。FU○K YOU!やらFU○KIN'の連発、さらには「アリF○CKIN'ガトウ」だもんあぁ...でも。COVETは、みんなおとなしく聞いてるって感じだったけど、POLYPHIAのときは、このClayさんの煽りもあってか、盛り上がったなぁ。このあたり、ステージ慣れしてる感じがしたね。
カワイかった、カッコ良かった
 それにしても、暴れまくるリズム隊と対照的な2人のギタリスト、TimmothyさんとScottさん。二人の超絶・高速オクターブユニゾン凄すぎる。ものすごいスピードで複雑なフレーズを決めまくるのムッチャかっこよかった。
カワイかった、カッコ良かった
 もちろん、アルバムを聞いていたので、それ自体はそれほど驚かなかったんだけど、ライブでここまで完璧に決められると、開いた口がふさがらないって感じ。しかも、テクニカルなだけじゃなくて、メロディアスだし、POPなんだよね。しかも、また、楽しそうに弾いてるんだわ。
 ユニゾンだけじゃなくて、ソロも、カッコいいんだよね。テクニカルなTimmothyさんと、エモーショナルな感じのソロを弾くScottさん、ユニゾンでは息ピッタリなんだけど、ソロはそれぞれ個性があってそれも良かったなぁ。
カワイかった、カッコ良かった
 最後は、観客の上にダイブ!真ん中にいるのがベースのClayさん、右の方にTimmothyさんがいるんだけど分かるかなぁ。
カワイかった、カッコ良かった
 アンコール前には、この日オープニングアクトを務めたichikaさんもステージに。Timmothyさんの誕生日ということで、特製バースデーケーキと、ichikaさんの歌うハッピーバースデーでお祝い。ichikaさん、Clayさんに無理やり歌わされてたwww。
カワイかった、カッコ良かった
 Clayさんichikaさんのこと「大好き!」って言って肩に担いでた。ichikaさんもノリノリだったな。
カワイかった、カッコ良かった
 ということで、楽しい時間を過せました。また見たい、すぐ観たい。
カワイかった、カッコ良かった
 今年、見たLIVEで一番だったな~。

 また、来日したら絶対見に行く!あと、アルバムも買う。

 ところで、ichikaさんのオープニングアクトに間に合わなくて、最後の曲の終わりしか聴けなかった...聴けたの少しだけだったけど、ワンマンのときより音も演奏も格段に良かったような気がする...ichikaさんのワンマンもまたやらないかなぁ。

 そういえば、FES Watchにアルバムのアートを仕込んだのに、持って行くの忘れた...。
カワイかった、カッコ良かった
 残念。